オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2004/05/16 09:42

ニュース

 [E3 2004#093]シム人たちの人生をこっそりコントロール。「The Sims2」 - 2004/05/16 09:42

 「The Sims」(邦題:シムピープル)は,ワールドワイドでのPCゲーム史上最大のヒットを飛ばしたタイトル。内容を一言で説明するのは難しいのだが,プレイヤーは,PC上の仮想空間に暮らすシム人と呼ばれるキャラクターたちを直接操ったり,あるいはアイテムを使って間接的に働きかけたりすることで,彼らによりよい暮らしをさせることが,まあ,だいたいの目的。勝利条件もないし,銃の乱射もしなければ,モンスターも出てこない。プレイヤーは神の視点で,彼らシム人が愛し合ったり喧嘩したり,パーティーを開いたりするのを見て楽しむのだ。ハマっちゃう人はとことんハマっちゃうようで,日々,彼らの衣装を変えたり,家具を新調したりして遊んでいる人が,少なくとも世界中に数百万人は存在している。何種類も発売されている拡張パックも,その人気の高さのバロメータ。PCゲーム史上,もっとも拡張パックが多い作品ではないだろうか。

 これまで何度かお伝えしているように(「こちら」など参照),そんなシムピープルの続編が,この「The Sims2」だ。事実上のメイン会場ともいえるSouthホールのエントランスをくぐってすぐの場所に,毎年お約束で巨大なEAのブースがあるのだが,そのブースの壁面の一つを使って,これまた巨大なThe Sims2のイラストが描かれている。通路に面しているので,よほど気もそぞろでない限り,まず見落とすことはないという好位置だ。世界最大のゲーム会社EAの意気込みが感じられる場所だ。




 奥のPCで行なわれていたデモでは,「プールサイドで水着パーティーをやっていた人々のうち,一組の男女がカップルになり,それを知った男の恋人は大ショック。そのことを聞いた彼女の友達が激怒し,男の新しい恋人と殴り合いの大げんか」という一連のシークエンスや,The Sims2用のツール「ザ・シムズ2 ボディーショップ」を使ったキャラクターメイキングなどが実演されていた。その画面を見る限り,操作方法やユーザーインタフェイスに大きな違いはないようで,ライトユーザーの多い本作のターゲット層を配慮したものだろう。
 大きな違いはまずグラフィックスで,3Dで描かれたシム人や,さまざまな角度から見ることのできる室内の様子,家具の描き込みなど,前作と比べて圧倒的にリアルになっている。必要以上に小さい水着を着たギャルたちなど,数名が思わず前の人を押し退けてモニターに接近してしまい,説明係のスタッフにたしなめられるほど。
 また,前作では歳をとらなかったシム人たちだが,今度の彼らは,赤ん坊として生まれ,成長し,成人して結婚し,子供を生んで育て,年老いて死ぬ,というまるで我々と同じ経過をたどることになった。そのため,プロポーズや出産,入進学や就職など,前作以上にさまざまなイベントを発生させることができ,飽きることがなさそうだ。さらにデモムービーでは,両親のDNAが子供に引き継がれ,性格が似てくるところや,子供の頃,ぬいぐるみを解体して遊んでいた女の子が医学校に進学したりといった,本作の特徴がアピールされていた。
 これらのアップグレードによって,プレイヤーはさらに深くシム人たちに感情移入することができるはずだ。

 世界では大人気のシムシリーズなのだが,実のところ,日本市場では苦戦中(とはいえ世界規模で見て"苦戦中"というだけで,日本市場を考えると十分な数だが)。2004年9月発売予定のThe Sims2がこの状況を改善できるかどうか,今後の展開が気になるところだ。(松本隆一)

→「The Sims2」の記事一覧は「こちら」

C 2004 Electronic Arts Inc. Trademarks belong to their respective owners. All rights reserved.



  • 関連タイトル:

    ザ・シムズ2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日