オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ヘッドトラッキングセンサー内蔵の「Quantum ONE」などJBL製ゲーマー向けヘッドセット2製品が国内発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/05/19 16:57

ニュース

ヘッドトラッキングセンサー内蔵の「Quantum ONE」などJBL製ゲーマー向けヘッドセット2製品が国内発売

 2020年5月19日,ハーマンインターナショナルは,JBLブランドの新型ゲーマー向けヘッドセットとして,ワイヤード接続型の「JBL Quantum ONE」(以下,Quantum ONE)と,ワイヤレス&ワイヤード接続型の「JBL Quantum 800」(以下,Quantum 800)を5月22日に国内発売すると発表した。JBLオンラインストアにおける直販価格は順に2万4800円(税込2万7280円)1万9800円(税込2万1780円)だ。

画像(001)ヘッドトラッキングセンサー内蔵の「Quantum ONE」などJBL製ゲーマー向けヘッドセット2製品が国内発売
Quantum ONE
画像(002)ヘッドトラッキングセンサー内蔵の「Quantum ONE」などJBL製ゲーマー向けヘッドセット2製品が国内発売
Quantum 800

 Quantum ONEは,USBおよびアナログ接続に対応する製品で,本体に内蔵したヘッドトラッキングセンサーにより,頭の向きに合わせて音が鳴る位置や方向を調整する「JBL QuantumSPHERE 360」技術を備える。
 一方のQuantum 800は,独自方式の2.4GHz帯またはBluetoothによるワイヤレス接続と,アナログ接続に対応する製品で,JBL QuantumSPHERE 360には非対応だが,水平方向に加えて垂直方向にも音場を広げるという独自のサラウンドサウンドシステム「JBL QuantumSURROUND」に対応するという。

●Quantum ONEの主なスペック
  • 基本仕様:USBおよびアナログ接続対応,密閉型エンクロージャ採用
  • 公称本体サイズ:未公開
  • 公称本体重量:約369g(本体)
  • 公称ケーブル長:未公開
  • 接続インタフェース:USB Type-C×1,4極3.5mmミニピン×1
  • 搭載ボタン/スイッチ:ヘッドフォン音量調整スライダー,マイクミュートボタン,ノイズキャンセル切り替えボタン,ヘッドトラッキング用リセンタリングボタン
《ヘッドフォン部》
  • スピーカードライバー:50mm径ダイナミック型
  • 周波数特性:20Hz〜40kHz
  • インピーダンス:32Ω
  • 出力音圧レベル:95dB/mW
《マイク部》
  • 方式:エレクトレットコンデンサマイク
  • 周波数特性:100Hz〜10kHz
  • 感度:−41dBV/Pa
  • インピーダンス:未公開
  • S/N比:未公開
  • 指向性:単一指向性
  • ノイズキャンセリング機能:あり

●Quantum 800の主なスペック
  • 基本仕様:2.4GHz帯独自方式ワイヤレス接続,Bluetooth接続,アナログ接続対応,密閉型エンクロージャ採用
  • 公称本体サイズ:未公開
  • 公称本体重量:約410g(本体)
  • 公称ケーブル長:未公開
  • 接続インタフェース:4極3.5mmミニピン×1,USB Type-C×1(充電用)
  • 搭載ボタン/スイッチ:ヘッドフォン音量調整スライダー,マイクミュートボタン,ノイズキャンセル切り替えボタン,Bluetoothペアリングボタン
《ヘッドフォン部》
  • スピーカードライバー:50mm径ダイナミック型
  • 周波数特性:20Hz〜40kHz
  • インピーダンス:32Ω
  • 出力音圧レベル:95dB/mW
《マイク部》
  • 方式:エレクトレットコンデンサマイク
  • 周波数特性:100Hz〜10kHz
  • 感度:−40dBV/Pa
  • インピーダンス:未公開
  • S/N比:未公開
  • 指向性:単一指向性
  • ノイズキャンセリング機能:あり

JBLのJBL Quantum製品情報ページ


#### 以下,リリースより ####

JBLの先進技術で、バーチャル空間内における自分の位置を精緻に認識
“革新的な没入感”を提供する高性能ゲーミングヘッドセット
「JBL Quantum ONE(クオンタム ワン)」、ついに登場

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、世界最大級のオーディオブランドJBLより、独自の先進技術でバーチャル空間内における自分の位置を精緻に再現し、他に類を見ない革新的な没入感を生み出す高性能ゲーミングヘッドセットの最上位モデル「JBL Quantum ONE(クオンタム ワン)」を、JBLオンラインストア(www.JBL.com)をはじめとしたJBL製品取り扱いオンラインストアにて、5月22日(金)より発売いたします(5月19日(火)より予約販売開始)。

画像(003)ヘッドトラッキングセンサー内蔵の「Quantum ONE」などJBL製ゲーマー向けヘッドセット2製品が国内発売

また同時に、JBL独自の先進サラウンド体験を提供する「JBL QuantumSURROUND(JBLクオンタムサラウンド)」音響テクノロジーを搭載した「JBL Quantum 800」も同時発売いたします(予約販売開始日も同時)。

高性能ゲーミングヘッドセット「JBL Quantum」シリーズは、2020年1月6日(日本時間:1月7日)、米国ネバダ州ラスベガスで開催されたエレクトロニクスの総合展示会、CES2020にて発表した、JBL初のゲーミングヘッドセットシリーズです。ゲーミングの世界では、使用するヘッドセットによってその勝敗が大きく左右されます。JBLの高性能ゲーミングヘッドセットは、ゲーミングのために専用開発した独自の音響技術「JBL QuantumSOUND(JBLクオンタムサウンド)」により、リアルな没入感をもたらす音響空間と正確な音の位置情報を提供。ライトゲーマーもプロゲーマーも、スリルあふれる FPS(First Person Shooter)ゲームからMOBA(Multi player Online Battle Arena)バトルまで、より精度の高いゲーミングが楽しめます。

また、一般的に視覚より聴覚のほうが早く伝達するといわれていることから、ゲーミングにおけるサウンドはプレーに大きな影響を与えると考えられています。「JBL Quantum ONE / 800」は、各設定が可能な新開発のPC専用ソフトウェア「JBL QuantumENGINE(JBLクオンタム・エンジン)」に対応しています。

またこれに加え、「JBL Quantum ONE(JBLクオンタムワン)」にはJBL独自の音響テクノロジー「JBL QuantumSPHERE 360(JBLクオンタムスフィアサンロクマル)」を搭載。独自のアルゴリズムと内蔵されたヘッドトラッキング機能により、相手の動きや周辺の状況を360°瞬時に的確に把握することができます。一方、「Quantum 800」には最新の「JBL QuantumSURROUND(JBLクオンタムサラウンド)」音響テクノロジーにより、ヨコ方向だけでなくタテ方向にも音場が拡がる現実と見紛う広大で立体的な音場を実現しました。

プレーヤー間のスムーズなコミュニケーションを実現するため「JBL Quantum ONE / 800」のブームマイクにはノイズ軽減機能を搭載。より明瞭度の高い音声でプレーすることができます。さらに軽量で丈夫なヘッドバンドとメモリーフォームイヤークッションを使用しているため、長時間に渡る使用でも、耳が痛くなることなく快適な装着感のままゲームに集中することが可能です。

JBL創立以来、70年以上に渡る音響技術の研究成果とも言える高性能ゲーミングヘッドセット「JBL Quantum」で、よりリアルで没入感あふれるゲーミングをお愉しみください。テレワークなど、在宅時間が長い毎日に、新たな体験をお届けいたします。

特長
■新開発のPC専用ソフトウェア「JBL QuantumENGINE」
「JBL Quantum」のために新開発された、専用ソフトウェア「JBL QuantumENGINE (JBLクオンタム・エンジン)」では、本体の各種設定をすることが可能。「JBL QuantumSURROUND」のオン/オフ、DTSモードの選択をはじめ、EQプリセットの選択、RGBライティングのカスタイズ、マイク感度調整、ユーザーアカウントの編集など、「JBL QuantumENGINE 」内で完結させることができます。

■より立体的なサウンドを実感できる「JBL QuantumSPHERE 360」※「JBL Quantum ONE」対応
「Quantum ONE」には、「JBL QuantumSPHERE 360(JBLクオンタムスフィアサンロクマル)」を採用。「Quantum ONE」に同梱のキャリブレーションマイクを使用したキャリフブレーションプロセスとリセンタリングをおこない、JBL独自のアルゴリズムにより微妙な頭の動きも高精度に追跡するヘッドトラッキング機能を使うことで、ゲーム内のサウンドの配置の精度を向上し、より高いレベルのサウンドクオリティと没入感を味わえる他、ゲーム内のオーディオポジショニング(位置)の精度を向上し、敵の場所や動きをより正確に察知します。

Quantum One接続時の画面
画像(004)ヘッドトラッキングセンサー内蔵の「Quantum ONE」などJBL製ゲーマー向けヘッドセット2製品が国内発売

■没入感を高める最新音響技術「JBL QuantumSURROUND」
「Quantum 800」に採用されているJBLが独自に開発したサウンドアルゴリズムによる空間的なサラウンドオーディオソリューション「JBL QuantumSURROUND (JBLクオンタムサラウンド)」は、水平空間で単独で移動するサウンドに加えてバーチャル空間の頭上のチャンネルを増やすことで、より広くよりリアルな空間を再現し、プレーヤーに最高の没入感を提供します。サウンドがより正確に動くように「QuantumENGINE」にプレーヤーの頭部サイズなどを登録して、ひとつひとつのチャンネルが音声ソースに対して効率よく適応することでより正確なサウンドを再現します。

Quantum 800 接続時の画面
画像(006)ヘッドトラッキングセンサー内蔵の「Quantum ONE」などJBL製ゲーマー向けヘッドセット2製品が国内発売

■お好みやご使用のゲームに適したサウンドを選択、または作成が可能なイコライザー搭載
「JBL Quantum ENGINE」でご用意している7種類のEQプリセットから選択することも、ご自分で好みのサウンドを作成して保存することも可能です。

【プリセット】
  • BASS BOOST:低音/低周波数を増幅してサウンドにより力強い低音を追加しました。
  • BASS CUT:低音をカットしました。低音が出すぎることなく聞くことができます。
  • CLARITY:低音といくつかの高い周波数を下げてオーディオサウンドをより明確にしました。
  • FLAT:EQなしのフラットなサウンドです。
  • FPS:1KHzから4KHzにかけて増幅することでFPSゲームに不可欠な銃の音を引き出すサウンドにしました。
  • HIGH END BOOST:より高い周波数を増幅しました。
  • LONG SESSION:高周波数の一部を切ることで、長いセッションでゲームをする際に音を聞くのに疲れにくいメリットがあります。

■ヘッドセット本体のイヤーカップを鮮やかに光らせるRGBライティングに対応
「JBL Quantum ONE / 800」ではイヤーカップのJBLロゴ部分など複数エリアを光らせる RGB ライティングに対応しています。
「Quantum ENGINE」でデフォルト設定(Quantum ONEは6種類、Quantum 800は5種類)の光り方をお楽しみいただくことができると同時に、アドバンスドモードではご自身のお好みのカラーや光り方をカスタマイズして作成、保存することも可能です。

画像(005)ヘッドトラッキングセンサー内蔵の「Quantum ONE」などJBL製ゲーマー向けヘッドセット2製品が国内発売

■プレーヤー間のスムーズなコミュニケーション
プレーヤー同士がスムーズなコミュニケーションが取れるよう「JBL Quantum ONE / 800」には、ゲームチャットダイヤルを搭載。チャットアプリを用いてスムーズに会話することができ、SkypeやTeamSpeak等も使用可能です。また、ノイズ軽減機能を搭載している為、明瞭度の高い音声でプレーヤー同士コミュニケーションをとることができます。

■長時間の着用でも快適な装着感
「JBL Quantum ONE / 800」には、ナイロン素材の軽量ヘッドバンドとプレミアムレザー調素材のメモリーフォームイヤークッションを採用。長時間の着用の際にも、耳がいたくなることなく快適な装着感を得られる設計となっています。
  • 関連タイトル:

    JBL Quantum

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月05日〜08月06日
タイトル評価ランキング
92
82
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
67
仁王2 (PS4)
66
61
VALORANT (PC)
48
巨神と誓女 (BROWSER)
2020年02月〜2020年08月