オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

AMD

このページの最終更新日:2018/12/07 14:51

rss


キーワード

下線

Radeon Softwareが「Adrenalin Edition 18.12.1.1」で「Epic Games Store」に対応

[2018/12/07 14:51]

ASRock,シェーダプロセッサ数896基版RX 560カードをPhantom Gamingブランドで国内発売

[2018/12/03 21:18]

「Just Cause 4」への最適化を果たした「Radeon Software Adrenalin Edition 18.12.1」

[2018/12/03 11:47]

【西川善司】FreeSync 2でゲームは何が変わる? 対応ディスプレイと対応ゲームで確認してみた

【西川善司】FreeSync 2でゲームは何が変わる? 対応ディスプレイと対応ゲームで確認してみた

 HDR表示の最適化を行うというAMDの独自技術「FreeSync 2」。ディスプレイ同期技術として知られる「FreeSync」とは関連のない「2」だが,実際には何をしているのだろう? 「(善)後不覚」第52回は,FreeSync 2対応タイトル「Far Cry 5」を使って,その実態に迫ってみよう。

[2018/11/30 15:31]

HIS製のRX 590カードが国内発売。指定のゲーム3本がもらえるクーポン付き

[2018/11/21 15:07]

「Radeon Software Adrenalin Edition 18.11.2」公開。正式発売日に向けて「Battlefield V」への最適化を進めたバージョンに

[2018/11/20 11:30]

PowerColorのRX 590カードがオリジナルクーラー搭載で国内発売。税込約4万円

[2018/11/15 23:00]

「Radeon RX 590」レビュー。12nmプロセス技術を採用して製造される初のPolarisはミドルクラス市場で輝けるか

「Radeon RX 590」レビュー。12nmプロセス技術を採用して製造される初のPolarisはミドルクラス市場で輝けるか

 2018年11月15日23:00,AMDがGPU新製品「Radeon RX 590」を発表した。Radeon RX 500シリーズにとっては約1年半ぶりのシリーズ最上位モデルだ。12nmプロセス技術を採用して製造される初のPolarisには279ドルの値札が付いているが,ミドルクラス市場で輝くことができるだろうか? テスト結果をお届けしたい。

[2018/11/15 23:00]

西川善司の3DGE:PCIe Gen.4対応,そしてメモリバス帯域幅1TB/s到達。Vega 7nmは見るべきポイントの多いGPUだ

西川善司の3DGE:PCIe Gen.4対応,そしてメモリバス帯域幅1TB/s到達。Vega 7nmは見るべきポイントの多いGPUだ

 北米時間2018年11月6日のイベントでAMDは7nm世代のCPUとGPUの予告を行ったが,連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」では今回,「Vega 7nm」のほうを取り上げたい。微細化したマイナーチェンジと思いきや,PCIe Gen.4対応やメモリバス帯域幅1TB/s到達など,見るべき要素が多いようだ。

[2018/11/12 07:00]

「Radeon Software Adrenalin Edition 18.11.1」が「Battlefield V」「Hitman 2」「Fallout 76」最適化版として登場

「Radeon Software Adrenalin Edition 18.11.1」が「Battlefield V」「Hitman 2」「Fallout 76」最適化版として登場

 北米時間2018年11月8日,AMDが公式最新版グラフィックスドライバ「Radeon Software Adrenalin Edition 18.11.1」を公開した。今回は「Battlefield V」に「Hitman 2」,「Fallout 76」と,11月中に発売予定となっている大作へ向けた最適化版だ。

[2018/11/09 12:44]

西川善司の3DGE:驚異の64コア128スレッド対応。AMDの次世代モンスターCPU「Rome」はどんな構造になっているのか

西川善司の3DGE:驚異の64コア128スレッド対応。AMDの次世代モンスターCPU「Rome」はどんな構造になっているのか

 北米時間2018年11月6日にAMDは,7nmプロセス技術を採用して64コア128スレッドに対応する次世代EPYCプロセッサ「Rome」(開発コードネーム)を予告したが,果たしてこれはどんな構造で,次世代Ryzenとはどう絡むのだろう? 連載「西川善司の3Dエクスタシー」,今回は,現時点で明らかになっている情報をまとめてみたい。

[2018/11/08 00:00]

AMD,64コア128スレッド対応の次世代EPYC「Rome」を予告。「Zen 3」「Zen 4」マイクロアーキテクチャ開発の進捗も明らかに

AMD,64コア128スレッド対応の次世代EPYC「Rome」を予告。「Zen 3」「Zen 4」マイクロアーキテクチャ開発の進捗も明らかに

 北米時間2018年11月6日,AMDは,7nmプロセスを採用するサーバー向けの新型CPUおよび新型GPUを予告した。注目は「Zen 2」ベースで7nmプロセス技術を採用して製造される次世代EPYCプロセッサ「Rome」(開発コードネーム)で,64コア128スレッドに対応する強烈なスペックに注目だ。

[2018/11/07 14:10]

AMD,「Radeon Pro Vega 20」「Radeon Pro Vega 16」を発表。MacBook Pro向け

AMD,「Radeon Pro Vega 20」「Radeon Pro Vega 16」を発表。MacBook Pro向け

 北米時間2018年10月30日,AMDは,Vega世代のノートPC向けGPU「Radeon Pro Vega 20」「Radeon Pro Vega 16」を発表した。発表時点においてスペックの詳細は明らかになっていないが,同日付けで発表になった新型「MacBook Pro」のBTOオプションになるとのことだ。

[2018/10/31 13:33]

「Ryzen Threadripper 2970WX」「Ryzen Threadripper 2920X」レビュー。第2世代HEDT向けCPUの下位モデルは「ゲーマー向け」か?

「Ryzen Threadripper 2970WX」「Ryzen Threadripper 2920X」レビュー。第2世代HEDT向けCPUの下位モデルは「ゲーマー向け」か?

 2018年8月の正式発表時に10月中の市場投入が予告されていたAMD製CPU「Ryzen Threadripper 2970WX」「Ryzen Threadripper 2920X」がついに登場した。よりコア数が少なく,より安価な選択肢となるわけだが,その実力はゲーマーを満足させるものなのか。上位モデルと比較してみたので,レビュー前編として結果をお届けしたい。

[2018/10/29 22:00]

「Fallout 76」のβテストへ向けて最適化の入った「Radeon Software Adrenalin Edition 18.10.2」

[2018/10/26 12:25]

メーカー10社が集結する,PCパーツの祭典「CFD PC DIY フェス 2018」が秋葉原UDXで10月28日に開催へ。メーカー対抗「PUBG」対戦会も

メーカー10社が集結する,PCパーツの祭典「CFD PC DIY フェス 2018」が秋葉原UDXで10月28日に開催へ。メーカー対抗「PUBG」対戦会も

 PCパーツの総合サプライヤーであるCFD販売は,PCパーツメーカー10社が参加するイベント「CFD PC DIY フェス」を,東京・秋葉原のUDXで2018年10月28日に開催する。企画や各社のブースを通じてPCパーツやドローンの「今」を体感できるという,いわば「PCパーツの祭典」だ。

[2018/10/25 14:42]

ASRock,2連ファン仕様のクーラーを採用するRX 580およびRX 570カード

[2018/10/24 18:15]

AMD,Radeon Softwareによる32bit版OSのサポートを終了

[2018/10/18 18:13]

AMD,Windows 10 October 2018 Update正式対応版かつ「Black Ops 4」最適化版となる「Radeon Software Adrenalin Edition 18.10.1」を公開

[2018/10/15 12:40]

登場から約8か月でRaven Ridge「Ryzen 2000G」のゲーム性能は上がったか。歴代ドライバで性能を比較してみた

登場から約8か月でRaven Ridge「Ryzen 2000G」のゲーム性能は上がったか。歴代ドライバで性能を比較してみた

 デスクトップPC向けAPU「Ryzen Desktop Processors with Radeon Vega Graphics」(Ryzen 2000G)の発売から約8か月が経った。当初3か月に一度のリリースだったドライバはRadeon Softwareの公開タイミングに合わせたリリースに変わったりしたが,果たして性能の最適化はどれだけ進んだのか。テスト結果をレポートしたい。

[2018/10/09 12:47]

AMD,TDP 35Wで税込約7000円のAPU「Athlon 200GE」を9月28日に国内発売

AMD,TDP 35Wで税込約7000円のAPU「Athlon 200GE」を9月28日に国内発売

 2018年9月27日,AMDは,Athlonの名を冠するエントリー市場向けAPU「Athlon 200GE with Vega 3 Graphics」を9月28日に国内発売すると発表した。2C4T対応のCPUコアとVega世代のGPUコアを搭載するプロセッサで,メーカー想定売価は6480円(税込6998円)前後となる。

[2018/09/27 14:42]

「Radeon Software Adrenalin Edition 18.9.3」が「Assassin’s Creed Odyssey」と「Forza Horizon 4」最適化版としてリリース

[2018/09/27 12:17]

「Radeon Software Adrenalin Edition 18.9.2」登場。「Fortnite」など4タイトルで性能向上を実現

[2018/09/25 12:48]

グラフィックスメモリ容量4GB版のRX 560搭載カードが玄人志向から

[2018/09/21 17:37]

[TGS 2018]AMDが「レイトレに関する何らかの発表」を予告。「FreeSync」関連のデモアプリ配布も

[TGS 2018]AMDが「レイトレに関する何らかの発表」を予告。「FreeSync」関連のデモアプリ配布も

 東京ゲームショウの日本HPブースにAMD本社の偉い人が登場し,プレゼンテーションを行った。登壇を終えたところでごく短い時間をもらって話をしたところ,リアルタイムトレーシング関連,そして新しい技術デモについての予告を聞くことができたので,本稿ではその内容をお届けしたい。

[2018/09/21 15:48]

AMD,TDP 45Wの「Ryzen 7 2800H」「Ryzen 5 2600H」を製品リストに追加。ノートPC向け

AMD,TDP 45Wの「Ryzen 7 2800H」「Ryzen 5 2600H」を製品リストに追加。ノートPC向け

 北米時間2018年9月17日,AMDは,ノートPC向けAPU新製品「Ryzen 7 2800H」「Ryzen 5 2600H」を製品リストに追加した。Raven Ridge世代初のTDP 45Wモデルとなる両製品は,デュアルチャネルDDR4-3200メモリコントローラの搭載など,デスクトップPC向けRyzen 2000Gシリーズ比で強化が入っている。

[2018/09/18 11:46]

「Radeon Software Adrenalin Edition 18.9.1」公開。「Shadow of the Tomb Raider」最適化版は,GPUだけでなくRyzen 2000Gにも対応

[2018/09/13 11:07]

AMD,「Ryzen 5 2500X」「Ryzen 3 2300X」CPUを発表。OEM向け

AMD,「Ryzen 5 2500X」「Ryzen 3 2300X」CPUを発表。OEM向け

 2018年9月11日,AMDは,デスクトップPC向けのCPUであるRyzen Desktop 2000シリーズのラインナップに「Ryzen 5 2500X」「Ryzen 3 2300X」の2製品を追加した。両CPUとも,基本的には単品販売は行わないOEM向け製品で,Ryzen 5 2500Xは4コア8スレッド対応,Ryzen 3 2300Xは4コア4スレッド対応となっている。

[2018/09/11 19:09]

AMD,Athlonを冠したZenベースのAPU「Athlon 200GE」発表。ビジネス向けの第2世代「Ryzen PRO」と「Athlon PRO」も

AMD,Athlonを冠したZenベースのAPU「Athlon 200GE」発表。ビジネス向けの第2世代「Ryzen PRO」と「Athlon PRO」も

 2018年9月6日22:00,AMDは,エントリー市場向けの新型APU「Athlon 200GE」を発表した。また,ビジネスPC向けCPU「Ryzen PRO」の第2世代Ryzenモデルや,Athlon 200GEをベースにしたビジネスPC向けAPU「Athlon PRO」も同時に発表している。各製品を簡単に紹介しよう。

[2018/09/06 22:00]

Ryzen 2000Gシリーズ専用のHotfix版ドライバが公開に

[2018/09/03 11:22]

16C32T対応の新型CPU「Ryzen Threadripper 2950X」は,税込11万6500円前後で9月1日午前11時に発売

16C32T対応の新型CPU「Ryzen Threadripper 2950X」は,税込11万6500円前後で9月1日午前11時に発売

 2018年8月31日,AMDは,第2世代Ryzen Threadripperの16コア32スレッド対応モデル「Ryzen Threadripper 2950X」を9月1日午前11時に国内発売すると発表した。気になる税込の予想実売価格は11万6500円前後となっている。

[2018/08/31 18:29]

AMD,7nmプロセスを使う次世代CPU&GPUの製造をTSMCに委託

AMD,7nmプロセスを使う次世代CPU&GPUの製造をTSMCに委託

 北米時間2018年8月27日,AMDは,同社公式Blogにて,今後発表予定の次世代CPUやGPU製造に,TSMCの7nmプロセス技術を用いる予定であることを明らかにした。当初,これらのプロセッサは,GLOBALFOUNDRIESで製造する予定だったが,同社が7nmプロセスを断念したことを受けて,製造パートナーを変更したことになる。

[2018/08/31 13:57]

AMD,VegaベースGPUを2基搭載する「Radeon Pro V340」を発表。1枚で32ユーザーをサポートするVDI向けグラフィックスカード

AMD,VegaベースGPUを2基搭載する「Radeon Pro V340」を発表。1枚で32ユーザーをサポートするVDI向けグラフィックスカード

 北米時間2018年8月24日,AMDは,「Vega」ベースのGPUを1枚のカード上に2基搭載する仮想化ソリューション向けグラフィックスカード「Radeon Pro V340」を発表した。Radeon Pro V340は,Compute Unit数56基のGPUを2基と,総容量32GBのHBM2メモリを搭載しており,カード1枚で同時に最大32ユーザー分の仮想環境を提供可能だ。

[2018/08/31 11:55]

「Radeon Software Adrenalin Edition 18.8.2」が「Strange Brigade」と「F1 2018」の最適化版として登場

[2018/08/28 13:06]

コンテンツ制作用途向けグラフィックスカード「Radeon Pro WX 8200」が8月下旬に国内発売

[2018/08/27 11:52]

ASRock,リファレンス仕様のRX Vega 56カードを国内市場へ投入

[2018/08/24 20:44]

ドスパラ大阪・なんば店が8月25日に第2世代Ryzen Threadripper発売記念イベントを開催

[2018/08/20 18:32]

AMD,「Radeon Pro WX 8200」を9月上旬に税別999ドルで発売。Vega 10ベースのコンテンツ制作向けグラフィックスカード

AMD,「Radeon Pro WX 8200」を9月上旬に税別999ドルで発売。Vega 10ベースのコンテンツ制作向けグラフィックスカード

 北米時間2018年8月12日,AMDは,コンテンツ制作用途向けグラフィックスカード「Radeon Pro WX 8200」を9月上旬に税別999ドルで発売すると発表した。Vega 10ベースで56基のCompute Unitと容量8GBのHBM2メモリを搭載する製品だ。

[2018/08/14 14:41]

パソコン工房でRyzen Threadripper 2990WXの取り扱いが始まる

[2018/08/14 13:46]

「Ryzen Threadripper 2950X」レビュー。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは,買わない理由が見当たらない!?

「Ryzen Threadripper 2950X」レビュー。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは,買わない理由が見当たらない!?

 第2世代Ryzen Threadripperが正式発表となったタイミングで,AMDが「PCマニアとゲーマー向け」と位置づける16コア32スレッド対応モデル「Ryzen Threadripper 2950X」を入手することができた。果たして第1世代からは何が変わり,競合製品との力関係はどう変化したのか。テスト結果をお届けしたい。

[2018/08/13 22:00]

西川善司の3DGE:最大32コア64スレッド対応の第2世代Ryzen Threadripper,正式発表。進化のポイントはここだ

西川善司の3DGE:最大32コア64スレッド対応の第2世代Ryzen Threadripper,正式発表。進化のポイントはここだ

 日本時間2018年8月13日,AMDはHEDT市場向けRyzenプロセッサの第2世代モデルとなる「2nd Gen. Ryzen Threadripper」を正式に発表した。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回のテーマは,史上初めてデスクトップPC向けで最大32コア64スレッド対応を果たしたプロセッサの中がどうなっているのかについてだ。

[2018/08/13 22:00]

「MONSTER HUNTER: WORLD」など4タイトルへの最適化を果たした「Radeon Software Adrenalin Edition 18.8.1」

「MONSTER HUNTER: WORLD」など4タイトルへの最適化を果たした「Radeon Software Adrenalin Edition 18.8.1」

 北米時間2018年8月6日,AMDの公式最新版グラフィックスドライバ「Radeon Software Adrenalin Edition 18.8.1」がAMDから公開となった。今回は,「MONSTER HUNTER: WORLD」など4タイトルへの最適化を果たしつつ,Vulkan APIのExtension追加サポートも実現したメジャーアップデートだ。

[2018/08/07 15:03]

AMD,第2世代Ryzen Threadripperのラインナップと価格を発表し,実動デモも披露

AMD,第2世代Ryzen Threadripperのラインナップと価格を発表し,実動デモも披露

 日本時間2018年8月6日,AMDは第2世代Ryzen Threadripperのラインナップと価格,発売予定時期を発表した。それによると,32C64Tモデル「2990WX」は13日に1799ドル(税別)で,ゲーマー向けの16C32Tモデル「2950X」は31日に899ドル(税別)でそれぞれ登場予定だ。AMDによるデモの内容と合わせて概要をお伝えしたい。

[2018/08/06 22:00]

「Ryzen Threadripper 2950X」到着。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは今回も特殊な製品ボックス入りだ

「Ryzen Threadripper 2950X」到着。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは今回も特殊な製品ボックス入りだ

 第2世代Ryzen Threadripperの製品ラインナップなどが明らかになったタイミングで,第2世代Ryzen ThreadripperにおけるPCマニアおよびゲーマー向けモデル「2950X」の評価キットが到着した。今回も凝ったデザインになっている製品ボックスを取り急ぎ開封してみたので,ぜひチェックを。

[2018/08/06 22:00]

ASUS,B450チップセット搭載のゲーマー向けマザーボード4製品を発売

[2018/08/01 12:55]

AMD,「B450」チップセットを発表。ミドルクラス以下の市場へストレージ高速化技術「StoreMI」をもたらす

AMD,「B450」チップセットを発表。ミドルクラス以下の市場へストレージ高速化技術「StoreMI」をもたらす

 AMDは2018年07月31日22:00,AM4プラットフォーム向けのチップセット新製品「B450」を発表した。「X470」の下位モデルかつ「B350」の後継という位置づけの新チップセットは,ミドルクラス以下の市場へストレージの高速化機能である「StoreMI」をもたらす存在だ。

[2018/07/31 22:00]

Ryzen Desktop 2000シリーズの自動クロックアップ機能「Precision Boost 2」「XFR2」とストレージ高速化機能「StoreMI」はどう使えばいいのか

Ryzen Desktop 2000シリーズの自動クロックアップ機能「Precision Boost 2」「XFR2」とストレージ高速化機能「StoreMI」はどう使えばいいのか

 Ryzen Desktop 2000シリーズの特徴を掘り下げる記事の後編だ。前編で予告したとおり,本稿では「Precision Boost 2」「XFR2」といった自動クロックアップ周り,そしてストレージ高速化の新機能である「StoreMI」の実態と使い方についてじっくり考えていきたい。

[2018/07/28 00:00]

USB Type-Cケーブル1本でVR HMDをつなぐ規格「VirtualLink」発表――NVIDIAとOculus,Valve,AMD,MSが共同で業界標準を目指す

USB Type-Cケーブル1本でVR HMDをつなぐ規格「VirtualLink」発表――NVIDIAとOculus,Valve,AMD,MSが共同で業界標準を目指す

 北米時間2018年7月17日,NVIDIAとOculus VR,Valve,AMD,Microsoftが参画する業界コンソーシアムは,USB Type-Cケーブル1本でVR HMDをPCなどと接続するための規格「VirtualLink」を発表した。ハイエンドなワイヤードVR HMD環境のケーブル周りが,次世代製品ではかなりすっきりするかもしれない。

[2018/07/18 11:22]

「Radeon Software Adrenalin Edition 18.7.1」登場。「Earthfall」最適化版は「Fortnite」がハングするバグにも対処

[2018/07/13 11:53]

大阪と那覇,旭川のパソコン工房でAMDとXPGのゲーマー向け共同イベントが開催

[2018/07/12 18:12]
さらに記事を探す

Ryzen

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

EPYC

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon RX 500

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon RX Vega

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon Pro,Radeon Instinct

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2016/07/25

Radeon R9 Fury

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon RX 400

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Bristol Ridge)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Navi(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R5 200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon Software

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD製のGPUおよびAPU,チップセット製品に対応したドライバスイート。旧ATI Technologies時代より,その名称は長らく「Catalyst」だったが,北米時間2015年11月24日をもって新名称となった。

AMD A-Series(Carrizo)

ジャンル
  • GPU
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Kaveri)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R9・R7・R5 M300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R5 300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2015/05/06

Radeon R9 300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2015/05/06

Radeon R7 300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2015/05/06

FreeSync

ジャンル
発売元 AMD
発表日 -

Mantle

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

TrueAudio

ジャンル
  • サウンド
発売元 AMD
発表日 -

AMD FX(Kaveri)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

Project Skybridge(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series,AMD E-Series,Athlon,Sempron(Temash,Kabini)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2013/05/23

Embedded Radeon

ジャンル
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R7 200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R9・R7・R5 M200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2014/01/06

Beema,Mullins(開発コードネーム)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R9 200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 8900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2013/01月上旬

Radeon HD 7700

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Trinity,Richland)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/05/15

Oland(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Bonaire(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Hainan(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Curacao・Aruba(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 8000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD FX(Vishera)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 2012/10/23

AMD FX(Zambezi)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 2011/10/12

Sempron

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7800

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A85

ジャンル
  • チップセット
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Llano)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/01/10

 DirectX 11に対応するノートPC向けGPUシリーズ。米国時間2012年1月10日時点でのラインナップは,Radeon HD 7600M/7500M・7400M・7300Mシリーズとなっているが,それらは順にRadeon HD 6700M/6600M・6400M・6300Mのリネーム品である可能性が高い。

Radeon HD 7600

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2011/12/22

Radeon HD 6700

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2011/01/20

 40nmプロセス技術で製造され,DirectX 11をサポートするGPUシリーズ。開発コードネームは「Barts LE」である。同「Nothern Island」ことRadeon HD 6000シリーズでミドルクラスモデルの位置づけだ。このほか,OEM向けモデルとして,開発コードネーム「Evergreen」世代のATI Radeon HD 5700シリーズにHDMI 1.4aのサポートだけを追加したリネーム品も存在している。

Radeon HD 6900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2010/12/15

 開発コードネーム「Nothern Islands」とされてきたRadeon HD 6000シリーズの最上位モデル。40nmプロセス技術で製造される開発コードネーム「Cayman」と,Caymanを2基搭載したデュアルGPUの開発コードネーム「Antilles」が存在し,どちらもDirectX 11をサポートする。

AMD E-Series,AMD C-Series

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Wichita(開発コードネーム)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/前半

Radeon HD 6000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

 開発コードネーム「Vancouver」と呼ばれていたノートPC向けGPUシリーズで,DirectX 11に対応。ノートPC向けGPUでは,このシリーズからATIブランドが廃止された。ラインナップは,UVD 3やHDMI 1.4aに対応するRadeon HD 6900M・6700M・6600M・6400Mシリーズと,ATI Mobility Radeon HD 5000シリーズがベースとなるRadeon HD 6800M・6500M・6300Mシリーズがある。


トピックス
スペシャルコンテンツ