オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
どうなるE3? 岐路にさしかかる巨大ゲームショウ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/05/26 15:21

イベント

どうなるE3? 岐路にさしかかる巨大ゲームショウ

画像(001)どうなるE3? 岐路にさしかかる巨大ゲームショウ
 2008年7月の開催が予定されている「E3 Media & Business Summit 2008」だが,離脱するメーカーが相次いでいる。5月1日には業界大手のActivisionが不参加を表明し,併せてE3を主催するESA(Entertainment Software Association)の会員資格を更新せず,ESAからの脱会を決めた。さらに,Lucas ArtsもESAからの脱会を表明。今年のE3に出展はするものの,彼らも参加資格の更新はしない予定だ。つい最近ではid Softwareがそれに続いており,さらに,NCsoft,Foundation 9などは不参加を表明している。つまり,今年のE3は「Call of Duty 5」や「StarCraft II」,そして「Rage」も登場しない,いささか寂しいショウになりそうなのだ。
 E3への不参加,ESAからの脱会を決めたActivisionに対し,業界最大手のElectronic Artsは「大手メーカーとしてゲーム業界に対するリーダシップが欠如している」とコメントしているが,こうした動きは昨年のE3 Media & Business Summit 2007の段階からある程度予想されていた。
 1995年にCES(Consumer Electronics Show)から独立する形でスタートした小規模なゲームショウは,年々その規模を拡大。2006年には400社以上が参加し,2000タイトル以上が展示される名実ともに世界最大のゲームショウとして認知されるようになった。だがその背後で,大規模ブースの設営や,早すぎるデモ版の作成(12月のショッピングシーズンに販売する予定のタイトルのデモを,5月に作らなければならない)など,参加各社の負担が増えていく半面,トレードショウとしての意味合いが薄れたお祭り化の傾向が強くなり,改善を求める声も大きくなっていったのだ。ESAがメーカーのそんな要望に対応したのが,規模を大幅に縮小した昨年(2007年)のE3 Media & Business Summit 2007だったのだが,最終的にメディアだけでなく,参加各社からも運営の不手際に対する不満が相次ぎ,ショウの意義そのものが問われる結果に終わっている(関連記事は「こちら」「こちら」)。

ロサンゼルスのコンベンションセンター。2006年のE3で撮影
画像(002)どうなるE3? 岐路にさしかかる巨大ゲームショウ
 2008年のE3は,会場をロサンゼルスのコンベンションセンターに戻すと発表されたが,内容としては,「個別のフロアでのメーカーとメディア,および流通関係者とのミーティング」とされているだけであり,詳細はいまだによく分からない。
 この流れはE3に限ったことではなく,例えば,毎年8月にドイツのライプツィヒで開催されるGames Conventionに任天堂が不参加を表明していることなど,巨大ゲームショウのありかたそのものが岐路にさしかかりつつあるようだ。

 こうした背景には,自前のイベントを開催したほうが良いという各メーカーの判断もあるだろう。Ubisoft Entertainmentは,ヨーロッパ時間の5月28日からパリで大規模な新作発表会「Ubi Days」を行うし,ActivisionがE3に相前後して何らかのイベントを開催するという情報もある。id Softwareにはダラスでの「QuakeCon」が,またBlizzardにはアナハイムでの「BlizzCon」があり,新作発表などはそれらのイベントで行われることが多い。数多くのジャーナリストやファンが集まるため情報発信の場としては格好であり,「ショウに参加したメーカーの一つ」として見られるより宣伝効率が高いのは間違いない。

 この傾向が加速すると困るのが中小のメーカーだ。昨年のE3を取材して強く感じたのが,「意外な作品」や「ノーマークだったが面白いゲーム」などに出会う確率が激減したことである。宣伝費を含め,莫大な予算と人員を投入して開発が行われる昨今のゲーム業界において,予想外の作品などに出会うことはめったにないといわれるが,それはあくまで大手メーカーのコンシューマ機向けタイトルなどに限った話だろう。現在もロシアや東欧を中心に,小規模なメーカーがもっぱらPC向けにタイトルを制作しており(それらが玉石混淆なのは間違いないのだが),自前のイベントが開催できない中小のメーカーの発表の場がなくなるのは,ゲーム業界としてよいことではないだろう。

 いずれにしろ,ここへきてESAの求心力が低下していることは確かで,E3の今後の行方も気になるところ。今年のE3 Media & Business Summit 2008が試金石となるのはほぼ間違いないだろう。
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日