オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/06/03 11:01

イベント

[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露

 COMPUTEX TAIPEI 2015のメイン会場であるTWTC Nangangに大きなブースを構えるASRockは,ゲーマー向け製品ブランド「ASRock GAMING」の立ち上げをブースにおいて宣言。合わせて,第1弾製品の1つとなるゲーマー向け無線LANルーター「G10」の動作デモ展示を行っていた。

G10。一般にルーター製品は黒や白が多いのだが,G10の外観は赤色だ。このカットだと角度の問題で分かりにくいが,ASRockロゴは金色であり,なんとも中華圏っぽい感じである
画像(003)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露

IPQ8064のブロック図。ASRockによれば,メインメモリ容量は512MBとのこと
画像(002)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露
 「ゲーマー向け○○」という製品が出てきた場合,当然のことながら「何がゲーム用途に向くのか」という話になるが,ASRock GAMINGでプロダクトマネージャーを務めるAlex Liu(アレックス・リウ)氏によると,G10では,Qualcomm Atheros製SoC(System-on-a-Chip)にして,「Internet Processor」と位置づけられる「IPQ8064」を搭載することがそれにあたる。1.4GHzで駆動するデュアルコアKrait CPUと,デュアルコアのネットワークアクセラレータを統合した同SoCによって,ゲームアプリケーションのパケットを自動認識し,優先して適切なネットワーク帯域幅を確保できるのだという。

背面側のインタフェース。4つ並んだLANポートの上に見える2つのボタンは,5GHz帯用と2.4GHz帯用のそれぞれに向けて用意されたWPSボタンだ
画像(004)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露
 ASRockはこの機能を「Gaming Boost」と名付けているが,そんなGaming Boostを支える足回りでは,1000BASE-T LAN×4と,IEEE 802.11ac対応の無線LANをサポート。IEEE 802.11acの5GHz帯では最大1733Mbps,IEEE 802.11nの2.4GHz帯では最大800Mbpsの帯域幅を確保してあるのもポイントだ。
 8本のアンテナを内蔵した4×4 MIMO仕様になっており,複数のクライアント端末と同時に通信できる「MU-MIMO」(Multi-User MIMO)に対応することから,「PCとタブレットなど,同時に複数の端末でオンラインゲームをプレイしても,十分な速度を確保できる」(Liu氏)とのことである。

 というわけで,“なんちゃって系”ではなく,確かにゲーマー向けルーターだと紹介していい印象なのだが,それで終わらないのが,変態マザーボードのメーカー(?)として実績豊富なASRockの製品である。

HDMI Dongle & Travel APを本体に格納した状態(上)。なぜLANの口が背面の一番上に1つ用意されているのか疑問に思ったが,この部分が引き出せるのだった(下)
画像(005)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露
画像(006)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露
 最も奇抜なのは,本体に差し込んで格納できる「HDMI Dongle & Travel AP」で,これは何かというと,Wi-Fi Allianceが策定した無線HDMI技術「Miracast」レシーバーに,ホテルなどの有線LANを無線LAN化する,いわゆるホテルルーター機能を追加したものだそうだ。
 なぜその2つを2-in-1化したのかという疑問はさておき,家庭内でG10と接続された状態では,HDMI Dongle & Travel APをテレビと接続することにより,たとえばスマートフォンで再生しているビデオなどをテレビに表示できる。また,HDMI Dongle & Travel APだけを外出先へ持ち出して,用意されているWANポートと有線LAN接続すると,無線LANアクセスポイントとしてスマートデバイスを利用できるのだ。
 控えめに言ってもどうかしているアイデアだが,話を聞くと「便利かも」と思えてくるあたり,ASRockの真骨頂と言ってもいいかもしれない。

左と中央はHDMI Dongle & Travel APの表側と裏側。引き出すと,HDMI Type A端子が“生えて”いる。右は会場で行われていたデモ。なぜかWANポートにLANケーブルが差さっているが,ここでG10とHDMI Dongle & Travel AP間はワイヤレス接続されている
画像(007)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露 画像(008)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露 画像(009)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露

Android版のIOT Application
画像(010)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露
 もう1つ,本体に学習リモコン機能を持つというのも,重要なトピックとして紹介しておく必要があるだろう。
 G10では,「IOT Application」というAndroid/iOS用アプリを使うことにより,無線LANの中だけでなく,外出先からも,家庭内ネットワークの設定を行える。そして,G10にはUSB 3.0が2系統用意されており,そこに接続されたストレージなどにも簡単にアクセス可能だ。リモート制御はアプリベースなので,ファイアウォールやIPアドレスの設定といった,面倒な作業なしに,家庭内LAN内のデバイスを利用できる……というのが前振りである。

アプリ側からルーターを設定したり,ルーターに接続されたストレージデバイスを利用したりできる
画像(011)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露 画像(012)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露

IOT Applicationから「IR Control」を選択すると,複数のリモコン設定を行える。ここでは「Channel 2」を選択したところで,学習や,動作テスト,学習内容の削除,学習内容の保存といった操作をここから行える
画像(013)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露
 IOT Applicationには,学習リモコンの制御機能が用意されており,本体前面下部に用意された赤外線(IR)レシーバーを使って,家電用のリモコンを学習させると,本体背面の赤外線トランスミッタから,家庭内にあるデバイスを操作できるようになるのだ。自宅にあるデバイスをIoTデバイスばりに使えるから,IOT Applicationというわけである。
 なお,「赤外線リモコンを使って操作するデバイスなら何でも操作できる」と言うLiu氏によると,ASRockでは,帰宅直前にエアコンをオンにしたり,Xbox Oneから録画設定を行ったりという使い方を想定しているとのこと。もちろん,もっと突拍子もない使い方も可能だろう。

本体前面下にある赤外線レシーバー(左)と,本体背面上,WPSボタンとHDMI Dongle & Travel AP収納用スロットの下に用意された赤外線トランスミッタ(右)
画像(014)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露 画像(015)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露

 ゲーマー向け無線LANルーターを謳う資格は十分にある印象ながら,それに留まらない多機能さを持つこのG10。世界市場では7月にも発売予定で,北米市場においては250ドル(税別)くらいで出回る見込みという。
 日本でも,ASRock GAMINGの立ち上げに合わせて投入したい旨をLiu氏は力強く語っていたので,続報に期待したい。

無線LAN関連の機能では,ビームフォーミングや,出力の自動調整機能,友人が訪ねてきたりしたときに便利なゲスト用ネットワーク設定機能なども用意されている。基本はしっかりしている印象だ
画像(016)[COMPUTEX]「ASRock GAMING」ブランドを立ち上げたASRockが「ゲーマー向け無線LANルーター」を披露

ASRock公式Webサイト(英語)

COMPUTEX TAIPEI 2015取材記事一覧

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月24日〜09月25日
タイトル評価ランキング
93
66
54
VALORANT (PC)
44
VALIANT TACTICS (PC)
2020年03月〜2020年09月