オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Dragon’s Dogma Online公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2015/08/31
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
  • Amazonで買う
読者の評価
56
投稿数:78
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/04/28 15:00

プレイレポート

「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 カプコンがサービス中のオンラインオープンワールドアクション「Dragon's Dogma Online」PC / PlayStation 4 / PlayStation 3 以下,DDON)にて,2016年4月20日に「シーズン1 ファイナルアップデート」が実施された。このアップデートにより,2015年8月のサービスインから続くシーズン1の冒険に1つのピリオドが打たれる。

画像(001)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 今回4Gamerでは,ゴールデンウィークの連休を間近に控え,新たな冒険に旅立とうとしているプレイヤーのために冒険の手引きをお届けする。DDONの概要をあらためて紹介するとともに,導入部分のガイドを掲載しているので,新人覚者達の一助になれば幸いだ。
 また本稿の最後には,新人覚者のみならず,現役または休眠中の覚者にも役立つ情報をまとめているので,ぜひ目を通してほしい。

画像(002)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

「Dragon's Dogma Online」公式ビギナーサイト



COGアカウントを取得し,クライアントをダウンロード/インストールしよう


 DDONは,2012年にリリースされたアクションRPG「Dragon's Dogma」PlayStation 3 / Xbox 360)の世界設定をベースに,まったく新しい物語が展開する基本プレイ無料のオンラインゲームだ。プレイヤーは,衰弱しつつある白竜によって覚者となり,レスタニア大陸に迫る魔物の脅威に立ち向かっていくこととなる。

オープニングムービーでは,白竜が衰弱するに至った経緯が解き明かされていく
画像(003)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(004)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 本作はオンラインゲームなので,PC/PS4/PS3というプラットフォームを問わず,インターネット環境が必須。また,あらかじめカプコンオンラインゲームズ(COG)の公式サイトで,アカウント(COG ID)を取得しておく必要がある。なお,登録に必要な情報はメールアドレスとパスワード,生年月日の3つだ。

 次に行うのは,クライアントのダウンロードとインストール。これは公式サイトにプラットフォーム別の手順が紹介されているので,ぜひ確認してほしい。
 以下はPC版の必須動作環境だが,「PCのスペックと言われても何のことやら……」という人でも,自分のPCでDDONを快適にプレイできるかどうかを測定できるベンチマークソフトが用意されている。「こちら」の記事を参照のうえ,チェックしてみるといいだろう。

●PC版 必須動作環境
OS Windows 7 / 8 / 10 32bit版・64bit版
CPU Intel Core 2 Duo E7600 3.06GHz以上
メインメモリ 2GB以上
HDD空き容量 20GB以上
ディスプレイ解像度 1280×720ドット以上
グラフィックスカード GeForce 8800以上,ATI Radeon HD 3870
DirectX DirectX 9.0c以上


キャラメイクでレスタニアに降り立つ自分の分身を作ろう


 オープニングムービーが終わったら,自分の分身となるキャラクターを作成する。
 キャラメイクでは,顔のパーツや体格などをスライダーで細かく調整可能で,筋肉量や首の長さ,足腰の大きさにもこだわれる。
 また,髪型は男女共通で62種類あり,当然,カラーも変更できる。そのうえ,ボイスは男女それぞれ12種類用意されており,ピッチの調整で声質も変えられる。キャラメイクに妥協したくないという人にとっても,DDONはうってつけだろう。

画像(005)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(006)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(007)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(008)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 キャラメイクにあまりこだわりがなく,すぐに冒険を始めたいという人には,男女それぞれに15種類用意されているデザイナープリセットがオススメ。髪型や目の色などの一部だけを変更すれば,ほかのプレイヤーにはないオリジナリティをアピールできるはずだ。

画像(009)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(010)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

作成中のキャラクターが,ゲーム内ではどんな雰囲気になるのかを確認することもできる
画像(011)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(012)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 初期ジョブは,片手剣と盾を装備し前線で戦う「ファイター」,遠距離から敵に大ダメージを与える「ハンター」,回復魔法や支援魔法で味方をサポートする「プリースト」,敵の注意を引きつけて味方を守る「シールドセージ」の4つから選択できる。
 ちなみにジョブはゲーム内でも任意に変えられるので,あまり悩まなくてもいいだろう。

画像(013)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(014)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(015)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(016)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け


プロローグクエストとチュートリアルガイドで冒険の基本を学ぼう


 キャラクターを作成すると,いよいよプロローグクエストがスタートする。このクエストはチュートリアルを兼ねており,レベル15のプレイヤーキャラクターを使って,移動やダッシュ,ジャンプ,カメラ操作などの基本操作を習得していく。
 なお,クエストを1回プレイしても,操作方法がよく分からなかったという人は,メニューの「チュートリアルガイド」や公式サイトの「プレイマニュアル」を活用しよう。

プロローグクエストでは,DDONの主要NPCであるレオとイリスとともにオークの軍勢に立ち向かう
画像(017)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

ゲーム内で新たな要素が登場すると,チュートリアルガイドを読むように促される。これはプロローグクエスト終了後も同様だ
画像(018)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 プロローグクエストで学べる基本操作の中でも,きちんと把握しておきたいのが「カスタムスキル」だ。カスタムスキルはジョブごとの専用アクションで,さまざまな種類が用意されており,キャラクターレベルなどの条件を満たすことで習得可能。その中から最大4つをセットして冒険に出発できる。
 ちなみにプロローグクエストではあらかじめカスタムスキルがセットされているが,冒険を進めていくにつれて,さらに多彩なスキルを習得し,各自のプレイスタイルやクエストの内容などに合わせてセットしていくことになる。

画像(019)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(020)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 プロローグクエストをクリアすると,プレイヤーキャラクターはレベル1に戻され,本格的な冒険が始まる。まず最初に降り立つのは,拠点となる「白竜神殿レーゼ」。この神殿はいくつかの区画に分かれており,「中央広場」の奥にある「謁見の間」には覚者を生み出した白竜を筆頭に,主要な登場人物が勢揃いしている。

画像(021)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(022)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 また,「商店区」では武器や防具などの売買,「宿場区」ではジョブの変更やカスタムスキルの習得,強化,セットなどがそれぞれ行える。
 そのほか,神殿内には装備の変更やアイテムの整理などに使う「保管ボックス」や,各種アイテムの販売所,アイテムの生産施設となる「クラフトルーム」などが存在する。ただし,主要なものはゲームの進行に沿って利用方法が順次紹介されるので,最初からすべてを把握しなくても支障はない。

カスタムスキルやアビリティの習得,転職などを扱うNPC「アーチボルト」。キャラクターのジョブレベルが上がると「ジョブポイント」が蓄積され,それと引き換えにスキルやアビリティを習得・強化していく。アビリティはキャラクターの能力を伸ばすもので,ジョブごとに習得できる種類が異なるのだが,一部のアビリティはどのジョブでも効果を発揮するという特徴がある
画像(023)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(024)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け


さまざまなクエストを受注して,レスタニアを冒険してみよう


 冒険の軸となるクエストには,さまざまな種類がある。
 まず「メインクエスト」は,DDONの壮大な物語が描かれるものだ。クエストをクリアしていくにつれて,白竜とレスタニアの人々を巡るストーリーが展開する。

メインクエストを受注すると,赤のマーカーでマップ上に目的地が示される
画像(025)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(026)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

目的地に到着するとストーリーが進行し,次なる目標が提示される
画像(027)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(028)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 「ワールドクエスト」は,フィールド上にいるNPCなどから依頼されたり,特定の地点で突発的に発生したりするもので,その情報は神殿中央広場にいるNPC「セネカ」のレスタニアニュースや,各拠点のエリアマスターなどから得られる。
 さらにワールドクエストの中には,自力で見つけ出すか,エリアマスターに情報料を払うと情報が得られる「未公開クエスト」が存在。見事クリアするとボーナス報酬を獲得できる(初回クリア時のみ)。

レスタニアニュースはメニューからでも確認可能だ。各地域の情報をこまめにチェックしよう
画像(029)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(030)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

さらに各エリアの拠点でエリアマスターからクエストの情報を聞き出し,目的地に向かう。ワールドクエストの目的地は青のマーカーで示される
画像(031)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(032)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 「パーソナルクエスト」は覚者個人に関するクエストだ。ゲームの序盤では,主にレスタニアの世界を深く知ることができる内容となっており,神殿内の施設の場所や利用手順なども学べる。
 また,パーソナルクエストのうち「ボードクエスト」は,神殿をはじめとする各拠点に設置された「クエストボード」で受託するものだ。特定のモンスターを倒した数が達成条件になっている「討伐クエスト」と,フィールド上の素材やモンスターを倒したときにドロップする素材などを収集する「納品クエスト」がある。

パーソナルクエストの目的地は,緑のマーカーで示される。スクリーンショットのクエストは,宿屋や素材屋といった神殿内の主要施設を紹介する内容だ
画像(033)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(034)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

ボードクエストは神殿や各拠点に設置されたクエストボードから受注できる
画像(035)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(036)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け


冒険の仲間として,またクラフトの要として頼りになる従者「ポーン」を活用する


 異世界の戦士として,覚者に付き従うNPC「ポーン」。「Dragon's Dogma」シリーズを象徴する存在と言えるが,DDONではいずれかのジョブがレベル5になるとアンロッククエストが発生する。
 ポーンは覚者と同じく,ジョブやスキル,アビリティの概念を持ち,パーティを組んでクエストに連れ出せば一緒に戦ってくれる。また,クラフトルームでは各種アイテムを生産させることもできる。

ポーンと契約するためのクエストでは,とあるアイテムを入手するため,ダンジョンを探索することになる
画像(037)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(038)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

ポーンも細かいところまで外見をカスタマイズ可能だ。口調やセリフをしゃべる頻度,ジョブの選択も設定できる
画像(039)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(040)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

ポーンの重要な役割の一つが,アイテムを生産するクラフト。これもまた,ゲームの進行に沿って手順を学べる
画像(041)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(042)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 ポーンには「メインポーン」と「サポートポーン」と呼ばれる2種類の存在がある。
 前者は覚者専用のポーンで,パーティを組んでクエストをクリアするなど,経験を積むことで徐々に成長していく。ジョブやスキル,アビリティ,装備を任意に変更することが可能だ。

 後者のサポートポーンは,神殿などの拠点にある「リムストーン」を介して,ほかの覚者(プレイヤー)から雇うポーンのこと。メインポーンと同じく,パーティを組んで冒険に連れ出したり,生産に従事させたりできる。ただし,サポートポーンの場合は,メインポーンとは異なり,能力や装備は雇った時点のまま固定となる。また,サポートポーンを雇うには,ゲーム内通貨「リム」が必要で能力の高いポーンほど対価が高くなる。
 さらに,サポートポーンには「冒険回数」と「クラフト回数」が設定されており,それぞれの数値がゼロになるとクエストに連れ出したり,クラフトを頼んだりできなくなる。その際は返却して,また雇い直すしかない。

サポートポーンは神殿などの各拠点に設置されたリムストーンを介して雇用できる
画像(043)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

ジョブやレベル帯,クラフトスキルなどの検索条件を設定して,雇いたいサポートポーンを探そう
画像(044)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(045)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け


レスタニアに散らばる覚者とコミュニケーションを図り,オンラインゲームならではの冒険へ


 DDONに用意されているコンテンツのほとんどは,覚者またはポーンによる最大4人のパーティを組んで進行できる(いずれかのジョブがレベル8に達すると,パーティが組めるようになる)。とくにプレイヤー同士で協力して,クエストに挑めるのはオンラインゲームならではの楽しさ。ぜひ一度は体験してほしい。

 物怖じして,ほかの覚者に声をかけられないという人も,「クイックパーティ」機能を活用すれば問題ない。この機能は,挑戦したいクエストを登録しておくと,同じ目的を持つ覚者を自動でマッチングしてくれるものだ。
 また,冒険の中で気の合う仲間が見つかったら,「フレンド」に登録しておこう。これで,ゲーム内のチャットで連絡を取り合えるようになる。

クイックパーティは設定した目的や条件に応じて,自動的にパーティをマッチングしてくれる機能だ
画像(046)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 さらにフレンド機能のほかにも,「クラン」と呼ばれるコミュニティ機能が存在する。クランは覚者同士で結成する最大100人の同盟で,メールやクランチャットなどによってメンバー間のコミュニケーションが取りやすくなる。またメンバー同士であれば,サポートポーンの雇用に必要なリムの量が大幅に少なくなるといったメリットもある。
 クラン機能は,いずれかのジョブがレベル8になると利用可能だ。クランへの加入または新クランの設立したいときは,宿場区にあるクラン酒場のNPC「ギビザ」のところに向かおう。それぞれのクランはメンバー募集にあたって,「モットー」「活動時間帯」「特徴」を掲げているので,これらを参考にクランを選んでみよう。

各クランはモットーや活動を掲げているので,それを参考に加入したいクランを検討することになる
画像(047)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(048)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 ほかの覚者と協力するコンテンツとしては,最大8人のパーティで挑戦する「グランドミッション」が用意されている。これは期間限定で開催されるイベントで,いずれかのジョブがレベル10に達していると参加できる。ミッションの内容はNPCの護衛やモンスターの殲滅,レイドボス討伐など,さまざまな種類があり,その結果に応じて報酬が提供される。レスタニアの冒険に慣れてきたら,ぜひ腕試しに挑戦してみよう。

グランドミッションの開催スケジュールは,レスタニアニュースで確認できる
画像(049)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け


序盤の難関「サイクロプス」を相手に大型モンスターとの戦い方を学ぼう


 レスタニアにはさまざまなクエストが待ち受けているが,そのハイライトと言えるのが大型モンスターとのバトルだろう。
 大型モンスターは通常のモンスターと異なり,覚者達の攻撃によって体力が減少すると「怒り」状態に変わる。この状態の大型モンスターは攻撃力が高くなり,かつ覚者の攻撃が通りにくくなってしまう。
 そこで突破口となるのが,大型モンスターの体力ゲージの下に表示される「スタミナゲージ」。スタミナをゼロにすると,大型モンスターが疲労してダウンするので有利になるというわけだ。

大型モンスターの体力がある程度まで減少すると,スタミナゲージが表示される(下写真)
画像(050)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(051)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 大型モンスターのスタミナゲージを減らす方法は2つ。1つは大型モンスターの身体にしがみついて揺さぶることだ。ただし,大型モンスターは覚者を振り払おうと抵抗するので,揺さぶりを中断して対処しなくてはならない。大型モンスターのゲージの下に黄色のアイコンが表示されたときは「耐える」,赤のアイコンが表示されたら「離れる」ことで振り落とされないようにするのだ。

大型モンスターの身体によじ登り,背中にしがみついて揺さぶることで,スタミナを奪うことができる
画像(052)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(053)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

揺さぶり中は,大型モンスターの行動(ゲージの下に表示されるアイコン)に応じて,適切な行動を取ろう
画像(054)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(055)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 2つめの方法は,弱点の「シークレットコア」を集中攻撃すること。シークレットコアは,プリーストのスキル「ヒールオーラ」を大型モンスターに当てると発現させられる。

パーティにプリーストがいれば,大型モンスターの弱点であるシークレットコアを効率よく攻撃できる
画像(056)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(057)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

スタミナゲージをゼロにして,大型モンスターをダウンさせれば,一方的に攻撃するチャンスだ
画像(058)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け
画像(059)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 DDONをプレイし始めた覚者が最初に遭遇することになる大型モンスターは,おそらくサイクロプスとなるだろう。サイクロプスは今後も続々と登場する大型モンスターの中でも,オーソドックスな存在といえるので,きちんと攻略の手順をマスターしておきたい。

宿場区にいるNPC「レンテン」から受注できるチュートリアルクエストでは,実戦を通じて大型モンスターとの戦い方が学べる
画像(060)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け 画像(061)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け


キャンペーンや有料サービスを利用して,より快適に冒険を楽しもう


 DDONは無料で楽しめるオンラインゲームだが,ゲーム内通貨「黄金石」を利用することで,より快適にプレイできるようになる。黄金石はCOGの電子通貨「CAP」(1CAP=1円)で購入可能で,1個あたり100CAPとなっている(まとめ買いによる割引あり)。
 黄金石を使うと,ゲーム内でさまざまなサービスを受けられるようになるが,その中でも注目してほしいのは「冒険パスポート」だ。保管ボックスの拡張や「リム転移」(拠点間のワープ)に必要なリムの割引など,冒険に役立つサービスをセットにしたもので,黄金石15個で30日間のサービスが利用できる。じっくりと腰を据えてDDONを遊んでみようと思ったら,利用を検討してみるといいだろう。

各拠点に設置されている「拠点の礎」をアンロックすると,リム転移で拠点間をワープできる。冒険パスポートを購入すれば,リム転移に必要なリムが割引されるので,冒険が快適になるのだ
画像(062)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 そのほかにも,覚者やポーンの入手経験値などが増加する「成長サポートコース」,レアアイテムの入手確率やリムの取得量などが増加する「報酬サポートコース」など,各種オプションコースが用意されており,プレイスタイルやライフスタイルに合わせて利用可能だ。
 さらに,現在は新たなキャラクターを作成すると,各ジョブのレベル30までの成長をサポートする装備アイテム「祝福のルーキーズリング」が提供される。このアイテムを装備すると,モンスター討伐時の経験値が2倍,かつボードクエストおよびワールドクエストクリア時の取得経験値が2倍となるので,キャラクターの成長が早くなるというわけである。

装備している覚者やポーンの獲得経験値が,レベル30まで2倍になる「祝福のルーキーズリング」。新しくキャラクターを作成したり,新ジョブに転職したりするときは,忘れずに装備しよう
画像(063)「Dragon's Dogma Online」はシーズン1のフィナーレへ。今こそ,レスタニアへと旅立たんとする新人覚者のために冒険の手引きをお届け

 冒険を進めていくと,最初の4種類以外のジョブにも転職できるようになるが,その際にも祝福のルーキーズリングを装備していれば,新たなジョブを短期間で成長させられるはず。ポーンも装備可能なので,ポーンの育成にも活用しよう。

 冒頭でも述べたとおり,DDONのシーズン1はファイナルアップデートが実施されたばかりで,今ならシーズン1の冒険を最後まで楽しめるようになっている。また,これに続くシーズン2は今夏実装予定とのこと。新たなストーリーやフィールドの拡張を含む,さまざまなコンテンツが追加されることだろう。この絶好の機会に,広がり続けるDDONの世界へと足を踏み入れてほしい。

「Dragon's Dogma Online」公式ビギナーサイト

  • 関連タイトル:

    Dragon’s Dogma Online

  • 関連タイトル:

    Dragon’s Dogma Online

  • 関連タイトル:

    Dragon’s Dogma Online

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/05/08)
カプコン ドラゴンズドグマ オンライン リミテッドエディション
Software
発売日:2015/08/27
価格:
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月02日〜12月03日
タイトル評価ランキング
94
74
原神 (PC)
68
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年06月〜2020年12月