オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス公式サイトへ
  • Ubisoft Entertainment
  • 発売日:2011/12/08
  • 価格:通常版:6279円,限定版:7329円(ともに税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
海外での評価
66
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス」のダンスコンテンストに200名以上のダンサーが集結。ケント・モリさんもステージでパフォーマンス披露
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/03/05 00:00

イベント

「マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス」のダンスコンテンストに200名以上のダンサーが集結。ケント・モリさんもステージでパフォーマンス披露

マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス
 ユービーアイソフトは,ダンスアクションゲーム「マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス」PlayStation 3 / Xbox 360 / Wii / PS Vita)を用いたダンスコンテスト「MICHAEL JACKSON THE EXPERIENCE CHALLENGE」を2012年3月3日,東京・品川ステラホールにて開催した。

 ダンスのスキルやマイケル・ジャクソンに対する愛をステージ上で披露できる,またとない機会とあって,下は3歳から上は47歳まで,なんと160組200名以上ものダンサーが出場。本稿では,白熱のパフォーマンスが続々と披露された,その決勝大会の模様を中心にお伝えしよう。

「マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス」公式サイト


ケント・モリさん
 予選・決勝合わせて8時間もの長丁場にわたって開催された今回の大会。「ソロ部門」「デュエット部門」「クルー部門」という3つのエントリー部門が用意されており,さらに各部門が「キッズエントリー」(小学生以下)と「一般エントリー」(中学生以上)とに分かれている。
 出場者はPlayStation 3版「マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス」とPS Moveを用いて,ステージ上で自由にダンスを踊り,パフォーマンスを競い合った。

 審査員は,ソニー・コンピュータエンタテインメントやユービーアイソフトの代表者が務めたほか,今回は特別に,世界的なダンサーとして活躍中のケント・モリさんが審査委員長を担当。衣装やパフォーマンスによる“なりきり度”を評価する「パフォーマンス点」と,ダンスのキレや基本動作などを評価する「ダンス技術点」,2つの基準で採点が行われた。

 予選での課題曲は以下のとおり。ファイナリストとして決勝戦へ出場できるのは,各部門の上位3組だ。

ソロ部門:Billie Jean
デュエット部門:The Way You Make Me Feel
クルー部門:Smooth Criminal


 課題曲があらかじめ決まっている予選に対し,決勝戦ではゲームに収録されている曲の中から出場者が自由に選択可能だ。また,審査においてはパフォーマンス点,ダンス技術点のほか,さらにゲーム内での得点も出場者のポイントに加算される。そのため,どういった曲を選ぶか,ゲームでの得点と見た目のパフォーマンスのどちらを優先させるか――といった駆け引きの要素もあるわけだ。

予選と決勝戦の合間には「ダンスショーケース」として,マイケル・ジャクソンをリスペストするダンサー達によるスペシャルパフォーマンスも披露された
マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス


 ソロ部門の決勝戦には,キッズエントリーから2名,一般エントリーから1名が進出。
 1番手として「Working Day And Night」を踊った選手は,大人顔負けの,キレのある動きで観客を魅了。さらに,ステージからの退場時には客席に向かって投げキッスをし,最後の最後まで場内を沸かせた。
 マイケルと同じ全身スパンコールの衣装で登場した2番手の選手は,「Rock With You」を披露。PS Moveをマイクのように構えて,子どもながらに“大人の色気”を感じさせるパフォーマンスを魅せた。
 一般エントリーから進出した女性は,予選の課題曲と同じ「Billie Jean」を決勝戦でも選曲。ミュージックビデオにおけるマイケルの帽子投げのパフォーマンスを見事に再現し,パワフルに踊りきった。

ソロ部門

 続くデュエット部門でも,キッズエントリーから2組,一般エントリーから1組が出場した。
 最初に登場した男子2人組は,デュエットで映える曲として「Speed Demon」をセレクト。2人の立ち位置が入れ替わりながらのパフォーマンスで,非常に楽しげなステージとなっていた。
 続いて登場した女の子のコンビは「Smooth Criminal」でプレイ。ミュージックビデオでも“見せ場”が多い曲だが,見事な動きで客席を沸かす。また,このコンビのうち1人は,髪の毛にマイケルのポーズをかたどった剃り込みを入れるという,驚くべき気合いの入れようであった。
 3番手の出場者が選んだのは,古代エジプト風のミュージックビデオが印象的な「Remember The Time」。息のぴったり合った動きもさることながら,ゲームのスコアも高得点を獲得し,安定感のあるパフォーマンスをみせた。

デュエット部門

 3〜4名で出場するクルー部門のファイナリストは,3組ともキッズエントリーからの出場者となった。
 「They Don't Care About Us」を披露した4人組のクルーは,ミュージックビデオと同様に囚人風のお揃いのコスチュームでステージに登場。マイケル役とバックダンサー役とで,チームワークもバッチリであった。
 次なる出場者は,先ほど「Speed Demon」をデュエット部門でプレイした2人に,もう1人のメンバーを加えた3人組。こちらでは「Ghost」を選択し,3人とも同名の短編映画のキャラクターに扮してパフォーマンスを行った。
 続く,最後の出場クルーが選んだ曲は,なんとこちらも「Ghost」。先ほどの出場者と同じ曲を選びながらも,コスチュームやパフォーマンスにはそれぞれの個性が出ており,非常に興味深い対決となったといえよう。

クルー部門

優勝者
 すべてのファイナリストによるパフォーマンスを終えたところで,審査結果の発表が行われた。
 今回用意された賞は「ベストマイケル賞」「審査員特別賞」「優秀賞(キッズ/一般,各1組ずつ)」「グランプリ賞」の4つ。グランプリを獲得した出場者は,ロサンゼルスのダンスツアーに招待される。
 厳正なる審査の結果,見事グランプリ賞に輝いたのは――なんと2組! ソロで「Working Day And Night」を披露した選手と,「Speed Demon」「Ghost」を踊ったクルーが,揃ってグランプリを受賞することとなった。
 また,各部門の受賞者には,オフィシャルTシャツや,「マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス」のソフト,PlayStation Vita本体などが,それぞれ贈られた。
 今回の審査にあたり,審査委員長を務めたケント・モリさんは「みんな最高でした。僕は今日一日,審査席に座っていて,まったく飽きずに過ごすことができました。この場所にいられて光栄に思います」とコメント。ちなみにケントさんはこの日が27歳の誕生日だったらしく,来場者全員から誕生日を祝福された。

 ここでさらに,すべての来場者へのプレゼントとして,ケント・モリさんによるスペシャルパフォーマンスが披露された。
 重厚なサウンドをバックにロボットダンスで会場を盛大に沸かせたところで,BGMは「Billie Jean」に。マイケル・ジャクソンのさまざまなパフォーマンスをオマージュしたダンスをケントさんが披露し,場内の盛り上がりは最高潮に達する。ここでケントさんは出場者達をステージ上へ招き,最後は出場者全員とともにステージのフィナーレを飾った。

マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス
マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス

 マイケル・ジャクソンの音楽をリアルタイムで聴いてきた大人から,その没後にダンスを始めたような子供まで,非常に幅広い世代の出場者が集った今回のコンテスト。また,今回の出場者にはダンスを長年続けてきた熟練者のみならず,今回のゲーム「マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス」をきっかけにダンスを始めた人も少なからずいたそうだ。“KING OF POP”の音楽やパフォーマンスがもつ普遍的な魅力を,ステージを通して,あらためて感じられるイベントになったといえよう。

「マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス」公式サイト

  • 関連タイトル:

    マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス

  • 関連タイトル:

    マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス

  • 関連タイトル:

    マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス

  • 関連タイトル:

    マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンスHD

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日