オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【速報】[COMPUTEX]AMD,「Zen」アーキテクチャの新型CPU「Summit Ridge」のパッケージとスペック概要を公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/06/01 12:07

ニュース

【速報】[COMPUTEX]AMD,「Zen」アーキテクチャの新型CPU「Summit Ridge」のパッケージとスペック概要を公開

 2016年6月1日,AMDは,COMPUTEX TAIPEI 2016に合わせて開催した報道関係者向けイベントで,新世代マイクロアーキテクチャである「Zen」採用のCPU「Summit Ridge」(サミットリッジ,開発コードネーム)のCPUパッケージを公開した。
 16nm FinFETプロセスで製造されるSummit Ridgeは,8基のCPUコアを集積して,16スレッドの同時実行が可能。IPC(Instructions Per Clock,クロックあたりの命令実行数)は,既存のCPUと比べて40%向上しているとのこと。新しいデスクトップPC向けプラットフォームである「AM4」に対応する。

AMDのCEOであるLisa Su(リサ・スー)氏が掲げたSummit Ridge
Ryzen

Summit Ridgeの主な特徴
Ryzen

Summit Ridge搭載PCで作られたというZenのプロモーションビデオ
Ryzen
 Su氏によると,Summit Ridgeの初期サンプルは2016年初めに完成しており,極めて良好なパフォーマンスが得られているとのこと。実際にこのイベントで公開されたZenのプロモーションビデオは,Summit Ridge搭載PCを使って製作されたものだという。このように,Summit Ridgeの開発は,スケジュール通り順調に進んでおり,「数か月以内にSummit RidgeとAM4プラットフォームを出荷する」とSu氏は説明した。
 このSummit RidgeによってAMDは,「エンスージアスト向けのハイパフォーマンスCPU市場に復帰する」と,Su氏は高らかに宣言した。

 またSu氏は,Zenアーキテクチャの展開についても触れている。「Zenは極めてスケーラブルなアーキテクチャであり,幅広い市場に展開できる」(Su氏)製品であり,最初の製品であるSummit RidgeはデスクトップPC市場に投入するが,それに続けてサーバー市場にも,Zenアーキテクチャを採用する製品を展開する計画であるとのことだ。
 サーバー向けのZenは,今まさに開発に取り組んでいるところで,数週間後の2016年第3四半期には,サンプルが完成する予定だという。

Zenアーキテクチャは極めてスケーラブルなため,サーバー市場からAPU,そして組み込み市場にも展開していくという
Ryzen

 将来的には,APU製品や組み込み向け製品にもZenアーキテクチャを展開するとSu氏は述べて,Zenアーキテクチャが幅広く発展する能力を備えていることをアピールしていた。

 Summit RidgeがAMDの期待どおりに,ハイエンドPC市場にインパクトを与えるものとなるのか。ゲーマーとしても注目したい。

AMD 日本語公式Webサイト

COMPUTEX TAIPEI 2016取材記事一覧

  • 関連タイトル:

    Ryzen(Zen,Zen+)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月21日〜11月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月