オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ガンホー・山本Pも応援に駆けつけた「パズバト COL」稼働開始記念イベントレポート。EXガチャチケットのシリアルコードも
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/11/27 00:00

イベント

ガンホー・山本Pも応援に駆けつけた「パズバト COL」稼働開始記念イベントレポート。EXガチャチケットのシリアルコードも

パズドラ バトルトーナメント -チャンピオンズ オブ ラズール-
 スクウェア・エニックスのアーケード用対戦パズルゲーム「パズドラ バトルトーナメント -チャンピオンズ オブ ラズール-」(以下,パズバト COL)が,2014年11月26日に稼働を開始した。その稼働記念イベントが,東京の「タイトーステーションBIGBOX 高田馬場店」にて開催された。
 
 本作はガンホー・オンライン・エンターテイメントのスマートフォン向け人気パズルゲーム「パズル&ドラゴンズ」iOS / Android)をベースに,アーケードゲームとしてリファインが施されたタイトルで,とくに今回のパズバト COLからは,より1vs.1の対戦に特化したゲームになっているのが最大の特徴だ(関連記事)。
 詳細については,先に掲載した記事に詳しいのでそちらを参照していただくとして,本稿では多くのパズバトファンが足を運んだ稼働イベントの様子を,本作のプロデューサー陣へのインタビューと共にお伝えしていこう。

■関連記事


「パズドラ バトルトーナメント -チャンピオンズ オブ ラズール-」公式サイト



東京・高田馬場にパズバトファンが集結


 前日から続く雨で肌寒い朝となった11月26日,しかし会場となった「タイトーステーションBIGBOX 高田馬場店」には多くのパズバトファンが足を運び,筐体前にはプレイを待つ行列ができて,店内は熱気に溢れていた。

パズドラ バトルトーナメント -チャンピオンズ オブ ラズール-
最終的には,会場には100人を超すプレイヤーが集まったようだ。その熱気で,肌寒い天候だったにも関わらず,思わず汗ばんでしまうほど
パズドラ バトルトーナメント -チャンピオンズ オブ ラズール- パズドラ バトルトーナメント -チャンピオンズ オブ ラズール-

 今回のイベントはあくまでゲームを遊ぶプレイヤー達がメインで,とくにステージイベントなどはなかったものの,会場には前日のメディア対抗戦にも登場した“ガチャドラ”の着ぐるみがおり,イベントの盛り上げに一役買っていたようである。
 なお本作をプレイした先着100名のプレイヤーには,同社の「LORD of VERMILION III」「ガンスリンガー ストラトス2」,そして本作「パズバト COL」のグッズが詰まった「スクエニアーケード福袋」がプレゼントされていた。これが目当てで会場を訪れたプレイヤーもいたことだろう。

 そのほか本作のキャラクター・ティンニンのコスプレをしたコンパニオンさん,そして本作のプロデューサー・門井信樹氏,さらにはガンホー・オンライン・エンターテイメントのパズドラプロデューサー・山本大介氏の姿もあって,稼働初日の雰囲気を楽しんでいたようである。

プレイ後に手渡された「スクエニアーケード福袋」。中には「ロードオブヴァーミリオンIII」のSPカード1枚(10種のうち1枚),「ガンスリンガーストラトス2」のFFコラボスクラッチ(FFコラボ衣装が当たるくじ),「パズバト COL」EXガチャチケット(シリアルコード)のほか,「ガンスリンガーストラトス2」の小冊子とクリアファイルなどが入っていた
パズドラ バトルトーナメント -チャンピオンズ オブ ラズール-


スクウェア・エニックス 門井信樹氏,ガンホー 山本大介氏ミニインタビュー


 会場に居合わせたプロデューサー陣・スクウェア・エニックスの門井信樹氏と,ガンホー・オンライン・エンターテイメント山本大介氏に,本作の稼働にあたっての話を少しだけ聞いてみたので,その内容も掲載しておこう。

4Gamer:
 大幅なバージョンアップが施された「パズバト COL」,まずは稼働初日を迎えた今のお気持ちをお聞かせください。

門井信樹氏(以下,門井氏):
 本作は稼働開始からちょうど7か月を迎えたあたりなんですが,またこうして新しいバージョンを迎えられたのが嬉しいですね。対戦特化へのリニューアルで,ゲームとしてはかなり振り切った選択でしたが,一度プレイしていただければ面白さは伝わると思います。基本はパズドラと同じルールで楽しめるものになっていますので,ぜひ一度遊んでみていただければありがたいです。

山本大介氏(以下,山本氏):
 自分はですね,自分のキャラクターがストーンを幾つ持っているのかが気になっています。今,一番気になってるのはそこですね。

門井氏:
 引き継ぎのやつですね(笑)。

※ストーン……今作から追加となったゲーム内通貨。主にモンスターを購入する場合などに使用する。前バージョンからのプレイヤーは,やり込みに応じてストーンが多めに獲得できる。

山本氏:
 そうそう,だって気になるじゃないですか(笑)。アップデートに関しては,対戦特化というコンセプトなので,もうスクウェア・エニックスさんの一番得意な分野なところじゃないですか。なのでお任せしてしまっていて,どんな反響がくるのか楽しみにしています。

4Gamer:
 山本さんは,本作を結構アーケードでプレイされているのですか?

山本氏:
 ええ。だからストーンもそれなりに溜まってると思うんですよね。とくにこれから本気だそうと思ってるので……全国一位を目指そうかと(笑)。

4Gamer:
 ちなみにパズバト COLをプレイした感想はいかがですか?

門井氏:
 ……率直に答えちゃってください(笑)。

山本氏:
 正直ね,難しいゲームだと思ったんです。少なくとも僕にとっては。でも,それが今のアーケードを遊ぶ層にどう受け止められるんだろうって,そこがすごく気になってます。

門井氏:
 ずっと言ってましたものね,「難しいよーこれー」って。ただ難しいといっても,例えば格闘ゲームみたいに,必殺技のコマンドが難しいとかではないんです。スマホ版と同じく,タッチパネルだけで遊べるわけですからね。だから大丈夫です。


4Gamer:
 かなり振り切ったアップデートになりましたよね。とくに予選を撤廃することは,かなり大きな決断だったのではと思うのですが。

門井氏:
 そこは山本さんに聞いたら「あ,いいですよ」って,それで済んじゃいましたね。

4Gamer:
 あ,あれ?

山本氏:
 予選をどうするかというのは,稼働当初から課題だと考えていましたからね。

門井氏:
 前バージョンでは,いきなり対人戦は……と思って予選を入れてみたんですけど。アーケードという環境ではあまり手を広げすぎるのは,とっちらかってしまって良くないのかなって思いなおしまして。その辺りを今回整理させていただいた形です。

4Gamer:
 そこも含めて反響が楽しみだと。分かりました,では最後に読者に向けたメッセージをいただけますか。

門井氏:
 対戦特化ということで大きく進化しまして,レベル制も撤廃して誰もがフラットな状態で対戦できるようになりました。ぜひ遊んでみていただければと思います。

山本氏:
 僕は「山本P」の名前でプレイしてますんで,全国のゲーセンで僕と勝負しましょう!

門井氏:
 最近はすぐTwitterとかですぐ報告されちゃいますからね(笑)。

山本氏:
 お手柔らかにお願いします(笑)

4Gamer:
 はい。本日はありがとうございました。

ポスターを囲んでポーズを取る門井信樹氏(左)と山本大介氏(右)

■EXガチャチケット(回復タイプ)シリアルプレゼント!

 今回の取材に合わせ,スクウェア・エニックスさんからパズバト COLで使える「EXガチャチケット」のシリアルコードを提供してもらったので,以下に掲載しよう。この記事を読んでくれた人なら誰でも使えるものなので,本作のプレイヤーはぜひ活用してほしい。

タイプ別EXガチャチケット(回復タイプ)
PDBT-CHLP-EJ7E-86ZH

「パズドラ バトルトーナメント -チャンピオンズ オブ ラズール-」公式サイト

  • 関連タイトル:

    パズドラ バトルトーナメント -チャンピオンズ オブ ラズール-

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月19日〜11月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月