オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Mini Metro
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
地下鉄シミュレーションゲーム「Mini Metro」,Nintendo Switch版が配信開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/30 16:39

リリース

地下鉄シミュレーションゲーム「Mini Metro」,Nintendo Switch版が配信開始

Mini Metro
配信元 架け橋ゲームズ 配信日 2018/08/30

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

世界中の都市を舞台にした地下鉄シミュレーション
あなたのホームに参ります
『Mini Metro』
Nintendo Switch版リリースのお知らせ

画像(007)地下鉄シミュレーションゲーム「Mini Metro」,Nintendo Switch版が配信開始

本日、Radial Gamesは地下鉄シミュレーションゲーム『Mini Metro』(開発:Dinosaur Polo Club)をNintendo Switchにてリリースいたしますことをお知らせいたします。本作は、2015年のSTEAM(PC)版のリリース以来、iOSやAndroidでもミニマルで独特なデザインと、その秀逸なゲーム性で大人気を博しているタイトルです。

『Mini Metro』とは
『Mini Metro』は急速に発展する都市にあわせて、地下鉄の路線網を自分自身で構築する地下鉄シミュレーションゲーム。

画像(001)地下鉄シミュレーションゲーム「Mini Metro」,Nintendo Switch版が配信開始 画像(002)地下鉄シミュレーションゲーム「Mini Metro」,Nintendo Switch版が配信開始

都市、地下鉄、駅、利用者。
あなたは路線網を自由に構築することが可能です。駅と駅の間に路線を敷いていくことで、利用者たちは自動的にメトロに乗り、最短経路で移動します。

時間経過とともに都市が成長していくにつれ、利用者も増加していきます。利用者が駅にあふれないように、常に効率的な路線網を組みましょう。

増え続ける利用者の対応にスリルを感じるほどの忙しさ。その中で、自分ならではの路線網を構築する楽しみを感じることでしょう。

画像(003)地下鉄シミュレーションゲーム「Mini Metro」,Nintendo Switch版が配信開始 画像(004)地下鉄シミュレーションゲーム「Mini Metro」,Nintendo Switch版が配信開始

  • 3タイプのゲームモード。ゲームが難しいと感じたら「エンドレスモード」で路線網のいろいろなパターンを試すことが可能です。
  • ロンドン、ニューヨーク、大阪、モントリオール、上海など、実在する20の都市をモデルにした地下鉄のシミュレーションを体験してください。
  • 新しい路線や後続車両、乗換駅など、定期的に獲得できる設備を上手く利用し、より効率的な路線網を構築しましょう。
  • 最大4人までのローカル協力プレイに対応。
  • 色覚モードと夜間モードにも対応。

画像(005)地下鉄シミュレーションゲーム「Mini Metro」,Nintendo Switch版が配信開始 画像(006)地下鉄シミュレーションゲーム「Mini Metro」,Nintendo Switch版が配信開始

『Mini Metro』詳細
https://radialgames.com/minimetro/
http://dinopoloclub.com/minimetro/

Nintendo eShop : https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000013278
タイトル : Mini Metro
パブリッシャー : Radial Games
開発スタジオ : Dinosaur Polo Club
ジャンル : パズル / シミュレーション / アーケード
プレイ人数 : 1〜4人(ローカルマルチプレイ対応)
プラットフォーム : Nintendo Switch
価格 : 1,100円(税込)
コピーライト : (C) Dinosaur Polo Club & Radial Games Corp


【パブリッシャー】Radial Gamesについて
2009年よりバンクーバーで設立されたRadial Games。オリジナルの新規タイトルの開発とパブリッシャー業務をこなしています。
『ROCKETSROCKETSROCKETS』のように自らタイトルを開発するスタジオとして機能するほか、『Mini Metro』のプロジェクトのように、コンソール移植や、他にもiOS/Androidへの移植、パブリッシュするなどしています。
公式サイト : https://radialgames.com/

【開発スタジオ】Dinosaur Polo Clubについて
ニュージーランドのインディーゲーム開発スタジオ。双子であるPeter CurryとRobert Curryにより設立されました。
『Mini Metro』のプロトタイプとなるタイトルは2013年に開催されたゲームジャムをきっかけに誕生し、STEAM Greenlight通過、2014年8月に開始されたアーリーアクセスを経てPCやスマートフォンでリリースされました。今回のNintendo Switch対応についても新機能を追加するなど精力的に活動しています。
公式サイト : https://dinopoloclub.com/

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて
架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。
2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームはすでに『Overcooked®』シリーズ『Salt and Sanctuary』『Owlboy』『RUINER』『Yooka-Laylee(ユーカレイリー)』『Hollow Knight (ホロウナイト)』『Dead Cells』など100以上のタイトルをサポートしてきました。
公式ホームページ : www.kakehashigames.com
Twitterアカウント : @kakehashigames
  • 関連タイトル:

    Mini Metro

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日