オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ディビジョン公式サイトへ
読者の評価
59
投稿数:8
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ディビジョン

ディビジョン
公式サイト http://www.ubisoft.co.jp/division/
発売元 ユービーアイソフト
開発元 Massive Entertainment
発売日 2016/03/10
価格 7500円(税別)
※Amazon PCダウンロード版
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
59
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • トム・クランシーの名を冠した駄作 20
    • 投稿者:yoshikun-5678(男性/30代)
    • 投稿日:2016/06/03
    良い点
    ・グラフィック
    時間の経過による昼夜の変化と、それに伴った天候の変化.
    実在の街ニューヨークを舞台としている為景観の変化はほとんどないが、細部までの作り込みは素晴らしい.
    ただし、要求スペックは非常に高い点に注意.

    ・武器(銃)のリアル感
    多くの実銃をモデリングしている為、ガンマニアやサバゲー好きには喜ばれるかと思う.

    ・ユーザーインターフェイス
    韓国製ゲームのようなスキルショートカットで画面がゴチャゴチャするような事がないシンプルさと、日本製ゲームのような某コンシューマー機ありきで全く使えないUIとは違った使い易さが非常によく出来ている.
    悪い点
    ・第一に開発と運営
    これに尽きる.
    発売日や配信日までに、なんでこんなバグを見つけられなかったの?と言いたくなるようなバグが非常に多く、それらバグやグリッチをユーザー側が報告なり某動画サイトへアップする事により発覚そして修正と...素人の集まりなんじゃないのかと思える.
    6月2日(木)のアップデートでは、アップデート自体が失敗に終わる始末.
    日本の企業だと致命的なイメージダウンになりかねない.

    ・通常エディションとゴールドエディションとの差別化が全くないに等しい
    通常エディションは約8,000円、ゴールドエディションは約13,000円.
    発売からそろそろ3ヵ月が経とうとしているが、両エディションの差別化が全くない.
    ゴールドエディションの購入者からしてみれば詐欺に遭った気分.
    有料DLCも来月以降の予定で未定.
    日本製や韓国製のゲームのように、課金者(当ゲームではゴールドエディション購入者)には倉庫枠の拡張やクラフティング時の必要素材数の減少なり、そういった優遇措置をもっともっと設けておくべきだった.

    ・ラグの酷さ(サーバーの貧弱さ)
    影響を余り受けていないユーザーもいるにはいるが、多数のユーザーはこのラグの酷さに辟易としている.
    私自身、購入して半年余りのかなりハイスペックなPCとルーターを使用しているが、時間帯によってはFPSが60→50代→40代と落ちていき、挙句の果てには数秒ではあるが一桁(1や2)まで落ちてしまい(所謂固まった状態)、ラグ死する事も多々起こっている.
    また、突然のクリティカルエラーで落とされたり、ログインしようとしてもエラーで入れなかったりと、先ずこの辺でやる気を削がれてしまう.
    これに関しては運営側のサーバーの問題のみならず、ユーザーの居住地域にも多少は影響があるようで、都心部に住んでいるユーザーほどラグに苦労しているようである.

    ・チーターやグリッチャーが非常に多い
    海外のTPS・FPSゲームには多いと聞いていたが、噂以上の多さに最初は非常に驚いた.
    自分よりもDZ℞(PvPゾーンでのLVのようなもの)が格段に低いプレイヤー(当然武器も格下)から、ショットガンのような弾の出方をするサブマシンガンで即死させられ、攻撃をしてもHPがほぼ減らないばかりか、ワープをするキャラまでいる始末...
    また、そういったローグ(PK)プレイヤーへの自衛的手段としてチートツールを導入するプレイヤーも出てきており、もうやったもん勝ち状態.
    不正プレイヤーの通報機能も実装されてはいるが、運営は本当にそういった悪質ユーザーを厳しく取り締まっているのか疑問に思えるくらい、悪質ユーザーが非常に多く目立つ.
    前述のラグの酷さも、こういうプレイヤーがサーバーに余計な負荷をかけているという噂もある.

    ・エンドコンテンツの難易度のバランス調整
    「もうさ、とりあえずNPCを強くしとけばいいよ!」という声が出たんじゃないかというような稚拙な難易度調整.
    敵には1マガジン分以上弾を撃ち込まないと死なないような人とは思えない硬さなのに、こちらは敵のショットガンや火炎放射で一発で死んでしまうという、プレイヤー側だけがリアリティのある弱さといえば、プレイしていない人にもお分かり頂けるのではないだろうか.
    ドロップ品の違いを除けば、難易度の違いはこれだけ.

    ・あってないようなストーリー
    最初は現実味がありそこそこ面白かったが、後半でははっきり言ってどうでもよくなるような設定.

    ・BGM
    まったく印象に残らない.

    ・クラフティングシステム
    運営側は当ゲームを典型的なハクスラゲーにしたい方針らしく、クラフティングシステムを大幅に下方修正した.

    ・ドロップ
    ハクスラ化したいという割に、ドロップ品のクォリティ(装備類のオプション部分)が悪いものが多く、良品を求めてエンドコンテンツをひたすらマラソンしなくてはならない.
    総評
    2013年のE3での発表から3年、期待に胸を膨らませてoβからプレイしておりましたが、β時に知り合った10人近くいたフレンドも、一人二人と消えていき、とうとう私だけが残された状態となりました.

    LVキャップの開放もなく、ギアスコア(装備類のランクの様なもの)制を導入したのと、Ver.1.2のアップデートで装備品のドロップのランクを良くしたお陰で、後発で始めたプレイヤーが先行プレイヤーにLVだけは追いついているものの、これによりPSの未熟さに相反してギアスコアを詐称する寄生プレイヤーが増加しており、野良のマッチではエンドコンテンツのクリアは非常に難しくなっている.

    運営の方針として、先行・廃人組と後発・マッタリ組との格差が開き過ぎないようにとの措置らしいが、初日からコツコツとやってきた先行組のプレイヤーからすれば、なんで自分が後発や寄生プレイヤーの養分にならないとダメなんだというフラストレーションが溜まり、マッチングでは低GSのプレイヤーはキックされるというのが常套化しつつある.

    装備ゲーなので強い装備類を集めればそこそこ遊べる為、TPS初心者やPSの未熟なユーザーには好まれるだろうが、逆にTPS熟練ユーザーは、どんどんと見切りをつけログインしなくなってきている.

    ユーザーが何をしたら喜び楽しめるのか、という事を運営側が考えていないと思われる仕様が数多くあり、ポテンシャル(素材)はいいのにトム・クランシーの名前を餌に客集めをしただけの駄作にまで落ちている印象.

    とにかく現在の最優先課題は、サーバーの強化とバグの徹底排除という基本項目からでしょう.

    はっきり言ってTrailerに騙されました.
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 1 1 2 1
  • これから始めるならLv30まで 30
    • 投稿者:HIOK(男性/30代)
    • 投稿日:2016/05/07
    良い点
    ・グラフィックがきれい
      朝昼夜の時間帯だけでなく天候によっても景色が変わりどれもとても綺麗です。
      オブジェクトの破壊だけでなくカスタムした武器の部位ごとに変わるグラフィックは見事です。
    ・好みがわかれるが世界観は良い
      ストーリーの他にいたるところに落ちているデータでこの世界観をより深く知ることができる。また、これは強制ではなく収集要素にとどめられているためとっとと先に進みたい人にも優しい。
    ・FPS、TPS初心者でも入り込みやすい操作性
      エイムアシストが非常に優秀で敵に向かっててきとうに構えるだけで照準が吸い付きます。
    ・人口は多い
      海外と共有なのでしばらくは過疎らないと思われる。
    ・レベルアップが早い
      ミッションをたどっていくだけで簡単にカンストのレベル30まで到達できます。
    悪い点
    ・グラフィックは綺麗だが
      PCの要求スペックは高いです。これは仕方ないですね。
    ・世界観はいいが
      ストーリは完結しません。最後までもやもやが残ります。
    ・人口は多いが
      海外と共有なので言葉の壁があります。これも仕方ないですね。
    ・レベルアップが早いが
      1レベルの差が激しくついさっき手に入れた装備がレベルアップによってゴミと化します。
    ・致命的なバグの多さと運営の対応
      壁抜けやミッション進行不可どころかゲームバランスを崩壊させるようなものまで様々。また、運営の対応も放置だったり修正しても遅かったり。
    ・公式コミュニティは機能していない
      運営やゲームに対して批判的な書き込みは閲覧制限がかけられ、すでに利用者は少ないようです。
    ・ラグがひどい
      ダメージの判定が遅すぎていくら撃っても敵が死なない。かと思いきや撃ち終わった後にいきなり倒れる。明らかに致死量の弾丸を頭に撃っても普通に撃ってくる。もちろんくらいます。
    総評
     ミッションは難易度選択もあるのでクリアだけならソロでもさほど難しくありません。マッチングもすぐ集まります。が、1レベルの差が激しいので油断するとすぐ死にます。適正レベルでも油断できない難易度なのでバランスはいいと思います。
     
     それらのいいところをすべて台無しにするバグのひどさが目立ちます。バグ利用者が非常に多いです。ゲームを崩壊させるようなバグは現在さすがに修正されましたが、運営はバグの見つかったコンテンツを一時封鎖するでもなく、緊急メンテをするでもなくしばらくの間放置した後にようやく修正される後手修正。一時期は野良で集まってもバグ利用が当たり前の状況でした。
     修正までに十二分に蔓延したバグ利用のおかげで報酬のレアアイテムはレアアイテム(笑)になりました。が、これら不具合を利用して不正にアイテムを得たプレイヤーはアカウントを停止します。
    と、運営は言っていたようですがお咎めなしです。
     前述したようにすでに修正されていますのでこれから始めようという方が追い付こうとするには正攻法で地道に装備を整えなければいけません(これが普通です)
    しかし装備にはギアスコアという装備ごとのスコアが設定されていてこれがプレイヤーの強さの目安になるため低ランクの装備でエンドコンテンツの新ミッションに挑もうものなら容赦なくキックされます。

     ミッションのボスもレアドロップがあるにはありますがほとんどゴミです。ほしい装備を狙おうとすると百回以上周回する必要があります。
     クラフトで厳選しようにも必要素材が大幅に増えたため素材がいくらあっても足りません。
     ほかに装備を強化するにはダークゾーン(以下DZ)というPvPエリアでランクを上げ設計図を買う方法もありますが、ローグといういわゆるPKプレイヤーが現在非常に多くなっています。
     これ自体はDZ本来のあり方なので仕方ないのですが装備の性能差が大きすぎて装備が整うまでは熟練プレイヤーにはどうあがいても勝てません。ソロでDZに入ろうものならランク上げどころかデスペナでどんどんランクダウンしていきます。
     またラグがひどいせいでカバーに隠れた後に実は撃たれてたなんてこともざらなので腕でカバーすることもできません。
     DZランクを上げるには装備の整ったプレイヤーとPTを組まなければいけませんがギアスコアが低いとローグに狩られるだけなのでここでも人は選ばれます。
     DZでは装備のスコアごとに鯖がマッチングされますが、意図的にスコアを落として低ランク鯖に上級者がやってくる初心者狩りが横行しているため、低ランク装備のうちにDZランクだけ上げようということもできません。

     そのためDZではソロもしくは弱装備のプレイヤーはローグに狩られ続け、ローグは常に複数のPTに狙われ続け、その複数のうちの片割れが誤射によりローグとなり、もう片方とリスポーンした元ローグが徒党を組んで狩りにいく憎しみの連鎖が出来上がり、雰囲気は非常にギスギスしています。
     ボイスチャットが周囲の全員に垂れ流しなので罵詈雑言が飛び交います。(外国語で) 
    対等な状態での4対4もあるにはありますがごく稀です。ほとんどの場合が一方的な殺戮です。
     DZはすでにPvPエリアとしては機能しておらずPKエリアと化しています。

     以上によりこれから始めようという方々にとってはカンストのLv30までならかなりの良ゲーといえますが、それ以上やろうとするならかなりの時間と労力とストレスと闘わなければなりません。
     それが無理ならデイリーミッションぐらいしかやることありません。
     それらを乗り越えればすでにバグ利用者たちに行き渡った装備を持って泥沼の戦場へ飛び込むことができます。 
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 1 3 1
  • 最高の素材を使って作った糞ゲー 15
    • 投稿者:天邪鬼(男性/30代)
    • 投稿日:2016/04/21
    良い点
    ・グラフィック
     リアルタイムで変わる気候、細部の作りこみが素晴らしく適当に歩いたり突っ立っているだけでも感動する
    ・世界観
     なぜ世界が荒廃したのか、なぜディビジョンはNYにいるのか、なぜあの敵は戦っているのかなど、様々な疑問がゲームを進める程分かってきて一気に最後までやってしまう位良く出来ている
    ・戦闘システム
     敵の攻撃は基本的に痛く、隠れながら攻撃しなければすぐ倒れてしまいます。
     様々な物に隠れ高低差を利用し敵を倒す快感は素晴らしい
    悪い点
    ・トレハンとクラフトのバランス
     発売当初「真面目なボダラン」と言われた位トレハンを期待されていた本作ですが、蓋を開けてみるとドロップアイテムは99%使えずβまでは使えなかったクラフトシステムで作った物から使える装備を厳選するという物でした
     UBIもこれはいけないと思ったのか調整をしました、がその調整はゴミドロップを増やしクラフトに必要な材料を増やすと行った残念な調整でトレハンの為に周回するのではなく、クラフトの材料集めの為に周回するままでした
    ・MMO
     オンラインゲームとして売り出したのに、始めてみるとダークゾーンと言うPvPエリア、セーフハウスと言う安全地帯以外で他の人に出会う事は無いです
     広く作りこまれたNYにいるプレイヤーは自分一人、ミッションの所だけマッチングして協力できるのですがそれだったらCoopで良くない?って思ってしまいます
    ・ラグ
     MMOとして致命的なレベルです、上にも書いたようにMMOで常時接続のせいで他プレイヤーがいないのにラグがあるのは本当にストレスです
    ・バグ
     こちらも致命的です、発売から一ヶ月以上経っても修正されない致命的なバグが数々あるのに新コンテンツを入れ更にバグが増えています
     バグの無い部分ってこのゲームにあるの?ってレベルでどこにでもバグがあります
    ・グリッチ、チート利用者の多さ
     グリッチは他のゲームで見た事がないほど多いです、正攻法でミッションをクリアする場合身内でPTを組まないと野良ではもはや普通にプレイを楽しめない所もあるレベルです
     チーターはPC版に通報システムが出来ましたがお構い無しにあちこちにいます
    ・役に立たない運営
     今まで遊んで来たオンラインゲームの運営なら、初日にこの量のバグ・ラグがあると分かれば緊急メンテに間違いなく入りますがUBIは何もしていません
     グリッチやチートに対しても対策がされていないと思う位酷い有様でゲームは完全に崩壊しています

    総評
    物はホントに素晴らしい、プレイ時間が250時間を越えていますが飽きを感じた事はありません
    βテストの時などはする事がなくなってもこの世界に居たくてずっと時間と気候の変化を楽しんでいた位です

    ただ実際サービスが始まってみるとオンラインゲームによくある「運営さえ違えば…」と思う事ばかりです
    ホントUBIは開発に集中し運営は他社に任せて欲しかった
    とにかくあらゆる問題の対応が後手、悪手の連続です
    グリッチやチートに対しても野放しで結果みんながグリッチをしています、そもそもの問題のバグもグリッチが流行って1,2週間しないと修正しないレベルです、それまでグリッチし放題
    これを書いている4月20日現在は過去最悪のグリッチが見つかりゲームバランスは完全になくなっていますがUBIは一日なんの対策もとっていません
    そしてこのグリッチが原因なのかラグが今までよりも酷くサーバーにも繋がりにくい状況です

    今のディビジョンはワンコインでも買う価値が無く返金して欲しいレベルの代物です
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 1 4 1
  • バトルのバランスが素晴らしい 85
    • 投稿者:ガイウス(男性/40代)
    • 投稿日:2016/04/07
    良い点
    ・バトルのバランス
     理不尽さがない。気を抜くとやられるが、やられたことに納得がいく。
    ・武器や防具の厳選のたのしみ
     武器の選定やスキルやタレントの組み合わせなど、かなり豊富
     テンプレ的なものがなくはないが、それが絶対というわけではない。
     うまい人ほど、自分の装備仕様にできている気がする
    ・グラフィック
     本当にすごいと思う。天候の変化とか圧巻 
     自分は青空が覗いているときが一番いい
    ・ストーリー
     よく練り込まれていると思う。任意で情報を収集し全体像を
     把握していく感じもいい
    悪い点
    ・誤射によるローグ化
     誤射でのローグ化は勘弁してほしい。
     ローグ化しない=ローグ以外のPCにダメを与えない設定がほしい。
     そのうえでローグのデスペナを引き上げてほしい。
     わざと射線に入ってくるお手軽ローグが多すぎる。
    ・バグによる様々なグリッチ
     最上級アイテムの効率的なトレハンがバグ等で行われてしまうことがある
     ローグが、バグを使って壁裏に逃げ込んだりする(理不尽の放置)
    ・サーバーの強度
     ラグやストップが頻繁におこる(デスティニーのサーバーの方が断然強い)
    ・装備セット登録ができない
     場面に応じて臨機応変に装備変更したくてもできない
    ・ゲーム内マッチングがほぼ使えない
     かなりいい加減なマッチングシステムらしく、マッチングしたくない人に
     マッチングされたりするため、マッチング直後キックなどがよくおこる。
    総評
    色々不満はあるものの、楽しめています。
    悪い点が改善されれば、もっと楽しめるとも思います。

    デスティニーと違って、一定程度のリアル感の中で戦えるのが気に入っています。
    人によっては敵や味方がヘッドショット1発で死なないことを嫌がるとは思いますが、
    ゲームとしてはアリだと私は思います。敵であれ味方であれ即死ゲームは味気ないです。

    12日に無料アップデートがありますし、有料アップデートも3回予定されており、
    今後も期待できるゲームであることは間違いないです。

    今日も3穴のアーマーゲットのため、DZに籠ろうと思います。

    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 4
  • 通りすがりのおっさんエージェント 90
    良い点
    2013 E3で初お目見え以来期待の新作オープンワールドRPGです。
    街並みは息を飲む美しさ。新描画エンジンsnow dropによる天候の変化はリアルを越えてとにかく美しいの一言です。病原菌によるアウトブレイクから数週間後という設定でニューヨークの街並みを見事に再現しています。TPS視点、4人COOPでのダイナミックな戦闘や、シームレスに表示されるストーリーCG。キャラクターの成長要素である武器、防具、アタッチメントやPvPダークゾーンの存在等飽きない作りです。個人的に失踪したエージェントの話が好きですね。一人でもレベルに応じてミッションをプレイしたり、4人によるイージーマッチングの4人COOP等全体的に初心者も慣れた人も楽しめる内容だと思います。
    悪い点
    悪い点 オープンワールドですが、街の密度に対して若干の狭さを感じました。これから広がるということなので期待余地かと思いますが、某LAモチーフゲームに対して10分の1以下ですね。ファストトラベルも使えますが歩きは若干の辛さもあります。乗り物はバイクと車は用意して欲しいですね。ゴーストリーコンもTPSですがアイアンサイト、ホロ、リフレックスと全部覗けました。そこは惜しいところかなぁ。匍匐も出来ません。バイポッドもありません。何故なのでしょう?ナイフキルのモーションも入れて欲しかったところ。テストレンジは良いですが、遠距離の練習もさせて欲しかったとこが△というとこでしょうか。ダークゾーンの検問所に何故かアイテムボックスが無いのもキツイですね。DZレベルも分かりにくいですね。
    総評
    総評 ストーリー、サブミッションや4人COOPでのダークゾーンの存在であったり一人でも複数人数でもプレイできるので幅広いプレイヤーを満足させると思います。ここ最近でシナリオは出色の出来だと思います。またFPSをしてきたプレイヤーには馴染みあるアタッチメントやレアアイテムの武器防具もありやりこみ要素も感じました。年内DLC6つ+αで来年以降もDLCは出すと公式アナウンスにあるので期待して良いでしょう。天候の変わるニューヨークは一見の価値ありです。
    期待してた方はほぼ裏切らない出来だと思います。個人的には失踪したエージェントの話とdivisionの設定そのものを掘り下げて良いと思います。もう少し特殊部隊感を出して欲しいですね。期待していた人は買い!迷っている人も買い!アクションシューターRPGなのは見たまま裏切りません。
    エージェント、ジャックバウアーとか 笑 お馴染み24の面々とのコラボもありかなと思います。
    キャラのたったエージェントが味方にも一人欲しいですね。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 4
  • 環境を整えてやった方がいいかもしれない 95
    • 投稿者:1023(男性/30代)
    • 投稿日:2016/03/23
    良い点
    ・グラフィックが綺麗
    ・天候が変わる(雪が降ると自身に雪が被る演出、建物に入るとそのうち溶ける、細かい演出が素晴らしい)
    ・PC版をプレイ中ですが、30秒掛からずマッチングする
    ・UBIの対応が早い
    ・PVP地域での初心者狩りができない仕様 レベル帯でPVP地域がまとめられるので高レベルと低レベルはカチ合わない(極稀にソロを狙った4人PTに出くわしますが自分から行かなければ普通に逃げられます)
    ・なんぼ装備が良くても最高難易度で単独で突っ込んでもただ死ぬだけ。PTでの連携をしなければクリアはほぼ不可能
    ・お気に入りの武器にカスタマイズして自分好みの強さ、反動、見た目にできる
    ・PVP地域でMOBを倒し、レアアイテムがドロップしてそれを回収地点で回収する。ドキドキ感を味わってほしい。
    悪い点
    ・日本語吹き替えの関西弁(正直、吹き替え英語、日本語字幕をオススメしたい)関西弁に抵抗のある自分としては最悪です。
    ・ガッチリやる方には少しボリューム不足 1日3〜4時間やれる程度の人ならば十分
    ・一緒にプレイする人がいない方は物足りなさを感じるかもしれない
    しかし、マッチングで外国人とPTを組んでも十分楽しめる。片言の英語でもチャットで意思疎通は可能(当方、全く英語ができない為翻訳を使って意思疎通してます)
    ・アバターはすぐに入手できて、色々な格好ができますがあまり代わり映えしない感じ
    総評
    久々に楽しいゲームに出会いました。
    前提として、ソロでも楽しめるし、PVP地域に行かなくても装備が整うのがいいですね。
    しかし、野良マッチングなり、仲間内でプレイすると尚違う戦闘が出来てGOOD

    日本人が多いのはPS4という前情報がありPS4版と迷いましたが、武器それぞれにクセのある反動がある為、マウス+キーボード操作ができる方はPC版をおすすめします。
    (そもそも、人口が多くてもゲーム内に入っている人全員見える訳でもないですし)

    反感を買うかもしれないが、某掲示板や、ここのレビューを見ていると鯖落ち、ラグの問題で文句を言っているがちゃんと環境を整えてやっているのか?といいたい。少なくともPC版ではほぼ無い。日本人は悪い事の方が目につきやすいし、妬み、文句も言いたがるのが問題。

    これから大型アップデートも何個かあり、まだまだ遊べそうです。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 5 4
  • 期待に応えられなかった 50
    • 投稿者:DesertEagle(男性/30代)
    • 投稿日:2016/03/16
    良い点
    ・グラフィックが綺麗。かなり作り込まれていて、見て歩いて回るだけでもそこそこ楽しめる。自動車の半開きのドアに向かって体当たりしたりカバーをすると、ドアが閉まったりする細かいところも面白い。
    ・カバーの動作が便利。直感的な操作で遮蔽物→次の遮蔽物へと走って移り、その際のUI表示が分かりやすい。
    ・武器にパーツを装着して性能が向上し、見た目も変わる。
    ・ストーリーの内容や伝えたい世界観などをプレイヤーに強制視聴させてこない。ミッションで手に入れた映像やフィールドに散りばめられた収集物により世界観は断片的に理解できる仕組みになっている。見なくても聞かなくてもいい。
    悪い点
    ・敵が容易に高ダメージ攻撃を放ってくる(必ずヘッドショット?)。ほぼ装備(防具)が存在している意味を感じない。
    ・ラグを感じる。キルした筈なのに倒れる前に一撃入れてくる。そもそもダメージが一瞬遅れて反映されているのが目視で確認できる。
    ・敵のレベルが上がると使用中の武器がすぐ弱くなる。頻繁な武器の変更が必要。弱くなるシステムのままでいいが、もっとじゃんじゃんアイテムドロップをして欲しいところ。
    ・ナビゲーションを行ってくれるGPS機能が中途半端。必ずしも最短ルートを表示してくれる訳ではない。表示が大雑把な為、建物の出入り口を探すのに難儀したり、収集物の探索に難儀したり、高低差に対応してないにも程があったりする。
    ・カバーしていても、使用する遮蔽物の高さ・幅や敵との仰角により、頭など身体の一部がはみ出している場合があるようで(判定がよく分からない)、撃たれたり燃やされたりするのは日常茶飯事。
    ・吹雪や謎の湯気・煙で敵が見えず狙えない事がよくある。同等の条件である筈が、敵は怒濤の勢いで当ててくる。
    ・ファストトラベルがある、といっても走る距離は長大で、掛かる時間も膨大。何らかの乗り物を実装させなかったのは物資不足である世界観を優先した結果なのか。なら何故ヘリコプターは飛んでいるのだろうか。
    ・移動中に設置してある雑魚敵の意味は何なのか。飽きさせない為とでも考えたのか。
    ・Ctrlにより乗り越えられて、移動できる範囲が限られている。ある程度の高さから飛び降りるとダメージを喰らいながらも降りること自体はできるが、明らかに一発で死亡するだろう高度からは飛び降りられない。そこまでの「自由さ」は無い。
    ・DZ(ダークゾーン)ではさらに敵が多くて固くて攻撃が強く、5度6度とチャレンジしてみるがアイテム回収を出来た例しがない。
    ・「RPG」なのに公認PKを推している態度が大嫌い。DZの回収地点にてローグ(PK)にキルされる事はよくある。殺しても殺さなくてもいいという独特の空気が好きな方は良いかも知れない。
    ・実情、レベルの近いフレンドとしかグループを組んで遊べない。組んだとしても、敵のレベルはグループの平均を取るようで、レベル低い人がろくに敵を倒せず即死しかねないバランスになる。
    総評
    FPS/TPSビギナーの自分が、現在レベル20まで(カンスト30)遊びましたが、ソロで遊ぶには少々辛く、面白くないゲームバランスでした。
    複数人のフレンドと遊ぶことをおすすめします。
    PVPが苦手な人はDZ以外を楽しむか、どちらにせよカンスト後はデイリーとDZしかコンテンツが存在しない様なので、手を出さないという選択もアリだと思います。
    支払った金額に見合うゲーム内容かといえば、否と言わざるを得ません。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 2 1 3 2
  • 廃墟と化したオープンワールドシューターRPG 85
    • 投稿者:バミトン(男性/30代)
    • 投稿日:2016/03/15
    良い点
    ・ボリュームが半端無く多い
     オープンワールドな上にサブミッションや突発的に発生するミッション等
     シューターRPGとしてはかなり多めのボリューム
     自由度はあまり無いがその分遊べる要素は充分以上のものがある
     無料DLCも提供されてるということもあるので更に遊べる範囲が広くなりそう

    ・ハクスラ要素が強い
     武器や防具のドロップ品、店売りの時間制で変化する品揃え
     敵からドロップする武具のレア度や武器に付与している特殊能力等
     ほとんどランダムに近いドロップ性なので繰り返しレア武器探しが出来る

    ・常にオンライン環境にありマッチングも快適
     ゲーム自体はオンライン必須のゲームだが
     ソロプレイでも快適にプレイできる環境もありつつも
     COOPプレイも常に拠点からアクセスしたり固定ダンジョンで募集をかけたりすれば
     すぐに他のプレイヤーとマッチングして協力プレイができるのも魅力の一つ
     どうしてもクリアできないミッション等はその都度募集をかけて共闘できる

    ・唯一PVPが制限されてないダークゾーン(DZ)が面白い
     通常のMAPとは違い極度にレアドロップが高くここでしか出ない武器も出現するが
     ユーザー同士の撃ち合い・不意に流れ弾が誰かにあたっただけでもローグ化して敵対化したりと
     常に危険性が伴うエリアだが、敵対NPCや武器ボックスも多く配置されているので平和な部分もある
     どちらかといえば通常のランクとは別にDZ専用のランクがあるので
     通常のコンテンツをクリアしてからDZに侵入するのが一般的な部分もある
     より激化したエリアで緊張感がある探索したいと思うのならここのダークゾーンしかない
    悪い点
    ・かなり時間を必要とするゲーム
     マンネリ化はないがオープンワールドなので散策するだけでもかなりの時間を要する
     至る所にアイテムが落ちていたりするのでそれを散策するだけでも半日消費したり
     やることが多い分それなりに高みを目指すなら時間に余裕が無いとできないかもしれない

    ・あまり風景が変わらない
     廃墟と化したニューヨーク近隣が舞台なのでほとんど同じようなビル街や住宅街が多い
     グラフィックは申し分ないのだが風景があまりにも変わり映えがしないので
     もっと別のエリアや風景が変わるMAPがあればよかったと思う

    ・ゲーム用語がバンバン飛び交うが初心者への配慮がない
     ミリタリーゲームやネットゲームの用語がかなり盛り込まれていたりもするが
     それに対してあまり解説や説明が入っていない
     硬派なシューターRPGではあるが多少なり
     ヘルプ等で用語解説を入れておいたほうが良い部分もあった
     さすがに初心者に「DPS」って言っても通じないと思うし説明不足が多いかなと思った
    総評
    CBT・OBT・サービスインを通してプレイしていますが
    これほど面白いシューターRPGは久しぶりに体験したなぁという印象です

    Destinyやボーダーランズ等シューターRPGが多い中で
    緊張感や敵対する勢力との抗争でのカバーリングしながら制圧してく楽しみを
    改めて面白いと感じさせてくれたゲームです

    良い点も根本的なものですが全体的にもちゃんと計算されて作られているので
    敵もそれほど弱くもないし、下手をすれば倒されたりする局面を幾度と見ているので
    どちらかと言えばその絶妙な難易度はすごくしっくり来る人は来るのではないでしょうか

    ただ悪い点もいくつか挙げさせて頂きましたが
    流れが「敵を倒す」だけが淡々と続き根本的に単調な部分もあります
    合う合わないはありますが飽きがくるのが早い人もいるかもしれません

    2016年上半期の枠では名作に値するゲームだと思います
    ハクスラ要素や現実感があふれる世界で散策をしたい人ならうってつけの作品です
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月19日〜05月20日