オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
バイオハザード7 レジデント イービル公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2017/01/26
  • 価格:Steam版:7398円(+税)
    Windows Store版:未定
読者の評価
73
投稿数:6
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[gamescom]「バイオハザード7」の最新デモ「ランタン」プレイレポート。今度は,狂気に満ちた謎の女にひたすら追われる恐怖が待つ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/08/17 17:00

プレイレポート

[gamescom]「バイオハザード7」の最新デモ「ランタン」プレイレポート。今度は,狂気に満ちた謎の女にひたすら追われる恐怖が待つ

 2016年6月のSony Interactive Entertainmentのプレスカンファレンスで,正式に発表された「バイオハザード7 レジデント イービル」PC / PlayStation 4 / Xbox One)。カプコン初のPlayStation VR対応タイトルであり,サバイバルホラーの金字塔「バイオハザード」シリーズ最新作ということで,その当時の衝撃は記憶に新しい(関連記事)。
 発表直後にはPS4向けの体験版「バイオハザード7 ティザー〜ビギニングアワー〜」が配信されているものの,その全容はほとんど明らかになっていないというのが現状だ。


 今回,そんなバイオハザード7の最新デモ「ランタン」をプレイする機会を得た。このバージョンは,現地時間8月17日にドイツ・ケルンで開幕したgamescom 2016にて,特定のメディア限定で公開されるものだ。プレイ時間としては15〜20分の短いボリュームではあるが,「ビギニングアワー」とはまったく違う内容であり,本作の新たな一面を垣間見ることができた。
 なお,今回プレイしたのは,PlayStation 4版(PS VRの環境ではない)である。


「バイオハザード7 レジデント イービル」公式サイト


 「ランタン」では,とある女性キャラクターを操作して,執拗に追ってくる謎の女から逃げることが目的となる。「ビギニングアワー」と同様,プレイヤーに攻撃の術はない。
 スタートすると,すぐに水上コテージらしき建物が目の前に現れる。舞台や設定に関する説明はほとんどないが,ランタンを持った女が背後から迫っていることは分かるので,当然ながらコテージに侵入するしかない。

主人公の女性はイーサンという人物にこの状況を伝えるために,映像を録画していると思われる。プレイヤーが見ているのは,その残されたビデオテープという設定のようだ
バイオハザード7 レジデント イービル

 建物の内部はかなり寂れた様子で,人の気配はない。そこで身を潜めていると,先ほどの謎の女が姿を現す。一見すると普通の中年女性,しかしその素振りは常人のものとは思えず,ただごとではない。殺意なのか,愛憎なのか,得も知れぬ感情に支配されているようで,血眼になって主人公の女性を探している。

バイオハザード7 レジデント イービル

 その口ぶりから主人公と無関係ではないことがうかがえるが,発言の内容が断片的であるため,詳細は不明。「ビギニングアワー」と同じく,プレイヤーが受け取れる情報はかなり限られており,あれこれ想像するのが精一杯だ。何も分からないことで,不安や恐怖が増幅されていく……。

バイオハザード7 レジデント イービル
何やら意味の分からないことをわめきながら,主人公を探し回る謎の女。明らかに様子がおかしい……
バイオハザード7 レジデント イービル

 謎の女から逃れる方法は,隠れることしかないようだ。一度見つかってしまうと,逃げ切れる可能性は極めて低く,そのまま「THE END」。つまり,見つからないようにすることが重要となる。
 幸い,コテージにはさまざまな物が溢れているので,謎の女が迫ってきたら,それらに身を隠してやり過ごすことになる。ステルスアクションゲームのように,彼女の注意が逸れた瞬間に移動する場面もある。

バイオハザード7 レジデント イービル

 ただし,謎の女は非常に執念深く,至るところに目を配るため,少しでも目立つ行動は厳禁だ。そのため,隠れているときの恐怖と緊張感が高く,思わずプレイヤーも身を小さくして静かになる。彼女がジロッとこちらを見ようものなら「やばい! 見つかったか?」とヒヤヒヤ。「早く向こうに行ってくれ!」と口走ってしまいそうだ。

「ランタン」では,従来の「バイオハザード」から連想できるような“謎解き”も確認できた。製品版では,謎解きも重要な位置を占めるのではないだろうか
バイオハザード7 レジデント イービル

 プレイレポートは以上だ。主人公は謎の女から,逃げ切れるのか。それとも……。ここで結末を明かしてしまうのは,野暮というものだろう。
 今回,「ランタン」をプレイして実感したのは,追われる立場の恐ろしさだ。プレイヤーが非力であることや,謎の女の生々しい異常性,ひたすら不気味なコテージという舞台が相まって,恐怖に拍車をかけている。

バイオハザード7 レジデント イービル

 これは「ビギニングアワー」でも感じたことだが,システムがとにかくシンプルで,贅肉を削ぎ落としたようなスリムさがある。実際,「ランタン」にはチュートリアルらしいチュートリアルは存在せず,いきなり劇中に放り込まれたが,システムや操作がシンプルなので,つまずくことはなかった。

バイオハザード7 レジデント イービル

 「バイオハザード7」では,シリーズの原点である“恐怖”が強調されがちだが,こうした点も注目したいところだ。発売は2017年1月26日に予定されているが,今回のデモをプレイして,本作への期待がさらに膨らむ。1日も早く,この身を恐怖という沼に沈めてみたい。
 なお,現時点では「ランタン」の配信や一般展示の予定はないとのことだが,今後の展開に期待したい。

「バイオハザード7 レジデント イービル」公式サイト

  • 関連タイトル:

    バイオハザード7 レジデント イービル

  • 関連タイトル:

    バイオハザード7 レジデント イービル

  • 関連タイトル:

    バイオハザード7 レジデント イービル

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月