オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ディスプレイ

このページの最終更新日:2018/11/16 15:23


  • この記事のURL:

キーワード

下線

Intel,ディスプレイ同期技術「Adaptive-Sync」の採用を明言

[2018/11/16 15:23]

ViewSonic,144Hz駆動で税込1万9980円の23.6型液晶ディスプレイをドスパラ限定で発売

ViewSonic,144Hz駆動で税込1万9980円の23.6型液晶ディスプレイをドスパラ限定で発売

 2018年11月12日,ViewSonicは,23.6インチ,解像度1920×1080ドットで垂直リフレッシュレート144Hzに対応し,「FreeSync」も利用可能なゲーマー向けディスプレイ「VX2458-MHD-7」を発表した。価格はなんと1万9980円(税込)。14日にドスパラ限定で発売になるとのことだ。

[2018/11/12 15:53]

MSIのゲーマー向けデスクトップPCとディスプレイを両方買うと,ゲーマー向けチェアがもらえるキャンペーン。12月31日まで

[2018/11/09 10:32]

PS VR向けの注目タイトル14本を一挙に紹介する特別映像「PlayStation VR New Line Up Video #2 navigated by“ASTRO”」が公開

PS VR向けの注目タイトル14本を一挙に紹介する特別映像「PlayStation VR New Line Up Video #2 navigated by“ASTRO”」が公開

 SIEは本日,PS VRにスポットを当てた特別映像「PlayStation VR New Line Up Video #2 navigated by“ASTRO”」を公開した。秋期待の新作タイトルを始めとした,PS VR向けの注目タイトル14本を一挙に紹介するという本映像。ガイド役は,「ASTRO BOT:RESCUE MISSION」の主人公だ。

[2018/11/08 17:21]

MSI製ゲーマー向け製品のレビュー投稿で10ドル分のSteamウォレットコードがもらえるキャンペーン。12月31日まで

[2018/11/02 14:34]

動画視聴アプリ「シアタールーム VR」で史上初となる劇場公開映画の先行試写を実施。11月2日より試写参加者を募集

[2018/11/02 13:31]

PS VRに「絶体絶命都市4」やPS4 Pro本体を組み合わせたセット,ゲーマー向けデバイス各種が割引。Amazonで「タイムセール祭り」開催中

PS VRに「絶体絶命都市4」やPS4 Pro本体を組み合わせたセット,ゲーマー向けデバイス各種が割引。Amazonで「タイムセール祭り」開催中

 Amazon.co.jpで,すっかり恒例となった「タイムセール祭り」が,2018年10月31日18:00に始まった。今回のセールは11月4日1:59までで,ゲーム関連アイテムとしては,PS VRと,ソフトまたはPS4 Pro本体とのセットや,Logicool G製の各種ゲーマーデバイスなどが割引対象となっている。

[2018/11/01 13:25]

DisplayHDR 600とFreeSyncに対応し,独自の「Nano IPS」を採用した31.5インチ4Kディスプレイ。LGから

[2018/10/24 16:09]

学生向けPS VRワークショップイベント「MEMOREUM TOKYO」が「Edvation × Summit 2018」で開催

[2018/10/23 14:06]

指定のMSI製マザーボードもしくはディスプレイ購入でPC版「Assassin’s Creed Odyssey」フル版がもらえるキャンペーン

[2018/10/19 16:23]

MSI,垂直144Hz&FreeSync対応の湾曲型VA液晶ディスプレイ2製品を10月20日に発売。23.6インチと27インチの2モデルを用意

MSI,垂直144Hz&FreeSync対応の湾曲型VA液晶ディスプレイ2製品を10月20日に発売。23.6インチと27インチの2モデルを用意

 2018年10月19日,MSIは,ゲーマー向け液晶ディスプレイOptix MAGシリーズの新製品として,23.6インチサイズの「Optix MAG241C」と27インチサイズの「Optix MAG271C」を10月20日に発売すると発表した。両製品とも,フルHD解像度の湾曲型VA液晶パネルを採用し,垂直144HzとFreeSyncに対応するのが特徴だ。

[2018/10/19 16:16]

HTC,スタンドアロン型VR HMD「Vive Focus」の法人向け製品を国内発売。ハイエンドVR HMD「Vive Pro」のやや安価なセットも

HTC,スタンドアロン型VR HMD「Vive Focus」の法人向け製品を国内発売。ハイエンドVR HMD「Vive Pro」のやや安価なセットも

 2018年10月19日,HTCは,スタンドアロン型VR HMD「Vive Focus」の法人向けバージョン「Vive Focus(エクスプローラーエディション)」を,10月30日に発売すると発表した。Snapdragon 835とインサイドアウト方式のセンサーおよびカメラを搭載し,単体で利用できる製品だ。税込価格は7万2000円前後である。

[2018/10/19 10:00]

ALIENWARE,Studio Coup所属の実況者4名にゲームPCと周辺機器を提供

[2018/10/16 12:40]

Access Accepted第590回:Oculusの考える新たなVRの姿

Access Accepted第590回:Oculusの考える新たなVRの姿

 2018年9月26日と27日に開催されたOculus VRのカンファレンス「Oculus Connect 5」で,同社のチーフサインティストを務めるマイケル・アブラッシュ(Michael Abrash)氏が基調講演を行った。VRだけでなく,ARやMRの未来についても言及されたアブラッシュ氏の講演の模様をお伝えしよう。

[2018/10/15 12:00]

MRデバイス「Magic Leap One」向けタイトルとして,Weta Workshopの「Dr. Grordbort’s Invaders」やRovioの「Angry Birds FPS: First Person Slingshot」などがアナウンス

MRデバイス「Magic Leap One」向けタイトルとして,Weta Workshopの「Dr. Grordbort’s Invaders」やRovioの「Angry Birds FPS: First Person Slingshot」などがアナウンス

 Magic Leapはロサンゼルスで自社イベントを開催し,「Magic Leap One」に対応したゲームタイトルを発表した。映画「ロード・オブ・ザ・リング」のVFXで有名なWeta Workshopのロボットシューティング「Dr. Grordbort’s Invaders」や,Rovioの「Angry Birds FPS: First Person Slingshot」が明らかになった。

[2018/10/11 17:05]

ASUS,垂直リフレッシュレート144Hz対応の27型フルHDディスプレイを発売。ゲーム機との接続を意識した24.5型も

ASUS,垂直リフレッシュレート144Hz対応の27型フルHDディスプレイを発売。ゲーム機との接続を意識した24.5型も

 2018年10月10日,ASUSTeK Computerは,27インチ,解像度1920×1080ドットのゲーマー向けTN型液晶ディスプレイ「VG278Q」を発表した。垂直リフレッシュレート144Hz対応と中間調(gray-to-gray)応答速度1msという仕様が見どころだ。同時にHDMI入力を2系統搭載し,ゲーム機との接続を意識した24.5インチモデルも発表している。

[2018/10/10 15:40]

HTC製HMD「Vive」を購入すると「Vカツ内で使えるアイテム版Vive」がもらえるキャンペーン始まる。2019年1月6日まで

[2018/10/05 13:08]

BenQ ZOWIEが「PUBG JAPAN SERIES season1」公式ディスプレイスポンサーに

[2018/10/02 18:58]

指定のMSI製デスクトップPCやディスプレイ,マザーボード購入で映画「ヴェノム」コラボアイテムがもらえるキャンペーン始まる。10月28日まで

[2018/10/02 13:05]

税込約4万円でHDR10&垂直144Hz表示対応の27インチゲーマー向け液晶ディスプレイが国内発売。31.5インチで垂直165Hz表示対応モデルも税込約6万円

税込約4万円でHDR10&垂直144Hz表示対応の27インチゲーマー向け液晶ディスプレイが国内発売。31.5インチで垂直165Hz表示対応モデルも税込約6万円

 解像度2560×1440ドットでHDR10と垂直リフレッシュレート最大144Hz対応で税込約4万円という27型ゲーマー向けディスプレイ「PX276h」が台湾Pixioから国内発売となった。同社は同時に,31.5型で垂直165Hz対応の「PX329」も税込約6万円で発売している。

[2018/10/01 17:55]

「PlayStation VR “PlayStation VR WORLDS”同梱版」が10月12日に発売。価格は3万4980円(+税)

「PlayStation VR “PlayStation VR WORLDS”同梱版」が10月12日に発売。価格は3万4980円(+税)

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは本日(2018年10月1日),PlayStation VRとPlayStation Camera,PS4用ソフト「PlayStation VR WORLDS」をセットにした「PlayStation VR “PlayStation VR WORLDS”同梱版」を10月12日に発売すると発表した。

[2018/10/01 14:11]

John Carmack氏:Oculus Questは「最終的にNintendo Switchと競合することになるだろう」

John Carmack氏:Oculus Questは「最終的にNintendo Switchと競合することになるだろう」

[GamesIndustry.biz]Oculus Connect2日めの基調講演で,Oculus VR CTOであるJohn Carmack氏は,新型VR HMD「Oculus Quest」に関する技術的な解説を行った。

[2018/09/29 00:00]

一体型VR HMD「Oculus Quest」実機プレイ。激しいラリーを満喫できるVRテニスゲーム「Tennis Scramble」など3作品をチェックしてきた

一体型VR HMD「Oculus Quest」実機プレイ。激しいラリーを満喫できるVRテニスゲーム「Tennis Scramble」など3作品をチェックしてきた

 Oculus Connect 5でお披露目となった,Facebookの一体型 VR HMD「Oculus Quest」。その実機を使ったプレイアブルデモとして用意された,新型デバイスの特性を生かしたテニスゲーム「Tennis Scramble」,そして「SUPERHOT VR」「Face Your Fear 2」の計3タイトルを,さっそくチェックしてきた。

[2018/09/28 16:49]

約6万円で買える4K+HDR対応のゲーマー向け31.5型液晶ディスプレイ「32UK550-B」がLGから

約6万円で買える4K+HDR対応のゲーマー向け31.5型液晶ディスプレイ「32UK550-B」がLGから

 2018年9月27日,LG Electronicsは,31.5インチサイズで解像度3840×2160ドットのHDR対応液晶ディスプレイ「32UK550-B」を10月11日に国内発売すると発表した。HDR表示規格「HDR10」やAMDのディスプレイ同期技術「FreeSync」に対応しながら,税込の予想実売価格が6万円前後と,比較的安価なのが見どころだ。

[2018/09/27 16:37]

一体型VR HMD「Oculus Quest」をFacebookが発表。2019年春に399ドルで発売予定

一体型VR HMD「Oculus Quest」をFacebookが発表。2019年春に399ドルで発売予定

 Facebookは一体型VR HMDの新製品「Oculus Quest」を2019年春にも399ドルで発売することを発表した。これまで「Santa Cruz」というコードネームで知られていた本機は,インサイド・アウト型のセンサーを搭載することで6DoFのトラッキングに対応するという。

[2018/09/27 16:34]

[TGS 2018]立体ディスプレイの映像はどう映るのか? VR180で見る実機映像

[TGS 2018]立体ディスプレイの映像はどう映るのか? VR180で見る実機映像

[GamesIndustry.biz]TGS 2018で覗き込んだ人を驚かせた立体ディスプレイ2種は,どのように見えるのか? 写真では分からない見え方を3Dカメラ映像で紹介する。

[2018/09/23 17:12]

[TGS 2018]SIE WWS 吉田修平氏インタビュー。PS VRは導入段階から,深い体験を提供するステージへ

[TGS 2018]SIE WWS 吉田修平氏インタビュー。PS VRは導入段階から,深い体験を提供するステージへ

 東京ゲームショウ2018の会期中,ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏にインタビューする機会を得た。発表されたばかりの「プレイステーション クラシック」やPlayStation VRの現状などについて話を聞いた。

[2018/09/22 21:24]

[TGS 2018]IODATA,ついに光る。LEDイルミネーション搭載かつコスパ重視の144Hz表示対応ディスプレイを展示

[TGS 2018]IODATA,ついに光る。LEDイルミネーション搭載かつコスパ重視の144Hz表示対応ディスプレイを展示

 アイ・オー・データ機器のゲーマー向けディスプレイ「GigaCrysta」がついに光った。東京ゲームショウ2018の同社ブースで参考展示中の23.6型144Hz表示対応モデル「LCD-GC242HXB」は,背面のブランドロゴにLEDイルミネーション機能を搭載してきたのだ。同時に高コスパも狙ったという新製品をレポートしたい。

[2018/09/22 13:36]

[TGS 2018]ガラスの中に浮かぶ映像? 完成度の高い立体ディスプレイLookng Glass

[TGS 2018]ガラスの中に浮かぶ映像? 完成度の高い立体ディスプレイLookng Glass

[GamesIndustry.biz]東京ゲームショウ2018会場に展示されていた立体ディスプレイその2として「Looking Glass」を紹介しておこう。最新式の裸眼立体視ディスプレイはこんなに凄くなっていた。

[2018/09/21 00:00]

[TGS 2018]空間に本物の立体映像を描くVoxon Photonicsのテクノロジー

[TGS 2018]空間に本物の立体映像を描くVoxon Photonicsのテクノロジー

[GamesIndustry.biz]東京ゲームショウ会場のVoxon Photonicsブースに展示されていた立体ディスプレイを紹介しよう。空間に映像を投影する「本物」の立体表示が実現されている製品だ。

[2018/09/20 19:09]

MSI,TGS 2018のブース展示内容を予告。一般日のステージイベントタイムテーブルも特設ページで公開

[2018/09/19 19:37]

Acer,垂直144Hz&FreeSync対応でHDR表示も可能な湾曲型液晶ディスプレイを9月20日発売。31.5インチと27インチの2製品

Acer,垂直144Hz&FreeSync対応でHDR表示も可能な湾曲型液晶ディスプレイを9月20日発売。31.5インチと27インチの2製品

 2018年9月18日,Acerは,ゲーマー向け液晶ディスプレイの新製品として,31.5インチ湾曲型の「XZ321QUbmijpphzx」と,27インチ湾曲型の「XZ271Ubmijpphzx」を9月20日に発売すると発表した。両製品とも,垂直144Hz表示と「FreeSync」とHDR規格の「HDR10」に対応するのが見どころだ。

[2018/09/18 15:53]

「XL2720」レビュー。BenQ ZOWIEの144Hz対応27インチディスプレイは他社製品と何が違うのか

「XL2720」レビュー。BenQ ZOWIEの144Hz対応27インチディスプレイは他社製品と何が違うのか

 BenQ ZOWIEの「XL2720」は,27インチでフルHD,非光沢,垂直リフレッシュレート144Hz対応のTN型液晶パネルを採用するという,ぱっと見ただけでは「よくある」ゲーマー向けディスプレイだ。その割に実勢価格は高めなのだが,果たして他社製品とは何が違うのだろう? じっくりテストしたので,その結果をお伝えしたい。

[2018/09/18 00:00]

BenQ,TGS 2018の「e-Sports X」公式スポンサーとしてディスプレイ製品を提供

[2018/09/14 20:00]

HDR表示&144Hz対応のゲーマー向けディスプレイ「32GK850F-B」をテスト。擬似HDR機能はゲームで実用的に使えるのか

HDR表示&144Hz対応のゲーマー向けディスプレイ「32GK850F-B」をテスト。擬似HDR機能はゲームで実用的に使えるのか

 LG製の「32GK850F-B」は,31.5インチサイズで「HDR10」と垂直144Hz表示に対応しながら,6万3000円前後という手の届きやすい価格帯のゲーマー向け液晶ディスプレイである。さらに,SDR映像を擬似HDR化する機能も備えるという。実際にゲームをプレイして,その実力を検証してみた。

[2018/09/08 00:00]

ALIENWAREが大阪のプロゲームチーム「CYCLOPS athlete gaming」とのスポンサー契約を発表。ディスプレイやノートPC新製品も披露

ALIENWAREが大阪のプロゲームチーム「CYCLOPS athlete gaming」とのスポンサー契約を発表。ディスプレイやノートPC新製品も披露

 2018年9月4日,Dellは,ゲーマー向け製品ブランド「ALIENWARE」と,大阪を拠点とするプロゲームチーム「CYCLOPS athlete gaming」とのスポンサー契約締結を発表した。同日に行われた記者発表会では,2018年8月に発売したゲーマー向けノートPCやディスプレイの説明もあったので,合わせて簡単にレポートしたい。

[2018/09/04 16:09]

目玉は巨大な可動式コックピット筐体「Predator Thronos」。Acerがドイツでゲーマー向けPCや周辺機器を発表

目玉は巨大な可動式コックピット筐体「Predator Thronos」。Acerがドイツでゲーマー向けPCや周辺機器を発表

 ドイツ時間2018年8月29日,Acerは,「IFA 2018」の開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開催し,ゲーマー向け製品ブランド「Predator」の新製品を多数発表した。中でも,電動で動くシートにディスプレイ3台を取り付け可能なアームを組み合わせた巨大なコクピット「Predator Thronos」の製品化は,注目を集めている。

[2018/08/30 17:42]

BenQ,24型,垂直リフレッシュレート75Hz対応で税込1万5000円のゲーム機ユーザー向け液晶ディスプレイ

BenQ,24型,垂直リフレッシュレート75Hz対応で税込1万5000円のゲーム機ユーザー向け液晶ディスプレイ

 2018年8月29日,BenQは,24インチフルHDのTN型液晶パネルを搭載し,垂直リフレッシュレート75Hz,中間調(gray-to-gray)応答速度1msという仕様のディスプレイ「GL2460BH」をゲーム機ユーザー向けに発表した。9月7日発売予定で,メーカー想定売価は1万5000円前後と安価だ。

[2018/08/29 15:05]

ASUS,垂直リフレッシュレート144Hz対応で中間調応答速度1ms仕様の24.5型フルHD液晶ディスプレイを発売

ASUS,垂直リフレッシュレート144Hz対応で中間調応答速度1ms仕様の24.5型フルHD液晶ディスプレイを発売

 2018年8月29日,ASUSは,24.5インチ,解像度1920×1080ドットで垂直リフレッシュレート最大144Hz対応,中間調(gray-to-gray)応答速度1msという仕様のゲーマー向けTN型ディスプレイ「VG258Q」8月31日に発売すると発表した。メーカー想定売価は未公開だが,注文を受け付け中のAmazon.co.jpにおける売価は3万3800円となっている。

[2018/08/29 13:36]

Dellがゲーマー向け液晶ディスプレイ「S2419HGF」「S2719DGF」を国内発売。高リフレッシュレート&FreeSync対応のエントリーモデル

Dellがゲーマー向け液晶ディスプレイ「S2419HGF」「S2719DGF」を国内発売。高リフレッシュレート&FreeSync対応のエントリーモデル

 2018年8月27日,Dellは,新型ゲーマー向けディスプレイとして24インチサイズの「S2419HGF」と27インチサイズの「S2719DGF」を8月31日に国内発売すると発表した。前者はフルHD解像度で垂直最大144Hz,後者は2560×1440ドットで同垂直最大165Hzに対応。「FreeSync」にも対応する。価格は順に3万1298円,5万2898円(税別,送料込み)。

[2018/08/27 16:07]

[CEDEC 2018]「Vive Tracker」を使うときの注意点とは? 「Vive」の最新情報が披露された講演をレポート

[CEDEC 2018]「Vive Tracker」を使うときの注意点とは? 「Vive」の最新情報が披露された講演をレポート

 2018年8月22日,「CEDEC 2018」でHTCは,「VIVE関連製品の中〜上級者向け利用方法(2018年版)」という講演を行った。人気のモーショントラッカー「Vive Tracker」など,VR HMD「Vive」関連製品の最新情報と使いこなし方をまとめたセッションの概要をレポートしよう。

[2018/08/24 19:51]

78時間限定の「Amazonタイムセール祭り」が8月30日18時に開始。PS VRと専用「シューティングコントローラー」のセットも対象に

78時間限定の「Amazonタイムセール祭り」が8月30日18時に開始。PS VRと専用「シューティングコントローラー」のセットも対象に

 Amazon.co.jpで,3日と6時間,計78時間限定となる特売企画「Amazonタイムセール祭り」が,2018年8月30日18:00から9月2日23:59まで開催となる。特設ページでは目玉商品の一部が公開中。ゲーマーとしては,PlayStation VR「PlayStation VR シューティングコントローラー」のセットに注目だ。

[2018/08/24 19:01]

Nintendo Switchと組み合わせて使える「USB Type-C接続型の15.6型モバイルディスプレイ」開発計画がMakuakeで出資受け付け中

[2018/08/22 14:39]

AcerからG-SYNC対応の27型ゲーマー向け液晶ディスプレイ2製品が登場。4K/60Hz対応モデルと25x14/165Hz対応モデル

AcerからG-SYNC対応の27型ゲーマー向け液晶ディスプレイ2製品が登場。4K/60Hz対応モデルと25x14/165Hz対応モデル

 2018年8月21日,Acerは,27インチサイズのゲーマー向け液晶ディスプレイ「XB271HKbmiprz」「XB271HUbmiprz」を8月23日に発売すると発表した。前者は4K/60Hz対応モデル,後者は25x14/165Hz対応モデルで,いずれもG-SYNC対応。税込の予想実売価格は順に8万7000円前後,8万3000円前後となる。

[2018/08/21 15:25]

PlayStation VRと,PlayStation Move2本をセットにした「PlayStation VR エキサイティングパック」が9月13日に発売。DUALSHOCK 4の新色「ブルー・カモフラージュ」は10月21日にリリース

PlayStation VRと,PlayStation Move2本をセットにした「PlayStation VR エキサイティングパック」が9月13日に発売。DUALSHOCK 4の新色「ブルー・カモフラージュ」は10月21日にリリース

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは,PlayStation VRとPlayStation Move2本をセットにした「PlayStation VR エキサイティングパック」を2018年9月13日,数量限定で発売する。さらに,DUALSHOCK 4の新色となる「ブルー・カモフラージュ」を10月21日にリリースすることも発表された。

[2018/08/21 12:58]

[gamescom]Dell,垂直リフレッシュレート最大155Hz対応のゲーマー向けディスプレイを発表

[gamescom]Dell,垂直リフレッシュレート最大155Hz対応のゲーマー向けディスプレイを発表

 ドイツ時間2018年8月20日,Dellは,ゲーマー向けディスプレイの新製品「S2419HGF」「S2719DGF」をgamescom 2018に合わせて発表した。24インチ,解像度1920×1080ドットで垂直リフレッシュレート最大144Hz対応のモデルと,27インチ,解像度2560×1440ドットで垂直リフレッシュレート最大155Hz対応のモデルだ。

[2018/08/21 03:01]

MSIのゲーマー向けデスクトップPCか湾曲ディスプレイ購入でバックパックやBluetoothスピーカーなどがもらえるキャンペーン。10月31日まで

[2018/08/20 14:46]

[SIGGRAPH]StarVR,視線追跡技術に対応した新型VR HMD「StarVR One」を発表。SteamVR対応モデルも用意

[SIGGRAPH]StarVR,視線追跡技術に対応した新型VR HMD「StarVR One」を発表。SteamVR対応モデルも用意

 北米時間2018年8月14日,StarVRは,新型VR HMD「StarVR One」を発表した。StarVR Oneは,同社の既存製品と同じく水平210度という非常に広い視野角を有するVR HMDで,新たに視線追跡機能を搭載したのが最大の特徴だ。位置トラッキング技術に独自方式を用いるモデルと,「SteamVR」に対応するモデルの2製品をラインナップしている。

[2018/08/15 14:19]

Acerの23.8インチ液晶ディスプレイ「NITRO VG240Ybmiix」テストレポート。2万円前後で買えてPS4との組み合わせにも適する

Acerの23.8インチ液晶ディスプレイ「NITRO VG240Ybmiix」テストレポート。2万円前後で買えてPS4との組み合わせにも適する

 PCとゲーム機で共用するゲーマー向け液晶ディスプレイを安く手に入れたいという人にとって,選択肢の1つとなりそうな製品が,Acerの「NITRO VG240Ybmiix」である。23.8インチサイズでフルHD解像度のIPS液晶パネルを採用し,2万円前後という実勢価格としては,機能面も充実した製品だ。どのような機能があるのか,簡単に紹介しよう。

[2018/08/13 16:00]

「Magic Leap One」の開発者向けバージョンが北米限定で発売。2295ドル(税別)

「Magic Leap One」の開発者向けバージョンが北米限定で発売。2295ドル(税別)

 MR HMD「Magic Leap One」の開発者向けバージョン「Magic Leap One: Creator Edition」が,2295ドル(約25万4000円)で発売となった。残念ながら北米市場以外への発送には向けのみで,海外のソフトウェア開発者は対象にしていないが,ようやく発売された同機は,どのような評価を得るだろうか。

[2018/08/09 16:17]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ