オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
パッケージ
Windows 10公式サイトへ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Windows MRがいよいよ離陸。MicrosoftがWindows 10の大型アップデート「Fall Creators Update」の概要を説明
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/10/19 19:25

ニュース

Windows MRがいよいよ離陸。MicrosoftがWindows 10の大型アップデート「Fall Creators Update」の概要を説明

 2017年10月18日,Microsoftの日本法人である日本マイクロソフトは,同日に提供を開始したWindows 10の大型アップデート「Fall Creators Update」に関連する報道関係者向け説明会を開催した。アップデートの配信は順次行われており,今後数か月をかけて,Windows 10ユーザーに配信される予定だ。
 本稿では,説明会で解説されたFall Creators Updateの概要と,このアップデートで利用できるようになる「Windows Mixed Reality」(以下,Windows MR)の話題をレポートしよう。

日本市場で販売予定のWindows MR対応VRヘッドマウントディスプレイ(以下,HMD)。AcerDellHPはすでに発売中。富士通は11月下旬出荷の予定で,Lenovoも年内発売を予定している
Windows 10


手軽さを武器に普及を狙うWindows MR対応VR HMD


 冒頭でも触れたとおり,Fall Creators Updateの配信は,全ユーザーに対して一斉に行うのではなく,時間差をつけて順次行う方式で行われている。データ量が多いこともあり,月例のセキュリティパッチと比べて,更新に要する時間は段違いに長い。
 すぐにでも更新したいというユーザーは,「Windows 10 Update Assistant」(Windows 10 更新アシスタント)というMicrosoft提供のソフトウェアを使うか,あるいはISOファイルで公開中のインストールイメージを自分でインストールすることで,任意のタイミングでの導入を行える仕組みだ。

Fall Creators Updateについてのプレゼンテーションを行った,Windows Mixed 執行役員の梅田成二氏(左),執行役員 Windows&デバイス本部長の三上智子氏(中央),Windowsプロダクトマネージャーの春日井義隆氏(右)
 2017年4月11日に配信が始まった「Creators Update」もそうだが,名称に「Creators」と入ってることもあってか,コンテンツ制作者のような専門職向けのアップデートと受け取られることもあると聞く。しかし,MicrosoftのWindows&デバイス本部長である三上智子氏は,「実際は,すべてのWindows 10ユーザーがPCを手にすることで,何らかの創造的な作業をしており,創造性とは新しい生産性の向上でもあるため,全ユーザーが更新する理由がある」と説明している。

 さて,そんなFall Creators Updateにおける重点項目は,「基本機能の向上」「3D」「フォト」「Microsoft Edge」,そしてWindows MRの5つだ。まずは,ゲーマーにも気になるWindows MRを中心に紹介していこう。

Fall Creators Updateにおける,Windows MR以外の重点項目
Windows 10

 Microsoftの言う「Mixed Realty」(MR,複合現実)の定義はかなり幅広く,現実世界にデジタルな情報を重ね合わせる「Augumented Reality」(AR,拡張現実)から,デジタルな情報だけで構成する「Virtual Reality」(VR,仮想現実)までにまたがるものだ。

MicrosoftにおけるMRの定義。Windows 10は,Fall Creators Updateによって,この全範囲をカバーしうるプラットフォームになる
Windows 10

 MicrosoftはMR分野に向けた製品として,開発者や法人向けに「HoloLens」を提供しており,すでに産業用のARコンテンツなどに活用されているという。しかし,HoloLensは高度な機能を持つ高価なパーツで作られており,開発者向け製品の価格が36万円前後と,ゲーマーや一般消費者向けの製品とは桁違いに高い。また,導入には専用のシステムやトレーニングも必要で,現時点で消費者向けに幅広く販売する性質のものではない。

 一方,Fall Creators Updateで利用可能になるWindows MRは,従来よりも低いスペックのPCで動作するようになったのが大きな違いだ。最低動作環境に当たる「Windows Mixed Reality」の場合,「Core i5-7200U」以上のCPUとデュアルチャネル接続のメインメモリ8GB以上といった条件を満たせば単体GPUがなくても動作するというほどで,ハードルが低いことが重要な点だ。
 なお,自分のPCが動作環境を満たすかどうかは,Windows Storeで配信している「Windows Mixed Reality PC check」でチェックできる。

Windows MRの最低動作環境と推奨動作環境。それぞれ「Windows Mixed Reality」と「Windows Mixed Reality Ultra」と定義されている
Windows 10

 Microsoftによると,Windows MRの最低動作環境を満たすPCは,2017年8月出荷時点のもので全体の約40%と推定しているそうだ。そして,今後もPCの更新需要があるたびに,潜在的ユーザー層は最低でも40%ずつ増加していく,と強気の見通しを立てているという。

 Oculus VRの「Rift」やHTCの「Vive」,そしてPlayStation VRといった既存のVR HMDは,着用したユーザーや,ユーザーが手に持つモーションコントローラの動き検出精度を高めるために,VR HMDの外部にセンサーが必要だ。こうした位置や動きの検出方法を「アウトサイドアウト」方式と呼ぶ。
 外部のセンサーとVR HMD本体が内蔵するセンサーを使い,六軸の動きを高い精度で検出しているわけだが,そのため,VR HMDを使える環境を構築するには,使いたい空間でセンサーの設置とキャリブレーションが必要になり,相応に手間がかかる。自室に合わせてセットしたVR HMDをリビングで使おうと思ったら,リビングにセンサーを設置しなおさなくてはならない。
 一方で,スマートフォンを表示装置兼再生装置として利用する簡易型VRデバイスでは,スマートフォン内蔵のセンサーを使うことで三軸の動き検出が可能だが,モーションコントローラにも,別途センサーを持たせる必要がある。

 それらに対してWindows MR対応のVR HMDでは,ゴーグル部分前面に備えたステレオカメラによる「インサイドアウト」方式を利用することで,本体内蔵センサーによる三軸とステレオカメラによる三軸により,六軸相当の動きをVR HMDだけで検出しているのが大きなポイントだ。
 外部センサーを利用しないことにより,設定が容易である点がメリットであると,Microsoftは主張していた。たとえば,使いたい場所にセンサーを設置して調整しなくてはならない既存のVR HMDと比べて,Windows MR対応VR HMDならば,HMDとPCを使いたい部屋に持ち運べばそれで済む。
 こうしたハードルの低さを武器として,VR環境導入につなぎたいと,Microsoftは考えているということだった。

Windows MR対応VR HMDは,対応ハードウェアのハードルが低く,セットアップも簡単なことが利点である
Windows 10

パートナーとの協業により,全国約400か所の体験コーナーを設置する
Windows 10
 そのほかにも,VR HMD普及促進の施策として,2017年11月18日から,全国の家電製品販売店や量販店にWindows MR対応VR HMDの体験コーナーを400か所以上設置し,店舗に訪れるユーザーに,まずは体験してもらうことから始めるとのこと。現在は,体験コーナー用コンテンツの選定や,インストラクターのトレーニングなど,11月の開始に向けた準備作業が行われているという。

日本(左)および世界市場(右)におけるWindows MR対応コンテンツの一例。当然ながらVRゲームも含まれている
Windows 10 Windows 10


OneDriveにファイル単位の同期が復活

教育用途を考慮した新フォントも導入


 Fall Creators UpdateにおけるWindows MR以外のポイントも簡単に説明しておこう。
 まず第1に挙げられる要素は,基本機能の改良だ。Fall Creators Updateでは,タスクバーに「My People」というコンタクトリストのアイコンが追加され,ここからメールやSkype,メッセンジャーなどを簡単に実行できる。

 またクラウドストレージ機能「OneDrive」が改良され,Windows 8.x時代に存在したファイルのオンデマンド機能「OneDrive Files on Demand」が,ようやく復活した。
 現状のOneDriveは,常にフォルダ単位での同期が行われ,同期対象のフォルダ内にあるファイルは,すべてローカル側のPC上にも保存される仕組みとなっている。しかし,Windows 8.xまでは,ファイル単位で「このファイルはローカルに保存せず,必要になったらダウンロードする」といったことができた。それがWindows 10では,できなくなっていたわけだ。
 Fall Creators Updateでは,この機能が再び利用できるようになっただけでなく,クラウド保存されているファイルと,ローカルおよびクラウドの双方に保存されているファイルが,容易に区別できるようになる工夫も施されているという。

 Windows 10の標準Webブラウザである「Edge」も,地道に改良されている。Fall Creators Updateでは,ようやくと言いたくなるがフルスクリーンの表示モードに対応した。また,Edgeで表示中のWebページやPDFに,手描きによる書き込みが行えるようにもなった。
 余談だが,iOSおよびAndroid用のEdgeも開発中で,現在は限定されたβテスター向けに公開しているとのことだ。

 そのほかに,前回のCreators Updateで導入された「Game Mode」(ゲームモード,関連記事)にも改良が加えられたとのことだが,これについての詳しい説明はなかった。

 日本独自の要素としては,新しい日本語フォントとして,「UDデジタル教科書体」がFall Creators Updateで導入されたことが挙げられよう。
 UDデジタル教科書体は,その名のとおり教育分野での利用を考慮して,書体メーカーのモリサワが開発したフォントだ。現在一般的な教科書体やゴシック体における見にくさを改善して,書き順や止め,はらいといった書き文字の要素をPC上で表現することで,「教職員側からは教えやすい,生徒側からは分かりやすい」フォントを目指したという。
 Fall Creators Updateでは,ウェイトの違いや,等幅またはプロポーショナルの違いを反映した6種類のUDデジタル教科書体が含まれているとのことだ。

日本向けに追加されるUDデジタル教科書体の特徴
Windows 10

 最後に,Fall Creators UpdateはPC用のWindows 10だけでなく,Windows 10をベースのOSとして使っているXbox Oneシリーズにも提供する予定となっている。Xbox Oneユーザーは,こちらも更新しておこう。

Fall Creators Updateは,Xbox Oneにも提供される
Windows 10

MicrosoftのWindows 10公式Webページ

  • 関連タイトル:

    Windows 10

  • 関連タイトル:

    Windows Mixed Reality

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月23日〜11月24日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月