オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

The Entente:World War I Battlefields 完全日本語版

The Entente:World War I Battlefields 完全日本語版
公式サイト http://www.mystixstudios.com/entente_net/index.htm
発売元 MYSTIX STUDIOS
開発元
発売日 2003/11/28
価格 オープンプライス
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
特集一覧

連載「ゲーマーのための読書案内」第55回:『イラク建国』

連載「ゲーマーのための読書案内」第55回:『イラク建国』

 ゲームで扱われるモチーフの深層を,書籍でちょっとだけ掘り下げてみる当連載,今回は歴史的経緯からイラク情勢の難しさを説く『イラク建国』を取り上げる。ブッシュ政権も終わりが近づき,また一波乱が予想されるイラク情勢だが,その種を蒔いたのは20世紀初頭のイギリスだったことが理解できる一冊だ。

[2008/07/30 11:53]

連載「ゲーマーのための読書案内」第49回:『毒ガス開発の父ハーバー』

連載「ゲーマーのための読書案内」第49回:『毒ガス開発の父ハーバー』

 ゲームとそのモチーフに関して,論題提起となってくれる本を紹介する当連載,今回は化学者フリッツ・ハーバーの伝記『毒ガス開発の父ハーバー 愛国心を裏切られた科学者』を取り上げる。20世紀の矛盾を一身に背負ったという意味で,アインシュタインともども注目に値する人物の話だ。

[2008/06/11 20:52]

連載「ゲーマーのための読書案内」第43回:『機関銃の社会史』

連載「ゲーマーのための読書案内」第43回:『機関銃の社会史』

 ゲームがモチーフとする現実は,ゲームよりも頭の悪い,複雑怪奇な曲線を描いて発展していたりする。それを,書籍を通じて実感してみる本連載,今回はジョン・エリスの出世作『機関銃の社会史』を取り上げよう。機関銃の意義に無理解だったのは,誰あろう軍人達なのだ。

[2008/04/30 12:00]
AD(最終更新日:2012/05/28)
THE EntEntE World War 1 Battlefields 完全日本語版
Software
発売日:2003-11-28
価格:
amazonで買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月24日〜01月25日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月