オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ペルソナ5公式サイトへ
  • アトラス
  • 発売日:2016/09/15
  • 価格:通常版:8800円(税別)
    20thアニバーサリー・エディション:1万3800円
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
84
投稿数:39
レビューを投稿する
海外での評価
93
Powered by metacritic
ペルソナ5
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ミュージック フロム ゲームワールド:Track 163 「ペルソナ」ライブアルバム,「ときめきアイドル」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/28 12:00

連載

ミュージック フロム ゲームワールド:Track 163 「ペルソナ」ライブアルバム,「ときめきアイドル」

ミュージック フロム ゲームワールド


Illustration by しなぷう
ミュージック フロム ゲームワールド:Track 163 「ペルソナ」ライブアルバム,「ときめきアイドル」
 今最も欲しいのが,先日発表され,東京ゲームショウ2018にも出展されたアーケード筐体風のハード「ARCADE1UP」。自宅でアーケード筐体を再現できるのがたまりませんが,組み立てたあとに置く場所があるのかは,今は考えないでおきます。このシリーズで「ダライアス」か「ダライアスII」が出てくれたら嬉しいなあ。

 それでは,今週も「ミュージック フロム ゲームワールド」でオススメの2枚を紹介しちゃいます!


横浜アリーナの興奮が蘇るライブアルバム!

「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND BOMB !!!! 2017 〜港の犯行を目撃せよ!〜」


タイトル PERSONA SUPER LIVE P-SOUND BOMB !!!! 2017 〜港の犯行を目撃せよ!〜 ミュージック フロム ゲームワールド:Track 163 「ペルソナ」ライブアルバム,「ときめきアイドル」
発売日 2018年8月29日
価格 3500円(税抜)
発売元 Mastard Records
コピーライト (C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.

 2017年8月に横浜アリーナで開催された「ペルソナ」シリーズの音楽イベント,「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND BOMB !!!! 2017〜港の犯行を目撃せよ! 〜」をライブアルバム化したのが本作。ライブ本編で演奏された29曲とアンコール5曲の計34曲を,CD2枚組に余すことなく収録しています。

 DISC1の1曲めは,TVアニメも好評放送中の「ペルソナ5」のオープニング曲「Wake Up, Get Up, Get Out There」。ファンキーなギタープレイとLynのパワフルなボーカルが響き渡り,オープニングから最高潮の盛り上がり! ライブアルバムらしく,オーディエンスの歓声が興奮をリアルに伝えてくれます。2曲めは,川村ゆみが歌う「Burn My Dread」。透き通るような歌声とサビでの強烈なシャウトがインパクト大。3曲めの「Pursuing My True Self」は,平田志穂子がムーディに歌い上げる,色気たっぷりな曲。カッコよく決まったラップパートに痺れます!

 9曲めの「Reach Out To The Truth -First Battle-」「ペルソナ4」の人気曲で,筆者もとくにお気に入りの曲。ライブバージョンのダイナミックな演奏と迫力はとにかく圧巻! 思わず目を閉じて,ライブ風景を思い浮かべながら聴き入ってしまいます。

 14曲めは「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」から,Lotus Juiceによるラップとのコラボで平田志穂子が歌うミクスチャーロックナンバー「Break Out Of...」。ライブバージョンでは骨太感が3割増し! DISC1のラストは「ジュネスのテーマ」で締めくくり。軽快なフレンチポップで,ライブにおける絶妙なアクセントになっています。

 DISC2は「Persona Orchestra Medley 2017」でスタート。「ペルソナ」シリーズの人気曲,5曲をメドレー形式でつなげたオーケストラ演奏で,ライブ後半へ向けたインターバル的な仕上がり。アンコール2曲め(DISC2の9曲め)は「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」から「Light the Fire Up in the Night "KAGEJIKAN"+ "MAYONAKA"」。川村ゆみとLotus JuiceによるKAGEJIKAN ver.,平田志穂子とLotus JuiceによるMAYONAKA ver.が連続する,ライブならではの豪華な曲。個人的に本ライブでのハイライトです。最高!!

 そしてラストを飾るのはバラードナンバー「星と僕らと」。熱気に満ちた時間をしっとりと締めくくるエンディング曲で,ライブの余韻に浸りながら,いつまでも聴いていたくなります。
 ライブに参加したファンは当日の熱気が蘇り,参加できなかった人もライブの興奮を感じられる「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND BOMB !!!! 2017 〜港の犯行を目撃せよ!〜」。ファン必聴のライブアルバムだと断言できます!


ペルソナチャンネル


トラックリストを見る

[DISC1]
1
Wake Up, Get Up, Get Out There
2
Burn My Dread
3
Pursuing My True Self
4
PSB2017 Everyday Mix
・Beneath the Mask
・Signs Of Love
・When The Moon's Reaching Out Stars
5
Life Will Change
6
Tokyo Emergency
7
Mass Destruction
8
Deep Breath Deep Breath
9
Reach Out To The Truth -First Battle-
10
Last Surprise
11
Phantom
12
Tokyo Daylight
13
key plus words -TV size ver.-
14
Break Out Of...
15
Laser Beam
16
Will Power
17
Beneath the Mask -rain-
18
Blooming Villain
19
20
Keeper of Lust
21
全ての人の魂の戦い
22
ジュネスのテーマ

[DISC2]
1
Persona Orchestra Medley 2017
・全ての人の魂の詩
・聖槍騎士団
・Mistic
・Heaven
・Our Beginning
2
Burn My Dread -Last Battle-
3
MAZE OF LIFE
4
Time To Make History
5
The Whims of Fate
6
Rivers In the Desert
7
P3D×P5D OP Mix
8
キミの記憶
9
Light the Fire Up in the Night "KAGEJIKAN"+ "MAYONAKA"
10
Life Will Change
11
Never More
12
星と僕らと



王道アイドルソングと往年のKONAMIサウンドが融合

「ときめきアイドル Song Collection」


タイトル ときめきアイドル Song Collection ミュージック フロム ゲームワールド:Track 163 「ペルソナ」ライブアルバム,「ときめきアイドル」
発売日 2018年9月5日
価格 3500円(税抜)
発売元 KONAMI
コピーライト (C)Konami Digital Entertainment

 今週の2枚めは,KONAMIのスマホ向け学園アイドルコミュニケーションゲーム「ときめきアイドル」初のサントラ,「ときめきアイドル Song Collection」を紹介します。本作は「ときめきメモリアル」シリーズの新展開という位置づけで,往年のときメモファンからも注目を集めているタイトル。CD2枚組の本サントラには,キラッキラなアイドルチューンが満載です!

 DISC1の1曲めは「トキメキ☆ミライ」。ときめきアイドルprojectのメンバー全員が歌う,明るい王道アイドルチューンに仕上がっています。清涼感あるユニゾンボーカル,キュートでお茶目な合いの手コーラスなど,ライブで盛り上がりたくなる曲です。

 2曲めは「Jewelry days」。ストリングスを絡めた落ち着いたアレンジの曲で,切なさを感じさせつつも,元気いっぱいなボーカルに力をもらえそう。4曲めの「冒険デイズ☆」はアッパーなギターリフで始まる,パンキッシュな疾走ロックチューン。最初から最後まで,とことん爽快に突っ走ります。

 6曲めはテクノ風アレンジの「恋のパズルマジック」。Perfumeなど,中田ヤスタカ氏の手がけるサウンドが好きな人にはストライクな曲。9曲めはしっとりしたミディアムテンポで進行する「お月様のメロディー」。感情のこもったボーカルにも注目です。14曲めの「カン違いSummer Days」はエモーショナルな歌メロにグッとくる強力な曲。そしてラストは「ときめきアイドル」のメインテーマとも言える「DREAMING-ING!!」で爽やかに締めくくります。

 DISC2は,サントラのアナザーサイドといった趣。1曲めはKONAMIが1993年にリリースした対戦格闘ゲーム「究極戦隊ダダンダーン」の主題歌,「闘え!ダダンダーンV」の「ときめきアイドル」バージョン。1980年代のアニソンテイストと現代のアイドルソングが融合! 2曲めは「グラディウス」のBGMをアレンジしたインスト曲「GRADIUS -Four Suite for Two Pianos-」。1980年代からのゲームミュージックファンには嬉しい1曲です。3曲め以降は「カン違いSummer Days」の各メンバーのソロバージョンを収録。怒涛の15連発をノンストップで堪能してほしい!

 「ときメモ」シリーズの新展開を彩るアイドルらしい楽曲に,往年のKONAMIサウンドもフュージョンさせた「ときめきアイドル」のサントラ。今後もどんな楽曲ネタを仕掛けてくるのか楽しみです!



「ときめきアイドル」公式サイト


トラックリストを見る

[DISC1]
1
トキメキ☆ミライ
2
Jewelry days
3
Future Smile
4
冒険デイズ☆
5
ハルイチバン
6
恋のパズルマジック
7
Strawberry Chu?Chu?
8
しゃかりきリレーション
9
お月様のメロディー
10
invisible rain
11
恋時雨
12
Love Letter
13
SUN2 SUMMER STEP!
14
カン違いSummer Days
15
DREAMING-ING!!

[DISC2]
1
闘え!ダダンダーンV
2
GRADIUS -Four Suite for Two Pianos-
3
カン違いSummer Days (結城秋葉 (CV: 日岡なつみ) Ver.)
4
カン違いSummer Days (月島美奈都 (CV: 鈴木みのり) Ver.)
5
カン違いSummer Days (田中フランチェスカ (CV:和久井優) Ver.)
6
カン違いSummer Days (川口夏海 (CV: 川井田夏海) Ver.)
7
カン違いSummer Days (青山つばさ (CV: 青山吉能) Ver.)
8
カン違いSummer Days (真田小幸村 (CV: 高木友梨香) Ver.)
9
カン違いSummer Days (片桐奈々菜 (CV: 稲川英里) Ver.)
10
カン違いSummer Days (日比野記子 (CV: 陽向さおり) Ver.)
11
カン違いSummer Days (立川美翠 (CV: 井上ほの花) Ver.)
12
カン違いSummer Days (立川朱音 (CV: 山下七海) Ver.)
13
カン違いSummer Days (草壁野々香 (CV: 近藤玲奈) Ver.)
14
カン違いSummer Days (伊澄いずみ (CV: 藤川 茜) Ver.)
15
カン違いSummer Days (日毬みさき (CV: 岩倉あずさ) Ver.)
16
カン違いSummer Days (三田希少 (CV: 金田アキ) Ver.)
17
カン違いSummer Days (朝霧春子 (CV: 早瀬莉花) Ver.)



■■風のイオナ■■
マーベルランド産まれのフェアリーランドで育ちで現在はNEO TOKYO在住のフリーライター&編集者。将来はモタビア星に移住して隠居するのが夢。ゲーム&ゲーム音楽に加えて邦楽インディーロック&サブカルアイドル追跡,自転車旅行,広島東洋カープの応援などが趣味。世界の半分を手に入れることを目的にした限界地下アイドルグループ,DORCA(ドルカ)のプロデュースもまったりやっています。
  • 関連タイトル:

    ペルソナ5

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5

  • 関連タイトル:

    ペルソナ4

  • 関連タイトル:

    ペルソナ4 ザ・ゴールデン

  • 関連タイトル:

    ときめきアイドル

  • 関連タイトル:

    ときめきアイドル

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月18日〜07月19日