オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
LoveR公式サイトへ
準備中
準備中
LoveR
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
杉山イチロウ氏と箕星太朗氏が手がける「LoveR」の最新情報が公開。ゲームシステムや恋愛対象キャラクターのプロフィールが明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/14 00:00

ニュース

杉山イチロウ氏と箕星太朗氏が手がける「LoveR」の最新情報が公開。ゲームシステムや恋愛対象キャラクターのプロフィールが明らかに

 角川ゲームスは本日(2018年9月14日),2019年2月14日の発売を予定している恋愛シミュレーション「LoveR」の新情報を公開した。


 9月10日に開催されたPlayStation LineUp Tourで発表された本作は,「キミキス」「フォトカノ」「レコラヴ Blue Ocean / Gold Beach」といったタイトルを手がけた杉山イチロウ氏と,人気イラストレーターの箕星太朗氏がタッグを組む作品。
 女の子との恋を進めながら,DUALSHOCK 4のモーションセンサーやマイク使ったフォトセッションを楽める……といったところは先日お伝えした通り(関連記事)だが,今回の情報では,ゲームシステムや恋愛対象キャラクター6人の詳細が明らかになっているので,本稿でお伝えしよう。


ゲームシステム


 本作の舞台となるのは小中高一貫の学園で,プレイヤーは「休み1」「昼休み」「休み2」「放課後」という4つの時間帯に,移動したい場所を選択する。休み時間は休む時間ではないのだ。
 [R1][L1]ボタンで女の子を選ぶと,物語が進んで恋愛レベルが上がる「ストーリーイベント」,見ても見なくても構わない「フリーイベント」の発生場所や,女の子とエンカウントしやすい場所が表示される仕組みだ。これは便利。

LoveR

 女の子と出会ったら会話がスタート。5回用意されているチャンスでうまく会話を盛り上げ,画面左上にある,カメラアイコンがついた「テンションゲージ」をほぼMAXにしてから「アタック」を選ぶと,「フォトセッション」へと誘える。

 話題は画面下にジュエルのアイコンで表示されるのだが,この数とテンションゲージのエリア番号を一致させると,ゲージが上がりやすくなる仕組みだ。
 また,選んだジュエルの種類によって,4種類の「フリーイベントゲージ」が上がり,これが最大になると,移動選択画面でフリーイベントの発生場所が表示されるので,このあたりも考えながら話題を選ぶ必要がありそうだ。

LoveR LoveR

 お楽しみのフォトセッションでは,既にお伝えしている通り,DUALSHOCK 4を実際のカメラのように傾けてアングルを決め,女の子を撮影する(アナログスティックのみでの撮影も可能)。
 被写界深度が実装されているので,“ボケ”の表現も可能。背景だけでなく,キャラクターをぼかすこともできるので,そんな「アート」に挑戦するのもいいだろう。ただの「ピンぼけ写真」になる可能性もあるが,それはプレイヤーのセンス次第だ。

LoveR LoveR
LoveR LoveR
LoveR LoveR
LoveR LoveR
LoveR LoveR
LoveR LoveR

 フォトセッションで見逃せない要素には,マイクを使った呼びかけもあるが,そのメニューが今回公開となった。「目線こっち」「右向いて」「笑って」といった定番のものから,「色っぽい!」「たまんない!」「セクシーに!」といった「EROS呼びかけ」まで,さまざまなものが用意されている。
 恋愛レベルによって女の子のリアクションが変わり,うまく呼びかけて女の子を乗せれば,プレイヤーならではの写真が撮れるということなので,「セクシーに!」の連発ではなく,いろいろと使い分けを考えたい。

LoveR

 なお,このメニュ−は[□]ボタンを押している間に表示されるもので,情報によると「代表的な呼びかけのメニュー」となっている。「代表的な」ということは,それ以外のものもあると考えられるが,そのあたりは今後の情報に期待しよう。


恋愛対象キャラクター


 本作に登場する恋愛対象キャラクターは「篁 莉里愛(たかむら りりあ)」「日向寺 南夏(ひがでら ななつ)」「生野 C香澄(いくの クリスタかすみ)」「仲座 ろみ(なかざ ろみ)」「姫乃樹 凜世(ひめのぎ りんぜ)」「優美菜(ゆみな)」の6人。

 恋愛シミュレーションのメインヒロインというと,主人公の同級生が“定番”だが,本作の莉里愛は高等部3年で1つ年上。学園理事長の孫娘で,新体操部に所属する才色兼備のお嬢様という,言ってみれば“高嶺の花”だ。

LoveR

 南夏は,初等部から主人公と同じクラスという幼なじみの高等部2年。ひたすら明るい性格で,じっとしているのが苦手という水泳部員だ。

LoveR

 銀髪が印象的なクリスタは,母親がロシア系カナダ人の中等部2年。内気な性格で体が弱く,持ち歩いているカメラで撮る写真はすべてモノクロームと,いろいろな面ではかなげなのが気になる。

LoveR

 ろみは4月に転校してくるなり,ダンス部をアイドル活動中心に変えてしまったという逸話の持ち主。勝ち気で自分に自信があり,思い通りにならないと気が済まないという,生意気な高等部1年生だ。

LoveR

 初等部5年生の凜世は,笑顔がなく,いつもひとりでいるという,どこか子供らしくないキャラクター。「レコラヴ」をプレイした人は,やはり滅多に笑顔を見せない「妃月 凜世(ひめらぎ りんぜ)」を思い出したかもしれないが,おそらくよく似た他人だ。

LoveR

 主人公の妹である優美菜は,とにかく兄のことが大好き。いつも一緒にいたがり,写真のモデルをやるのは当然,むしろ撮ってほしいとすら思っているという,なかなか強烈なキャラクターだ。

LoveR

 各キャラクターの細かいプロフィールは,以下のリリースで確認してほしい。


◆恋愛対象キャラクター
 各ヒロインには、Rにちなんだストーリーテーマがあります。

◇篁 莉里愛(たかむら りりあ)(CV:近藤 玲奈)
LoveR
キャッチフレーズ:
『新体操部のヒロインは理事長の孫娘』

ストーリーテーマ:
『Rose Ribbon 〜学園の花〜』

クラス:
高等部3−A

所属:
新体操部

メインヒロイン

才色兼備なお嬢様で、花やかな演技は新体操部でも目立つ存在。理事長の孫娘なおかげで、学園での素行がすぐに家に伝わってしまう。なので、誰も言い寄れない。本人はそんな環境に慣れっこで、明るく気さくな性格。芯の強いところがあり、譲れないところは絶対に譲らない。

◇日向寺 南夏(ひがでら ななつ)(CV:伊藤 かな恵)
LoveR
キャッチフレーズ:
『いつだって全力投球の水泳大好き同級生』

ストーリーテーマ:
『Rush!! 〜猪突猛進ガール〜』

クラス:
高等部2−A

所属:
水泳部

初等部のころからずっと主人公と同じクラスの幼なじみ。気の置けない仲で、なんだって話せる。口が悪くて雑。いつもお腹を空かせていてよく食べる。真夏の太陽のような底抜けに明るくパワーのある性格で、じっとしてるのが苦手。水泳選手としては背が低いのが悩みの種。ペンギンが好き。

◇生野 C香澄(いくの クリスタかすみ)(CV:石見 舞菜香)
LoveR
キャッチフレーズ:
『写真が友達の純粋少女』

ストーリーテーマ:
『Reflection 〜光のリフレクション〜』

クラス:
中等部2−C

所属:
なし

母親がロシア系カナダ人。幼少のころはカナダにいた。内気な性格で大人しい。中等部から写真に興味を持ち、いつもカメラを持ち歩くように。撮る写真はすべてモノクローム。体が弱く、ほこりっぽいのが苦手。人見知りで、口数が少なく、物静か。写真を通じて主人公と知り合う。

◇仲座 ろみ(なかざ ろみ)(CV:高田 憂希)
LoveR
キャッチフレーズ:
『ダンス部の生意気な学園アイドル』

ストーリーテーマ:
『Relation 〜アイドル・リレーション〜』

クラス:
高等部1−B

所属:
ダンス部

 4月に転校してきたばかりだというのに、チアリーディングを中心に活動していたダンス部を、アイドル活動中心に一新した。バトントワリングからヒップホップまで、ダンスならなんでもこなす。勝ち気で、自分に絶大な自信を持っている。思い通りにならないと気が済まない

◇姫乃樹 凜世(ひめのぎ りんぜ)(CV:石川 由依)
LoveR
キャッチフレーズ:
『笑顔を忘れた体操部の天使』

ストーリーテーマ:
『Refrain 〜ひとりの放課後〜』

クラス:
初等部5−B

所属:
体操部

笑顔がなく、いつもひとりでいる。どこか影があり、大人びている。体操が好きで、熱心に練習している。退屈なときは図書室で勉強して時間を潰す。なので成績は良い。周りは真面目な優等生と褒めそやすが、本人はそうでもないと思ってる。クラスメイトの子供っぽい行動が苦手。

◇優美菜(ゆみな)(CV:花守 ゆみり)
LoveR
キャッチフレーズ:
『お兄ちゃんが大好きすぎて困る』

ストーリーテーマ:
『Rhapsody 〜妹ラヴラヴラプソディ〜』

クラス:
高等部1−A

所属:
テニス部

ともかく兄のことが大好きな妹。いつも一緒にいたがるし、なんでも兄の手助けをしたがる。写真のモデルをするなんて、妹として当然のこと。むしろ撮って欲しいと思っている。いつまでも自分のことを幼い子供だと思っている兄に、女性としての魅力を猛アピールすることも。料理が好き。テニスの実力はまだまだ。


マジカルユミナ
LoveR
 なお,優美菜が変身した「マジカルユミナ」がVチューバーとして登場する番組「マジカルユミナの今日もお兄ちゃんねる♪」が,9月20日からインターネットラジオステーション<音泉>で放送開始となる。

 また,今回の情報では,恋愛対象キャラ6人のエンディングソングがフルコーラスで収録された「フルコーラスエンディングソング6曲入り♪ハイレゾサウンドトラックDVD」(ブックレット付き)が予約特典となることも発表された。ゲーム中では1番のみしか流れないとのことなので,本作が気になっている人はこちらの購入を検討してみるのもいいだろう。

◆スペック
タイトル:『LoveR』(ラヴアール)
ジャンル:恋愛シミュレーション
対応機種:PlayStation 4
希望小売価格:パッケージ版 7,980円(税別)
:ダウンロード版 未定
発売予定日:2019年2月14日
CEROレーティング:審査予定
コピーライト:(c)2018 KADOKAWA GAMES

プロデューサー・シナリオ:杉山イチロウ
キャラクターデザイン:箕星太朗
アートディレクター:九印-quin-
音楽:岩垂徳行
開発:SweetOne(角川ゲームス)
発売:角川ゲームス

※画面は全て開発中のものです。

◆コピー
 新しい恋、始まる…。

◆LoveRの“R”って?
・Romance(恋物語)の“R” ヒロインそれぞれに“R”をテーマにしたストーリーがあります。
・Record(記録)の“R” 恋を進めながら、プレイヤーだけの写真を撮ることが出来ます。告白後には動画を撮ることも出来ます。
 つまり、ロマンスとレコードの“R”なのです。

「LoveR」公式サイト

  • 関連タイトル:

    LoveR

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日