オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アッシュと魔法の筆公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/23 20:00

イベント

[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作

 アメリカのサンフランシスコにて開催されたGame Developers Conference 2019(GDC 2019)の最終日となる現地時間2019年3月22日に,「The Musical Brush」というセッションが開かれた。

画像(002)[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作

Samuel Marshall氏
画像(001)[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作
 これはSony Interactive Entertainmentが2019年春に発売を予定しているPlayStation 4用ソフト「Concrete Genie」(国内版のタイトル名は「アッシュと魔法の筆」)の音楽に関するセッションだ。開発スタジオPixel Opusのコンポーザー / オーディオディレクターのSamuel Marshall氏が,不思議な世界観を持つ本作の音楽について語った。

 「Concrete Genie」は,寂れた漁村に生まれ育った少年アッシュの物語を描くアクションアドベンチャー。絵を描くことが好きな心優しいアッシュだが,そこにつけこまれてか,ほかの子供にいじめられている。そんな彼は,あるとき不思議な筆を手に入れ,その力によって町に活気を取り戻すための冒険に出ることになる。

画像(009)[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作

 独特のシステムとなっているのが,壁に絵を描くことで不思議な力が生まれる魔法の筆だ。草木や花,そして「かいぶつ」などを描いて,行けなかった場所に移動したり,追いかけてくるいじめっ子を追い返したりできる。そしてこの筆は,暗く荒んでしまった町に活気を呼び戻す奇跡の力を持つという。
 
 本作の特徴として,カラフルなグラフィックスや自由度の高い操作性,そして音楽がある。魔法の筆で絵を描くと,筆使いに合わせてさまざまなメロディが流れるのだ。

画像(011)[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作
画像(010)[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作

 本作独特の世界観に深い関心を抱いたというSamuel Marshall氏は,AAAタイトルからインディーズまで,さまざまな作品の楽曲制作に携わってきた人物だが,そんな氏であっても,40分にわたる楽曲がボツになるなど,本作の楽曲制作ではかなり苦悩したという。

 迷いながらたどり着いたのは,ゲームの3つの柱となっている部分。1つ目は「幼年期」。遊び心や無邪気さ,創造性への喜びだ。2つ目は,アッシュが迎えることになるであろう,いじめ,成長とそれへの葛藤といった「立ち向かうもの」。そして3つ目は,魔法の筆を振るって描く絵とそれによって起こる奇跡と不思議な異世界という「魔法」だ。それらに立ち返ることによって,ゲーム内の楽曲や筆使いとリンクしたメロディが流れる「The musical brush chime system」が生まれたそうだ。

画像(003)[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作 画像(004)[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作
画像(005)[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作

 また,ゲーム作品における「静寂」の重要性も語られた。常日頃から音楽をループさせる必要性について考えているというSamuel Marshall氏は,「静寂があるからこそ,次にどのような展開で音楽が鳴るかという期待が生まれ,音楽が大きな力を持てるようになる。静寂は作品を構成するうえでの選択です」と話した。

画像(006)[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作
画像(007)[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作

画像(008)[GDC 2019]魔法の筆が美しい絵を描き,メロディも奏でる。「Concrete Genie」のコンポーザーが語った音楽制作
 セッションではゲームシーンを流しながら,本作の楽曲が解説される場面もあった。発表時にゲームシステムやグラフィックスに驚かされたというゲームファンは少なくないかもしれないが,もう一つの柱となっている音楽にも注目しつつ,今後の情報公開に期待してほしい。

「アッシュと魔法の筆」公式サイト

4GamerのGDC 2019関連記事


  • 関連タイトル:

    アッシュと魔法の筆

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/10/10)
【PS4】アッシュと魔法の筆【早期購入特典】オリジナルPS4テーマが手に入るプロダクトコードチラシ(封入)
Video Games
発売日:2019-10-10
価格:2626円(Amazon) / 2550円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月