オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
NieR:Automata公式サイトへ
読者の評価
82
投稿数:9
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

NieR:Automata

NieR:Automata
公式サイト http://www.jp.square-enix.com/nierautomata/
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 プラチナゲームズ
発売日 2017/02/23
価格 7800円(税抜)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
82
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • ヨコオワールドとプラチナアクションの融合 75
    • 投稿者:うどん権(男性/20代)
    • 投稿日:2017/03/18
    良い点
    ・ストーリー
    哲学的なところがあり、他のゲームではなかなか体験できない独創性がありました。
    特に終盤のダークな展開が光ってます。ヨコオタロウ氏の本領発揮と言ったところでしょうか。

    ・アクション
    さすがのプラチナゲームズ。簡単なコマンドでスタイリッシュなアクションが楽しめます。また、他のプラチナゲーに比べてコンボが単純で、とっつき易いです。
    難易度を下げることで、オート攻撃・回避機能も利用できるため、アクションが苦手な人にもオススメできます。

    ・デザイン
    キャラクターデザインが良い。特に主人公の2B。エロ過ぎです。
    退廃的な世界観も魅力。

    ・戦闘演出
    巨大兵器との戦いや敵が放つ濃い弾幕など、迫力ある演出。

    ・スキルカスタマイズ
    自己を強化するスキルや技の組み合わせが豊富です。自分の戦闘スタイルに合わせてカスタマイズできます。

    ・サウンド
    素晴らしいの一言。幻想的なスコアがゲームを盛り上げます。久々にサントラが欲しくなりました。

    ・ボリューム
    周回前提のマルチエンド形式なこともあり、主要エンドを全て回収しようとすればなかなかのボリュームです。
    サブクエスト分も含めるとかなり充実しています。

    ・サブクエスト
    内容はお遣いクエストばかりで特筆することはないです。ただ、結末に意外性のあるものがちらほら。クエスト完了時に流れるBGMの演出がにくいです。
    悪い点
    ・2Bプレイパートが少ない
    そのエロさから巷で話題になり、体験版やPVでの扱いからメインキャラと思われていた2Bですが、いざプレイしてみれば本作品は操作キャラが複数という形式。そして2Bプレイパートは全体のうち半分もないと思います。
    彼女のデザインに惹かれて購入した自分としては、この点は大いに不満。2B目当ての人は要注意です。

    ・ストーリーが盛り上がるまでに時間がかかる
    ストーリーの全容を把握するには3周のプレイが必要なのですが、1周目は多くの謎や伏線を残し唐突に終了。2周目は1周目と内容がほぼ変わらず。
    本格的に盛り上がってくるのは3周目からだったのですが、やはりここまでが長い。序盤にももっと勢いが欲しかったところ。

    ・シューティング要素
    ミニゲーム的なシューティングがあるのですが、これがつまらないうえに多いです。特に終盤だと難易度が上昇したり、長時間やらされるパートがあったりで、ストレスでした。
    一部の大型ボス戦も、ガチンコでやり合うのではなくシューティングで済ましている部分もあったりして、惜しいとも感じました。

    ・オープンワールド
    ファストトラベルはあるのですが、解放は中盤以降。なので移動が少々面倒。
    世界観を盛り上げてくれるNPCや寄り道したくなるようなダンジョンもないです。

    ・オートセーブなし
    強敵と戦ったら瞬殺された(一部ボス戦や高難易度サブクエストで起こりやすい)、フリーズ発生(プレイ中1度経験)、なんてこともあるのでマメにセーブ推奨なのですが、セーブポイントにいちいち立ち寄るのが本当に苦痛でした。
    この仕様はヨコオ氏のこだわりと聞きましたが、全くもって不要だと思います。
    総評
    ストーリーとアクションの両面で楽しめる良作といった印象。
    ヨコオタロウ作品初体験でしたが、そのストーリーの衝撃からEエンドクリア後は良い意味でいろいろと引きずりました。次のヨコオ氏の作品も是非プレイしたいですね。
    アクションもプラチナゲームズ製ということで上質の出来です。
    それらに加えて、素晴らしいデザインのキャラクターたちと最高の音楽がプレイに華を添えてくれます。

    一方で、ここに書ききれないほどに細かい不満点が多いのが残念。
    多過ぎるシューティングやオートセーブなしもそうですが、それ以外にもプレイしていていろいろと粗が目立ちます。

    致命的な欠点は無く、楽しい時間がほとんどなのですが、だからこそ非常に惜しい作品だと感じました。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 3 4 5
  • 満足できる出来 90
    良い点
    ・爽快感のあるアクション
    ・キャラクターの魅力
    ・引き込まれるストーリー
    ・サブクエストで明かされるサブキャラ達の過去を知るとより楽しめる
    ・ハッキングでのシューティング
    ・魅力的な音楽(ニーアといったら音楽でしょう!サントラ欲しい・・・)
    ・チップ機能によりアクションなどが苦手な人でも楽しめるし難易度が物足りない人は難易度を上げたりチップを使わないなどで各自で調整して楽しめる
    ・絶望しかないのではと思ったが最後はハッピーエンドと言っていいのでは?(少なくとも私はハッピーエンドだと思う)
    悪い点
    ・初期にあった進行不能バグ(今は改善済み)
    ・ファストトラベルが使えるようになるまでは徒歩で移動するしかない
    ・2週目と言われる9s視点での物語りがシューティング多目でアクション目当てで買った人は不満に思うかも
    ・ローディングが若干長い
    総評
    ニーアシリーズは過去作もやっていますが今作は過去作をプレイしていなくても問題なし。あるクエストだけは過去作やってないとよくわからないかも?(メインストーリーには関係なし)

    よく周回プレイと言われますが確かに2週目は9s視点でのストーリーは繰り返しなので周回と言われるのはわかりますが3週目はその後の話なので実際は1章2章3章って言い方がしっくりくる
     
    今までのニーアシリーズの中では今作が一番好きですし次回作(出るのかな?出て欲しい!)にも期待できる出来でした
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 5 4
  • これはゲームか、それとも愛か。 90
    • 投稿者:Revia(男性/30代)
    • 投稿日:2017/03/16
    良い点
    ・前作不評だったアクションがプラチナゲームズの手によって昇華され
    誰もが気持ち良くカッコ良くプレイできるようになった。
    ・シューティング愛が詰まりすぎ。
    ・前作同様名曲ばかり。泣ける。
    ・周回プレイの演出は秀逸。
    ・キャラが魅力的。2Bエロカッコ良すぎる。サブキャラも良い味出してる。
    ・エンディングのあの演出。

    悪い点
    ・バグが多い。現在は解消されたがメインの進行不能系のものがあったり
    サブクエストの敵が埋まっちゃったり、NPCに話しかけられないとか
    細かいバグ多数。
    ・ファストトラベル時のロードがちょい長い。まぁオープンワールド系は仕方ない気もするけど。
    ・シューティングへの愛が強すぎて、その部分が若干難易度高いかも?
    私はなんとかクリアしましたが苦手な人は詰みそうな気も。
    総評
    とりあえずEエンドまで見たということで。今はサブクエスト消化中です。
    前作は少年時代クリアしたとこで挫折。アクションがつまんなかったのですよ。。。
    今作はガラっと変わってスピーディなアクションがウリ。
    さすがプラチナゲームズというしかない出来。60fpsにこだわったのは正解でしたね。
    シナリオは、相変わらずのヨコオワールド全開で、荒廃した世界を鬱々とした
    気分で歩くのが常識といった感じ。サブクエストも凝っていて一層盛り下げてクレマス。
    ただ今作はそれほど衝撃的な展開とも思いませんでした。想定内というか
    予想も当たってたりして。いやまぁさすがにCルート序盤の展開はショックでしたけどね。。。
    それよりもEエンドの演出は度肝を抜かれたというか、だからスタッフロール
    が。。。。とか。是非体験して欲しいです。MOTHER2をおもいだしましたよ。

    キャラに関しては、もう2Bが可愛いくて仕方ないです。作った人はどうかしてますね。
    マジ尊敬します。A2がもっと活躍すると良かったかなとは思いました。

    システム面では、チップをカスタマイズすることでキャラを強化していく
    というのが面白く、ハクスラ要素もあってなかなか考えられてるなと感じました。
    ポッドも種類が豊富で戦略の幅が広がりますね。


    色々書きましたが、クセが強く、とがったゲームではありますがとても遊びやすいデザインになってます。ダークな世界観が好きな人はハマると思います。
    グロも多めなのでその辺は注意です。がその先にある体験は唯一無二のものとなるでしょう。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 5 5
  • レプリカントプレイ以来、久々のニーア 85
    良い点
    ・戦闘を飽きさせない変化を入れている
    戦闘画面が3D、横スクロール、縦スクロールなど場所により変化する。
    戦闘中にもいきなり変化する事があるがこれはちょっと?

    ・BGM
    あまりゲームBGMを評価する事はないが、ペルソナ4以来のいい感じの曲が多いかも。

    ・ストーリーは悲しいちょっと考えさせられる内容
    3周目からが本番ですから〜、真EDシューティングで何故かうるっと来た。

    ・オート戦闘機能
    イージーのみセット可能な各種オート戦闘機能があり、
    アクションが苦手な人でもストーリーに集中してプレイ可能な易しい仕様。
    (自分で操作するよりうまいとか・・・)

    ・プラチナトロフィー
    プラチナを集めている人にはうれしいシステムが!(真EDまでプレイした人用)
    悪い点
    ・シューティング多すぎじゃ・・・
    アクションRPGのジャンルだが、アクション「シューティング」RPGと書かなければならない程、
    シューティングが多すぎるしテンポが悪くなってる要因にも。

    ・ローディング
    中盤辺りから開放ポイントにワープ出来るがローディングがやや長い。

    ・不具合
    自分は遭遇しなかったがあるみたいなので注意。

    ・ストーリーは良かったが、3周に分ける必要があったのかは疑問。
    総評
    ニーアシリーズは全作プレイしていない為、若干分かっていない部分はあったが、ストーリーやゲームとしては期待以上の内容でした。
    ただ、シューティングは好み次第でマイナス効果があるかもしれない。

    構造としては、また同じ場所をうろうろする周回プレイ方式は基本嫌いですが、
    マンネリさせない為の対策がされており、周回プレイしてる感じはかなり抑えられていたと思う。
    アクション内容は操作性がかなり良く、チップ組み合わせや武器で戦闘スタイルを切り替えれる自由度もあり、バランスは良かった。
    それと、ゲームをプレイ中は集中していてBGMをちゃんと聴けていなかったが、
    良い曲が多くゲーム引き立たせていたと思う。

    補足としてプラチナトロフィー取得難易度はかなり易しい。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 4 4
  • 買って損はしないはず? 75
    • 投稿者:y.m(男性/30代)
    • 投稿日:2017/03/09
    良い点
    ・アクション
     操作性もよく、大きな不満はない

    ・BGM
     世界観に非常によく合っている

    ・キャラデザインとグラフィック
     良いの一言
     
    ・チャプターによってシナリオをさかのぼる方式
     他のゲームで入れるのは難しいだろうが、便利の一言
    悪い点
    ・致命的な不具合が多かった
     順次解消してるらしいがオートセーブ無しでダメージが大きかったのが痛いところ。
     
    ・移動の不便さ
    ワープ機能が使えるタイミングの遅さ+ワープ時のロードの長さ

    ・前作に引き続き アレの消去
     必要か・・?
    総評
    ディスクで購入。
    全エンディングクリア済み。
    全体的に高水準な出来。
    戦闘が苦手な人へのサポートもあり、さくさくストーリーだけ追いたい人も安心。


    各ゲーム内機能について多少不便に思えても、
    ゲーム内の世界観にあったシステムなど統一感があり
    自然と納得出来る範囲に落とし込めていて素晴らしい。


    だが、なんだろうこのイマイチ感。
    ストーリーは悪い と言うほどではない。むしろ近年でいえば良い方だとは思う。
    ただ、このゲームは1,2周目は同じ話を別キャラ視点から、3周目でその先の話と続くのだが
    同じ話をわざわざ2周させておいて、各キャラクターを描けていないような・・。

    自分にとって、
    「買って損はしないはず?」
    と疑問符がついてしまうゲームになってしまった。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 3 4
  • 怪作にはあと1歩届かず 75
    良い点
    ・美麗なグラフィック。ものすごいというほどではありませんが、全く不満のないグラフィックです。特に敵である機械生命体のグラフィックは機械の質感がとても良く出ており、この質感なしでは、アンドロイドと機械生命体という似て非なるものを扱う本作はうまく表現が出来なかったでしょう。

    ・壮快なアクション。とにかく非常に爽快で、またゲームの進行にあわせて制限されるなどもなく、最初から全力で暴れることが出来ます。

    ・スムーズなロード。オープンワールドということもあり、移動時のロードは皆無で、シームレスそのものです。場面転換が発生する場面でもロードは比較的高速で、ストレスを感じません。

    ・プラグインチップ。本作はパッシブスキルをプラグインチップという形で装備することになるが、これの自由度がとても高く、あらゆるプレイスタイルに適合できるようになっている。チップは合成で強化できるが、コストも上昇するため、合成が正解とは限らない。チップの組み合わせをアレコレ試すだけでもかなり遊べてしまうほどである。

    ・機械生命体とアンドロイド、という似て非なるもの同士を対比させつつ、それぞれ同様に似て非なるものである人類をからめて展開される、非常に独特の世界観とストーリー。見た目にもロボットにしか見えない機械生命体と、見た目にはかなり人間に近い存在であるアンドロイドが、ともに地球の覇権をかけて殺し合いつつも、どちらも人類の影響からは逃れられておらず、しかしだからこそ殺し合いならぬ壊し合いを止められないというこの世界観は非常に示唆的でありつつシュール。

    ・素晴らしすぎるBGM.もはや名曲しかないというレベルであるが、それにもかかわらず主張が強すぎることはなく、まるで当たり前のように鳴っている。奇跡的なクオリティ。

    ・予想外のボリューム。当初想定していたよりもボリュームは多い。プラチナゲームズのゲームは基本的にボリュームが少なめなのだが、本作はRPGとして十分なボリュームを持っている。

    ・仕込まれた数々の小ネタ。とにかく変な小ネタの数は尋常ではなく、1時間プレイすれば、普通のゲームではありえないようなネタに3つは出会える。小ネタを継続して出していく姿勢は終始一貫しており、最初から最後まで小ネタの嵐であり、最後ももちろん小ネタで終わり、さらにその後にも小ネタがある。さらにその後すら他のゲームではありえないようなネタがあるという徹底ぶり。徹底して小ネタを仕込んでくる執念には脱帽するばかりである。






    悪い点
    ・予定調和感のあるストーリーと悲劇。事前情報でヨコオさんの作風が繰り返し語られていたこともあり、購入前から悲劇である、と知っていて購入してプレイしただけに、正直なところ悲劇の程度としては事前の期待を下回る。期待値が上がりすぎていたのは間違いないだろうが、個々のストー展開には驚かされるものもあるが、全体としてはほぼ想定内と言わざるを得ず、驚きやインパクトが薄い。

    ・大味な戦闘。爽快ではあるが、非常に大味。あえての調整であることはわかるのだが、ほぼ全自動で命中する射撃が非常に便利で、しかも、派手すぎるエフェクトやら入り組んだ地形やらカメラワークやら敵の大群やらそもそもわかりにくい敵のモーションららなどにより、敵の攻撃がまるで見えない状態で戦闘することが少なくなく、硬直の少なさもあって、結局、射撃ボタンを押しっぱなしで回避ボタンを連打する、というプレイスタイルになりがちである。

    ・シューティングに頼りすぎ。本作は何かあればすぐにシューティングが始まる。体感上ではプレイ時間の半分くらいはシューティングしている時間である。また、クリアに必須なシューティングの中には、弾幕シューティングに慣れている私でも数回リトライするくらいの難易度のものもあり、オートがあるからアクションが苦手でも大丈夫だよ!と言われて買った人はクリアできるのだろうかと思ってしまう。私はNORMALでプレイしたが、もしかしたらEASYならシューティングも簡単なのかもしれないが。

    ・見にくい全体マップ。数々のゲームの中でもトップクラスの見にくさ。特に立体的な地形の場所はもうマップを見るだけムダという感じすらある。もっとも、これもネタの一つでわざとそうしているのかもしれないが。

    ・恩恵を感じないオープンワールド。本作は確かにゲーム開始時からかなりの場所に行くことが可能で、フィールド移動中にはロードがなく、間違いなくオープンワールドではあるのですが、結局、メインのイベント順序は固定なので、先に行ったところでイベントが発生するわけでもなく、オープンワールドである意味が全くありません。普通にマップ切り替えで良いので、もう1つか2つくらい廃墟を追加して、より世界観を深めたほうが良かったでしょう。

    ・2周目は蛇足。2周目は完全に蛇足で、いずれも場面転換を使えば1周目に普通に組み込める内容ばかり。皮肉にも場面転換が多い3週目の存在が、2週目が無理やり分離させられたルートであることを証明してしまっている。

    ・義体回収。まず、そもそも回収できないという事態に2度も遭遇した。よくわからないシステムメッセージが表示されて、たしかにさっき倒された場所なのになぜか行かせてもらえなかったり、ある時などは、義体回収のために別ルートから迂回しようとしたら、そのまま唐突なエンディングが始まってしまったりした。イベントが強制される傾向にある本作に回収システムはあきからにミスマッチ。しかも、回収しないとチップを失うが、チップは合成して強化するものであるためなくすとかなりのデメリットで、これがために戦闘ではリスクを避ける必要性が強くなっていて、大味な戦闘をますます大味にしている。



    総評
    前作については、本作プレイ前にプレイしておこうと始めたものの、まだ途中という状態です。前作とアクションの仕様などがほぼ一緒であることなどはわかりますが、シナリオのつながりについてはわかっていないという段階です。

    本作には良作であることよりも怪作であることが期待されていたと思いますし、実際いい線まできたとは思いますが、今一歩怪作まで届かなかった、という印象です。世界観はたしかに独特で、小ネタはたくさん仕込まれており、普通のゲームではないという雰囲気は終始楽しめましたが、肝心のストーリー全体の展開についてはサプライズがなく、予定調和のような悲劇に留まっているという印象です。

    とは言え、3週目に入ってから猛スピードで進行するストーリー展開は素晴らしく、特に3週目序盤は神ががっています。この勢いをラストまで維持できなかったのは惜しいことではありますが。

    しかし、それを踏まえても本作には不思議な魅力があります。欠点を上げようとすれば欠点だらけといえるくらいなのですが、最後までやると、なにか欠点も許せてくる、いや、むしろ、許したくなってくる何かがあり、それがなんなのかは言語化できるものではありません。全体シナリオに過度な期待は禁物ですが、仕込まれている小ネタについては期待を裏切らないものです。

    もし次があるのなら、今度はオープンワールドを辞めて、普通にマップ切り替え方式でお願いしたいです。他のゲームならオープンワールド化はとても良いものですが、本作には向いていません。マップ切り替えのほうががマップ毎に小ネタを仕込みやすくなるはずであり、小ネタとトンデモ展開を楽しむゲームである本シリーズにはそちらがふさわしいと思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 4
  • アクション&シューティング+RPG 75
    • 投稿者:キリコ(女性/20代)
    • 投稿日:2017/03/04
    良い点
    \鐺の多様性
    シューティングゲーム風になったり、ハンティングアクション風になったりとバリエーションに富んでいて、戦闘に飽きさせない。
    基本はRPGなので育成を怠けていると結構難易度は高めになることがあります。

    BGM
    スタイリッシュで世界観によく合っている。
    録音環境も素晴らしく、そのままCDで聞いても聞けると思います。

    グラフィック
    シームレスな世界ですが、砂漠、草原、廃墟、工場、森と一通り網羅しています。
    美しいグラフィックとリアルなキャラクターで没入感は高いです。

    ぐ娚阿淵椒螢紂璽
    意外とボリュームがあり、20時間くらいはメインストーリーを楽しめます。
    周回前提とはいっても、実質的に続きになってきているので同じストーリーを繰り返すということはありません。

    ゥ肇蹈侫ーの回収
    進め方によっては取りこぼしも出てくるけれど、最後に全部回収できるのは安心です。
    回収のために初めからやり直しということはありません。
    悪い点
    .蹇璽妊ング
    長すぎます。ワープ装置でワープするたびにスマホをポチポチしたくなります。
    即死ギミックもそこそこあるので、このローディングがかなりのストレスを生んでしまっています。
    トライ&エラー前提のギミックも一部あるけれど、だからこそロード(=再挑戦)は手軽にさせてほしかった。

    ▲泪奪廚見にくい
    マップがくるくる回転するので相当世界に慣れてこないと中々目的地にたどり着けなかったりします。また高低差で進めないポイントが多々あって、一体どこからクエストマーカーへ行けばいいのか迷ったりします。
    前述のとおりワープのロードが長いので、間違えてしまってワープをやり直すことになると結構萎えます。

    2萍未見づらい
    このゲームの難易度のほとんどはカメラ・視界の悪さに尽きると思います。
    戦闘中何が起きているのかさっぱりわからないことが頻繁にあります。極端にいうと闇の中でずっと戦っているような状態です。

    さ疎硫鷦システム
    死んでコンティニューした際に、義体を回収しないとチップ(このゲームの装備)が全ロストします。このペナルティはさすがに重すぎると思います。
    結果的に、死んだタイミングでゲームを中断することができず、すぐコンティニューして義体を回収しないことには落ち着きません。

    ゥ魯奪ングパート
    NES時代のシューティングゲームみたいなチープすぎるゲームです。
    ハッキングなのにコアを撃って破壊するというのもよくわからないし、このパート自体いらないと思いました。

    主人公詐欺
    多分体験版や、ジャケットを見ると2Bが主人公だと誰もが感じると思うのですが、フタをあけてみれば2Bは序盤でちょっと操作するだけでした。プレイ時間の大半は9Sという少年キャラを操作することになります。
    2B及びA2は二本の武器を使ってザクザクとしたアクションを楽しめるのですが、一番プレイ時間の長い9Sは一本の武器しか持てず、アクションとして劣化してしまうのがとても残念でした。
    総評
    チップやポッドのセッティングにより様々な楽しみ方のできる戦闘パートと暗めながらもドラマティックなストーリー両方が楽しかったです。
    ただ、ややクエストが単調な点や、上記に挙げた欠点もあり、今一つ手放しに最高!とは言えません。キャラクターを育成して無双するようなRPG的な快感もありませんでした。
    目立つ欠点もなく、一つ一つのクオリティはとても高いのですが、大きく感動はできない何とも言えない作品です。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 4
  • 要グロ耐性/鬱耐性 80
    • 投稿者:KISS(男性/30代)
    • 投稿日:2017/03/02
    良い点
    ・ストーリー
     前作ニーアレプリカント/ゲシュタルトから受け継がれるヨコオタロウワールド
     あいつは狂っているんじゃないだろうか(褒め言葉

    ・BGM
     文句の付け所のない素晴らしいBGM!
     前作ファンにも嬉しいアレンジ、遊び心等

    ・世界観
     PS4のスペックを最大限に使用されたオープンワールド
     要所に見られる文明や前作世界の名残
     武器やサブクエストなどやりこみ要素に含まれる豊富なテキスト等

    ・アクション
     前作よりスタイリッシュに、戦闘が苦手な方でも楽しめるオートシステム
     
    悪い点
    ・ストーリー
     ヨコオさんはやっぱりヨコオさんだった…
     グロテスクな表現はそれ程でもないとは思いますが、耐性のない方は注意が必要かと

    ・アクション
     不便に感じる部分も多く、DEMO版に比べると若干自由度は下がった印象

    ・シューティング
     突然始まるミニゲーム的シューティングゲーム
     難易度自体は低いのですが要所で頻繁に出てきます
     後半に行くほど増えて行くため、苦手な方は苦痛かも
     
    ・不具合
     どうしても全てを無くすことは出来ない物ですが修正パッチに期待
    総評
    前作ファンの方は是非プレイしていただきたい作品、
    また前作を知らない方にも知っていただきたい作品でもあります。
    プレイ動画の配信を推奨しているのも珍しい運営だと思います。

    不満点で言えばボリュームでしょうかストーリー上、操作キャラクターが変わる場面が有りますが
    もっとプレイしてみたかった部分もありますね、DLCなどに期待しても良いのでしょうか…?

    難易度自体はチップや装備の強化、難易度をイージーにする等が有るためアクションが苦手な方にもオススメできます
    個人的にはシューティングが苦手なのでこの辺は若干苦痛でしたが…、各種耐性をお持ちの方は是非!
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 2
  • 座組への期待に答えうる2017年最新タイトルに相応しい出来栄え 85
    • 投稿者:Sono(男性/30代)
    • 投稿日:2017/02/26
    良い点
    ・エンディングまで飽きさせず先が気になるストーリー展開でラストも見事
    ・シリーズとしての核は残しつつ本作から始めて違和感なく楽しめる構成
    ・ストーリーの良さとあいまって魅力的なキャラクター
    ・ゲームの雰囲気に溶け込みつつも耳に残る印象的な音楽
    ・探索中はロードを感じさせないオープンフィールド
    ・プラチナゲームズらしいスタイリッシュなアクション
    ・アクションが苦手な人でもストーリーが楽しめるオート戦闘
    悪い点
    ・マップがとても見づらい
    →ゲーム中でフォローされているがそれを差し引いてもちょっと。高低差の多いオープンマップなので余計にやりづらく感じる

    ・序盤のファストトラベルできない期間が長め
    →メインを追っていればそれほど気にならないが、サブクエをやっていると特に面倒に感じる

    ・アプリケーションエラーで強制終了されることが度々あった
    →メインストーリーに集中している間は問題なし。サブクエストのクリア後にBGMが切り替わったあたりで発生することが多かった
    総評
     出ると思っていなかったまさかの続編なので期待半分不安半分でしたが、期待以上に面白かったです。
     ストーリー・音楽周りは前作からの布陣で新作としての進化・変化。アクション・ゲームデザイン・キャクターは新たな布陣で洗練。前作は発売当時としても古臭さを感じるゲームデザインだと言われていましたが、今作は2017年の最新タイトルに相応しい出来栄えでした。
     ストーリーとしての好みは自分の中でもハッキリしていないのでなんとも言えませんが、総合的な完成度は明らかに今作のほうがいいと思います。


     以下、各評価項目について。

    ●グラフィックス
     フィールド・キャラクターとも前作から格段に良くなっていますが、気になりやすい目元が隠されたデザインが特に効いています。機械のキャラクターが多数を占める世界観との相乗効果で洗練さを感じさせてくれました。

    ●サウンド
     前作から引き続きボーカル入りの曲が多く印象的です。SFテイストやレトロ風の曲もマッチしていて今作もサントラ欲しくなりました。キャラクターボイスは文句なし。主要キャラの中でも9Sが印象的でした。

    ●快適さ/運営
     オープンフィールドでロードを感じさせない作りはやはり素晴らしい。もっともマップの作りで面倒に感じる場面が多かったけど。キャラ強化チップの付け替えはちょっと面倒に感じました。

    ●熱中度/ストーリー
     ここは良い点に書いたとおりで文句なし。サブクエも中身はともかくオチはブラックユーモアで面白かったです。

    ●ボリューム
     1周目のエンディングまで9時間。主要エンドを全部見るまで20時間。1週目の途中から難易度EASYの戦闘オートでメインに集中してやってたのでわりと早めだと思いますが、中身が濃かったので十分に満足です。
     サブクエストはやってる途中ですが、40時間くらいでひと通り楽しめる感じなので、こちらも長すぎず短すぎずでちょうどいい塩梅です。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 5 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月23日〜03月24日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年09月〜2017年03月