オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
シャープ,重量143gの軽量ハイエンド端末「AQUOS zero2」を発表。有機ELパネルで120Hz表示が可能に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/25 11:05

ニュース

シャープ,重量143gの軽量ハイエンド端末「AQUOS zero2」を発表。有機ELパネルで120Hz表示が可能に

 2019年9月25日,シャープは,「AQUOS」ブランドの新型スマートフォン「AQUOS zero2」を今冬に市場投入すると発表した。AQUOS zero2は,2018年冬モデルとして登場した「AQUOS zero」のコンセプトを継承しつつ,重量約143gの軽量ボディと,リフレッシュレート120Hz対応のシャープ製有機ELパネルを採用するのが特徴だ。
 端末を取り扱う通信事業者や発売時期,価格は今のところ明らかになっていない。

AQUOS zero2
画像(002)シャープ,重量143gの軽量ハイエンド端末「AQUOS zero2」を発表。有機ELパネルで120Hz表示が可能に

 AQUOS zero2が採用する6.4インチサイズで解像度1080×2340ドットのシャープ製有機ELパネルは,120Hz表示に対応するだけでなく,液晶テレビのようにフレームごとに黒画面を挿入した毎秒240Hz駆動によって,映像の残像感を低減しているのが見どころだ。それに加えて,タッチパネルのレポートレートが240Hzに対応しているので,素早い連打でも取りこぼしにくくなっているのもポイントである。

 搭載SoCは,2019年夏モデルの「AQUOS R3」と同じQualcomm製の「Snapdragon 855」であるが,メインメモリ容量は,AQUOS R3の6GBから8GBへと倍増。複数のゲームを切り替えてプレイするときの快適さ向上につながりそうである。
 そのほかに,内蔵ストレージ容量が256GBに倍増したことや,アウトカメラが標準レンズと広角レンズの2眼式となったことなど,さまざな機能強化も盛り込まれている。なお,日本ではまだ大手通信事業者による5Gのサービスが始まっていないため,5G通信機能は備えていない。

 同時にシャープは,ミドルクラス市場向けの新型スマートフォン「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 Plus」の2製品も同時に発表した。

AQUOS sense3
画像(003)シャープ,重量143gの軽量ハイエンド端末「AQUOS zero2」を発表。有機ELパネルで120Hz表示が可能に

AQUOS sense3 Plus
画像(004)シャープ,重量143gの軽量ハイエンド端末「AQUOS zero2」を発表。有機ELパネルで120Hz表示が可能に

 AQUOS sense3は5.5インチサイズ,AQUOS sense3 Plusは6インチサイズのIGZO液晶パネルを採用する。それ以外のスペックは似ており,両機種とも,SoCにQualcomm製「Snapdragon 636」を採用してメインメモリ容量は6GBと,ミドルクラス市場向けとしては充実したスペックを有するのが特徴だ。

シャープのAQUOSスマートフォン公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    AQUOS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月