オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アークザラッド R公式サイトへ
読者の評価
72
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「アーク ザ ラッド」「みんゴル」などPSシリーズの名作がスマホゲームに。完全新作の開発も明かされたフォワードワークスの発表会をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/12/08 15:35

イベント

「アーク ザ ラッド」「みんゴル」などPSシリーズの名作がスマホゲームに。完全新作の開発も明かされたフォワードワークスの発表会をレポート

アーク ザ ラッド(仮)
 2016年12月7日,フォワードワークスは東京都内で,新作コンテンツ発表会「ForwardWorks Beginning」を開催した。同社は,ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下,SIE)がスマートデバイス市場に向けて新たなサービス事業を展開するために設立した会社で,かねてよりSIEのIPをスマートフォンに最適化した形で提供するとのアナウンスがなされていた。
 会場で発表されたタイトル情報は速報として掲載したが,本稿では,イベントの詳報をお伝えしよう。

関連記事

 最初に登壇したフォワードワークス エグゼクティブディレクター 川口智基氏は,同社がPlayStationで生まれた素晴らしいゲームの数々と,これまで培ってきたゲーム制作のノウハウを活かし,スマホに最適化したゲームとして提供することを目指していると,あらためて説明。そのために,スマホゲームの開発に精通したパートナー企業と協業してタイトルを開発中であるとした。

フォワードワークス エグゼクティブディレクター 川口智基氏

 そうした取り組みの第1弾として紹介されたのが,2017年春に配信を予定している「みんゴル」iOS / Android)だ。本作は,PlayStationプラットフォームで展開される「みんなのGOLF」のスマホ版で,「誰でも簡単に爽快ショットが楽しめる」というコンセプトを継承しつつ,スマホならではのシンプルかつ直感的な操作を採用。いつでもどこでも遊べるようゲーム性を大きく見直しているという。

アーク ザ ラッド(仮)
アーク ザ ラッド(仮) アーク ザ ラッド(仮)

ドリコム 代表取締役社長 内藤裕紀氏
 開発を手がけるドリコムの代表取締役社長 内藤裕紀氏は,本作の開発にあたりIPとして守るべきところ,逆に壊して新しくするところを明確にしながら開発を進めているとコメント。本家の「みんなのGOLF」開発チームとも活発な議論を交わしていることを明かした。その議論の中で生まれたのが,本作の大きな特徴となる“引っ張る”ショットとのこと。そのほかにも新しい要素は多々あるそうで,配信までに順次公開される予定だ。

 次に発表されたのは,SIE ワールドワイド・スタジオ JAPAN Studioが手がける新作タイトル,「勇者のくせにこなまいきだ DASH!」iOS / Android)だ。配信時期は2017年の夏を予定しているとのこと。
 本作は,「勇者のくせになまいきだ」シリーズのスマホ版にあたるアクションパズルゲーム。破壊神になったプレイヤーは,タッチとスライドでブロックを揃えて魔物を召喚し,勇者を襲うという内容となる。

アーク ザ ラッド(仮)
アーク ザ ラッド(仮) アーク ザ ラッド(仮)

 続いて「Reboot Project」と題し,初代PlayStation向けRPGとしてリリースされた「アーク ザ ラッド」シリーズおよび,「ワイルドアームズ」シリーズの新作を,スマホ向けに配信する予定であることがアナウンスされた。いずれも,配信時期や対応OSは未定となっている。

アーク ザ ラッド(仮)

 「アーク ザ ラッド(仮)」は,シリーズの続きを描く完全新作になるという。本作の開発を手がけるオルトプラスの代表取締役 CEO 石井 武氏は,「歴史のある名作をリブートするということで,大きな責任を感じていますが,開発にあたってはファンの皆さんに愛されたオリジナルのエッセンスを大事にしたい」とコメント。

オルトプラス 代表取締役 CEO 石井 武氏
土田俊郎氏

 また,スマホ版の開発には,「アーク ザ ラッド」シリーズに携わったオリジナルスタッフが参加することも明らかにされた。会場では,企画・原案・ゲームデザインを手がける土田俊郎氏が登壇し,「アーク ザ ラッドをスマホ向けにしたらどんな可能性が生まれるだろうかと,長年構想していました」「今,いろんなアイデアがつながり新しい物語が生まれているところです」と語っていた。

アーク ザ ラッド(仮)

 一方の「ワイルドアームズ(仮)」は,12月20日にシリーズ生誕20周年を迎えることを記念し,歴代キャラクターが登場する新しい物語が描かれるという。開発を手がけるWright Flyer Studioの代表取締役 荒木英士氏は,制作に携わるスタッフの大半がPlayStation世代であるとし,「原作へのリスペクトとスマホゲーム開発のノウハウを惜しみなく注ぎ込み,ファンの期待を裏切らない,かつ初めて触れる人も楽しめるゲームにしていきたいです」と意気込みを見せた。
 また会場では,音楽になるけみちこ氏を,監修に金子彰史氏を起用することが明らかにされた。両名ともにワイルドアームズに携わったクリエイターだ。

アーク ザ ラッド(仮)
Wright Flyer Studio 代表取締役 荒木英士氏
アーク ザ ラッド(仮)
金子彰史氏から寄せられたメッセージも披露された

 そのほか会場では,「どこでもいっしょ(仮)」「パラッパラッパー(仮)」「ぼくのなつやすみ(仮)」の3タイトルを,スマホに最適化した形で展開することがアナウンスされた。いずれも詳細は,順次公開される。

アーク ザ ラッド(仮)

 フォワードワークスは,SIEのIPを使ったタイトルのリリースだけでなく,長らくPlayStationを盛り上げてきたソフトウェアメーカーと共同の取り組みも展開する。今回の発表会では,日本一ソフトウェアとスクウェア・エニックスとの協業が紹介された。
日本一ソフトウェア 代表取締役社長 新川宗平氏
 登壇した日本一ソフトウェア 代表取締役社長 新川宗平氏は,同社がこれまでコンシューマゲームで新規IPを生み出し,それをコミックや映像作品などへとメディアミックス展開してきたことを紹介し,スマホゲームへの取り組みもまた,その一環であると説明。今回の取り組みでは,「魔界戦記ディスガイア」と「夜廻」をスマホゲーム化することを発表した。
 スクウェア・エニックスとの取り組みについては,後日あらためて発表されるとのこと。

アーク ザ ラッド(仮)

 さらに,フォワードワークスは,新規IPの展開にも取り組む。その第1弾となるのが,広井王子氏が原作・総監督を務めるスマホゲーム「ソラとウミのアイダ」である。
 本作の舞台となるのは,海から魚が枯渇してしまい,宇宙空間に設けられた生け簀で漁業を行っている時代の広島・尾道。ストーリーでは,宇宙漁師を目指す候補生の女の子6人の物語を描いていく。

アーク ザ ラッド(仮)

「ソラとウミのアイダ」原作・総監督 広井王子氏
 登壇した広井氏によると,本作は,プレイヤーが6人の女の子を支援する形で進行していくとのこと。ゲームの舞台に尾道を選んだ理由は,サイクリングの名所として知られる「しまなみ海道」の人気が台湾で高まっているからだという。広井氏は,アジアへの展開を視野に入れていることや,尾道市との協業を予定していることを明かしていた。
 気になる開発状況は,システムがほぼ完成,ストーリーが10%,デザインが25%とのことで,広井氏は2017年春頃にあらためて大きな発表ができるのではないかと展望を語った。

アーク ザ ラッド(仮) アーク ザ ラッド(仮)

ソニー Field事業室 室長 坂本和之氏
 最後に,ソニーが展開する新たなプラットフォーム「Project FIELD」とフォワードワークスとの取り組みが紹介された。Project FIELDとは,専用パッドとスマホやタブレットをBluetoothで接続し,ICチップを内蔵したカードを用いて遊ぶ,主にカードゲーム向けのプラットフォームになる。登壇したソニー Field事業室 室長 坂本和之氏によると,カードを実際に手に取って遊ぶ「アナログな体験」と,スマホなどを使う「デジタルな遊び」の融合を目指して開発を進めているという。

アーク ザ ラッド(仮)
アーク ザ ラッド(仮) アーク ザ ラッド(仮)
アーク ザ ラッド(仮) アーク ザ ラッド(仮)

 会場では,Project FIELD向けのコンテンツとして,フォワードワークスとバンダイ,そしてレベルファイブが協業し,「妖怪ウォッチ」シリーズのタイトルをリリースする予定であることが発表された。Project FIELD向けのコンテンツは,このほかにも開発が進められており,今後順次発表されるという。

アーク ザ ラッド(仮)

 発表会の最後には,川口氏が登壇し,フォワードワークスという社名について「一歩進んだエンターテイメントを作りたいという思いを込めた」と,あらためて説明。
 さらに「才能あるクリエイターの皆様や,ソフトウェアメーカーの皆様と,それぞれの強みを発揮し合いながら,また多くの方に愛され続けている素晴らしいゲームタイトルや無限の可能性を秘めた技術を大事にしながら,フォワードワークスからひとりでも多くの方に新しい遊びをお届けしていくことに務めていきます」と述べて,発表会を締めくくった。


フォワードワークス公式サイト

  • 関連タイトル:

    アークザラッド R

  • 関連タイトル:

    ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ

  • 関連タイトル:

    みんゴル

  • 関連タイトル:

    みんゴル

  • 関連タイトル:

    勇者のくせにこなまいきだDASH!

  • 関連タイトル:

    勇者のくせにこなまいきだDASH!

  • 関連タイトル:

    どこでもいっしょ(仮)

  • 関連タイトル:

    パラッパラッパー(仮)

  • 関連タイトル:

    ぼくのなつやすみ(仮)

  • 関連タイトル:

    ソラとウミのアイダ

  • 関連タイトル:

    魔界戦記ディスガイア RPG

  • 関連タイトル:

    夜廻

  • 関連タイトル:

    フォワードワークス×スクウェア・エニックス新作アプリ

  • 関連タイトル:

    妖怪ウォッチ(Project FIELD第1弾タイトル)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月16日〜02月17日