オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
NTTドコモ,2018年夏モデルスマートフォン&タブレット11機種を発表。GalaxyやXperia,HUAWEIのハイエンド機種が勢揃い
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/05/16 12:00

ニュース

NTTドコモ,2018年夏モデルスマートフォン&タブレット11機種を発表。GalaxyやXperia,HUAWEIのハイエンド機種が勢揃い

Xperia
 2018年5月16日,NTTドコモは,東京都内で新製品発表会を行い,2018年夏モデルの新型Androidスマートフォン10機種とタブレット端末1機種を一斉に発表した。GalaxyやXperia,HUAWEIといった大手ブランドのハイエンド端末をズラリと揃えており,ゲーマーにとっても見どころの多いラインナップとなっている。また,国内最速を謳う最大988Mbpsの下り通信速度に対応する製品が6機種,上り通信速度75Mbpsに対応する製品は7機種ラインナップされており,通信速度や接続性の善し悪しを気にするユーザーにとっては,魅力的かもしれない。

国内最速を謳う1Gbps近い下り最大通信速度や,75Mbpsの上り最大通信速度に対応する端末を用意。これらの利点は速さだけでなく,混雑する空間でのつながりやすさや速度を改善する効果も期待できる
Xperia Xperia

 発売予定時期順に並べたラインナップは以下のとおりだ。製品名をクリックすると,各製品の説明に移動する。

●スマートフォン

●タブレット


Galaxy S9 SC-02K,Galaxy S9+ SC-02K


 Galaxyブランドのフラッグシップモデルとなるハイエンドスマートフォン。同じ製品はKDDIからも発表されており,本製品は,そのNTTドコモ版となる。
 両製品はサイズの異なるバリエーションモデル的な存在で,搭載する有機ELパネルが,Galaxy S9は5.8インチサイズ,Galaxy S9+は6.2インチサイズであるのが大きな違いとなっている。サイズや重量以外の主な仕様は共通で,Qualcomm製のハイエンドSoC(System-on-a-Chip)である「Snapdragon 845 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 845)と,デュアルレンズ式のアウトカメラの採用が特徴だ。

Galaxy S9 SC-02K
Xperia

Galaxy S9+ SC-03K
Xperia

 下り最大通信速度988Mbps,上り最大通信速度75Mbpsに対応するほか,5つの周波数帯を束ねて通信することで,通信速度やつながりやすさを改善する5キャリアアグリゲーション(以下,5CA)のすべてに対応する点も見逃せない。

●Galaxy S9・S9+の主なスペック
  • メーカー:Samsung Electronics
  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • ディスプレイパネル:[Galaxy S9]5.8インチ有機EL「Infinity Display」,解像度1440×2960ドット,HDR表示対応
    [Galaxy S9+]6.2インチ有機EL「Infinity Display」,解像度1440×2960ドット,HDR表示対応
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」(CPUコア Kryo 385×8,最大CPU動作クロック2.6GHz,GPUコア Adreno 630)
  • メインメモリ容量:[Galaxy S9]4GB,[Galaxy S9+]6GB
  • ストレージ:内蔵64GB+microSDXC(最大容量400GB)
  • アウトカメラ(メイン):有効画素数約1220万画素
  • アウトカメラ(サブ,Galaxy S9+のみ搭載):有効画素数約1220万画素
  • インカメラ:有効画素数約800万画素
  • バッテリー容量:[Galaxy S9]3000mAh,[Galaxy S9+]3500mAh
  • 対応LTEバンド:確認中
  • 対応3Gバンド:確認中
  • 通信速度:下り988Mbps,上り75Mbps,5CA対応
  • 待受時間:[Galaxy S9]約390時間(LTE),[Galaxy S9+]約400時間(LTE)
  • 連続通話時間:[Galaxy S9]約1170分(LTE),[Galaxy S9+]約1310分(LTE)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:5.0
  • USBポート:Type-C
  • 本体公称サイズ:[Galaxy S9]69(W)×148(D)×8.5(H)mm,[Galaxy S9+]74(W)×158(D)×8.5(H)mm
  • 本体公称重量:[Galaxy S9]約161g,[Galaxy S9+]約187g
  • 本体カラー:ミッドナイトブラック,チタニウムグレー,ライラックパープル(Galaxy S9のみ)
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,おサイフケータイ,防水(IPX5,8),防塵(IP6X),ワンセグ,フルセグ,ハイレゾ音源再生


Xperia XZ2 SO-03K


 Xperiaブランドのハイエンドスマートフォンで,スマートフォンでは世界初という4K HDRでのビデオ撮影機能や,Xperia初のアスペクト比9:18に対応する縦長液晶パネルの採用が特徴の製品だ。
 搭載SoCはSnapdragon 845で,メインメモリ容量は4GB,内蔵ストレージ容量は64GBと,Galaxy S9とほぼ同等のスペックを有する。加えて,下り最大通信速度988Mbps,上り最大通信速度75Mbps,5CAのすべてに対応している点もポイントだ。

Xperia XZ2 SO-03K
Xperia

●Xperia XZ2 SO-03Kの主なスペック
  • メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • ディスプレイパネル:5.7インチ液晶,解像度1080×2160ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」(CPUコア Kryo 385×8,最大CPU動作クロック2.6GHz,GPUコア Adreno 630)
  • メインメモリ容量:4GB
  • ストレージ:内蔵64GB+microSDXC(最大容量400GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1920万画素,F2.0
  • インカメラ:有効画素数約500万画素,F2.2
  • バッテリー容量:3060mAh
  • 待受時間:約440時間(LTE)
  • 連続通話時間:約1480分
  • 対応LTEバンド:確認中
  • 対応3Gバンド:確認中
  • 通信速度:下り988Mbps,上り75Mbps,5CA対応
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:5.0
  • USBポート:USB Type-C
  • 公称本体サイズ:72(W)×153(D)×11.1(H)mm
  • 公称本体重量:約198g
  • 本体カラー:リキッドシルバー,リキッドブラック,ディープグリーン,アッシュピンク
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,おサイフケータイ,防水(IPX5,8),防塵(IP6X),ワンセグ,フルセグ,ハイレゾ音源再生


Xperia XZ2 Compact SO-05K


 2018年2月に,Xperia XZ2と同時に発表されたコンパクトサイズのスマートフォン。国内3大通信事業者で本製品を扱っているのは,NTTドコモだけだ。
 コンパクトな本体サイズに合わせて,液晶パネルはサイズこそ5インチと小さめであるものの,解像度1080×2160ドット,アスペクト比9:18の縦長アスペクトという,流行を踏まえたものを採用しているのが特徴と言えよう。
 搭載SoCはSnapdragon 845で,メインメモリ容量4GB,内蔵ストレージ容量64GBなど,兄貴分のXperia XZ2に見劣りしないスペックを有している点は評価できる。

Xperia XZ2 Compact SO-05K
Xperia

●Xperia XZ2 Compact SO-05Kの主なスペック
  • メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • ディスプレイパネル:5インチ液晶,解像度1080×2160ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」(CPUコア Kryo 385×8,最大CPU動作クロック2.6GHz,GPUコア Adreno 630)
  • メインメモリ容量:4GB
  • ストレージ:内蔵64GB+microSDXC(最大容量400GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1920万画素,F2.0
  • インカメラ:有効画素数約500万画素,F2.2
  • バッテリー容量:2760mAh
  • 待受時間:約430時間(LTE)
  • 連続通話時間:約1380分
  • 対応LTEバンド:確認中
  • 対応3Gバンド:確認中
  • 通信速度:下り644Mbps,上り75Mbps
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:5.0
  • USBポート:USB Type-C
  • 公称本体サイズ:65(W)×135(D)×12.1(H)mm
  • 公称本体重量:約168g
  • 本体カラー:ホワイトシルバー,ブラック,コーラルピンク,モスグリーン
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,おサイフケータイ,防水(IPX5,8),防塵(IP6X),ワンセグ,ハイレゾ音源再生


Xperia XZ2 Premium SO-04K


 デュアルレンズ式アウトカメラの採用で出遅れたソニーモバイルコミュニケーションズが,満を持して投入するデュアルカメラ搭載のハイエンドスマートフォンがXperia XZ2 Premium SO-04Kである。
 5.8インチサイズで,解像度2160×3840ドットの4K液晶パネルを採用しているので,最近のハイエンドスマートフォンでは珍しいアスペクト比9:16の端末だ。搭載SoCはSnapdragon 845で,メインメモリ容量6GB,内蔵ストレージ容量64GBと,スペック面では競合に見劣りしない。

Xperia XZ2 Premium SO-04K
Xperia

 なお,発売時期は今夏の予定だが,同じ製品を展開するKDDIは,2018年8月中旬発売の予定となっているので,NTTドコモ版も同じくらいのタイミングで登場するのではないだろうか。

●Xperia XZ2 Premium SO-04Kの主なスペック
  • メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • ディスプレイパネル:5.8インチ液晶,解像度2160×3840ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」(CPUコア Kryo 385×8,最大CPU動作クロック2.6GHz,GPUコア Adreno 630)
  • メインメモリ容量:6GB
  • ストレージ:内蔵64GB+microSDXC(最大容量400GB)
  • アウトカメラ(メイン):有効画素数約1920万画素,F1.8
  • アウトカメラ(サブ):有効画素数約1220万画素,F1.6
  • フロントカメラ:有効画素数約1320万画素,F2.0
  • バッテリー容量:3400mAh
  • 待受時間:未公開
  • 連続通話時間:未公開
  • 対応LTEバンド:確認中
  • 対応3Gバンド:確認中
  • 通信速度:下り988Mbps,上り75Mbps,5CA対応
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:5.0
  • USBポート:USB Type-C
  • 公称本体サイズ:80(W)×158(D)×11.9(H)mm
  • 公称本体重量:230g台
  • 本体カラー:クロムブラック,クロムシルバー
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,おサイフケータイ,防水(IPX5,8),防塵(IP6X),ワンセグ,フルセグ,ハイレゾ音源再生


HUAWEI P20 Pro HW-01K


 Huawei Technologies(以下,Huawei)が2018年3月に世界市場に向けて発表したハイエンドスマートフォン「HUAWEI P20 Pro」(以下,P20 Pro)のNTTドコモ向けモデル。国内において,P20 ProはNTTドコモの独占販売になるそうで,おサイフケータイや防水機能など,グローバルモデルにはない機能を加えている点には注目すべきだろう。もちろん,下り最大通信速度988Mbps,上り最大通信速度75Mbps,5CAのすべてにも対応している。

 詳細は発表時の記事ハンズオンレポートに詳しくあるが,簡単に紹介すると,AI処理専用ユニットを統合したHiSilicon Technologies(以下,HiSilicon)製SoC「Kirin 970」の採用と,Leicaと共同開発した3眼式アウトカメラの採用が特徴の製品だ。

HUAWEI P20 Pro HW-01K
Xperia

 3眼式カメラにAIベースの処理を加えた撮影機能は,先行して試用している報道関係者からの評価も高く,ゲーム性能だけでなくカメラ機能にも重点を置くユーザーなら,候補に入れる価値のある製品ではなかろうか。

●HUAWEI P20 Pro HW-01Kの主なスペック
  • メーカー:Huawei Technologies
  • OS:Android 8.1(Oreo)
  • ディスプレイパネル:6.1インチ有機EL,解像度1080×2240ドット
  • プロセッサ:HiSilicon製「Kirin 970」(CPUコア Cortex-A73×4 最大動作クロック2.36GHz+Cortex-A53×4 最大動作クロック1.8GHz,GPUコア Mali-G72,AI処理プロセッサ「NPU」搭載)
  • メインメモリ容量:6GB
  • ストレージ:128GB
  • アウトカメラ(RGB):有効画素数約4000万画素,F1.8,光学式手振れ補正機能搭載
  • アウトカメラ(モノクロ):有効画素数約2000万画素,F1.6,光学式手振れ補正機能搭載
  • アウトカメラ(望遠):有効画素数約800万画素,F2.4,光学式手振れ補正機能搭載
  • フロントカメラ(メイン):有効画素数約2400万画素,F2.0
  • フロントカメラ(サブ):有効画素数約800万画素,F2.4
  • バッテリー容量:3900mAh
  • 対応LTEバンド:確認中
  • 対応3Gバンド:確認中
  • 通信速度:下り988Mbps,上り75Mbps,5CA対応
  • 無線LAN対応:IEEE802.11ac
  • Bluetooth:4.2+LE
  • USBポート:Type-C
  • 公称本体サイズ:74(W)×155(D)×7.9(H)mm
  • 公称本体重量:約180g


AQUOS R2 SH-03K


 2017年に好評を博したAQUOS Rシリーズの第2世代モデル。動画用と静止画用という2つのアウトカメラを搭載するのと,アスペクト比9:19,解像度1440×3040ドットの縦長アスペクトで,最大リフレッシュレート100Hz表示に対応するハイスピードIGZO液晶の採用が大きな特徴だ。
 また,下り最大通信速度988Mbps,上り最大通信速度75Mbps,5CAにも対応している。

AQUOS R2 SH-03K
Xperia

●AQUOS R2 SH-03Kの主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • ディスプレイパネル:6.0インチIGZO液晶,解像度1440×3040ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」(CPUコア Kryo 385×8,最大CPU動作クロック2.6GHz,GPUコア Adreno 630)
  • メインメモリ容量:4GB
  • ストレージ:内蔵64GB+microSDXC(最大容量400GB)
  • アウトカメラ(メイン):有効画素数約2260万画素,F1.9,画角約90度(35mm換算22mm相当),光学式手振れ補正機能搭載
  • アウトカメラ(サブ):有効画素数約1630万画素,F2.4,画角約135度(35mm換算19mm相当),電子式手振れ補正機能搭載
  • フロントカメラ:有効画素数約1600万画素
  • バッテリー容量:3130mAh
  • 待受時間:約530時間(LTE)
  • 連続通話時間:約1770分
  • 対応LTEバンド:確認中
  • 対応3Gバンド:確認中
  • 通信速度:下り988Mbps,上り75Mbps,5CA対応
  • SIMカードスロット:nanoSIM(nanoUIM)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth:5.0
  • USBポート:Type-C
  • 公称本体サイズ:74(W)×156(D)×9(H)mm
  • 公称本体重量:約181g
  • 本体カラー:プラチナホワイト,プレミアムブラック,
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,おサイフケータイ,防水(IPX5,8),防塵(IP6X),ワンセグ,フルセグ,ハイレゾ音源再生


arrows Be F-04K


 富士通コネクテッドテクノロジーズのスマートフォンブランド「arrows」から登場したエントリー市場向けスマートフォン。対象端末を購入すると,月額の利用料金が1620円割り引きとなる長期利用者向けプラン「docomo With」対象端末でもある。
 搭載SoCがQualcomm製のエントリー市場向け「Snapdragon 450 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 450)なので,スペック面ではゲーマーが積極的に選ぶべき端末ではない。docomo Withを利用して安い月額料金でドコモ回線を利用し,端末は他の用途に使うという人なら,ありかもしれない。

arrows Be F-04K
Xperia

●arrows Be F-04Kの主なスペック
  • メーカー:富士通コネクテッドテクノロジーズ
  • OS:Android 8.1(Oreo)
  • ディスプレイパネル:5インチ液晶,解像度720×1280ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 450」(CPUコア Cortex-A53×8,最大動作クロック1.8GHz,GPUコア Adreno 506)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵32GB+microSD(最大容量400GB)
  • アウトカメラ(メイン):有効画素数約1220万画素,F1.9
  • フロントカメラ:有効画素数約500万画素,F2.4
  • バッテリー容量:2580mAh
  • 待受時間:約530時間(LTE)
  • 連続通話時間:約1080分(LTE)
  • 対応LTEバンド:確認中
  • 対応3Gバンド:確認中
  • 通信速度:下り150Mbps,上り75Mbps,5CA対応
  • SIMカードスロット:nanoSIM(nanoUIM)
  • 無線LAN対応:未公開
  • Bluetooth:4.2
  • USBポート:Type-C
  • 公称本体サイズ:71mm×149mm×7.4mm
  • 公称本体重量:145g
  • 本体カラー:クラインブルー,サクラピンク,ミッドナイトブラック
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,おサイフケータイ,防水(IPX5,8),防塵(IP6X),ワンセグ,ハイレゾ音源再生


LG style L-03K


 docomo With対象端末となっているLG Electronics製のスマートフォン。
 搭載SoCがSnapdragon 450なので,スペック的にはエントリークラスであるが,メインメモリ容量4GB,内蔵ストレージ容量64GBに加えて,5.5インチサイズで解像度1080×2160ドット,アスペクト比9:18の液晶パネルを採用するなど,SoC以外はハイエンド端末にも劣らない。

LG style L-03K
Xperia

●LG style L-03Kの主なスペック
  • メーカー:LG Electronics
  • OS:Android 8.1(Oreo)
  • ディスプレイパネル:5.5インチ液晶,解像度1080×2160ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 450」(CPUコア Cortex-A53×8,最大動作クロック1.8GHz,GPUコア Adreno 506)
  • メインメモリ容量:4GB
  • ストレージ:内蔵64GB+microSD(最大容量400GB)
  • アウトカメラ(メイン):有効画素数約1620万画素,F2.2
  • フロントカメラ:有効画素数約800万画素,F1.9
  • バッテリー容量:2890mAh
  • 待受時間:約310時間(LTE)
  • 連続通話時間:約970分(LTE)
  • 対応LTEバンド:確認中
  • 対応3Gバンド:確認中
  • 通信速度:下り262.5Mbps,上り50Mbps
  • SIMカードスロット:nanoSIM(nanoUIM)
  • 無線LAN対応:未公開
  • Bluetooth:4.2
  • USBポート:Type-C
  • 公称本体サイズ:69mm×144mm×8.7mm
  • 公称本体重量:146g
  • 本体カラー:ブラック,ホワイト,ブルー
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,おサイフケータイ,防水(IPX5,8),防塵(IP6X),ワンセグ,ハイレゾ音源再生


TOUGHBOOK P-01K


 「TOUGHBOOK」と言えば,堅牢性を重視したパナソニック製ノートPCで有名なブランドだが,その名を冠するスマートフォン「TOUGHBOOK P-01K」がNTTドコモから登場する。基本的には法人向けの製品であるが,個人でも購入できるそうだ。
 堅牢性重視のスマートフォンでは,米国防省の軍用規格を満たすと謳った製品が多いが,TOUGHBOOK P-01Kは,軍用規格の規定よりも過酷な1000回の連続落下試験や,1.8mの高さからの落下試験をクリアする耐衝撃性能を備えているという。防水防塵や高温,低温環境下での動作を規定する軍用規格に準拠するなど,タフネスぶりは相当なものである。

TOUGHBOOK P-01K。
Xperia

 ただ,搭載SoCはQualcomm製のエントリー向けである「Snapdragon 210」で,メインメモリ容量2GB,内蔵ストレージ容量16GBなど,スペックはかなり低いので,ゲーム用途で使うものではまったくない。

●TOUGHBOOK P-01Kの主なスペック
  • メーカー:パナソニック モバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 8.1(Oreo)
  • ディスプレイパネル:5インチ液晶,解像度720×1280ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 210」(CPUコア Cortex-A7×4,最大CPU動作クロック1.1GHz,GPUコア Adreno 304)
  • メインメモリ容量:2GB
  • ストレージ:内蔵16GB+未公開
  • アウトカメラ:有効画素数約820万画素,F2.4
  • フロントカメラ:非搭載
  • バッテリー容量:3100mAh
  • 待受時間:未公開
  • 連続通話時間:未公開
  • 対応LTEバンド:確認中
  • 対応3Gバンド:確認中
  • 通信速度:下り150Mbps,上り50Mbps
  • 無線LAN対応:未公開
  • Bluetooth対応:4.2
  • USBポート:USB Micro-B
  • 公称本体サイズ:75(W)×154(D)×13.1(H)mm
  • 公称本体重量:230g台
  • 本体カラー:ブラック
  • 主な対応サービス&機能:防水(IPX6,8),防塵(IP6X)


dtab Compact d-02K


 dtab Compact d-02Kは,Huawei製のエントリー市場向けタブレット端末である。本製品は,8インチサイズで解像度1200×1920ドットと,タブレット端末としては携帯しやすいサイズとなっているのがポイントだ。防水対応でもあるので,お風呂場で使うこともできる。
 本製品が搭載するのHiSilicon製SoC「Kirin 659」は,スペック的にはQualcomm製の「Snapdragon 630 Mobile Platform」をやや下回る程度なので,ゲーム用途に使うのは,いささか荷が重そうだ。

dtab Compact d-02K
Xperia

●dtab Compact d-02Kの主なスペック
  • メーカー:Huawei Technologies
  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • ディスプレイパネル:8インチ液晶,解像度1200×1920ドット
  • プロセッサ:HiSilicon製「Kirin 659」(CPUコア Cortex-A53×4,最大CPU動作クロック2.36GHz,GPUコア Mali-T830)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵32GB+microSDXC(最大容量256GB)
  • アウトカメラ(メイン):有効画素数約1300万画素,F2.2
  • アウトカメラ(サブ):有効画素数約200万画素,F2.4
  • フロントカメラ:有効画素数約800万画素,F2.0
  • バッテリー容量:4980mAh
  • 待受時間:未公開
  • 連続通話時間:未公開
  • 対応LTEバンド:確認中
  • 対応3Gバンド:確認中
  • 通信速度:下り262.5Mbps,上り50Mbps
  • 無線LAN対応:未公開
  • Bluetooth対応:4.2
  • USBポート:USB Type-C
  • 公称本体サイズ:119(W)×208(D)×8(H)mm
  • 公称本体重量:310g台
  • 本体カラー:シルバー,ゴールド
  • 主な対応サービス&機能:防水(IPX5,8),防塵(IP6X)

NTTドコモの2018年夏モデルスマートフォン特設ページ

  • 関連タイトル:

    Xperia

  • 関連タイトル:

    Galaxy

  • 関連タイトル:

    AQUOS

  • 関連タイトル:

    arrows(旧称:ARROWS)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月17日〜12月18日