オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
DEAD OR ALIVE 5 Last Round公式サイトへ
読者の評価
35
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
豊富なプログラムで盛り上がった「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」をレポート。「進撃の巨人」とのコラボをはじめ多彩なアップデート情報が発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/07/11 20:58

イベント

豊富なプログラムで盛り上がった「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」をレポート。「進撃の巨人」とのコラボをはじめ多彩なアップデート情報が発表

 2016年7月9日,今年で20周年を迎えた「DEAD OR ALIVE」(以下,DOA)シリーズのファン感謝イベント「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」が,東京都の大崎ブライトコアホールで開催された。
 本イベントでは「DEAD OR ALIVE 5 Last Round」PC/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360 以下,DOA5LR)の公式トーナメント大会「DOR5LR Battle Royal 2016 アジアラウンド」をはじめ,フォトコンテストやイラストコンテスト,コスプレコンテストなども実施。またDOA5LRと「DEAD OR ALIVE Xtreme 3」PS4/PS Vita 以下,DOAX3)の最新アップデート情報も発表された。

 会場には,DOAシリーズの開発を手がけるTeam Ninjaの早矢仕洋介プロデューサーに加えて,同シリーズの登場キャラクター「マリー・ローズ」のCVを担当する相沢 舞さんがスペシャルゲストとして登場。コンテストの審査員などを務めて,イベントを盛り上げた。本稿では,当日の模様をレポートする。

左から総合司会のセクシー斎藤さん,相沢さん,DOA5LR Battle Royal 2016 アジアラウンドで優勝したUGS XCalibur Bladezさん,早矢仕プロデューサー,DOA5LR Battle Royal 2016 アジアラウンド本戦で実況を担当した闇マさん
DEAD OR ALIVE 5 Last Round

DEAD OR ALIVE 5 Last Round
 開会式では早矢仕プロデューサーが登壇。「DOAシリーズは,1996年にアーケードでデビューして今年で20周年になります。今日はその感謝の気持ちを形にしたいと思い,格闘イベント以外にもさまざまなイベントと最新情報を持ってきていますので,1日楽しんでいただけたらと思います」と挨拶した。

 続いて各イベントの様子の前に,注目の最新アップデート情報の内容を紹介しよう。まずDOA5LRに関して,「進撃の巨人」とのコラボレーションが発表された。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 このコラボでは,各兵団の制服や立体機動装置など全30着のコスチュームが登場する。各コスチュームは,ダメージを受けると破れたり破損したりするとのこと。また超大型巨人が登場する新ステージも追加。有料コンテンツとして7月19日から配信予定になっている。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round DEAD OR ALIVE 5 Last Round
DEAD OR ALIVE 5 Last Round DEAD OR ALIVE 5 Last Round DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 次に発表されたのは,SNKプレイモアの対戦格闘ゲーム「THE KING OF FIGHTERS」(以下,KOF)シリーズとのコラボだ。同タイトルに登場する女性キャラクター「ユリ・サカザキ」「四条雛子」「藤堂香澄」のコスチュームが登場し,2P用カラーも用意されている。こちらは9月に配信予定だ。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 そして12月にはアクアプラスとのコラボレーションコスチュームが登場予定。「ToHeart2 ダンジョントラベラーズ」や「うたわれるもの」「WHITE ALBUM」など,同社の新旧名作人気キャラクターのコスチュームが配信される予定だ。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 さらに有料コンテンツを含めて,上記すべての追加コスチュームが利用可能になる「シーズンパス5」が,8月に発売される。購入特典として女天狗の「女教師コスチューム」もダウンロード可能だ。加えて8月に「満開!フラワーコスチューム」,10月に「みんなのハロウィン2016」も配信予定となっている。その後も順次新コスチュームを配信予定とのことなので,続報にも期待したい。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 また,これらの追加コスチュームだけでなく,KOFシリーズに登場する「不知火舞」のDOA5LR参戦も決定。キャラクター使用権は9月に配信される予定だ。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 一方,DOAX3のアップデート情報については,テレビアニメ化が決定している週刊少年サンデーで連載中の漫画「競女!!!!!!!!」とのコラボが発表された。同作は,女子選手がお尻や胸を使って水上で戦うという架空のギャンブル競技を描いたもの。DOAX3の世界観とマッチしており,「テレビアニメ版の競女養成学校の水着が登場するかもしれません」と早矢仕プロデューサー。「どんけつゲーム」で競女!!!!!!!!の水着が破れるアップデートも検討中とのことだ。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round

DEAD OR ALIVE 5 Last Round
 続いてDOAX3通常版,基本無料版共に,アップデートでPlayStaiton VRに対応し,PlayStaiton VR発売と同日に配信すると発表。会場では,東京ゲームショウ2016の前に都内某所で開催予定のPlayStation VR体験会参加権の抽選も行われた。

 さらに今後の新アイテムとして,キャラクターの目線をプレイヤーの方に向けさせる「どきどきアテンション」と,スクリーンショットを撮るときにキャラクターがポーズを決めてくれる「フォトパラダイス」が発表された。どきどきアテンションは7月,フォトパラダイスは9月の配信が予定されている。フォトパラダイスは,ソフマップやHMVとのコラボレーションによるロゴ入りパネルが用意され,発表会などでのフォトセッションの気分を味わえる。また新作水着も続々と配信される予定だ。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round

DEAD OR ALIVE 5 Last Round
 以上が当日発表されたアップデート関連情報だ。引き続き,当日のイベントの模様を紹介していこう。
 まず開会式に続いて行われたのがフォトコンテストだ。これは,世界中のプレイヤーから送られたDOA5LRとDOAX3のスクリーンショットを,クール部門,キュート部門,セクシー部門,ギャグ部門の計4部門で審査するというもの。応募総数約500点の中からWebによる事前審査により各部門4点に絞られ,会場では計16点の最終審査が行われた。

 ルールは,会場投票とニコ生アンケート,審査員による採点を合計して最優秀作品を決定する。審査員は早矢仕プロデューサーに加えて,齊藤 豊アートディレクター新堀洋平ディレクターの3人が務めた。

左から新堀ディレクター,齊藤アートディレクター,早矢仕プロデューサー
DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 審査の結果,最優秀作品に選ばれたのは以下のスクリーンショットだ。

●クール部門:「マリー・ローズという女」(しすよ婆さん)
DEAD OR ALIVE 5 Last Round


●キュート部門:「アジアンビューティー」(Tennesseeさん)
DEAD OR ALIVE 5 Last Round


●セクシー部門:「Instinct」(DOAGALAXYさん)
DEAD OR ALIVE 5 Last Round


●ギャグ部門:「自撮りがうまくできなおっさん」(こぶんさん)
DEAD OR ALIVE 5 Last Round


 次に行われたのが,新企画となるイラストコンテストだ。60点以上の応募があり,会場では上位3作品が発表された。

●3位:「The Devil of Misguided Science」(Michael Skoddaさん)
DEAD OR ALIVE 5 Last Round


●2位:「おんなのこ!!」(帰ってきたケッツ@かすみちゃん党党首さん)
DEAD OR ALIVE 5 Last Round


●1位:「Eye 4 an eye」(JP_909さん)
DEAD OR ALIVE 5 Last Round


 続いて行われたコスプレコンテストには,多数の応募の中から事前審査で選ばれた8人が参加。フォトコンテストと同様,会場投票とニコ生アンケート,審査員の採点を合計して優勝者を決めた。

審査員は,早矢仕プロデューサー,齊藤アートディレクター,スペシャルゲストの相沢さんが担当
DEAD OR ALIVE 5 Last Round DEAD OR ALIVE 5 Last Round

審査の結果,あやねのコスプレをした初音雪華さんが優勝した
DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 コスプレコンテストの後は,DOA5LR デザイナーズチャレンジ2016の優秀作品が発表された。DOA5LRのコスチュームデザインを一般公募する同企画は,今年で4回目の実施となり,1200件以上の応募あったという。その中からアートディレクター賞,ディレクター賞,プロデューサー賞の3作品が選ばれた。

●アートディレクター賞
DEAD OR ALIVE 5 Last Round

●ディレクター賞
DEAD OR ALIVE 5 Last Round

●プロデューサー賞
DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 なお,前記の最新アップデートでも少しお伝えしたが,上記3作品のデザインを含めた応募作品の中から計35着のコスチュームが10月に配信される予定となっている。そのほかのデザインに関しては順次発表されるとのことだ。

 そして最後に行われたのが,この日のメインイベントとなるDOR5LR Battle Royal 2016 アジアラウンドの本戦だ。
 開会式の前に行われた予選には128人が参加し,16ブロックに分かれて実施された。本戦は,各ブロックの代表16人によるトーナメント戦で,1回戦からハイレベルな戦いが続出。会場内を大いに沸かせた。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round DEAD OR ALIVE 5 Last Round

強豪ぞろいの厳しい本戦で決勝戦に駒を進めたのは,アメリカから参戦したUGS XCalibur Bladez選手と,2015年のアジアラウンド本戦で準優勝だった輝Rock選手だ。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 見事決勝戦を制したのは,冒頭でも紹介したようにアメリカから参戦したUGS XCalibur Bladez選手。「実は個人的に日本のプレイヤーさん達を尊敬していて,皆さんの熱意にも感心しております。DOAへの愛を今後も持ち続けて,盛り上げていってください」とコメントしていた。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 早矢仕プロデューサーは,大会を振り返って「今回はアジアラウンドと名付けていましたが,DOAを愛してくれている皆さんが世界中から集まってくれて,世界大会のようになりました。我々の想定以上に,DOAを愛してくれて,実際にプレイしていただいているということは開発冥利に尽きます。これからもDOAを宜しくお願いします」とコメント。
 また「闘神祭2016」の1day Match Carnivalの種目に,DOA Ultimate: Arcadeが採用されたことが発表された。10月15日か16日のどちらかに大会が開催される予定だ。

 最後に早矢仕プロデューサーは,改めてイベント全体を総括し,「最初もお伝えしましたが,DOAシリーズは2016年で20周年になります。本当に多くの皆さんに支えていただいて,20年という歴史を刻むことができました。これからもDOAシリーズを大いに盛り上げていきたいと思いますので,今後とも応援よろしくお願いいたします」と語った。

 DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016は,DOAシリーズユーザーの熱気を感じられる良いイベントだった。また,早矢仕プロデューサーをはじめとする開発スタッフの感謝の気持ちも,来場者とニコ生を視聴した多くのユーザーに伝わったはずだ。最新アップデートなど,この日だけでもさまざまな新情報が発表された。次々と新しい展開を仕掛けていくDOAシリーズの今後に期待したい。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round

「DEAD OR ALIVE 5 Last Round」公式サイト

「DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune」公式サイト

  • 関連タイトル:

    DEAD OR ALIVE 5 Last Round

  • 関連タイトル:

    DEAD OR ALIVE 5 Last Round

  • 関連タイトル:

    DEAD OR ALIVE 5 Last Round

  • 関連タイトル:

    DEAD OR ALIVE 5 Last Round

  • 関連タイトル:

    DEAD OR ALIVE 5 Last Round

  • 関連タイトル:

    DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune

  • 関連タイトル:

    DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Venus

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日