オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
アトランティカ公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:76
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】エンカウント式&ターン制バトル,でも中身はとことんMMORPGな「アトランティカ」に,オーストラリア大陸が登場。4Gamer限定プレゼント&4泊6日豪州旅行が当たるチャンスも!
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/03/16 12:00

広告企画

【PR】エンカウント式&ターン制バトル,でも中身はとことんMMORPGな「アトランティカ」に,オーストラリア大陸が登場。4Gamer限定プレゼント&4泊6日豪州旅行が当たるチャンスも!


基本プレイ料金無料(アイテム課金制)でサービス中のMMORPG「アトランティカ」。開発元は“政治と経済”をテーマとする「君主 online」を手がけた韓国NDOORSだ
アトランティカ
 MMORPGというジャンルは,ボリューム満点の壮大な世界を探索したり,ほかのプレイヤーと賑やかにコミュニケーションをとりながらプレイしたりできるのが楽しい――この点に異論はないが,「MMORPGはとにかく戦闘ありき!」と言い切っても,それはそれで賛同してもらえるのではないだろうか。
 スキルや装備を手に入れるためにモンスターと戦い,プレイヤー同士で切磋琢磨し,ダンジョンの奥へ奧へと突き進み,ついつい遊び続けているうちに,気が付いたら朝だった,というか寝ちゃってた,しかもキャラ死んでるし,みたいな。

 2008年11月よりネクソンがサービスを提供している「アトランティカ」は,まごうことなきMMORPGなのだが,同作の戦闘システムは一般的なMMORPGのそれではない。
 モンスターやプレイヤーとのバトルはすべてターン制,しかもフィールドをうろつくモンスターとの遭遇はエンカウント式(※)を採用している。ターン制の戦闘も「いやあシミュレーションゲームから拝借しました(笑)」といった単調なものではなく,MMORPGらしい味付けがキチンと施されているのだ。

※エンカウント:フィールド上のモンスターと遭遇(本作ではクリック)すると,戦闘専用の画面に切り替わる形式

アトランティカ
「2008韓国ゲーム大賞」では最優秀賞も受賞しているアトランティカ(関連記事
アトランティカ
開発は韓国だが,日本先行で実装されるコンテンツもある。これは2012年8月に実装された新ダンジョン「封印された火龍の神殿」
さまざまなタイプの乗り物が登場するのも,アトランティカの魅力だ
アトランティカ アトランティカ

「アトランティカ」公式サイト


アトランティカ

 本稿では,サービス開始から4年が経過しているにも関わらず,今なおアップデートで次々と世界が拡張されているアトランティカの魅力を紹介していきたい。
 これから始めるという人はもちろん,プレイ経験はあるがしばらく休止していたという人のために,サービス開始からこれまでの主な出来事もまとめておいたのでぜひ参考にしてほしい。
 末尾には3月13日に実装された,9つめのエリア「オーストラリア大陸」の情報(関連記事)と,これに関連した「4泊6日オーストラリア旅行」が当たってしまうという驚くべきニュース,さらに新規登録者限定で「ネオクラシックヘア」「ネオクラシックドレス」「白虎」のセットがもれなくもらえる4Gamer読者限定のアイテムプレゼント情報もあるので,本作のことをもはや知り尽くしているという人は,いきなりそこから読んでもらっても(さみしいけど)いい……だろう。

アトランティカ アトランティカ

「アトランティカ」新規会員登録ページ



現実の世界地図が,ほぼそのままマップに

剣と魔法,銃,チェーンソー,ギターが共存


 本作におけるプレイヤーの目的は,古代文明「アトランティス」の謎を解き明かすことだ。
 アトランティスとは,“かつて大西洋の中央に存在していた”という大陸と,そこで繁栄していた王国のことを指す。古代ギリシャの哲学者・プラトンが自身の著書に記したことに端を発し,その存在については現在も議論されている,伝説の文明である。
 「本当にあったのかどうか」はムーさんあたりにお任せるとして,アトランティスという呼び名は間違いなく現実世界のものであり,本作にはこれがゲームにそのまま登場する。つまり本作は,現実世界とリンクした世界設定を持つ作品なのだ。

 この世界では,かつてアトランティスと呼ばれる文明が栄え,彼らは「オリハルコン」という鉱石の力で世界を支配しようと目論んでいた。しかし,そのオリハルコンの暴走によって,アトランティスは一瞬にして崩壊してしまう。
 文明は崩壊したものの,世界には用途不明の遺跡や凶暴化したモンスター達など,アトランティスの遺産が遺された。現在の世界に生きる人間達は,オリハルコンの未知の力を探り,脅威となるモンスター達を倒しながら,アトランティス文明の謎に挑むのだ――。


アトランティカ
“ほぼそのまま”な世界地図となっているアトランティカのマップ。後述するが,ここに近々新たな大陸が加わる予定だ
 面白いのは本作が,冒険の舞台となるマップとして大胆に世界地図を採用している点だろう。それでいて,“もしアトランティスの負の遺産が実在していたら”というifの世界を描いた作品には,なかなかお目にかかれない。

 しかも,東南アジアならアンコールワット,タージマハル,モヘンジョダロ,そしてヨーロッパ南部ならブラン城,コンスタンティノープル激戦地,といった具合に,各地の遺跡やランドマークなどが,都市やダンジョンとしてそのままの名前で登場する。
 現実の名所がどのような味付けで登場するのか,毎度わくわくしながら訪問できるのだ。

アンコールワット(左)やモヘンジョダロ(右)のように,実在する史跡も登場する
アトランティカ アトランティカ

 そんな世界でプレイヤーは,「ヒーロー」と呼ばれる主人公として冒険することになる。選べるヒーローキャラクターは11種類。種類は主として扱う武器によって分かれており,武器は剣や弓,魔法といったファンタジーRPG定番のものから,大砲やチェーンソー,果てはギター(!)まで,本当にさまざまなものが用意されている。
 最初からすべてのタイプを選べるわけではないが,スチームパンクライクに魔法や機械が共存しているというあたりも,本作の特徴といえるだろう。

■11種類のヒーローキャラクター

【近距離型】

アトランティカ
アトランティカ
アトランティカ

アトランティカ
チェーンソー
アトランティカ
アトランティス双剣


【遠距離型】

アトランティカ
アトランティカ

アトランティカ
大砲
アトランティカ
ギター


【魔法型】

アトランティカ
アトランティカ
アトランティス杖

アトランティカ
ヒーローキャラクターは,性別/顔/髪型/髪色をそれぞれ変更可能

アトランティカ
後述するが,キャラクターによって武器が異なり,武器によって本作のターン制バトルにおける強さや役割が異なる。こういったキャラクター紹介画像に“攻撃範囲”の項目があることを,まずは覚えておいてほしい


1戦1戦に駆け引きを生むターン制バトルがキモ

バラエティ豊富な傭兵達を選び,育て,使いこなそう


アトランティカ
 「ノンターゲティング」システムに代表される昨今のMMORPGの戦闘システムは,どちらかというと従来よりもアクション性を高める方向で進化している。プレイヤースキルの違いがより出やすく,しかもモンスター撃退時の爽快感が高いという方向性だ。
 一方で,瞬時の判断力と細かい操作よりも,“頭”を使った駆け引きを楽しみたい人なら,ターン制の戦闘システムがハマるはず。本作の持つ「傭兵」の概念と共に,モンスターとの遭遇方法,ターン制バトルの詳細を説明しよう。

 本作において,プレイヤーは主として,ヒーローキャラクターを操作するが,別途,傭兵というキャラクターを雇える。傭兵は一時的に冒険をサポートしてくれるNPCではなく,一般的なRPGでいうところのパーティメンバーに相当する。つまりキチンと育て,装備を整え,場合によっては“パーティ組”と“待機組”を入れ替えたりして使用する,文字通り“仲間”のキャラクターなのだ。
 傭兵の種類は,ヒーローキャラクターよりも圧倒的に多い41種類が存在している。しかも,例えば剣士なら「見習い剣士」→「剣士」→「剣勇士」→「階伯」という具合に,「昇級」によってより強くなり,ビジュアルも変化していく。
 ヒーローキャラクターのレベルが上がるたびに雇える傭兵の数が増え,最大(レベル50以降)ではなんと8人の傭兵を引き連れることができるようになる。傭兵達をどう組み合わせ,どう育て,どう戦うかを考えるのが本作の面白さのコアになると言っても過言ではないだろう。

レベル1の段階でも1人,レベル20なら5人の傭兵を雇用できる
アトランティカ アトランティカ

傭兵の種類はバラエティに富む。ちなみに左は,日本でアトランティカのサービスが開始されてから最初のアップデートで追加された「パイレーツ」。右は和をモチーフにした「卑弥呼」(!)だ
アトランティカ アトランティカ

アトランティカ
ヒーローキャラクターと同じように装備を整え,経験値を溜めて能力を高めていく。そのほか,レベルが上がるとプレイヤーから「独立」させ,手紙を通じた交流ができるようになるなど,かなり複雑なシステムを持つ
アトランティカ
ヒーローキャラクターと傭兵で組めるパーティの上限は9人だが,使わない傭兵は「傭兵待機室」に預けることができる。「ドラゴンクエスト」シリーズに出てくる「馬車」でキャラクターを入れ替えるイメージである

 このような傭兵達と,パーティを組んで戦う本作のターン制バトル。フィールド上のモンスターをクリックすれば,戦闘専用の画面に移動して,そこでバトルが進行する。……と,その前に考えておかなければいけないのが「陣形」だ。
 戦闘は,プレイヤー側と敵側がそれぞれ3×3のマスにキャラクターを配置して戦う。キャラクターは,その武器によって攻撃範囲が異なるほか,防御力もまちまち。そのため,例えば「縦の2マスを攻撃できる近接攻撃型の槍士は前列で」「仲間の回復に徹する防御力が低くてかわいいオレの巫女ちゃんはもちろん後列」「弓士は遠距離型で相手のどのマスにも攻撃できるけど防御力が比較的強めだから中列かな? というか弓士やめて銃士にしよ」といった具合に,じっくり戦略を練っておく必要がある。
 さらに言えば,「戦略を固めてから傭兵を選ぶ」ことが本作においては重要なのだ。

アトランティカ
敵モンスターがフィールドをうろついている。このあたりは一般的なMMORPGと同じ

アトランティカ
クリックするといきなりこちらから敵にアプローチできるのではなく,戦闘の専用画面に切り替わる。俗にいうエンカウント式だ

アトランティカ
こちらのターン,相手のターン,という具合に交互に行動する本作の戦闘。スキルや魔法の使用エフェクトはかなり派手だ

アトランティカ
カメラの移動はフィールドと同じように自由自在。一番操作しやすく,かつ自分がカスタマイズしたキャラクターを愛でられる視点でプレイしたい

アトランティカ
3×3マスにどう配置するかが頭の悩ませどころ。配置を考えて傭兵を雇用しないと,傭兵も100%の力を発揮できないはずだ

アトランティカ
陣形の組み立てはかなり重要

 さて,ターン制のバトルを採用しているからといって,じっくり腰を据えてプレイできるかというと,実はそうではない。戦闘ではプレイヤーのターンに時間制限があり,時間内にきちんとやるべきことをキャラクターに伝えないと,キャラクター達は身動き一つしないまま敵の攻撃を受け続けることになる。
 しかも前述のとおり,プレイヤーを含めてパーティは9人にまで膨れあがるので,これがなかなかに忙しい。個人的な感覚だと,ショートカットを駆使すれば時間は余裕,マウスクリックでえっちらおっちらプレイするとちょっとドキドキ,といったところである。
 このように,「決められた時間内でショートカットを駆使して迅速に操作を行う」という点は,実は一般的なMMORPGと変わらない。しかし「迅速な操作をすればちょっぴり余裕がある」というバランスがまさに絶妙なのだ。その“ちょっぴりの余裕”で,どのように頭を使うかによって,戦闘がうまく運ぶかどうかが決まってくる。傭兵選びと陣形という戦略面,時間制限のあるターン制という戦術面の両方をほどよく楽しめるというわけだ。

アトランティカ
戦闘中に陣形を変えることもできる。これは敵も同様で,体力の減ったモンスターが後衛へ下がって攻撃の危険度を減らす,なんてことも

 なお,上記のようなターン制バトルを中心にした戦闘システム周りの特徴以外にも,本作には「冒険をよりスムーズにするための要素」がたくさん盛り込まれている。以下で,その代表的なものを紹介しておこう。

【自動移動システム】

アトランティカ
クエスト対象となるNPCの場所や,行ったことのある土地などへ移動するのはかなり楽。各種メニュー画面にある当該名詞をダブルクリックすることで,キャラクターが自動で移動してくれる。レベル10にならないと使えない機能だが,はっきり言ってレベル10には,ゲームスタート後のかなり早い段階で到達できる


【村の施設メニュー】

アトランティカ
MMORPGでは,都市の中にある各種施設の間を移動するのにかなりの時間を要するのが常だ。しかし本作は,ダンジョンRPGで見かける「都市の施設メニュー」のようなものが用意されており,市場などの機能を移動することなく利用できる


【辞書機能】

アトランティカ アトランティカ
本作の辞書機能は圧巻だ。傭兵の職業はもちろん,アクセサリやアバターアイテムから,乗り物,ダンジョンまでの膨大な情報を収録。プレイヤーが持っていないアイテム,行ったことのない土地などの情報にアクセスできるのもポイントだ
アトランティカ アトランティカ


サービス開始からこれまでの出来事をざっとおさらい

現在はPvPコンテンツが主流に


 本記事を読んでいる人の中には,「アトランティカのプレイ経験はあるが現在は休止中」という人もいるだろう。ここでは,サービス開始からこれまでに本作で起こった主な出来事やアップデートを,ダイジェストでまとめておこう。

※本作ではこれまで高い頻度で新傭兵やダンジョンなどのコンテンツアップデートが行われてきた。傭兵や大陸の追加などは“主な出来事”として無視できない重大な要素なのだが,さすがに数がハンパじゃないのでここでは割愛

2009年7月28日 「タイタンサーバー」実装

「タイタンサーバー」は,全サーバーのプレイヤーキャラクターとコミュニケーションをとったり対戦したりできる特別なサーバーだ。このサーバーには,大帆船タイタン号に乗って移動する
アトランティカ アトランティカ


2009年12月14日 「傭兵団」システム実装

従来はプレイヤー3人のパーティが最大だったが,傭兵団システムによってプレイヤー数十人での大規模パーティが組めるようになった
アトランティカ アトランティカ


2010年2月23日 「コロシアム武闘戦」実装

アトランティカ アトランティカ
PvPコンテンツ「武闘大会」において,対戦プレイヤーとの能力値が自動的に調整されるという新ルールが追加。イコールコンディションで戦えるので,対戦を楽しむのにレベル差などを気にする必要がなくなった
アトランティカ


2010年6月30日 「ハウジング」システム実装

自分のセンスで部屋を装飾したり,友人を招いておしゃべりをしたりできる“持ち家”システムが実装。装飾によってはバフが得られたりもする
アトランティカ アトランティカ


2010年7月21日 「トロイ」実装

最大100人vs.100人の大規模戦闘を実現するTBSコンテンツの第一弾として導入。「ファイナルファンタジータクティクス」のようなマスのあるTBS(※)ダンジョンを舞台に,壮大なスケールの戦闘を楽しめる
※TBS:Tactical Battle System
アトランティカ アトランティカ


2011年2月23日 「討伐隊」システム実装

傭兵待機室やマイホームにいる傭兵を利用して陣形を編成し,一般TBSへと送りこめる自動戦闘システム。討伐隊を使えば,プレイヤーがオフラインの状態でもゲームを進められるというわけだ
アトランティカ


2011年9月20日 「魔力塔争奪戦」実装

アトランティカ
タイタンサーバーに設置される巨大な「魔力塔」の利権を巡って行われる,最大100人vs.100人のTBSコンテンツ。毎週土曜日22:00から開催されている
アトランティカ アトランティカ


2012年9月8日 「ATLANTICA FESTIVAL 2012」開催

アトランティカ初のオフラインイベント。ギルドマスタートーナメントなどのファン参加型イベントが多数開催されたほか,新大陸「アトランティス」が発表された


2012年10月24日 新大陸「アトランティス」実装

ついに「アトランティス」大陸が本作に実装。これに伴い,プレイアブルキャラクターに「アトランティス人」の2人が追加されている

アトランティカ
アトランティス双剣
アトランティカ
アトランティス杖

 ちなみに本作では現在,PvPコンテンツが人気となっているようだ。
 傭兵を含めた9キャラクターでバリエーション豊富なパーティを組める本作は,元々がPvP向きのシステムといえるのかもしれない。これに加えて,イコールコンディションでレベル差を気にせず戦えるといったルールの整備,さらにリーグ戦や週間/統合チャンピオン戦といった定期大会の実施など,戦うためのインフラが充実しているのも大きい。
 戦略的に傭兵を編成してキチンと操作してやれば,ある程度はレベル差があっても“食える”バランスになっている本作のPvPは,初心者にもぜひ試してほしいコンテンツの一つだ。

アトランティカ アトランティカ


3月13日,9つめのエリア「オーストラリア大陸」実装!

「本当に行けるぞ、オーストラリア!」企画も


アトランティカ
 冒頭にも書いたとおり,本作では3月13日に9個めのエリア「オーストラリア大陸」が実装された。このアップデートでは,新たな村として「シドニー」と「パース」が登場。オーストラリア大陸への移動は,ヨーロッパ北部の「エディンバラ」付近から,大陸間移動ゲートを利用して行うことになる。
 追加されたダンジョンや各種アップデートは,以下のとおりだ。

・「ブルーマウンテン」(レベル制限:125)

ニューサウスウェールズにあるダンジョン。NPC「フォレスティア」の「ブルーマウンテンの守護者」や,毎日初期化される「最高の宝石の材料」などのクエストを楽しめる
アトランティカ


・「吹き荒れる渦」(レベル制限:142)

クイーンズランドのダンジョン。「吹き荒れる渦」「海の浄化」「新海の秘密」といったクエストが用意されている
アトランティカ

・「バングルバングル山脈」(レベル制限:156)

西オーストラリアに位置するダンジョン。NPC「考古学者ジョーンズ」から「忘れられた世界」クエストを,さらにジョーンズの先輩にあたるNPC「考古学者ヘンリー」から「忘れられた世界2」クエストを受けられる
アトランティカ

 今回のアップデートに伴って開催されるキャンペーンは,なんと応募することにより抽選でオーストラリア4泊6日旅行・ペア3組6名などが当たるという驚くべき内容である。“「コアラと一緒に朝ごはん」付き ケアンズ&シドニー6日間”という,旅行代理店のフライヤーで見かけそうな,いい意味で“普通”の豪華プレゼントである(“オーストラリアであること”以外はまったく関係がない気がしないでもないが……)。しかもこの旅行プレゼントはあくまでも1等であり,2等にはAmazonギフト1万円分(30名),3等にはNEXONポイント1000ポイント分(150名)と,いずれも使いでのある賞品が用意されているのだ。

・概要
「本当に行けるぞ、オーストラリア!」ということで、「オーストラリア大陸」実装に合わせ、オーストラリア旅行を目玉にした豪華プレゼントキャンペーンを開催します。
行き先には、シドニーも含まれており、ゲームに実装される「オペラハウス」や「ブルーマウンテン」などに実際に行くこともできます。
もちろん、レベル制限などで「オーストラリア大陸」のコンテンツをプレイできないプレイヤーでも応募可能です。

・日程
3/13〜4/17

・キャンペーンページURL
http://atlantica.nexon.co.jp/campaign/130313_australiacampaign.asp

・内容
特設ページから応募したユーザーのなかから、抽選で下記賞品をプレゼント。
なお、応募はLv10以上のキャラを所有していることが条件。

・賞品

1等:オーストラリア4泊6日旅行・ペア3組6名
旅行プラン:「コアラと一緒に朝ごはん」付き ケアンズ&シドニー6日間
<スーペリアプラン>(ケアンズはデラックスプラン)
※出発日基準で2013年6月13日〜9月30日(8月7日〜8月9日は除く)

2等:Amazonギフト券10,000円×30名

3等:NEXONポインント1,000ポイント×150名

 この企画で覚えておいてほしい重要な点は,“レベル制限などで「オーストラリア大陸」のコンテンツをプレイできないプレイヤーでも応募可能”だということ。応募条件は“レベル10以上のキャラを所有していること”と,賞品のグレードを考えればかなり緩い。

 今から本作を始めるという人でも,4月17日の応募期限までには余裕を持ってレベル10のキャラクターを育てられるはず(というかレベル10なら1日でいけると思う)。初心者も高レベルプレイヤーも関係なく抽選が行われるので,気軽にチャレンジしてみよう。
 ちなみに,本記事から新規登録をすると,

・ネオクラシックヘア(30日/取引不可)1個 
・ネオクラシックドレス(30日/取引不可)1個
・白虎(30日/取引不可)1個

をセットにした,「4Gamer限定アイテムセット」がプレゼントされるキャンペーンも,4月10日(水)23:59まで行われるので,この機会を活用してほしい。

上段はアトランティス末裔ヒーローの男女が,下段はアトランティス人男女がプレゼントアイテムを装備しているイメージ
アトランティカ アトランティカ
アトランティカ アトランティカ

 少し遊んでみれば,本作が長く付き合えるMMORPGだということも分かってもらえると思うので,ぜひあつらえた傭兵達をぞろぞろと引き連れて,世界のダンジョンやPvPに挑戦してみてほしい。

「オーストラリア大陸実装記念 豪華プレゼントキャンペーン」
特設サイト

「アトランティカ」新規会員登録ページ

「アトランティカ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    アトランティカ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月14日〜11月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月