オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
METAL GEAR SOLID PEACE WALKER公式サイトへ
読者の評価
87
投稿数:12
レビューを投稿する
海外での評価
89
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER
公式サイト http://www.konami.jp/mgs_pw/
発売元 KONAMI
開発元 小島プロダクション(KONAMI)
発売日 2010/04/29
価格 UMD版:5229円/ダウンロード版:4700円/プレミアムパッケージ:2万6980円(いずれも税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
87
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • シリーズ中最高のゲーム性 85
    良い点
    ・友人と遊べるCOOPプレイが楽しい
    ・メイン以外のミッションのボリュームが豊富にある
    ・マザーベースの運営と育成が楽しい
    ・1人でも楽しめるようにしているバランス
    ・レウスをマシンガで打ち落とせる!
    ・APを利用してリクルートできる
    ・メタルギアを作成可能、色やパーツのカスタマイズも可能
    ・VOCALOIDで遊べる
    ・友人とダンボール戦車でキャッキャできる
    ・いたるところにネタがある
    ・いつも杉田と一緒、デートもできる!
    ・「ビリビリビリ」
    悪い点
    ・せっかく作ったメタルギアの活用法がとぼしい
    ・兵士のパラメーターの育成がない
    ・アウターOPSの意味合いが希薄
    ・マザーベースが大きくなっても最大収容人数が変わらない
    ・称号や勲章のフルコンプがマゾ過ぎますorz
    ・どうでもいいけど時代背景が矛盾している
    ・コラボ商品が「買った人だけ」ではなく「運よく買える人だけ」になっている
    ・配信が微妙
    ・ムービー中に操作を求められる、失敗すると何回も見なくてはならない
    総評
    コジマスタッフが神ゲーだと言ってたらしいのですが、たしかにシリーズ中最もゲーム性の高い仕上がりになっています。監督は毎回新しい要素を入れてくる人ですが、今回はそれがいい方向に働いています。
    あと、コラボの事もありますが、一部はモンハンにだいぶ影響を受けてる感じは否めないですね、もちろんいい意味で。

    ただ、毎回ストーリーがあんなに重厚なのに、いたるところにネタが散りばめられており、個人的には雰囲気をぶち壊すため、嫌いだったのですが。今回はネタが突き抜けた感があり、爆笑しているうちに「あああ〜こういうものなんだ」と受け止めれるようになりました。
    杉田(カズ)がだいぶはっちゃけてます。

    ユニクロコラボは楽しいです、自分が買った服と同じものをボスが着てるのは、コラボならではと言ったところでしょうか。
    しかし、マウンテンデュー等はどれだけ探しても見つからず、運がいい人だけとかは、コラボ企画として失敗であり、販促側の問題でユーザーが不快な思いをするというのは、最悪の事態だと思います。

    私はOPS以外のシリーズは遊んでいますが、コアファンというわけではなく、キッチリと今までのストーリを把握しているわけではありませんが、ちゃんとストーリーを楽しむことができました。ですので、ファンでなくとも楽しめるゲームだと思います。

    最後に、あの時代にAIロボットとか絶対無理。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 5
  • 最適化された「携帯機ゲーム」 90
    • 投稿者:Mr.SASRAI(男性/40代)
    • 投稿日:2010/05/19
    良い点
    ・簡単には遊び尽くせない圧倒的なボリューム
    ・「がんばればなんとかなる」難易度
    ・予測はできるが期待を裏切らないストーリー展開
    ・ややぬるいが考えられた敵配置
    ・フルトン回収による兵士収集とマザーベース運営
    ・アクセスポイントによる兵士の収集
    ・各キャラクターのバックボーンやユニークなやりとりが聴けるブリーフィングの存在
    悪い点
    ・過去シリーズを知らないと何が何やら理解が困難な物語展開
    ・操作タイプによっては、ストレスのたまるコントロール
    ・人によっては辟易するであろうブリーフィングの悪ノリ
    総評
    携帯機のゲームを研究して、もっとも美味しい所を落とし込んだと思われる2010年前半の傑作。
    「メタルギア」というシリーズを通して遊んできたプレイヤーにとっては、プレイが義務と言い切れます。
    本編が終わっても、次から次へと現れるEX-OPSは、まさに戦いのワンダーランド。
    多種多様な課題、しかし短時間でサクサク終わらせられるミッションの数々は、携帯機という特性を十二分に生かしきっています。
    中でもPOOYANミッションのいい意味での酷さには、思わず噴出した次第です。オリジナルを知っているだけに余計。
    操作系にやや難があるものの、アクションゲームとしてきわめて優秀でもあります。
    CQCで投げ飛ばして無理矢理突入を繰り返していたところ、CQCの通用しない相手が現れたところにNVGと麻酔銃のヘッドショットの効率性に気づき、さらにホールドアップのやり方を覚えると俄然面白くなってくる…と言った具合に、手順や方法が自然に身についていくゲームバランスは流石の一言に尽きます。ストーリーで詰まっても、マザーベースによる武器開発で、なんとか打開できるようになっているなど「がんばれば何とかできる」難易度になっているのは好印象。プレイヤーをあきらめさせないのもまた、よいゲームの条件でしょう。
    収集の楽しみも群を抜いております。武器、装備のみならず、装甲車やヘリに至る大型兵器や、AI兵器のメモリーに各種カセットテープ。
    その中でも最もアツいのがフルトン回収やリクルートによる兵士の収集。
    前作「ポータブルOPS」では、気絶した相手を引きずってトラックに放り込む、いささか背徳感はありますが面倒なシステムであったものを、今回はフルトン回収による効率的な「人さらい」が可能になっており、このシステムがテンポのよさをさらに加速しております。
    本筋のストーリーも、往年の冒険小説を思わせる「過去のトラウマを克服する男の物語」として見て行くと、なかなかに面白いのですが、この後で本編の主人公である「スネーク」=BIGBOSSが辿る運命を思うと、いささかやりきれないものがあるのもまた事実でありましょう。存在感がありすぎる副官のカズことミラーも、末路が決まっているだけに、本編でのはっちゃけぶりがわびしさを誘います。

    しかしながらそれ以上に、シリーズ体験がこの「ピースウォーカー」という人にはかなり厳しい物語展開となっております。登場人物が当たり前のように知っている固有名詞が理解できないというのは、かなりきびしいのではないのでしょうか。最低でもMGS3の事前プレイは必要ではないかと思います。
    そのために「ブリーフィング」にて、各種用語の確認が出来る様にはなっておりますが、この中にはあまりにも遊びが過ぎて悪ふざけとも取られかねないものも少なくないので、シリーズ初の方には悪印象を抱く方も居られるかも知れません。
    もっとも、メタルギアシリーズに親しんでいるプレイヤーなら(ああ、またか)と思うのやも知れないのですが。

    なお、MSX2版「メタルギア」「同2 SOLIDSNAKE」との整合性の問題が出て来てはいるものの、これらは「捏造、歪曲されていた物語」とするならば、辻褄が合うのではないかと個人的には思います。
    BIGBOSSの視点からなる「真実の」アウターヘブン騒乱や、ザンジバーランド蜂起が、この後語られるのも、そう遠くないのかもしれません。

    ついでながら申し上げますと、個人的に強化したロケット弾や無反動砲でティガレックスを一方的にぶちのめせるのは大変爽快でした。
    …何度PSPを布団めがけて投げつけたか知れない積年の恨みというものも、決して軽くは無いレベルだったからではありますが。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 5
  • 今までを踏襲しつつも新しく 85
    • 投稿者:きりう(男性/20代)
    • 投稿日:2010/05/18
    良い点
    箇条書きでとりあえず。
    ・使用できる武器種が多い
    ・自分で軍隊を大きくしていくやりこみ要素がある
    ・ツッコミを入れたくなる演出も健在
    ・MPO、MPO+等に比べグラフィックが格段によくなっている(手榴弾等に炎のエフェクトが増えたり等)
    ・一人でなく、co-opで皆とワイワイ楽しめる
    ・MPOのようにステージが場所ごとに区切られておらず、従来のMGSシリーズのように連なっている
    悪い点
    ・武器がたくさんある反面、武器を手に入れるまでがちょっと作業気味
    ・スナイパーライフルの精度や取り回しが悪く、使いにくい
    ・難易度選択等が無く、後半はアクションが苦手な人や、MGS初心者には難しいと思われる場所が多々
    ・EXTRA OPSのAI兵器改戦や大型兵器相手は敵が硬く、攻撃力が高いため作業気味になる
    ・新しいシステムが増えた反面、匍匐で移動できない、攻撃ができない
     MGS4のようにしゃがみ張り付き等が増えたが、張り付きから動けない
     敵を拘束してからの動作が過去作に比べて限られすぎている(引きずれない等)
     といった煩わしさを覚えるシステムも少々。
    総評
    以上を踏まえて、良い所もあれば、悪いところもありますが、全体的には満足できる出来栄えです。
    しかし、潜入といった本来の要素が薄れ気味、ステージがMPOのように区切られていないせいか、ちょっと本編が短いかな?といった印象を受けました。
    EXTRA OPSをもう少し削って、本編を増やして欲しかったのが本音です。
    EXTRA OPSが若干作業気味、同じようなミッションが多いのも特徴でしょうか。
    ただストーリーはザ・ボスの話や、イベントシーンでのアクション等、かなり楽しめる内容となっていると思います。

    反面、MGSシリーズをこれから始める!という人には今までのMGSの経験が無いとわかりにくい伏線が多い作品です。

    ストーリーはMGSファンに向けた構成の味が強く、
    アクションは経験者から初心者まで幅広く楽しめると思います。
    ・・・ちょっと過去作に慣れていると違和感を覚えるところもありますが

    PSPでお手軽にMGSを、そして皆でco-opという新しいMGSを楽しめる
    そういった新しい試みを楽しめるゲームです。
    作業気味ではあっても、強い敵を倒したらやり応えは十分にあります。

    いいとこ悪いとこありますが、なんだかんだでお勧めしたい作品です。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 3 3
  • PSPgoの戦争も変わったと言わせてほしかった。 85
    良い点
    ミッションが区切れてて、合間を見つけてプレイしやすい。

    シミュレーション的な要素がおもしろい(OPSやリクルート等)

    ストーリー、俳優さん、グラフィック等
    バランスがよくてキャラに合った展開がいい!

    読み込みが早い!(PSPgo)
    悪い点
    操作性が・・・・
    PSPgoだからかもしれないが、十字キーが押しづらく
    装備の切り替えの為に立ち止まったり無茶な運指が必要で
    ちょっとつらい・・・・。

    コンフィングをすべて自由に組み替えられればいいんだが・・・
    総評
    すごく面白いですね。
    これはぜひやってみてほしいですが、残念なことに
    私は売る人なのであまりプレイできずなのが残念・・・・w

    とはいえ大型兵器との戦いや潜入行動はやっぱりたのしい><
    また個人的にはあのラフに書かれた挿入絵のムービーが大好き、
    あれだけでもMGSは買う価値があると思います。

    あと小ネタもたくさんあって「さすが小島w」と感じちゃう。
    兵士に監督がいたり、俳優さんがいたり><

    個人的にはヘビと博士の絡み。あれ?オタk・・・・

    おっと誰かきたようだ。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 5 5
  • シリーズ屈指の傑作 COOPプレイがとても楽しい作品 95
    良い点
    シリーズではおなじみの潜入アクションですが、なんと言ってもCOOPプレイが非常に楽しいです。
    インフラ対応ではないのでPS3のアドホックパーティーなどを利用しないとオンラインで遊べませんが、プレイ環境が整っているのであればぜひ一度プレイしてみるべきかと。
    シリーズの従来の作品では味わえなかった独特の楽しさが詰まっていてやりごたえがあります。
    やりこみ要素を完遂する為にも必須な要素で、本作の一番のウリとも言える部分じゃないかと。

    グラフィック、音楽、ストーリーなどの部分もPSPとしては最高峰の水準を誇っています。
    これだけ高度なプログラムを組んでいるにもかかわらず、4人プレイで派手に暴れても一切処理落ちしない点に驚かされました。
    携帯機でもここまで出来るという良い見本と言っても過言ではないでしょう。
    追加された部分だけではなく、削除された部分(CQCでのキルやほふく前進など)もありますが、バランス的には良くまとまっていると思います。
    MGSシリーズのストーリーと世界観を補完する意味の強いシナリオなので、このシリーズのファンならばプレイしてみるべきかと。
    悪い点
    難易度調整がない点と、単体でのオンラインプレイに対応していない点が欠点です。
    なのでシリーズ初心者の方にとってはかなり難しいかもしれません。
    それ以外の部分では特に不満点はありませんでした。
    総評
    コアなファンの多いこのシリーズの中でも歴代で1、2を争う完成度の作品じゃないかと。
    色々と変わった部分もありますが、良い意味で進化していると思います。
    特にCOOPプレイのおもしろさは特筆ものと言えます。
    ダウンロードコンテンツもこれからどんどん増えていくでしょうし、やりこみ要素も非常に充実しているので、少なくとも数百時間は遊べる作品に仕上がっているのが良いですね。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • MGS PWが初MGSプレイ 90
    • 投稿者:優しき心(男性/30代)
    • 投稿日:2010/05/03
    良い点
    ・PSPの割には色々と工夫とクオリティが維持されている感じを受ける。

    ・コラボ商品、企画が非常に多い。パスワードを入力する事でゲーム内でも色々と特典があって良い。

    ・ネタが非常に多い。小島監督自身がゲーム内、果ては兵士として仲間になったりもします。

    ・最大4人で協力プレイも可能。基本的なステージは最大2人、ボスステージは4人という感じですね。

    ・システム周りが非常に多彩。まず兵士は実戦部隊(お金稼ぎ部隊)、開発部隊(兵器開発)、食糧班(兵士達に不満を持たせないよう+回復アイテム開発)etcと振り分けられて、それぞれアイテムや装備は開発する事で新しいものを作成できる。他にも歩兵、鹵獲したヘリや戦車、はたまたあんな兵器(これはクリア後なのでネタバレ伏せ)などを派遣して戦わせてアイテムを得たりできます。

    ・CQCが強い!今作のCQCは前作よりも強力との事、近くに兵士がいたら連続で投げまくれます。柔道ゲーかよwというくらいにCQCも大事。

    ・装備性能が結構違う+使い分けも大事。最初は野戦がスニーキング用、ネイキッドが戦い用。そのうちスニーキングスーツがスニーキング用、バトルドレスが戦い用になったり、足の速さや防御力、スニーキング力で色々変えるのも楽しい。後はネタ装備も多いです、ゲーム内キャラの服、コラボによるユニクロの服、海パン、水着、タキシードetc。

    ・やはりスニーキングの醍醐味。見つかっても一時的に強行突破する事で耐え凌げる事は多いですが、やはり拘りとして、できる限りはスニーキングで行きたい!と願う人も多いはず。やりこみ要素は十分にあると思われる。

    ・巨大AI兵器との戦い。自分はクリサリス以外は苦戦した記憶ありませんが、苦手な人は同じボスで何十回と葬られるでしょう。そして今作の巨大AI兵器はいずれもボーカロイドのミクボイスで喋ります。だんだん歌がトラウマになる、歌が怖く聞こえてくるから不思議。挫折せず倒した時の喜びもひとしおというもの。

    ・モンハンコラボが気になる人も多そうですが、まんまです。行動は概ねモンハンのまま。後、出るモンスターはレウス、ティガなわけですが・・・MGS PWオリジナルのもいて,そこは見てのお楽しみ。ちなみに咆哮は怯み、風圧はダメージとなります。レウスの降下時に風圧受けると連続微小ダメージを超連打で食らいます。ランポスに至ってはカスっただけでも強制ダウンという卑怯っぷり。

    ・クリアしたら終わりではない!クリアした時点での開発レベルの2倍超えるくらいないと開発できない兵器なんかも存在する。まだまだ終わりは長い。

    ・良い曲が多い。3の某シーン、もちろんなーな様の恋の抑止力もガチで良曲です。杉田さん好きです、でもあなたのラジオの例の合いの手のせいで恋の抑止力聴く度にあなたの声もセットで自動再生されるようになったじゃないか!

    ・ムービーは墨汁絵みたいなカットだけど、慣れるとかっこいいです。コマンド入る可能性考えるとゆっくり見てられませんけどもな!
    悪い点
    ・コラボのパスワード入力、リクルートという兵士を探す機能、共に無線LANなどのアクセスポイントが必要となる。パスワードが流れたらコラボの意味がない!という点から、1度しか使えないようにという対策なら納得できなくはない。しかし、やはり環境を限定した形で行うのは少しもったいないかなと思う。自分は無線環境あるので問題ないけど、ないのにローソン予約とかした人はなんか見ていても心痛さを感じる。また、ユニクロやAXEは同じパスを複数人数が使えるので、1度きりのパスワードを徹底しているというわけでもないので矛盾も感じる。

    ・コラボ兵士であろうと戦死が存在する。良い点にも書いた派遣ですが、最初は人数差から負けないでしょうけど、段々厳しくなり始めます。戦闘中に倒れた場合、運がよければ病院送りで済みますが、運が悪いとどんな兵士でも戦死します。オートセーブだから・・・ネ。

    ・CQCがやりづらい時がある。これは慣れる+状況次第で考えて位置どりするしかないんでしょう。

    ・相変わらず敵兵が残念な脳。交戦中に待ち構えてたら突然ターゲットロスト!とか言いだしたり、麻酔銃で撃っても「ん?気のせいか」、絶対見えてるだろう!wというとこで味方3人くらい気絶してても無視。馬鹿だからこそ成り立つんだろうけど、よく考えると残念すぎるw

    ・所詮は使えない子。初期ステータスが低いキャラは上限も低い傾向が強い。せっかく気にいった顔の兵士がいても、成長しきったところで弱いまま。開発関係で最終的には泣く泣く消さないといけない事にも成りえる。ちょっと残念な気がしてならない。

    ・スナイパーが個人的には残念。敵スナイパーはマジモードです。走ってようがガッチリエイミングしてくる。一方こちらのスナイパーライフルは・・・当たらない、下手と言われればそれまでだけど、例えるならCoDで息を停止していない状態くらいブレる。一方他の兵器はブレが存在しない。なぜか他武器の方が遠距離でも当たるなんてことはザラ。
    威力が高いので、的が大きければアリでしょうけどね。

    ・一部、絶対ソロSランククリア無理だろう!というのもある。もしかしたら超兵器が作れてソレならと言う事はあり得るけども。

    ・△ボタンが死ぬ。理由はやってればそのうちわかる。

    ・インフラがない。私はアドパ組なので関係ないから気にしてない。
    総評
    本当の初MGSは2体験版で難しすぎて、即挫折して以来は手を出してませんでした。4は買おうか迷ったりして結局手出せずじまいで、結局PWのモンハンコラボがキッカケで買いました。MGS好きな方からすると嫌な入り方なんだろうけどもw
    一応、シリーズは大体ですが他人のプレイは大まかに見てたので、全く知らないわけでもない。

    何がと特定するまでもなく面白いです。売り出されるまではこんなんMGSじゃねーwとか言う声結構ありましたけど、いざ出ると全然聞きませんよね。初の人でも、シリーズ通してる人でも満足ではないでしょうか。ただ結構熱中してやり切る事から、意外と短く感じる人は多いみたいです。極める事まで視野に入れるべきかもですね。

    死体引きずりもなく、ホフク移動もありませんが、そんな事は気にならないくらいに楽しめると思います。死体ひきずりは後半欲しいと思うシーンは結構ありますけどねw
    苦労して何回か失敗しつつも完璧にスニーキングでクリアできた時はやはりヨッシャー!という達成感もあるので、オススメです。

    買おうか迷っている人、ぜひ買ってみたらどうだろうか!
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 4
  • メタルギアとは呼べない、が・・・・。 50
    良い点
    ・PSPとは思えないボリュー
    ・シングルでも、マルチでもプレイできるストーリー
    ・超大量のボイスによるストーリーや世界観の補完
    ・史実を基にした、説得力のあるストーリー
    ・本編以上にボリュームのある、オマケ要素
    ・豊富過ぎる程の武器、アイテム群、そしてその成長要素
    ・兵士を捕獲、分業、成長させる要素。
    ・ボスを捕獲可能(戦車やヘリ)
    ・アクセスポイントを使用した、携帯機ならではのアイデア
    悪い点
    ・操作性が悪く、カスタマイズ性も極端に低い。
    ・メタルギアソリッドらしさが失われている。
    ・ミッション性の為、緊張感が薄れる。
    ・本編が薄く短い。
    ・基本的にインストールが大前提。大量のメモリースティック要領が必須。
    ・装備のバランスが悪い。使える装備、使えない装備がはっきり別れる。
    ・上記の装備の問題も含め、取得が理不尽な程、難しい称号&勲章の取得条件。
    総評
    このゲームの評価が難しいのはメタルギアシリーズとして評価するかどうか、という点だろう。
    本作はシリーズファンの期待に沿った作品、とは正直言えない。
    匍匐状態で移動が出来ない。敵を拘束して引きずったり、無力化した敵を隠したりする事も出来ない。ボス戦は姿が見つかるのが前提or隠れたままでは極端に効率が悪く単調。
    操作性の悪さ等、他にも細かい事を言えば沢山あるが、メタルギアらしさという点ではかなり削られてしまっている。

    見つからないように知恵を絞り、そのスリルを楽しむ、というようなスニーク的ゲーム性を期待するシリーズファンにとっては、残念なゲームなっていると言える。
    よってシリーズファンとしてつける点数としては50点ぐらいが妥当だろう。

    が、しかし、このゲームが面白くないかといえば、それはまた別の話。
    むしろメタルギアという枠を考え無ければかなりの手放しで褒める事が出来る秀作といえる。
    80点〜90点近い点数をつけていい作品だと思う。

    当然、マーケティング的な面や、製作者の意図等、様々な理由もあるのは判るが、正直メタルギアとして出す必要性があったのか、という疑問も感じる。
    これが新しいメタルギアの形なのだ、と言われれば納得するしかないのだろうが、残念に感じてしまうのはエゴなのだろうか・・・・。

    どちらの点数を採用するか迷ったか、今回は敢てメタルギア作品として評価させて貰う事にする。



    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 2 3 4
  • 初めての人でも楽しめる。 75
    • 投稿者:のこまき(男性/20代)
    • 投稿日:2010/05/15
    良い点
    メタルギアは今回が初めてだったのですが、普通に楽しめます。

    まずコラボレーションが多い事でしょうか。
    モンスターハンターなど多くの企業とコラボしています。

    武器が改造できる。
    改造すれば威力もあがるし、アサルトライフルとショットガンの切り替え、などできます。

    ミッション数の多さ
    ミッションはシナリオを含めると100種類以上もあります。
    やりこめるので面白いと思いました。

    やっぱり友達とやるとかなり楽しいです。
    心臓マッサージで救出したり、ダンボール戦車で遊んでみたり。
    対戦もすごく面白いです。
    悪い点
    スナイパーのブレがひどい。
    立っている時や移動してるときはともかく、しゃがんでもかなりブレます。
    なかなか命中が定まらないくらいに。

    やっぱりメタルギアシリーズをやっていないと分からない部分もある。
    そんなにゲームの障害にはなりませんが。

    連打シーンがあるのですが、爪を使いガチャガチャやってようやくクリアできるんですが
    PSPはそんなに耐久がいいとは思えませんので、もう少し難易度を下げても良かったと思います。

    ネットワークに繋がないと追加コンテンツ、マウンテンデューの兵士が手に入らない。
    総評
    スナイパーが全然使えなかったのがとても残念です。
    リクルートで兵士を集めるのですが、これは良い機能だと思いました。
    友達といろんな所でリクルートし、兵士がたくさんいるとテンションが上がるし
    強い兵士がくるとかなりテンションが上がります。

    やっぱり友達とやると面白いですね。
    通常のミッションもそうですし、今回のコラボレーションのモンハンなんか凄く楽しめました。

    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 4 4
  • 携帯機版MGSの完成形 90
    • 投稿者:MatsuZY(男性/20代)
    • 投稿日:2010/05/11
    良い点
    ・ミッションの豊富さ
    ・マザーベースでの兵士育成や兵器開発の面白さ
    ・笑える小ネタ
    ・他企業とのコラボレーション
    悪い点
    ・パスコードでのオリジナル兵士の配布方法
    ・操作に慣れるまでが大変
    総評
    非常にやり応えのある作品でした。

    ミッションは簡単なものから難しいものまで幅広く、じっくりとプレイすることができます。
    一部ミッションを除いて、短時間でクリアできるのでちょっとした移動でも出来るのは携帯機という媒体においては魅力でしょう。
    何より今回は協力プレイが可能なので、同じミッションでも協力してプレイすればまた違った雰囲気が楽しめてさらに長く楽しめるでしょう。

    そして、マザーベースでは戦場で歩いている兵士を回収し、自軍の兵士として仲間に出来るのですが、戦場によって兵種が違い、それぞれ能力が異なっており能力の高い兵士を探すという遊び方も出来ます。
    能力が高い兵士が増えていけば新しいアイテムを開発できるようにもなるので、自軍の強化のほかにどんなアイテムが出てくるのかという楽しみもあります。

    アクションに関しては、PS2などで出ていた時よりも出来ることが減っているので今までのシリーズをプレイしていた方には物足りなさを感じてしまう反面、PWからMGSシリーズを始めるという方にはわかりやすくなっているのではないでしょうか。

    そして、MGSにはおなじみの無線などでの笑えるネタが今回はなかなか豊富でシリーズのファンとしては嬉しい内容でした。
    他企業とのコラボも笑える展開に絡んでいるのでこちらも必見です。


    悪い点に関しては、まず他社製品についてくるパスコード。
    あれはネット接続が前提というのは残念でした。
    解除コードみたいな感じで、オフラインの状態でも兵士がゲットできる環境の方が良かったのではないかと思いました。

    もう一点は操作に関して。
    PSPでTPSということで、照準を合わせるためにボタンや十字キーを使用するのはなかなか大変でした。
    アイテムや武器変更も初めのうちは頭が混乱しがちになってしまうので、忙しい操作が苦手な方には初めのうちはかなり大変なゲームになってしまうのではないかなと思います。


    今作はとにかく内容が盛りだくさんで良かったです。
    ステルスアクションを楽しめ、はたまたVR訓練のような様々なミッションを楽しめ、さらにはMGOのような対戦も楽しめる。
    そしてCO-OPSという今までになかった協力プレイも可能にし、携帯機で登場するMGSシリーズの一つの完成形が出たと言えるのではないでしょうか。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • メタルギアは変わった 85
    • 投稿者:gooodsmile(男性/20代)
    • 投稿日:2010/05/08
    良い点
    PSP第2弾ということで前作OPSよりも色々と改善されています。

    1ストーリー
    全作プレイしている人はプレイ必須の作品です、未来から過去に戻って作品を作るのはスターウォーズみたいですけど(;^ω^)

    2画質
    画質はPS2並です。背景、武器、コスチューム、兵士、兵器と細かくポリゴン化されているのでキレイです

    3声優
    豪華です、本当に豪華です。大塚明夫さんは俺の嫁!

    4育成
    兵士を仲間にすることで、自分の陣地であるマザーベースを拡大できます。そうすることで武器の開発、アイテムの開発、兵士の育成など様々なことができるようになってます

    5操作性
    自分にあった操作方法を選べます。MGS4、OPS、モンハンのタイプから選べます


    6co-op(協力)
    今回の目玉ですね、困難なミッションも仲間と一緒に切り抜ける、、、みたいな。もちろん協力だけでなく対戦もできますよ

    7やり込み
    兵士の育成もやり込み要素のひとつです。またストーリーや多数ミッションがありますし、そのミッションごとの評価によって獲得できるアイテムが違ってくるのでがんばってSランクを取れるようにやり込んでしまいます。

    8コラボ
    今回はたくさんの企業とコラボしています。ボンカレー、ペプシ、ユニクロ
    またゲーム内でもモンハンのモンスターが出てきますよ
    悪い点
    いい点もあれば悪い点があるのは当たり前です

    1ストーリー
    今回のストーリーによってMETAL GEAR・METAL GEAR 2との矛盾点が多く生まれてきました。さすがに販売から年数が立っているということで仕方ないのかもしれませんけど・・
    あと、敵が明らかにハイテクすぎます。この時代にアレはねーーよになります

    2機能の省略
    全作プレイしている人はわかるかもしれませんが、まずホフク移動がない。これはかなり痛い仕様です、これがあるとないとではかなり違ってきます
    また、アイテムや武器を変えるときの画面も一時停止しないのでかなり面倒です

    3CQCの省略
    今回のCQCは機能がかなり省略されています。投げ、首絞め、拷問といった感じです、やはり首絞め移動や盾として使えないのは痛いです

    4co-op(協力)できない人
    co-op(協力)ができない人はかなりつらいです、特にアクションが苦手な人はかなりきついし、後半ではもうco-op(協力)を前提にした作りになってます

    5コラボの失敗
    正直モンハンとのコラボはネタです、MGSの世界観をぶっ壊してます

    最後に言わせてもらいたいのが

    単独潜入というMGSの根本的な概念を壊しています
    総評
    PSPにMGSが適用したと言ってしまえば仕方ありません

    しかし、PWはMGS根本的な概念を破壊しているのでもしかしたらMGSファンでも受け入れられないかもしれません

    それでもMGSが好きという方にはやってほしいです

    またMGSシリーズでPWが始めてという方はPWを買っていけません、そもそもMGSはシリーズ物なのでいきなりPWをやってもまったく内容がわかりません。
    なので買う前にMGS3をプレイしておくことをオススメします
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 2 4
  • 1人でも多人数でも面白い 新しいMGSのカタチ 90
    • 投稿者:linoid(男性/20代)
    • 投稿日:2010/05/08
    良い点
    ・1人プレイでも楽しめるし、CO-OPS(協力プレイ)でも面白い
    ・グラフィックが綺麗
    ・簡単操作で武器開発等を行えるマザーベースシステム
    ・各種コラボで別ゲームの要素なども楽しめる
    ・MGS4のような肩越し視点(TPS)になり、より戦闘が面白くなった
    ・ネタ無線は無いがブリーフィングファイルにネタ要素があるので戦闘中などを気にせずに楽しめる
    悪い点
    ・ボス戦の魅力が薄い
    総評
    PSPにしては驚きのクオリティ。

    体験版でもそうだったが、銃器やキャラクターのグラフィックがかなり細かく描かれていることには驚かされた。M16のイジェクションポート(薬莢排出口)など細かいところも作りこまれている。

    戦闘はMETALGEARSOLID4のような肩越しの視点から狙いをつけて戦うかたちとなっている。主観視点はできなくなっているが、前作よりも戦闘に迫力が生まれ、対戦も派手な銃撃戦が繰り広げられるため面白い。

    今作では「CO-OPSモード」という協力プレイのモードが実装されている。モンスターハンターシリーズやLeft4Dead、CallofDutyもそうだが、最近は協力プレイが流行なのだろうか。ただし、いわゆる「1人でもできるモードを他の人とも一緒にできるようにしただけ」というわけではなく、協力プレイの面白みが存在している。2人で入れるダンボールや、協力すれば乗り越えられる大きな段差、近くにいると体力や弾薬を共有して、1人のときより大きな戦力で戦えるなど、思わず2人以上でやりたくなるような要素が満載である。ボス戦を除けばほとんどが潜入、つまり見つからないように進むミッションなのだが、2人であれば1人のときより見つかりやすい。強力だがその分緊張感もある、というのは非常に面白い。

    本作の要素の1つとして、マザーベースシステムがある。これはPSPの前作、PORTABLEOPS(通称MPO)のシステムと似ている。ただ前作よりもかなり快適に、面白くなっている。本作でも「ミッション中の敵兵を捕まえて仲間にする」というシステムで自分の軍隊を大きくしていくのだが、前作ではトラックまで引きずらないと駄目。というリアリティはあるが、かなり面倒なシステムだった。本作では気絶、睡眠、ホールドアップのいずれかの行動不能状態にしてから、フルトン回収システムのアイテムを使用することで、その場で回収することが可能になっており、非常に簡単。ただ室内でもお構いなしなので違和感がある。
    武器や装備品などの開発は各班に配置した兵士の能力によってレベルが出され、一定以上のレベルでないと開発できない、というシステムだが非常によくできていると思った。基本的には強力な武器・装備品などになるほど開発班のLVを要求されるが、開発班ばかりに兵士をまわしていると、GMPが足りなくなったり、食料が供給できなくなったりする。回復アイテムやレーダーなどには医療班や諜報班のLVも必要なため、「1箇所に兵士を集めて開発し終わったら別の班に戻す」というのができない。

    コラボ要素はかなりパワーアップしており、実際にスネークなどの兵士を操作して、銃器でモンスターハンターに登場するモンスターと戦うミッションもある。

    ストーリーとは関係の無い「EXTRA OPS」というものも用意されており、「敵兵を殺害したり見つかってはいけない」というモードや、「すべての敵兵をホールドアップで制圧せよ」などというミッションがあり、ストーリーミッションがすべて終わってしまっても楽しめる。

    非常によくまとまっており、面白いと思うのだがボス戦に関しては少し首を傾げたくなる。ストーリーモードのボス戦は面白い。特に初見プレイだと、次はどんな装甲車、ヘリコプター、戦車が出てくるのだろうかとワクワクし、マップに仕掛けられているギミックなど(戦車戦は初めてプレイしたとき非常に驚かされた)が発動したりして楽しめる。ただEXTRA OPSという「ストーリーとは関係ないミッション」があり、そちらは「○○の強化版」というものが大半。しかも「やたらと硬い」「攻撃力が高い」というものばかりで、途中から「作業」を感じてしまう。

    トータルで見れば文句なしの名作。過去のMGSシリーズと比べてみても見劣りしないクオリティだと思う。1人でも当然楽しめるし、単独のイメージが強い潜入ミッションを協力してプレイできるのも面白いし、一緒に強力なボス敵を倒すのも面白い。
    今までの伝統的なシステムはそのままに、最近の流行を取り入れ、それでかつ上手くまとまっている、よくできたゲームだと思う。
    ファンの方は勿論、今までメタルギアソリッドシリーズに触れたことの無い人も、体験版があるのでぜひ1度プレイして欲しい。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 4
  • シミュレーション+アクション+VOCALOID 75
    • 投稿者:non1986(男性/30代)
    • 投稿日:2010/05/05
    良い点
    .轡鵐哀襪任盧埜紊泙罵靴戮襪茲Δ暴侏茲討い
    ▲泪供璽戞璽(スネーク達が使う海洋プラント)では装備の研究開発や部隊の編成が出来る他傭兵を紛争地帯に派遣し運営資金を稼げる
    I雋錣篩備が豊富で割りと好きに選べる
    ぅ皀鵐好拭璽魯鵐拭爾箸離献隋璽のようなコラボ(モンスターの動きはかなり高い精度で再現されている)
    シ搬咼押璽犁仝けだが割りと綺麗に作られたグラフィック(画面が小さいので見えにくいが)
    ι雋錣亡悗靴討楼豈特徴はきちんと捉えてテクスチャが作られている(例としてはM16のダストカバーやボルトにマガジンキャッチ等もうっすらとだが表現されている)
    Д螢蹇璽匹了ちゃんとマガジンを外してリロードしている
    MGS3の後BIGBOSSにどういう変化があったかストーリーで分かる
    各キャラの生い立ち等ブリーフィング中のテープで聞くことが出来る
    対戦モード搭載
    OPSと比べると無線やテープ等よく喋る(前作ではテキストだけのことがあった)
    やり方によっては大型兵器(戦車,IFV,戦闘ヘリ)を鹵獲し自軍で運用可能(傭兵として派遣する)
    最終的にとあるスーパーウェポンの製造が可能
    改変ミッションも多いがボリュームはかなり多い
    悪い点
    COOP向けのバランスのためかシングルだと各種強い方の大型兵器に苦戦する
    PSPの構造上操作性が犠牲になっている
    ちょっと西側陣営の傭兵達への配備は無理のありそうな兵器の数々(例としてMBT70は71年に開発中止T-72は生産が始まったばかり等)
    な数のミニミッションをクリアしながらストーリーを進める構造だがMAPが狭く自由度は高くない
    ゲ燭鬚垢譴个いい里分かりにくい状況がいくつかある
    AIM中に出るクロスヘアが狙いにくい(大きすぎる上形が悪く狙っている箇所がわかりにくい)
    飛ばせないムービーが多い(2度目のプレイ等では邪魔になる)
    ┘燹璽咫蔀罐椒織麩打系のイベントが出たりする
    スネークと一部の兵士が極端に強く多少のダメージを気にせずCQCで投げ続けて制圧することが可能(1度目のCQCから2度目にすぐ派生することが出来るのが問題)
    フルトン空中回収システムがノーキル目的だと有効すぎる(寝かせた敵を誘拐するためそのMAPにミッション中出現しなくなる)
    一応スニーク性も確保されているがスネーク以下ほとんどが超人並みなのと敵の視覚と聴覚が悪いため緊張感が無い
    敵の死体がすぐ消える
    総評
    冷戦時代の夢と希望の詰まった兵器が登場する新作(主にMBT-70)
    装備や車両に色々問題(3のMi-24A同様登場する年代や状況等)があるがシステム面では面白く仕上がっている(鹵獲して運用できる辺りが良い)
    今回は無線ネタは薄いがブリーフィングからテープでスネークと他の登場キャラとの会話があるので無線ネタが好きな人はそちらでそこそこ満足できると思う
    スニーク系ゲームとして見るとスネーク等のキャラクターが強すぎて隠れる必要が余り無いのが良くないどちらかというとシュミレーション(部隊運営機能)+アクションゲームといった具合だ
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 2 3 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2016/09/14)
メタルギア ソリッド ピースウォーカー
発売日:
価格:540円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月17日〜09月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年03月〜2019年09月