オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2007#45]人気ストラテジー最新作から,ディアブロ系RPG,さらには「Postal 3」まで。実に盛りだくさんのAkella
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/07/18 18:11

ニュース

[E3 2007#45]人気ストラテジー最新作から,ディアブロ系RPG,さらには「Postal 3」まで。実に盛りだくさんのAkella

 大きくその姿を変えた今年のE3(E3 Summit 2007)では,“取材している”というよりも,“取材させられている”と感じることが,何度かあった。アポイントメントの時間に約束の場所に行くと,ほかのメディアと一緒に小部屋に入れられ,20〜30分程度,延々と一方的な説明が行われる(しかもすでに知られている情報か,多少誇張のある宣伝的文句を聞けるのみ)。それが終わったと思ったら「時間がないから,質疑応答はなし」なんてこともしばしばで,時間を無駄にしたんじゃないか,と思えた取材も,一つや二つではない。
 もっとも,当然そういうものばかりではないのは,すでに掲載した数々のE3取材記事を見てのとおりだ。また[E3 2007#35]でも書いているように,とくにBarker Hangarでの取材は,(規模こそ最初はあきれてしまったほど小さいが)昨年までのE3におけるKentiaホールでのそれに近いものがあり,なかなか楽しめた。
 ロシアのゲームパブリッシャ/デベロッパであるAkellaも,欧米の大手パブリッシャと並んでBarker Hangarに試遊コーナーを構えており,しかもなかなか“掘り出し物”の多いラインナップで,これぞE3の取材だよなぁとしみじみ思った次第。ここでは,そのうち4タイトルをまとめて紹介しよう。


人気ファンタジーストラテジーの最新作は3Dに
Disciples III
発売時期:2007年第4四半期

 Disciplesシリーズは,ヨーロッパを中心に高い評価を得ている,ターン制のファンタジーストラテジー。日本ではHeroes of Might and Magicシリーズほど有名ではないが,1作目は日本語マニュアル付き英語版が発売されている。ファンタジーRTSでは「Warcraft III」以降よく見られるようになった,成長するユニット(Leader)を軸とするRPG的なシステムを搭載していることも,本シリーズの特徴といえるだろう。
 さてIIIでは,従来作の暗く,不気味な雰囲気を継承しつつ,グラフィックスは3Dとなっている。説明してくれたAkellaのInternational Projects ManagerのAlex Gudknov氏曰く,今回展示していた中でも一押しタイトル。Heroes of Might and Magicシリーズが好きな人なら,要注目だ。



ユニットを直接操作できるSF RTS,いよいよ完成間近か
Heavy Duty
発売時期:2007年第3四半期

 なんだか大きなゲームショウのたびに紹介している気がする「Heavy Duty」も,いよいよリリースが近いのか,Barker Hangarではプレイアブルで展示されていた(これまでもプレイアブルバージョンは存在していたが,クローズドな商談スペースでのみ触れるようになっていた)。
 Heavy Dutyは,どことなく日本のアニメの影響も見られるデザインのメカが戦う,SF RTS。特定のユニットを選択し,アクションゲームの要領で任意に操作することもできるのが特徴だ。E3 2006での記事,およびGC 2006での記事に付け足すことはほとんどないが,独自エンジンで作られているグラフィックスは,確実に進化しているようだった。



あのポスタルの最新作は,Akellaが開発!?
Postal 3
発売時期:2008年第2四半期

 “あの”ポスタルの最新作「Postal 3」が,なぜだかAkellaで展示されていた。話を聞いてみると,Running With Scissorsと共同で,Akellaも開発に携わっているという。
 主人公は,お馴染みThe Postal Dude(ポスタルデュード)。ゲームシステムも「Postal 2」(邦題 ポスタル2)を踏襲していて,独特のユーモアに溢れつつも,基本的にはFPSのそれ。ただし今作では,Xbox 360版が同時開発されているためか,三人称視点への切り替えも可能となっている。Sourceエンジンで制作されており,グラフィックスは前作から大きく進化することになりそうである。
 マルチプレイに対応しており,Gudknov氏によると,PC版,Xbox 360版ともに,マルチプレイ用のマップや各種アイテムといった,ダウンロードコンテンツを用意する計画があるとのこと。
 なお今作にも,Gary Colemanさんや,“プレイメイト”のJennifer Walcottさんなどが出演(?)しているという。そちらのファンも,お楽しみに。



ポーランド発のDiablo系RPG
Numen
発売時期:2007年第4四半期

 見た目が「Titan Quest」(邦題 タイタン クエスト)に似ているが,内容も非常によく似た,いわゆるDiablo系アクションRPG。舞台となるのは古代ギリシャ(ここまでTitan Questと同じである)で,プレイヤーはキャラクターのクラスをMagician,Warrior,Hunterから選べるほか,さらに9人のギリシャ神話の神々の中から一人(一神)を選び,加護を得られる。
 マルチプレイに対応しており,アリーナモードも用意されるとのこと。Titan Questによく似たDiablo系ゲームということで,マップが自動生成されるのか聞いてみたが,「確か自動生成はないはず」(Gudknov氏)というお返事。断言は避けていたが,確かに画面を見る限りマップは作り込まれているし,またストーリーにも力が入れられているというので,固定マップの可能性が高そうだ。



AkellaのInternational Projects Manager,Alex Gudknov氏
 なおAkellaブースで最も目を引いたのは,「Showdown: Scorpion」というFPS。こちらについては別途記事を用意しているので,お楽しみに。

 Akellaは,欧米産タイトルのロシア語へのローカライズや,「EverQuest II」などのオンラインゲームのロシアでの運営で知られている会社。とはいえ,今では300名のスタッフを抱える大会社へと成長しており,今後は海外への展開も,これまで以上に積極的に行われるようになりそうだ。
 現在,四つの内部スタジオと,40の外部スタジオ(契約している独立系の開発スタジオ)を擁しており,実に60ものプロジェクトが同時進行しているという。またオリジナルのタイトルを扱うだけでなく,最近ではDisciples,Jagged Alliance,Postalなど,既存の人気タイトルの権利を獲得するなど幅広く展開しており,その“動き方”からも目が離せない。PCゲームに限れば,ロシアにおいてナンバーワンのパブリッシャであるAkellaの名前を,今後はもっと聞くようになるかもしれない。(Iwahama)

  • 関連タイトル:

    ディサイプルズIII【完全日本語版】

  • 関連タイトル:

    Heavy Duty

  • 関連タイトル:

    ポスタル3 【日本語マニュアル付英語版】

  • 関連タイトル:

    Postal 3(Macintosh)

  • 関連タイトル:

    Numen: Contest of Heroes

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2012/06/02)
Disciples III: Renaissance (PC) (輸入版)
Video Games
発売日:
価格:1478円(Amazon) / 1980円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月