オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
黒い砂漠公式サイトへ
読者の評価
95
投稿数:150
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/01 19:00

プレイレポート

「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

 ゲームオンがサービス中のMMORPG「黒い砂漠」で,2018年12月12日に新クラス「アーチャー」が実装される予定だ。10月には公式サイトでティザームービーが公開されており,いつ実装されるのか気になっていたプレイヤーも多いだろう。

画像(001)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

 今回,その実装を前にアーチャーに触ってきたので,プレイフィールをお届けしよう。なお,プレイできたのはまだ調整段階のもの。スクリーンショットのアイテム名やスキル名,数値などは,実装時のものと異なる場合があるので,あらかじめご了承を。


イケメンで格好いいエルフ風の男性。ゲーム開始時から覚醒武器「グランドボウ」を持つ


 クラスと性別がセットになっている本作では,サービス当初から実装済みクラスの“異性版”を要望する声が多かった。今回実装が予定されているアーチャーは,レンジャーの男性版として,長らくファンからの期待が高かったクラスである。
 その期待どおりというか,アーチャーの種族もエルフ風ということで,とにかく美形だ。そのイケメンっぷりは,数あるクラスの中でも突出している。

細すぎず,ゴツすぎず,細マッチョとして絶妙なバランス。デフォルトの状態ですでに格好良すぎるくらいだ。ただし,髭を生やすことができない
画像(002)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
どの髪型も似合っているが,さすがに坊主はちょっと……。
画像(058)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能 画像(059)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

エルフ風の長く尖った耳。上が最も耳を長くした状態で,下が短くした状態。正直なところ,髪で耳が隠れると普通の人間にしか見えなかったりする
画像(003)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(004)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

全体的に布か革で構成されたアバターが多く,金属を採用した部位はごく一部だ
画像(005)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能 画像(006)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(007)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能 画像(008)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

 アーチャーのメイン武器は,その名前どおり弓……なのだが,キャラ作成時にアバターが持っているのは長弓でなく,左腕に装備されている仕込みタイプの「クロスボウ」だ。サブ武器は,右腕に装着した「マギアグローブ」で,クロスボウで放つ魔法の矢を生み出す一方,グローブから精霊を刃として顕現させての近接戦闘も行える。

上が納刀状態で,右が展開状態。一見,ただの籠手に見えるが,クロスボウを展開するギミックになっていて格好いい。メカ心をくすぐらせる装備だ
画像(009)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(010)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

左腕のクロスボウからは,高速で矢を射出できる。レンジャーの弓に比べると,射程は少し短く,中距離向けの武器と言えそうだ。射線の周囲にもダメージを与える効果があり,さらに別のスキルへと派生させられる
画像(011)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(012)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

右クリックを押すと,右腕の甲のあたりから伸びる精霊の刃で近接攻撃を仕掛けられる。前に踏み出すため少し離れたところにも攻撃は可能だが,クロスボウで対処しづらい至近距離に詰め寄られたときに使うのがベターか
画像(013)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(014)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

 では,アバター画像で持っていた長弓は何かというと,覚醒武器「グランドボウ」だったりする。実は,アーチャーはレベル1の状態から,つまりゲーム開始時から覚醒武器を所持しているのだ。ほかのクラスは,レベル56以降に覚醒クエストをクリアしないと使用できないため,アーチャーは序盤から大きな戦闘力を有しているといってもいいだろう。

 ただし,覚醒スキルには制限が掛かっていて,レベルを上げるだけではすべての覚醒スキルを修得することはできない。特定のクエストをクリアすることでその制限が解除され,より高レベルの覚醒スキルが修得可能になるようだ。これに関してはまだ情報が少ないので,後日の公式発表を待ちたい。
 なお,通常装備であるクロスボウ,マギアグローブ,そして覚醒武器のグランドボウは,ほかのキャラにはない完全新規装備品だ。

弓に彫られた装飾も美しい覚醒武器「グランドボウ」。左手には,短槍と見まごうほどの長い矢を持つ。射程は結構長い
画像(015)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(016)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

 いちいちポーズやモーションが格好いいアーチャー。そのスタイリッシュなスキルを紹介していこう。

回避系のスキルは,転がって移動する「回避」と,スライディングしながら移動する「滑走」の2つ。滑走は,使用中にスーパーアーマー状態,使用後に5秒間の移動速度増加+10%のバフが付く
画像(017)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(018)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

後方にジャンプしながら攻撃を放つ「突風」。敵に詰め寄られたとき,距離を離しつつ攻撃ができる攻防一体のスキル
画像(019)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(020)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

木々から力を借りて,周囲の相手を自分に引きつける「ルーツチェーン」。しかし,中〜遠距離主体のアーチャーには,使いどころが難しそうだ。相手の移動速度を低下させる効果があるので,使用後に一気に離れて近寄る前に倒す,といった使い方が考えられる
画像(021)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

前方に大きくジャンプしながら,真下へと攻撃を放つ「メテオシャワー」。相手を飛び越して一方的に大ダメージを与えられる。ただし,倒しきれない場合は,追撃のために着地後すぐ視線を合わせなければならず,忙しい
画像(022)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(023)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

至近距離で矢を広範囲にばらまく「精霊の庇護」。周囲に敵が多いときは有効だ
画像(024)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

「ブラストアロー」は,矢による連続攻撃を行うスキル。単体の敵に向く
画像(025)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

大地のオーラを矢に込めて放つ「大地の源」は,着弾地点で大爆発を起こす攻撃スキル。ただ,矢を発射するまでに少し溜めがあるので,使う時は周囲に気を付けたい
画像(026)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(027)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

「グラウンドブレイクショット」は,空中に精霊の力を放ち,それを矢で貫いて大爆発を誘発する。「大地の源」よりも,自身に近いところで爆発するので,敵との距離によって使い分けよう
画像(028)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(029)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(030)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

「グラウンドブレイクショット」は,闇の精霊の怒りを消費して使用する場合,広範囲の乱舞攻撃となる。ただ,攻撃範囲が広いため,全弾ヒットさせるのが少し難しい
画像(031)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(032)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(033)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

自身の周囲に精霊の矢を展開させて,一気に放つ「スピリットブレット」。一点に向かって放たれる矢の威力は絶大で,相手をノックダウンさせる効果がある
画像(034)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(035)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(036)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

アーチャーは弓だけでなく,蹴りも格好いい。「ウィングキック」は,前方にショートジャンプしながらキックを放つ。特撮ヒーローの必殺キックのようなモーションだ
画像(037)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(038)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

「飛翔する精霊」は,前方にジャンプしつつ胴廻し回転蹴りを放つスキルで,そこから精霊の刃を振るう「エラディケイトヴァイン」へとつなげられる
画像(039)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(040)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

 ここまで攻撃スキルを主体に紹介してきたが,アーチャーはこのほかにも,「スピリットブレス」と「ブレススロー」という面白いスキルを持っている。
 「スピリットブレス」は,精霊の力を手に宿すことができるというもの。スキル使用時にAキーを押すとHP回復,Dキーを押すと減速デバフ,Sキーを押すと気絶効果を持つ力を手に宿すことができる。効果時間はなく,戦闘状態を解除するまで維持される。

「スピリットブレス」のスキルを使用後に,任意の方向キーを押すと,手に精霊の光が宿る。緑は回復,黄色は減速デバフ,白は気絶効果を表す
画像(041)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(042)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(043)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

 この手に宿った精霊の力は「ブレススロー」で投げることができ,ヒットした相手にその効果を与える。気絶や減速デバフを先制して投げ込んでから攻撃に移る,といった使い方が良さそうだ。また,占領戦や拠点戦でひたすら相手陣営に投げまくるといった使い方もアリだろう。

ブレススローは,山なりの軌道で着弾する。ほかのスキルは直線軌道なので,少し慣れが必要かもしれない。射程はかなり長く,ほかのアーチャーのスキルより遠くまで投げられるようだ
画像(044)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(045)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

 続いて覚醒武器「グランドボウ」だが,クロスボウに比べて連射速度は遅いが,威力が高い。ただ,それ以上にクセが強かったりする。ここでは,制限がなく序盤から修得可能なスキルを紹介しよう。

扇状に5本の矢を放つ「ブルーミングアロー」。矢の軌道を花弁が開く様(さま)に見立てたのなら,自然を好む種族らしいスキル名と言えそうだ
画像(046)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(047)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

グランドボウの矢は,ときに槍としても使えるらしい。その使い方の1つに「シルビアの槍」というスキルがある。矢に込められた力を地面に開放し,周囲の敵にダメージを与えられる
画像(048)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(049)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

後方に回転ジャンプを行いながら,グランドボウを放つ「ルーツアッパー」。囲まれた状態からの回避として非常に優秀で,発動後もキーを押し続けることで追撃ができる
画像(050)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(051)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

グランドボウスキルで一番クセが強いのが,右クリックで放つ「光の軌跡」だ。“グランドボウ修練”スキルのダメージ量が2倍になり,クリティカル率も+100%と破格の威力を持つ。しかし,視点が自動で拡大表示になり,しかも派手にブレてしまって当てるのが難しい。下の画像は被写界深度をオフにして撮影したものだが,それでも若干マシになる程度。このスキルで100発100中のプレイヤーがいたら,スナイパーを名乗っていいと思う
画像(052)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(053)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

 プレイフィールについては「レンジャー」と似たところもある。それは,実力を発揮させるのに,頻繁に視点移動が必要なところだ。とくにアーチャーは「敵を飛び越して攻撃する」「敵から一気に離れて攻撃を放つ」といったスキルも多く,有効射程を維持しつつ,視野内に敵を捕捉し続けるためには,FPSばりのマウス捌きが欠かせないのだ。かなり忙しい操作が必要になりそうだが,そこさえ乗り越えられれば,かなりの力を発揮できるだろう。

 それに加えて,生まれた時から覚醒武器を持ち,制限はあるが序盤から覚醒スキルを使えるというのは,プレイする上でもかなりのアドバンテージになる。遠距離攻撃ができるというだけでも強いので,初心者にも向いているだろう。もっとも,その火力を最大限まで引き出すためには,かなりの熟練を要しそうなので,そこは練習あるのみだ。

 以上,アーチャーのスキルや能力について紹介してきたが,実のところオンリーワンなのは,そのイケメンでスタイリッシュな立ち振る舞いではないだろうか。スキルモーションもいちいち格好いいし,なにより華がある。強さは別にしても,使っていて楽しいクラスかもしれない。
 個人的には変形するクロスボウの機構が素敵すぎてたまらない。既存のクラスから武器の流用はできないため育成は少し大変かもしれないが,実装された折には,一度アーチャーを使ってみて,スタイリッシュさを体験してほしい。

最後にスタイリッシュなアーチャーの特技(?)を紹介。掴まるところのない壁や木に向かってジャンプすると,それを蹴って後方宙返りをしつつ,真下に矢を放つパルクールな固有アクションだ。スタイリッシュでクールなアクションなのだが……実のところ使いどころがまったく思い浮かばない。いや,格好いいならすべて良しか
画像(054)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(055)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能
画像(056)「黒い砂漠」17番めの新クラス「アーチャー」テストプレイレポート。スタイリッシュなエルフ風のイケメン男子は最初から覚醒武器を使用可能

「黒い砂漠」公式サイト

  • 関連タイトル:

    黒い砂漠

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月16日〜06月17日