オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
LoveR Kiss公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/11/22 00:00

ニュース

「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

 角川ゲームスは本日(2019年11月22日),2020年2月27日に発売を予定している恋愛シミュレーション「LoveR Kiss」PS4 / Nintendo Switch)の最新情報を公開した。

画像(001)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

 本作は,2019年3月14日に発売されたPS4向け恋愛シミュレーション「LoveR」のアッパーバージョンで,恋愛対象の女性が増えたほか,さまざまな新要素が盛り込まれている。

●「冴稀陽茉利」先生のストーリーを実装。フォトセッションも可能に
 すでに発表されているが,前作ではサブキャラクターとして登場していた「冴稀陽茉利」先生が,本作では恋愛対象に加わる。ほかの女の子たちとは違い,告白後のラヴァーズデイズから物語がスタートし,先生と話したり撮影したりすることによってミッションが達成となり,イベントが回想の形で発生する。

画像(002)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
色々な「実験」で主人公をドキドキの恋に巻き込んでいく陽茉利先生

画像(005)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
化学室の奥にある“立ち入り禁止”の貼り紙のあるドアが,先生のいる化学準備室に続く

薄暗い化学準備室で日々,実験にいそしむ陽茉利先生。今日の実験は「おいしい実験」だ
画像(014)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も 画像(015)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

画像(016)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
陽茉利先生特製の「ビーカレーメン」。学校でこっそり食べるインスタントラーメンは背徳の味かも

 また,冴稀陽茉利先生は,女の子を自由に撮影できる「フォトセッション」にも登場する。追加された「化学室」などを舞台に,さまざまなポーズ,アングルで写真を撮れるのだ。なお,フォトセッションではコスチュームも変更できるのだが,先生に「制服」や「スク水」を着せられるのかが気になるところ。

画像(010)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も 画像(011)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
画像(012)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

●2人の女の子を一緒に撮影できる「ペアフォトセッション」が登場
 恋愛対象の女の子とマジカルユミナを対象に,場所やポーズを自由に選んで写真が撮れる「フォトセッション」。前作では,同時に1人の女の子しか撮影できなかったが,本作では2人を選んで,一緒に撮れるようになっている。
 アクションを選んで好きなポーズをとってももらえるほか,位置や向きなども細かく調整できるので,妄想の続く限りさまざまなシチュエーションを作り出せるのだ。

画像(018)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
画像(019)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

もちろん,女の子1人での撮影も行える。「スクール水着上だけ濡れ体操服」や「制服エプロン」などバリエーション豊かなコスチュームが用意されており,学園や街中などさまざま様々な場所でフォトセッションを楽しめる
画像(026)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も 画像(028)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

画像(027)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
両版とも,ジャイロセンサーに対応。本体やDUALSHOCK 4を傾けることで,実際のカメラのような感覚で撮影ができる。また,PS4版は,音声認識により女の子とバーチャルな会話も可能だ

●Nintendo Switch版のみの新要素「ウィークデイ インナーチェンジ」
 Nintendo Switch版のみに追加される「ウィークデイ インナーチェンジ」は,女の子が曜日代わりでインナー(パンツ)をチェンジする機能だ。インナーはレースやしま模様など多彩で,週末に近づくにつれ,デザインが少しセクシーなものになるらしい!?

画像(030)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

●「LoveR Kiss」に登場する恋愛対象の女の子とVtuberのマジカルユミナを紹介

画像(031)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
◇篁 莉里愛(たかむら りりあ)
  • キャッチフレーズ:『新体操部のヒロインは理事長の孫娘』
  • ストーリーテーマ:『Rose Ribbon 〜学園の花〜』
  • クラス:高等部3-A
  • 所属:新体操部
  • メインヒロイン
  • 才色兼備なお嬢様で,花やかな演技は新体操部でも目立つ存在。理事長の孫娘なおかげで,学園での素行がすぐに家に伝わってしまう。なので,誰も言い寄れない。本人はそんな環境に慣れっこで,明るく気さくな性格。芯の強いところがあり,譲れないところは絶対に譲らない。
  • CV:近藤玲奈

画像(032)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
◇日向寺 南夏(ひがでら ななつ)
  • キャッチフレーズ:『いつだって全力投球の水泳大好き同級生』
  • ストーリーテーマ:『Rush!! 〜猪突猛進ガール〜』
  • クラス:高等部2-A
  • 所属:水泳部
  • 説明:初等部のころからずっと主人公と同じクラスの幼なじみ。気の置けない仲で,なんだって話せる。口が悪くて雑。いつもお腹を空かせていてよく食べる。真夏の太陽のような底抜けに明るくパワーのある性格で,じっとしてるのが苦手。水泳選手としては背が低いのが悩みの種。ペンギンが好き。
  • CV:伊藤かな恵

画像(033)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
◇生野 C 香澄(いくの クリスタ かすみ)
  • キャッチフレーズ:『写真が友達の純粋少女』
  • Reflection 〜光のリフレクション〜』
  • クラス:中等部2-C
  • なし
  • 母親がロシア系カナダ陣。幼少のころはカナダにいた。内気な性格で大人しい。中等部から写真に興味を持ち,いつもカメラを持ち歩くように。撮る写真はすべてモノクローム。体が弱く,ほこりっぽいのが苦手。人見知りで,口数が少なく,物静か。写真を通じて主人公と知り合う。
  • 石見 舞菜香

画像(035)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
◇仲座ろみ(なかざ ろみ)
  • キャッチフレーズ:『ダンス部の生意気な学園アイドル』
  • ストーリーテーマ:『Relation 〜アイドル・リレーション〜』
  • クラス:高等部1-B
  • 所属:ダンス部
  • 説明:4月に転校してきたばかりだというのに,チアリーディングを中心に活動していたダンス部を,アイドル活動中心に一新した。バトントワリングからヒップホップまで,ダンスならなんでもこなす。勝ち気で,自分に絶大な自信を持っている。思い通りにならないと気が済まない
  • 高田憂希

画像(034)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
◇姫乃樹 凜世(ひめのぎ りんぜ)
  • キャッチフレーズ:『笑顔を忘れた体操部の天使』
  • ストーリーテーマ:『Refrain 〜。ひとりの放課後〜』
  • クラス:初等部5-B
  • 所属:体操部
  • 説明:笑顔がなく,いつもひとりでいる。どこか影があり,大人びている。体操が好きで,熱心に練習している。退屈なときは図書室で勉強して時間を潰す。なので成績は良い。周りは真面目な優等生と褒めそやすが,本人はそうでもないと思ってる。クラスメイトの子供っぽい行動が苦手。
  • 石川由依

画像(036)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
◇優美菜(ゆみな)
  • キャッチフレーズ:『お兄ちゃんが大好きすぎて困る』
  • ストーリーテーマ:『Rhapsody 〜妹ラヴラヴラプソディ〜。』
  • クラス:高等部1-A
  • 所属:テニス部
  • ともかく兄のことが大好きな妹。いつも一緒にいたがるし,なんでも兄の手助けをしたがる。写真のモデルをするなんて,妹として当然のこと。むしろ撮って欲しいと思っている。いつまでも自分のことを幼い子供だと思っている兄に,女性としての魅力を猛アピールすることも。料理が好き。テニスの実力はまだまだ。
  • 花守 ゆみり

画像(037)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
◇冴稀 陽茉利(さいき ひまり)
  • キャッチフレーズ:『真面目でかわいい化学の先生』
  • Revolution 〜恋の実験レボリューション〜』
  • 高等部2-A担任
  • なし
  • 大卒2年目の新米教師。担当は化学。真面目な性格で何事も一生懸命取り組む。「人はなぜ恋をするのか?」「恋とはなんなのか?」そんな疑問を解くべく,日々,研究と実験に取り組んでいる。思い込みが激しく,周りが見えなくなることも。
  • 丹下 桜

画像(038)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
◆マジカルユミナ
妹の優美菜が変身した姿。
魔法少女でVチューバー。推定年齢9歳。
ゲーム中,主人公を何かと助けてくれる。
Vチューバー番組「マジカルユミナの今日もお兄ちゃんねる♪」でも活躍中!


●「LoveR Kiss」の予約特典情報が公開。新旧を揃えた「スク水3種セット」
 新要素の公開とともに,予約特典も発表されている。こちらは,「ノーマルスクール水着」「スパッツスクール水着」「旧スクール水着」の3種類がセットになったもので,恋愛対象の女の子やマジカルユミナに着せることが可能だ。

画像(023)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も 画像(022)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
画像(021)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も 画像(020)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
画像(024)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も 画像(025)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

画像(029)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も



●スマホアプリ「サバかく」に「篁 莉里愛」「生野 C 香澄」「優美菜」の3人が登場
画像(040)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

 過去の記事でもお伝えしているが,2019年12月4日まで,前作の「LoveR」とスマホアプリ「サバかく」iOS / Android)のコラボが実施中だ。
 台湾のCGS INTERNATIONALがサービスを行っている「サバかく」は,ほかのプレイヤーやNPCと競う「かくれんぼバトル」や,そこで得たアイテムを使用し,サバイバル生活に必要な施設の拡張が楽しめるアクションゲームで,基本プレイ無料で遊ぶことができる。

画像(041)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も 画像(042)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も 画像(043)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

 コラボ期間中は,使用できるキャラクターとして,「篁 莉里愛」「生野 C 香澄」「優美菜」の3人が販売されるほか,キャラクターのコスチュームやアイテムがもらえる「LoveR コラボ記念お祭り」が開催。新機能「写真モード」も実装されたため,施設内でくくつろぐ彼女の姿を撮影することもできる。
 ゲーム内で使用されているイラストは新規描き起こしで,一定条件で解除されるキャラクターごとの「大破絵」も用意されているので,気になる人は「サバかく」をプレイし,本コラボに参加してみよう。

画像(044)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も 画像(045)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

■「サバかくとは」
画像(046)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

 記憶を失ったまま謎の廃墟で目覚めた主人公たちが,生き残るために「かくれんぼバトル」に挑戦し,生活に必要なアイテムを手に入れるサバイバル&かくれんぼゲーム。
 バトルパートである「かくれんぼバトル」は,最大で10人のプレイヤーやNPCが参加する対戦型となっており,1人の「鬼」と,それから逃げるその他のプレイヤーで競うことになる。

 一定時間の経過で狭まる屋内型のステージには,赤いポーションがひとつ配置されており,それを入手したプレイヤーは一定時間だけ鬼となり,ほかプレイヤーを攻撃することが可能になる。
 鬼以外のプレイヤーは反撃のすべを持たないため,ただひたすらに逃げることになるのだが,ステージ内にある家具やオブジェなどに触ることで,それと同じものに擬態できる。擬態したまま移動もできるので,不自然な擬態にならないように周りに溶け込み,鬼が“時間の経過”で解除されるまでばれずに隠れ続けることが重要になってくる。

 なお,鬼が解除されると,またステージのどこかに赤いポーションが出現する。これを入手したプレイヤーが,またつぎの鬼となるので,これを繰り返しつつ制限時間までプレイを続けることになる。

画像(047)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も 画像(048)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も

 バトルパートが終わると,競った時間やほかプレイヤーへ与えた攻撃などの結果を元に,素材アイテムが入手できる。これは,プレイヤーの生活の場となる学園の施設拡張や,生きていくために必要な食糧・水分を入手するために必要なもので,これら素材を入手し,サバイバル生活を生き残ることが本作の目的となっている。

画像(049)「LoveR Kiss」,冴稀陽茉利先生のストーリーやペアフォトセッションの情報が公開。さらにSwitch版のみの新要素も
 なお,キャラクターは,時間の経過やバトルに参加することで「満腹度」「水分量」「精神力」が減少。いずれかが0になると,死亡してしまい,手持ちのキャラクターがすべて死亡するとゲームオーバーになる。
 転生といった形で,アップグレードした施設や開放したキャラクター,そして購入したアイテムが残ったまま「DAY 0」から再スタートが可能だが,収集した資源と調理した食べ物は消えてしまう。

 学園内は,浴場と寝室,ラウンジ,屋外の4エリアが用意されており,生活に必要な施設を使えるだけでなく,キャラクターたちの生活シーンを見ることもできる。
 一度見たシーンは,アルバムに登録されるほか,キャラクターの生存日数が一定値に達することで開放されるイベントシーンなども用意されているので,ゲームとしてのやり込みも十分に味わうことができる。


 キャラクターの追加やフォトモードの充実化など,大きな進化を遂げた「LoveR Kiss」。前作を体験済でも十分に楽しめそうな要素が満載なので,続報や発売を楽しみに待ちたいところだ。

「LoveR Kiss」公式サイト

  • 関連タイトル:

    LoveR Kiss

  • 関連タイトル:

    LoveR Kiss

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日