オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
TEPPEN公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/01/18 12:00

攻略

「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう

画像(013)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう
 ガンホー・オンライン・エンターテイメントとカプコンが共同開発したスマートフォンアプリ「TEPPEN」iOS / Android)。今回は,新拡張セット「The Force Seekers(以下TFS)」リリース後の環境において,もっとも存在感を示していると言っても過言ではない強力なデッキ“目覚めあくび春麗”を紹介しよう。

 “あくび春麗”というアーキタイプは,前弾環境においても“成長軸”で環境におけるトップメタの一角だったが,今弾の“目覚めあくび春麗”の強さは前弾以上。今回,緑属性に追加された「目覚め」ユニットに強力なものが多く,さらにヒーローアーツである「あくび」と「目覚め」の相性が非常に良い。これらの好条件が重なった結果,現環境で頭ひとつ抜けたデッキとして“目覚めあくび春麗”が台頭してきたのだ。

 もし,TFS環境のランクマッチを戦うならば,この“目覚めあくび春麗”は避けては通れず,言うなれば“TFS環境の必修科目”となるデッキなので,これまで“あくび春麗”を使ってこなかった人も,一度は触ってみることをお勧めしたい。

場を離れたときにMPを得る効果が「目覚め」で発動するので相性が良い
画像(001)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう

デッキ名:目覚めあくび春麗
ヒーロー:春麗 / ヒーローアーツ:あくび
画像(002)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう

■カード情報
1/A/G/三角跳び
1/A/G/三角跳び
2/A/G/武装解除
2/A/G/武装解除
2/A/G/武装解除
2/A/G/緊急回避
2/A/G/緊急回避
3/U/G/アイルー
3/U/G/アイルー
3/U/G/アイルー
3/U/G/オルバス
3/U/G/オルバス
3/U/G/オルバス
3/A/G/闘いの呼び声
3/A/G/闘いの呼び声
4/U/G/ツィツィヤック
4/U/G/レイヤー
4/U/G/レイヤー
4/U/G/レイヤー
4/U/G/レイニー・タートロイド
4/U/G/レイニー・タートロイド
4/U/G/レイニー・タートロイド
5/U/G/アイリス
5/U/G/アイリス
5/U/G/アイリス
5/U/G/ウルトラお嬢様 神月かりん
6/U/G/フォボス
6/U/G/フォボス
6/U/G/フォボス
6/A/G/自然の循環

画像(003)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう

■デッキコード
dyWWWfNv0yWWWVBhA0WyXyJwRwJnFaFLWWpj2WIL7WWdXbALWJ8CCEWWQXlF6qWWlTx17WW8GPh=RwW5peuLWJZ5OB0LWJlnFZvLWWZ5OLbLWtLw7WWJ1VXW3Tx8LIW


基本的な戦略


 このデッキの基本的な動きは「アイリス」「レイヤー」といったMPブーストを持つユニットでMPを溜めつつ,そのユニットの上に「目覚め」持ちのユニットを重ねて出し,「目覚め」を発動させるというもの。「目覚め」を発動させるためには,あらかじめ下地となるユニットが必要なので,MPの消費が多くなってしまうのだが,MPブーストの効果を用いれば,その欠点を補えるのだ。

画像(004)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう

 さらに,緑の「目覚め」ユニットが強いのも,今弾で“あくび春麗”が猛威を振るっている理由のひとつ。その代表格といえるのが,「目覚め」状態で6/8「シールド」「対空」と驚異的な能力になる6MPの「フォボス」。これだけのスペックを持ちながら,レアリティがエピックなので,デッキには3枚も積めてしまう。

6/8「シールド」「対空」はただただ強いの一言
画像(005)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう

 また,「レイニー・タートロイド」も優秀な「目覚め」ユニットだ。こちらは「目覚め」状態で場に出せば,4MPで4/10「波及」という高い性能で場を支えてくれる。4MPなので「ベルトウェイ」などで手札に戻されることもあるが,それを考慮しても4MP4/10のスタッツは破格だ。高いHPによって場に長く残りやすいのも魅力で,HPが瀕死状態まで削られた段階で,さらなる「目覚め」ユニットを出す下地としても活用できる。

画像(006)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう

 レジェンダリーゆえにデッキに1枚しか積めないという制限はあるが,「ウルトラお嬢様?神月かりん」も非常に強力な「目覚め」ユニット。「目覚め」状態で出せば4/10「俊敏」に加えて,正面の敵ユニットを「封印」する効果まで持っており,5MPのユニットとは思えないトンデモ性能だ。
 「封印」は,相手の厄介な能力をすべて無効化でき,仮に封印できる相手がいなかったとしても,4/10「俊敏」というだけでも強力なので,このユニットが腐ることはまずない。要所で盤面を制圧するためのアタッカーとして,有効に活用していこう。

4/10「俊敏」だけでも強いのだが,非常に強力な「封印」効果持ちとなっており,採用しない理由がないレジェンダリー
画像(007)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう

 MPブーストやヒーローアーツの「あくび」でMPを溜め,優秀な「目覚め」ユニットを間断なく場に出していけるのが,この“目覚めあくび春麗”の強み。断続的な攻めで常に盤面の主導権を握り,相手を押し切る展開を目指そう。


「自然の循環」「闘いの呼び声」で長期戦も強い


 このデッキは,「あくび」やMPブーストによって,ほかのデッキより多くのカードを使えるため,デッキの回転が早く,ほかのデッキよりも早くデッキ切れが発生してしまう。そんな状況で頼りになるのが,TFSで新たに登場した新レジェンダリー「自然の循環」だ。

 このカードを使うと,お互いのプレイヤーは手札と墓地にあるカードをすべてデッキに戻し,新たに5枚のカードを引き直すことになる。さらに戻したカードが25枚以上ならば,こちらのデッキの全ユニットが強化(+1/+1)される。
 この強化によって,その後が優位に進めやすくなるのはもちろんだが,何よりデッキ切れによる負けがなくなるのは大きい。とりわけ,回復効果による守りが堅いシャドウブレイド型のモリガンなどと対峙した際には,このカードで延長戦を仕掛けられれば,拾える試合も出てくるはずだ。

このカードがあることで,デッキ切れによる負けを防げる
画像(008)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう

 また,長期戦になるほど活躍するアクションカード「闘いの呼び声」も要注目だ。このカードは,EXポケットにユニットカードを引くと同時に,その試合で「目覚め」が発動した回数分,引いたユニットが強化(+1/+1)される。試合が長引けば,+5/+5以上の強化が入ることも珍しくないパワーカードだ。

「目覚め」回数を重ねれば,3MPとは思えないバフ効果をもたらしてくれる
画像(009)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう


立ち回りのコツ


 “目覚めあくび春麗”は現環境の頂点に位置するデッキなので,当然ながらミラーマッチも非常に多くなる。ミラーマッチでとくに気を付けたいのは,「あくび」を使用したユニットを「武装解除」「ツィツィヤック」などで「封印」されないことだ。

こちらの「あくび」効果を封印されると,相手に大きなアドバンテージを与えてしまう。逆に相手の「あくび」はできるだけ封印していきたい
画像(010)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう

 この対策はシンプルで,ユニットが場から離れる寸前で「あくび」を使うこと。具体的には,相手がこちらのユニットを破壊する寸前だったり,使用対象のユニットに「目覚め」持ちのユニットをすぐ重ねられたりするときだ。そうすることで,相手が「武装解除」「ツィツィヤック」を使う隙がなくなり,「あくび」を発動できる。

 逆に,相手が不用意に「あくび」を使ったときは,積極的に封印を狙っていこう。仮に,2MPの「武装解除」で「あくび」が付与されたユニットを封印できた場合,相手は4MPを損していることになり,こちらが2MP分得した計算になる。

攻撃力4で有利トレードがしやすく,3MPで使いやすい「目覚め」ユニット
画像(011)「TEPPEN」デッキガイド“目覚めあくび春麗”。「The Force Seekers」環境トップのデッキとして猛威を振るう

 また,「目覚め」を出すタイミングは,敵ユニットが攻撃する寸前を狙っていくと良い。そうすることで,相手がアクションや目覚めユニットで対処する隙を与えることなく,ユニットの有利トレードを仕掛けられる。
 とくに「オルバス」は「目覚め」ユニットの中でも3MPと軽量で,かつ攻撃力が「目覚め」状態だと4になるので,ギリギリでの有利トレードを狙うのに有効だ。また,「シールド」持ちで攻撃力が6と高い「フォボス」も,ギリギリで有利トレードをする動きのリターンが大きいユニットなので,積極的に狙っていこう。

「TEPPEN」公式サイト

「TEPPEN」ダウンロードページ

「TEPPEN」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    TEPPEN

  • 関連タイトル:

    TEPPEN

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月18日〜02月19日
タイトル評価ランキング
89
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年08月〜2020年02月