オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
二ノ国II レヴァナントキングダム公式サイトへ
  • レベルファイブ
  • 発売日:2018/03/24
  • 価格:通常版:8000円(税抜)
    初回限定版「COMPLETE EDITION」:1万円(税抜)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第474回「2018年ベストゲイムは『二ノ国II』」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/03/29 11:00

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第474回「2018年ベストゲイムは『二ノ国II』」


著者近影
 負けたねー。この間の日曜日,私が所属するDDTプロレスの両国国技館大会がありまして,そこでグレート・ムタと対戦し,見事に負けました! 私が負けた模様はAbemaTV内のAbemaビデオで見ることができますので,ぜひ。
 ただね。ちっとも気にしてないからね。すげえ勝ちたかった試合で全身全霊をかけて挑んだにも関わらず負けてしまったんだけども,全然気にしてない。ホラ,こういうのって切り替えが大事じゃん。負けをそんなに引きずっても何もいいことはないというか。だから,切り替える! もうね,すげえ前に起こった試合のように扱う! だから記憶にない! よって,負けてない! この日曜日は寝て過ごしてた! 悪い夢を見た! そういうことだ!

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第474回「2018年ベストゲイムは『二ノ国II』」
 さて。今週紹介するのはね。「二ノ国II レヴァナントキングダム」PC / PlayStation 4)。これがね。信じられないくらい面白いのよね。ジャンルとしては戦闘がアクションのRPGかな。これが本格派っていうんでしょうね。素直にRPGとして面白い。それでいて,シミュレーション要素も入っていたりするのよ。
 先に言っておくと,私の中で今のところの2018年ベストゲイム。叩きのめされた。……グレート・ムタ戦のように……いやいや! 私は負けてないんだけどね。それにしても,恐れ入ったわ二ノ国II。
 ストーリーとしては,クーデターで王の座から追われた少年が,もう一度国を作って立ち上がっていくって話。やはり,一度は失うけれどもそこから立ち上がるっていうのは,ベタではあるけど一番共感できるシチュエーションなんでしょうね。まあ,私も天下分け目の試合に負けて失ったわけだけども……いやいや,負けたことなんてないんだけども。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第474回「2018年ベストゲイムは『二ノ国II』」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第474回「2018年ベストゲイムは『二ノ国II』」
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第474回「2018年ベストゲイムは『二ノ国II』」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第474回「2018年ベストゲイムは『二ノ国II』」

 何が凄いって,ゲイムを始めるとすぐに山場がやってくるのよ。これだけストーリー性が強い大作ゲイムだと,ゲイムを始めるとオープニングイベントやらオープニングムービーやらが続いて,数十分経たないと自分では動かせない的なイメージあるでしょ? そんなことがないのよね。むしろ,逆。
 私としては,オープニングで本当に衝撃を受けたわ。足し算引き算で言うと,思いっきり引いているのよ。普通だったら,世界観を伝えるためにオープニングで詳しく丁寧に説明しようとするでしょ? だから多くのゲイムではオープニングが長くなりがちだと思うんだけど。この作品はそれがない。必要最低限の情報しかない。
 いや,本当は描きたいと思うのよ。例えば,一国の大統領がミサイル攻撃を食らった背景だったり,その無念さだったり。でも,思い切ってそれを引いた。そして,クーデターを起こされた幼き王の“光”と,ある日突然訪れた“影”を,本来なら描きたいはずだろうにあえて描かなかった。本当に必要最低限の情報だけ。
 でも,こんな風にガッツリ引いていてもちゃんと状況は伝わるのよね。ここがすごい。私,オープニングを見たあとに,丁寧さについて考え直したもん。時間をかけてじっくり説明するっていうのが,必ずしもユーザーフレンドリーだってことじゃないんだなって。それぐらい,つかみが早い。
 いや,本当に素晴らしいわ。アニメ調のグラフィックス,壮大な音楽はもちろんのこと,プレイヤーがどう感じるかってことに注力された名作と断言してもいい作品ね。私の想像のはるか先を行っていたわ。まるでグレート・ムタのように……いや,ムタとは試合してすらいないんですけどね。
 RPGをガッツリ遊んでみたいって人には断然,二ノ国IIはオススメ。国を作ったり,軍勢を率いて戦うシミュレーション部分も面白いしね。このシミュレーション部分がミニゲイムっていう位置付けじゃないのも素晴らしい。ゲイムとして“国を作る”っていうコンセプトがあって,そうなるとこういう運営要素,国防要素は無視できない。だから,ヤッてもヤらなくても自由なミニゲイムではなく,ゲイムの本筋に入っている。うん,極めて筋が通った作りよね。
 そうして作り上げられたリアリティの中,ちゃんと主人公達の内面をゲイム本編では丁寧に描いている。大人が子供に覚悟を強いる,子供は漠然とではあるけど,その覚悟を噛みしめる。そういう物語です。
 単純にめちゃくちゃ面白いので,迷っているならぜひ。選択肢になかった人は選択肢に入れてみて。買わないって決めていた人は,一応チェックだけはしてみて。そこまでオススメしたいタイトルです。PlayStation 4を持っているならば,ぜひ。PCでも遊べます。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第474回「2018年ベストゲイムは『二ノ国II』」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第474回「2018年ベストゲイムは『二ノ国II』」
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第474回「2018年ベストゲイムは『二ノ国II』」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第474回「2018年ベストゲイムは『二ノ国II』」

 えーと,私,どうしても勝ちたかった試合に負けました。二ノ国IIではあんなに小さな王子が現実を見ているのに,40のおっさんが現実から目を背けるわけにはいかないわよね。人間,なるべくなら負けたくないもんだけど,それでも負けたあとこそ美しくありたい。
 私,ヤり方として自分の人生を切り売りしているコンテンツの作り方なもんでね。“負けたあと,失ったあとにこそ,その人の人となりが出る”というのが持論であるがゆえに,そこもちゃんと見せなきゃなと思いますよ。
 悟空だって,桜木花道だって,幕之内一歩だって,明訓高校だって,南葛だって負けてる。そして,勝ちたい試合に負けてからが人間は面白い。でも,私は名作のキャラクターではないので,より努力が必要ですね。負けた今から面白くなるよう頑張ります。そういう気にさせてくれた二ノ国II,そしてグレート・ムタ,ありがとう。また来週。

今週のハマりゲイム
PlayStation 4:「二ノ国II レヴァナントキングダム
PlayStation Vita:「GOD WARS 〜時をこえて〜
Nintendo Switch:「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ
ニンテンドー3DS:「牧場物語 ふたごの村+
iOS:「ドラゴンクエストライバルズ」「ウイニングイレブン カードコレクション

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
ディーノ選手がプロデューサーを務めるDDTプロレスは,4月1日(日)に後楽園ホール大会「April Fool 2018」を開催します。ディーノ選手はスーパー・ササダンゴ・マシン選手&大石真翔選手とのタッグで,コルト“Boom Boom”カバナ選手&ジョーイ・ライアン選手&イーサン・ペイジ選手との「日米ゲイレスリングサミット!2018」に出場予定。そもそも日米だけでサミットとは? といった素朴な疑問に対し,ディーノ選手は「結果にサミットしましょう」と力強く回答してくれました。
  • 関連タイトル:

    二ノ国II レヴァナントキングダム

  • 関連タイトル:

    二ノ国II レヴァナントキングダム

  • この記事のURL:
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日