オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ディスプレイ

このページの最終更新日:2019/03/22 00:00


  • この記事のURL:

キーワード

下線

[GDC 2019]「Oculus Quest」と「Rift S」で,開発者が注意すべきポイントとは

[GDC 2019]「Oculus Quest」と「Rift S」で,開発者が注意すべきポイントとは

 GDC 2019で行われた「Oculus Quest」でのVRコンテンツ作りに関する注意点をまとめたセッションの模様を紹介しよう。新しく発表された「Rift S」での注意点も挙がっているので,新デバイスでVRコンテンツを作りたい人は参考にするとよいだろう。

[2019/03/22 00:00]

[GDC 2019]「スター・ウォーズ」で学ぶ,物語を感じさせるMRコンテンツ作り

[GDC 2019]「スター・ウォーズ」で学ぶ,物語を感じさせるMRコンテンツ作り

 Star WarsのLucasfilm傘下にあるILM,その研究開発部門であるILMxLABが,「Magic Leap One」向けMRコンテンツ開発で得られた知見をGDC 2019で発表した。セッションの難度はなかなか高めだったが,それでもMRコンテンツの将来像を窺わせてくれるものだったので,レポートしたい。

[2019/03/21 14:43]

[GDC 2019]PC向けVR対応ヘッドセットの最新型「Oculus Rift S」発表。「Oculus Insight」などの新機能を搭載して,「Oculus Quest」と同時期に4万9800円でリリース予定

[GDC 2019]PC向けVR対応ヘッドセットの最新型「Oculus Rift S」発表。「Oculus Insight」などの新機能を搭載して,「Oculus Quest」と同時期に4万9800円でリリース予定

 Oculus VRは,GDC 2019の会期中にメディアを対象としたイベントを開催し,「Oculus Rift」のハイエンドモデルとなる「Oculus Rift S」を発表した。2019年春に,4万9800円で発売する予定だ。外部センサーなしでトラッキングが可能な「Oculus Insight」や高解像度ディスプレイなど,さまざまな新機能を装えている。

[2019/03/21 00:00]

23.6型VAパネル搭載で144Hz駆動かつFreeSync対応のゲーマー向け湾曲ディスプレイをViewSonicが発売

[2019/03/20 18:45]

[GDC 2019]HTC「Vive」は「VR界のNetflix」を目指す。基調講演で定額制遊び放題とモバイルVRの拡充をアピール

[GDC 2019]HTC「Vive」は「VR界のNetflix」を目指す。基調講演で定額制遊び放題とモバイルVRの拡充をアピール

 GDC 2019初日の3月18日,HTCはVR HMD「Vive」と関連プラットフォームの最新状況を説明する基調講演を行った。定額で遊び放題のVRコンテンツ配信サービス「Viveport Infinity」をデベロッパに大きくアピールしたほか,Qualcommとの協業も語られた講演の概要をレポートしよう。

[2019/03/19 19:46]

ViewSonic,応答速度1msで144Hz,税込3万円の「光る」液晶ディスプレイ発売

ViewSonic,応答速度1msで144Hz,税込3万円の「光る」液晶ディスプレイ発売

 ViewSonicは,24インチ液晶ディスプレイ「XG240R」を3月20日に発売する。応答速度1msのTNパネルを採用し,最大垂直同期周波数144Hz,「FreeSync」に対応するほか,背面のカラーLEDライトをRazer,Thermaltake,Cooler Masterの発光制御アプリで同期制御できるのが特徴だ。メーカー想定売価は3万円前後(税込)。

[2019/03/19 16:51]

PS VRの魅力を訴求する新たな特別映像「PlayStation VR 2019『全方位、遊びつくせ!』」が公開

PS VRの魅力を訴求する新たな特別映像「PlayStation VR 2019『全方位、遊びつくせ!』」が公開

 SIEは,バーチャルリアリティシステム・PlayStation VRの魅力を訴求する新たな特別映像「PlayStation VR 2019『全方位、遊びつくせ!』」を,日本国内に向けて本日公開した。「ASTRO BOT:RESCUE MISSION」などのゲームや「シアタールームVR」といったサービスなどをざっと紹介するものだ。

[2019/03/13 13:16]

I-O DATAが「FFXIV ファンフェスティバル 2019 in 東京」に出展。会場限定の特別価格でゲーマー向けディスプレイを販売予定

[2019/03/13 11:36]

MSI,「湾曲型かつ144Hz駆動」なゲーマー向けディスプレイのラインナップに31.5インチ,解像度2560×1440ドットモデルを追加

[2019/03/08 13:22]

「高性能GPUと高リフレッシュレートディスプレイの組み合わせはゲームの勝率を上げる」。NVIDIAが調査結果を公表

「高性能GPUと高リフレッシュレートディスプレイの組み合わせはゲームの勝率を上げる」。NVIDIAが調査結果を公表

 北米時間2019年3月7日,NVIDIAは,高性能なGPUと高リフレッシュレート対応ディスプレイの組み合わせがバトルロイヤルタイプのゲームにおいてどれくらい戦績に影響するかについての調査結果を公表した。感覚的には知られていたものの,数字になることはなかなかない「GPU性能と勝率の関係」を示した興味深いデータだ。

[2019/03/08 12:07]

Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

 2019年3月7日,Acerは,Windows MR対応のVR HMD「OJO 500」(型番:AH501)を3月15日に国内発売すると発表した。液晶パネルやレンズを備えたゴーグル部分を,ヘッドバンドから取り外せる構造を採用したのが見どころだ。税込の予想実売価格は6万円前後となっている。

[2019/03/07 12:28]

AMD,「FreeSync 2 HDR」の効果を体験できるデモアプリ「Oasis」公開

AMD,「FreeSync 2 HDR」の効果を体験できるデモアプリ「Oasis」公開

 2019年2月27日23:00,AMDは,同社独自のHDR対応ディスプレイ同期技術「FreeSync 2 HDR」の効果を体感できるデモアプリ「Oasis」を公開すると発表した。。本稿では,そもそもFreeSync 2 HDRとは何なのかという点を含めて,現時点で明らかな情報を紹介したい。

[2019/02/27 23:00]

垂直240Hz&FreeSync対応で税込約3万8000円のゲーマー向け液晶ディスプレイがAmazon.co.jpで発売

垂直240Hz&FreeSync対応で税込約3万8000円のゲーマー向け液晶ディスプレイがAmazon.co.jpで発売

2019年2月25日,Pixio Japanは,「Pixio」ブランドの24.5インチゲーマー向け液晶ディスプレイ「PX5-HAYABUSA」をAmazon.co.jpで発売した。垂直最大リフレッシュレート240HzとAMD独自のディスプレイ同期技術「FreeSync」,およびHDR表示に対応するTN液晶パネルを採用しながら税込3万7980円という割安な価格設定になっている。

[2019/02/25 19:34]

MSIの湾曲型ディスプレイに24インチ,1920×1080ドット仕様の新モデル2製品が加わる

[2019/02/21 18:22]

LG,アスペクト比21:9の34型ゲーマー向け液晶ディスプレイを発売。FreeSync対応とG-SYNC対応の2製品をラインナップ

LG,アスペクト比21:9の34型ゲーマー向け液晶ディスプレイを発売。FreeSync対応とG-SYNC対応の2製品をラインナップ

 2019年2月21日,LGは,ゲーマー向けディスプレイブランド「LG UltraGear」の新製品として,34インチ液晶ディスプレイ「34GK950F-B」「34GK950G-B」の2製品を2月28日に国内発売すると発表した。34GK950F-BはFreeSync,34GK950G-BはG-SYNCに対応するのが主な違いだ。

[2019/02/21 15:58]

DeToNatorが推薦するPS4対応ゲーマー向け周辺機器の割り引きセールがAmazon.co.jpで開催中。3月3日まで

DeToNatorが推薦するPS4対応ゲーマー向け周辺機器の割り引きセールがAmazon.co.jpで開催中。3月3日まで

 Amazon.co.jpは,PS4対応ゲーマー向け周辺機器のセール「【DeToNatorがおすすめ】PS4向けゲーミングデバイスセール」を3月3日23:59まで開催中だ。セール対象商品には,ゲーマー向け液晶ディスプレイやヘッドセット,キャプチャデバイスなど,さまざまな製品がラインナップされているので,欲しい周辺機器がある人はチェックしてみよう。

[2019/02/19 20:31]

LG,HDR表示&FreeSync対応で5万円前後の27インチ4K液晶ディスプレイを発売

LG,HDR表示&FreeSync対応で5万円前後の27インチ4K液晶ディスプレイを発売

 2019年2月19日,LGは,27インチサイズで解像度3840×2160ドットの液晶ディスプレイ「27UL550-W」を2月22日に国内発売すると発表した。HDR表示やFreeSyncに対応しながら,税込の予想実売価格が5万円前後と比較的安価なことがポイントである。

[2019/02/19 14:59]

【西川善司】miniLEDにレーザー光源,巻き上げ有機ELなどなど。テレビやディスプレイはこれから新世代がやってくる!?

【西川善司】miniLEDにレーザー光源,巻き上げ有機ELなどなど。テレビやディスプレイはこれから新世代がやってくる!?

 毎年1月に米国・ラスベガスで行われる展示会「CES」は,各メーカーが最新のテレビやディスプレイ製品を披露する場でもある。「(善)後不覚」第53回は,突如トレンドに躍り出た8Kテレビから,最新の「miniLED」技術を採用する液晶テレビ,レーザー光源の超短焦点プロジェクタなど,これから来る大画面ネタを西川善司氏にまとめて紹介してもらった。

[2019/02/15 17:00]

ALIENWAREのボス,エイゾール氏単独インタビュー。GPUとCPUを交換できるArea-51mの秘密と,m15のキーボード改善計画が明らかに

ALIENWAREのボス,エイゾール氏単独インタビュー。GPUとCPUを交換できるArea-51mの秘密と,m15のキーボード改善計画が明らかに

 GPUとCPUの交換に対応するという強烈なゲーマー向けノートPC「Area-51m」を発表したALIENWAREだが,いったいその背景には何があったのか。4Gamerでは,Dellのゲーム部門を率いるビッグボス,フランク・エイゾール氏への単独インタビューを行うことができたので,本稿ではその内容をお届けしてみたい。

[2019/02/07 00:00]

BenQ ZOWIE「RL2460S」レビュー。新しくなった「格闘ゲーマー向けディスプレイ」は今回もユーザーの鉄板となるか

BenQ ZOWIE「RL2460S」レビュー。新しくなった「格闘ゲーマー向けディスプレイ」は今回もユーザーの鉄板となるか

 垂直リフレッシュレート60Hzへの最適化を果たし,また,HDMIパススルー出力で1台のゲーム機からの2画面出力に対応するとして,「格闘ゲーム向け」と謳われる,BenQ ZOWIE製ディスプレイ,RL2460シリーズ。その最新モデルとして2018年末に発売となった「RL2460S」をチェックする。今回も鉄板と言えるだけの性能を持っているだろうか。

[2019/02/04 00:00]

「8K」の普及促進や規格化を担う団体「8K Association」が発足。8K推しへ舵を切ったSamsungやパナソニックが名を連ねる

「8K」の普及促進や規格化を担う団体「8K Association」が発足。8K推しへ舵を切ったSamsungやパナソニックが名を連ねる

 CES 2019の会期2日めとなった1月9日,「8K Association」という業界団体の発足記者会見が行われた。Samsungやパナソニックなど5社が参加して,8Kの普及促進やコンテンツ製作支援,規格化などを目指すという。テレビやパネルメーカーが急速に8Kへと舵を切った2019年を象徴する出来事と言えよう。

[2019/01/30 17:38]

I-O DATA,144Hz&HDR表示対応の23.6型ディスプレイ「LCD-GC242HXB」を2月中旬に発売。ゲーマー向け製品ブランドの立ち上げも予定

I-O DATA,144Hz&HDR表示対応の23.6型ディスプレイ「LCD-GC242HXB」を2月中旬に発売。ゲーマー向け製品ブランドの立ち上げも予定

 2019年1月30日,アイ・オー・データ機器は,ゲーマー向けディスプレイブランド「GigaCrysta」から,垂直最大144HzかつHDR表示にも対応する23.6インチ液晶ディスプレイ「LCD-GC242HXB」を2月中旬に発売すると発表した。試作機への意見を反映して,可動範囲の広いスタンドを採用している。税込の予想実売価格は4万3000円前後だ。

[2019/01/30 11:00]

あらためて確認する「DisplayHDR」と「DSC」。「DisplayPortのいま」には要注意のポイント多し!?

あらためて確認する「DisplayHDR」と「DSC」。「DisplayPortのいま」には要注意のポイント多し!?

 HDR規格「DisplayHDR」と,高解像度かつ高フレームレート,高階調な映像を送信するための「DSC」は,DisplayPortにとって地味ながら重要な存在だが,それぞれエンドユーザーとしては何を注意すればいいのか。CES 2019におけるDisplayPortブース展示から,現在そして将来のDisplayPortを展望してみたい。

[2019/01/30 00:00]

LG,24インチフルHD,応答速度1msで144Hz駆動のゲーマー向けディスプレイ「24GL600F-B」

LG,24インチフルHD,応答速度1msで144Hz駆動のゲーマー向けディスプレイ「24GL600F-B」

 2019年1月25日,LG Electronicsは,ゲーマー向けディスプレイの新製品「24GL600F-B」1月29日に発売すると発表した。24インチ,解像度1920×1080ドット,中間調応答速度1ms,垂直最大リフレッシュレート144HzでFreeSyncに対応し,メーカー想定売価は2万7500円(税込2万9700円)前後となっている。

[2019/01/25 19:32]

ALIENWARE,55インチ4K有機EL,120Hz駆動のディスプレイを2019年中頃に市場投入。ノートPC向けの240Hz駆動パネルは春に

ALIENWARE,55インチ4K有機EL,120Hz駆動のディスプレイを2019年中頃に市場投入。ノートPC向けの240Hz駆動パネルは春に

 Alienwareは,CES 2019で開発表明のなされていた,55インチで解像度3840×2160ドット,垂直最大リフレッシュレート120Hzのゲーマー向け有機ELディスプレイを,2019年の中頃に市場投入すると予告した。垂直最大リフレッシュレート240HzのパネルがノートPCへもやってくるという話題とセットでお届けしたい。

[2019/01/25 12:37]

「GeForce Hotfix Driver Version 417.75」公開。G-SYNCが抱えていた既知の不具合へ対策を図る

[2019/01/24 10:46]

BenQ ZOWIE,格闘ゲーム向けディスプレイ「RL2460S」でEVO Japan 2019に協賛

[2019/01/23 14:29]

MSI,ゲーマー向け湾曲型ディスプレイの選択肢に27型フルHDで144Hz駆動のモデルを追加。ツクモ限定展開

[2019/01/22 13:44]

今あるHDMIケーブルは「HDMI 2.1」で使えない? 新規格における違いをアピールするHDMIライセンス団体

今あるHDMIケーブルは「HDMI 2.1」で使えない? 新規格における違いをアピールするHDMIライセンス団体

 CES 2019で,意外なほど盛り上がっていた「8K」。そんな8K映像の伝送に使えるスペックを有したHDMIの最新版「HDMI 2.1」に関する展示が,HDMI LAのブースで行われていた。展示でのポイントは「HDMIケーブル」。今までのHDMIケーブルは,HDMI 2.1では使えない可能性が高いうえ,使い方にも注意が必要という話題をレポートしよう。

[2019/01/19 00:00]

「G-SYNC Compatible Monitor」ではないFreeSync対応ディスプレイでG-SYNCは利用できるのか。実際に試してみた

「G-SYNC Compatible Monitor」ではないFreeSync対応ディスプレイでG-SYNCは利用できるのか。実際に試してみた

 北米時間2019年1月15日,NVIDIAは,同社が認定したFreeSync対応ディスプレイで「G-SYNC」が利用可能になる「G-SYNC Compatible Monitors」対応のドライバソフトを公開した。では,未認定のFreeSync対応ディスプレイだとG-SYNCを利用できるのだろうか? ゲームで確認してみたので,レポートしたい。

[2019/01/16 13:26]

「GeForce 417.71 Driver」公開。FreeSync対応ディスプレイでG-SYNCを利用可能にする「G-SYNC Compatible Monitors」プログラム対応版

「GeForce 417.71 Driver」公開。FreeSync対応ディスプレイでG-SYNCを利用可能にする「G-SYNC Compatible Monitors」プログラム対応版

 北米時間2019年1月15日,NVIDIAは,GeForce用の新しい公式最新版グラフィックスドライバ「GeForce 417.71 Driver」を公開した。本日付けで搭載カードの販売が始まった「GeForce RTX 2060」,そしてFreeSync対応ディスプレイでG-SYNCを利用可能にする「G-SYNC Compatible Monitors」プログラムに対応した初のリリースだ。

[2019/01/15 20:18]

GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ

GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ

 CES 2019でGIGABYTEは,ゲーマー向けブランド「AORUS」初のゲーマー向け液晶ディスプレイ「AORUS AD27QD」を発表した。27インチで解像度2560×1440ドット,144Hz駆動やHDR対応という基本スペックと,充実の設定用ソフトウェア標準採用が見どころだ。北米市場では1月16日発売で599ドル(税別)となっている。

[2019/01/15 14:06]

視線追跡を感じさせないほどの追従の速さ。「Vive Pro Eye」を体験してきた

視線追跡を感じさせないほどの追従の速さ。「Vive Pro Eye」を体験してきた

 CES 2019に合わせてHTCから発表された新製品について,プレスカンファレンスと会場での「Vive Pro Eye」によるデモ体験の模様をお伝えしよう。視線追跡に対応した中心窩適応レンダリング(Foveated Rendering)は,VRにどんな革新をもたらすのだろうか?

[2019/01/10 19:12]

Razer初の液晶ディスプレイ「Raptor」展示機レポート。見れば見るほど欲しくなるデザインだ

Razer初の液晶ディスプレイ「Raptor」展示機レポート。見れば見るほど欲しくなるデザインだ

 CES 2019に合わせてゲーマー向けディスプレイ市場に参入したRazerが,第1弾製品となる27インチモデル「Raptor」を展示していたので,写真メインでお伝えしてみたい。見れば見るほどRazerらしいディスプレイだ。

[2019/01/09 18:31]

BenQ ZOWIEの「XL2546」が「PUBG Asia Invitational Macao 2019」の公式ディスプレイに決定

[2019/01/09 12:03]

HTCがアイトラッキング機能を搭載した最新モデル「Vive Pro Eye」と,使いやすさを押し出した「Vive Cosmos」を発表

HTCがアイトラッキング機能を搭載した最新モデル「Vive Pro Eye」と,使いやすさを押し出した「Vive Cosmos」を発表

 HTCは,ラスベガスで開催中のCES 2019で,SteamVR対応ヘッドマウントディスプレイの最新モデル「Vive Pro Eye」と,詳細は不明ながら使いやすさを追求したという「Vive Cosmos」を発表した。さらに,「Viveport」の無制限サブスクリプションプラン,「Viveport Infinity」なども明らかになっている。

[2019/01/08 18:11]

ALIENWARE,最大24回の金利分割手数料無料キャンペーンを開催。1月14日まで

[2019/01/08 12:07]

Lenovo,43.4インチ3840×1200ドットの144Hz駆動モデルなどゲーマー向けディスプレイ2製品を発表。RTX 20搭載ゲーマー向けノートPCも

Lenovo,43.4インチ3840×1200ドットの144Hz駆動モデルなどゲーマー向けディスプレイ2製品を発表。RTX 20搭載ゲーマー向けノートPCも

 北米時間2019年1月7日,LenovoはCES 2019に合わせ,43.4インチで解像度3840×1200ドット,垂直リフレッシュレート144Hz対応の湾曲VAパネル搭載モデルなど,ゲーマー向けディスプレイ2製品を発表した。同時発表となったGeForce RTX 20シリーズ搭載ノートPCともどもレポートしたい。

[2019/01/08 11:16]

Razer,初のディスプレイ製品「Raptor」を予告。27インチIPS,2560×1440ドット,144Hz駆動,HDR対応で2019年下半期に発売予定

Razer,初のディスプレイ製品「Raptor」を予告。27インチIPS,2560×1440ドット,144Hz駆動,HDR対応で2019年下半期に発売予定

 CES 2019の開幕直前となる北米時間2019年1月6日,Razerは,同社初のディスプレイ製品となる27型モデル「Razer Raptor」を発表した。2560×1440ドット,144Hz駆動,DisplayHDR 400対応,そしてRazerらしいルックスと機能付きでメーカー想定売価は699.99ドル(税別)だ。2019年下半期の市場投入予定となっている。

[2019/01/07 18:00]

NVIDIA,「G-SYNC Compatible Monitors」プログラムを開始。Adaptive-Sync対応ディスプレイ12製品でG-SYNCの利用を可能に

NVIDIA,「G-SYNC Compatible Monitors」プログラムを開始。Adaptive-Sync対応ディスプレイ12製品でG-SYNCの利用を可能に

 日本時間2019年1月7日,NVIDIAは「G-SYNC Compatible Monitors」プログラムの開始を発表した。これは,Adaptive-Sync対応ディスプレイをNVIDIAが独自に検証し,G-SYNCと互換性のあるディスプレイとして認定するというものだ。1月15日リリースのドライバを導入すると認定ディスプレイでG-SYNCを利用できるようになるという。

[2019/01/07 14:41]

「ROG Swift PG27UQ」レビュー。4K 144HzのG-SYNC HDRディスプレイという「いま買える未来」の価値を探る

「ROG Swift PG27UQ」レビュー。4K 144HzのG-SYNC HDRディスプレイという「いま買える未来」の価値を探る

 4Kかつ垂直リフレッシュレート144Hz,G-SYNC,そしてDisplayHDR 1000に全対応という,強烈なスペックのASUS製ディスプレイ「ROG Swift PG27UQ」。まさにいま買える未来のディスプレイといった印象だが,その実力はどこまでゲーマーの期待に応えてくれるものなのだろうか。じっくりテストしたので,結果をお伝えしたい。

[2018/12/29 00:35]

2018年末時点のDaydreamの現状をまとめ直してみる

2018年末時点のDaydreamの現状をまとめ直してみる

[GamesIndustry.biz]日本でDaydream Viewが普通に入手できるようになって1年が経過しているのだが,これまであまり取り扱っていなかったことと,個人的に入手したという事情で,現時点での状況をまとめてみた。Daydreamは使えるようになったのだろうか。

[2018/12/27 00:00]

BenQ ZOWIE,格闘ゲーム向け24型液晶ディスプレイ「RL2460S」を国内発売。2台を同時に1台のゲーム機と接続可能

BenQ ZOWIE,格闘ゲーム向け24型液晶ディスプレイ「RL2460S」を国内発売。2台を同時に1台のゲーム機と接続可能

 2018年12月21日,BenQは,BenQ ZOWIEブランドの格闘ゲーム向け液晶ディスプレイ「RL2460S」を26日に税込2万7000円前後で国内発売すると発表した。RL2460Sは,RL2460シリーズの特徴を継承しつつ,色の鮮やかさを調整する機能や横回転に対応するスタンドの装備がポイントとなっている。

[2018/12/21 13:26]

垂直144Hz対応ディスプレイほかゲーマー向け製品多数がお買い得価格に。Amazonで冬の特売企画が実施中

垂直144Hz対応ディスプレイほかゲーマー向け製品多数がお買い得価格に。Amazonで冬の特売企画が実施中

 Amazon.co.jpで,幅広いゲーマー向け製品を対象とした「ゲーミングデバイスウインターセール」が実施中だ。ゲーマー向けディスプレイやマウス,キーボード,ヘッドセットといったデバイスから,PCパーツ,そしてデスクトップPCやノートPCまでと,豊富なラインナップが魅力のセールとなっている。

[2018/12/20 13:41]

MSI,「Assassin’s Creed Odyssey」製品版プレゼントキャンペーンを前倒し終了。応募者多数のため

[2018/12/18 13:55]

ディスプレイもキーボードもケーブルアンカーもライトブルーとピンクに! 女性ゲーマー向け製品シリーズ「DIVINA」にZOWIEはどこまでも本気

ディスプレイもキーボードもケーブルアンカーもライトブルーとピンクに! 女性ゲーマー向け製品シリーズ「DIVINA」にZOWIEはどこまでも本気

 女性限定のPUBGトーナメントを開催したZOWIEは,女性eスポーツプレイヤー向けデバイスシリーズ「DIVINA」の拡充に本気だ。液晶ディスプレイとキーボード,そしてケーブルアンカーを順次市場投入するとのことで,2019年はライトブルーとピンクのポップなデバイスが市場を賑わすことになりそうである。

[2018/12/15 00:00]

BenQ ZOWIE,「eスポーツ仕様の机」まさかの(?)第2弾を発表。大会やネットカフェ現場の声を受けてブラッシュアップ

BenQ ZOWIE,「eスポーツ仕様の机」まさかの(?)第2弾を発表。大会やネットカフェ現場の声を受けてブラッシュアップ

 ZOWIEの「ゲーマー向けの机」にまさかの(?)第2弾が登場だ。上海時間2018年12月13日,ZOWIEは,eスポーツイベントおよびネットカフェ事業者向けとなるフルPC機能付きデスク「ZONE」第2世代モデルを発表した。上海のイベントでは実際の利用例も見ることができたので,レポートしたい。

[2018/12/14 13:25]

12月15〜16日のShadowverse世界大会にG-Tuneが協賛。ゲームPCやディスプレイを提供

[2018/12/13 19:08]

VR HMD「Vive」に「Vive Tracker」が3個付属したVTuber向けセットモデルが発売に

[2018/12/13 17:45]

LG,31.5型で解像度2560×1440ドットのFreeSync対応液晶ディスプレイを発売

[2018/12/13 17:40]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ