オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アークライトとドロッセルマイヤーズによるオリジナル連作ボードゲーム「KAIJU ON THE EARTH」の詳細が公開に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/06/04 14:33

リリース

アークライトとドロッセルマイヤーズによるオリジナル連作ボードゲーム「KAIJU ON THE EARTH」の詳細が公開に

KAIJU ON THE EARTH(第1弾)
配信元 アークライトゲームズ 配信日 2019/06/04

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

連作ボードゲームプロジェクト
カイジュウ・オン・ジ・アース
『KAIJU ON THE EARTH』
シリーズ胎動

画像(001)アークライトとドロッセルマイヤーズによるオリジナル連作ボードゲーム「KAIJU ON THE EARTH」の詳細が公開に

 株式会社アークライトは、株式会社ドロッセルマイヤー商會(ドロッセルマイヤーズ)と共同し、これまでにない連作ボードゲームプロジェクト『KAIJU ON THE EARTH(カイジュウ・オン・ジ・アース)』シリーズを展開します。

 本プロジェクトの目的は、「日本から世界へ発信する オリジナルIPの 大作ボードゲームシリーズを成立させる」ことです。10年間で20倍以上の規模に成長している日本のボードゲームシーンが、次のステージに進むために、業界に新たな潮流を生み出すべく企画されました(規模は「ゲームマーケット」参加者数から推測)。

画像(002)アークライトとドロッセルマイヤーズによるオリジナル連作ボードゲーム「KAIJU ON THE EARTH」の詳細が公開に

■日本ボードゲーム市場の課題と、本プロジェクトの提案
 我々は以下の通り課題を設定し、それに対して提案をいたします。

課題 提案
1:輸出より輸入タイトルが多い 日本から世界へ発信する
2:他メディアへの広がりが弱い オリジナルIPの
3:同人作品の割合が高く、作品傾向に偏りがある 大作ボードゲーム
4:ヒットがあっても単発で終わりがち シリーズ

 よって、日本が海外に誇るべき文化である「怪獣(KAIJU)」をモチーフに選び、「共通の世界観をもつ ゲームシステムの異なるボードゲームを 作品ごとに異なる作家が 定期的にリリースしていく」という、新しい軸の連作ボードゲームシリーズを企画しました。

画像(003)アークライトとドロッセルマイヤーズによるオリジナル連作ボードゲーム「KAIJU ON THE EARTH」の詳細が公開に

 本作における「怪獣」とは、作品ごとに異なる「主役怪獣」が、どのような特性や行動原理を持ち、それに対してプレイヤーたちがどう対処するかという、作品ごとの世界観やゲームルールを体現する存在です。個性的な各ゲームデザイナーが「怪獣」というモチーフをどう料理するのか、ぜひご期待ください。

■発売スケジュールと参加ゲームデザイナー
時期 デザイナー
2019秋 第1弾 ゲームデザイン:上杉 真人(I was game)
2020春 第2弾 ゲームデザイン:金子 裕司(かぼへる)
2020秋 第3弾 ゲームデザイン:林 尚志(OKAZU brand)

●上杉 真人(I was game)
 ゲームデザインに対する明確な論理を持ち、設定した要件を的確に満たす面白いゲームを狙いすまして制作できる、世界レベルの能力を持ったゲームデザイナー。代表作は『ペーパーテイルズ(ドイツ年間エキスパートゲーム大賞2019推薦リスト入選)』『ダンジョンオブマンダム エイト(オリジン賞2016ノミネート。シリーズ累計販売数20万個)』など。

●金子 裕司(かぼへる)
 本格的なボードゲームの要素を上手く分解・再構築することにかけては日本最高クラスの能力を持つゲームデザイナー。彼のボードゲームを遊ぶと、まるで60分以上の本格ボードゲームの体験を、わずか30分ほどで味わうことができる。代表作は『ヴァンパイアレーダー(累計販売数1500個)』『バハムートゲート(累計販売数3000個。ほらボド大賞1位)』など。

●林 尚志(OKAZU brand)
 世界最大のボードゲーム情報サイト「Board Game Geek」ランキング日本人最高位。彼の制作する重量級ゲーム(90分以上かかる複雑なゲーム)には世界中のファンが注目している。代表作は『横濱紳商伝(デラックス版のキックスターターで43万ドル達成。2016 Meeple Choice Award Winners、ゲームマーケット大賞2016優秀作品など受賞多数)』『トレインズ(Origins Awards 2014 Best Board Game Winner、2014 UK Games Expo Best Strategic Card Game Winnerなど受賞多数)』『ひも電(2013 UK Games Expo Best Board Game Winner、Dice Tower 2010 Most Innovative Game Nomineeなど受賞多数)』など。

画像(004)アークライトとドロッセルマイヤーズによるオリジナル連作ボードゲーム「KAIJU ON THE EARTH」の詳細が公開に

■業界の常識を超えた、最強の布陣
●制作 / プロデュース:アークライト
 国内外のボードゲームの企画・制作・販売を行う、国内最大手企業の一つ。国内最大級のアナログゲームイベント「ゲームマーケット」主催。TCGやTRPG書籍の企画・制作・出版・販売なども行っている。

●総合ディレクション:ドロッセルマイヤーズ
 アナログやデジタルといった区分を超えた、遊びの本質に迫る特異な制作所。ボードゲームの代表作は『巨竜の歯みがき』『未来逆算思考』など。『ドロッセルマイヤーさんの法廷気分』をはじめとした「ゆるゲー」シリーズも展開中。

●グラフィックデザイン:宇佐美 詠子
 これまでにもドロッセルマイヤーズとのタッグで、数々の独創的かつ魅力的なボードゲームを手掛けている。見た目の良さと、ボードゲームとしての遊びやすさを高いレベルで両立できる巧みな設計に定評がある。代表作は『HYKE』『巨竜の歯みがき』『ベストフレンドS』など。

●怪獣デザイン / アートワーク:中北 晃二
 メカとクリーチャーを主に好むイラストレーター、メカニックデザイナー。ゲーム、アニメ、模型玩具のデザインなどに精通しており、説得力ある画風にファンも多い。代表作は『ガッチャマンクラウズ』『リモートコントロールダンディSF』『獣装機攻ダンクーガ ノヴァ』など。

●フィギュア制作:ジャイアントホビー
 国内・ボードゲーム・フィギュア、といったら真っ先に名前が挙がるミニチュアゲームショップ兼ボードゲームメーカー。代表作は『DORASURE(ドラスレ)』『サイクロプス』『サルガッソーからの脱出』など。

●イメージビジュアル:開田 裕治
 「怪獣絵師」の異名を取る、日本を代表するイラストレーター。これまでに手掛けたイラストはガンダムシリーズ、ウルトラマンシリーズ、ゴジラシリーズなど多数。最近の代表作は『キングコング:髑髏島の巨神』『レディ・プレイヤー1』など。

■今後の展望
 今回発表した3作を「シーズン1」と位置づけ、「シーズン2」以降も展開したいと考えております。シーズン2以降もさまざまなゲームデザイナーに本プロジェクトへ参加していただき、プロジェクト自体を大きく育てていきたいと考えております。

 また、本プロジェクトはボードゲームを原作とし、小説、漫画、アニメ、映画、グッズ、イベントなど、あらゆるメディアへも展開したいと考えております。たくさんの企業やクリエイターの皆さんが、このプロジェクトの仲間に入りたいと手を挙げてくださるような魅力的なシリーズに育てていきたいと考えております。

■添付資料

制作発表会の様子(動画)
https://youtu.be/G09vS2WOXqM

ドロッセルマイヤーズ ブログ「『KAIJU ON THE EARTH』 シリーズ始動!!!」
https://yaplog.jp/drosselmeyers/archive/136

制作発表会の反響まとめ
https://togetter.com/li/1360359
  • 関連タイトル:

    KAIJU ON THE EARTH(第1弾)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月23日〜08月24日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月