オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
47 HEROINES公式サイトへ
  • 禹諾国際
  • 発売日:2019/02/14
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/15 12:00

広告企画

【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

 2019年2月14日,禹諾国際のゲームパブリッシングブランド“YUNUO GAMES”が手がけるスマホ向けアプリ「47 HEROINES」(ふぉーてぃーせぶん ひろいんず,iOS / Android)の正式サービスが開始された。

画像(001)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

 本作は,絶望のただ中にある近未来の日本で,悪魔と戦うべく集められた47人の少女たちの成長と奮闘を描くシミュレーションRPGだ。さまざまな決意が交錯するストーリーや,SF設定が存分に活かされた各種システムの詳細を,ゲーム序盤のプレイインプレッションとともに解説する。


「47 HEROINES」公式サイト

「47 HEROINES」ダウンロードページ

「47 HEROINES」ダウンロードページ


神に見放された祖国を救うため
選ばれし47人のヒロインが立ち上がる!


 タイトルの“47”にピンときたアナタは鋭い。これはゲームに登場するヒロインの人数を表すものだが,日本の行政区画である都道府県の数とも一致する。そう,本作の舞台は未知の脅威の襲撃を受けて壊滅状態にある日本だ。故郷を救うため各都道府県から召集された“Debugger(デバッガー)”と呼ばれる47人の少女たちの,戦いと絆の物語が描かれる。

【プロローグ】

 201X年。何の予兆もなく日本各地に発生した球状の黒点“虚無”は,あたりに存在するすべてのものを飲み込み,消滅させた。虚無に怯え,逃げ惑う人々。そこへ,さらなる悲劇が起きた。空が割れ,その亀裂から続々と現れた異形の存在“悪魔”が人間を捕食し始めたのだ。人智を超えた現象と敵を前に,国家は,人類は,なすすべがなかった。

 悪魔の出現からひと月後,“トル”と名乗る謎の生命体の呼びかけに応じた少女たちが集う。デバッガーとして悪魔に対抗する特別な力を持った47人の少女は,それぞれの“戦う理由”を胸に抱き,同志とともに脅威に立ち向かう。

トルはチュートリアルの相手を務めるだけでなく,デバッガーを呼び集めた存在としてメインストーリーにも深く関わる
画像(002)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説


■47人のイラストレーターと声優陣が命を吹き込む個性豊かなヒロイン


 チュートリアルを始める前に,プレイヤーは6つの攻略エリア(北日本/関東/中部/近畿/中四国/南日本)に分割された47の都道府県から,ヒロインを1人選ぶ。ここで,選択した都道府県の★5デバッガーが獲得でき,最初の攻略地域が決定するのだ。

ヒロインは,見た目の好みや,プレイヤーの出身地などで決めてもいいが,★5のデバッガーなのでおのずとチームの主力になることも忘れずに。筆者は現在暮らしているアキタ(北日本エリア)を選択した
画像(003)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
画像(004)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

 各都道府県でプレイヤーとの出会いを待つ47人のヒロインは,それぞれに性格や趣味,年齢などのキャラクター設定,そして個別のストーリーが用意されている。ルックスもみな個性的だが,それもそのはず,ヒロインは47人全員が異なるイラストレーターによって描き起こされており,さらに,47名の豪華声優陣が個別にボイスを当てているのだ。

画像(005)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(007)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(009)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
画像(006)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(008)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(010)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

 公式サイトの“キャラクター”には,47都道府県のヒロインが詳細な情報とともにまとめられているのでチェックしてみよう。なお,当該ページに並ぶ順番で,ヒロインの下の名前の頭文字(柳野彩華なら“い”)を拾っていくと,本作に隠されたもうひとつの“47”を発見できるはずだ。

フルボイスで展開される,メインストーリーのイベントシーン。“Live2D”によってキャラクターがセリフに合わせて滑らかに動き,コロコロと表情を変える
画像(013)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
うら若き乙女と近未来ディストピアを融合した,ギャップのある世界設定やビジュアルも本作の特徴。サイバーなデザインにも注目だ
画像(011)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(012)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説


47の物語が紡がれるストーリークエスト
6つのエリアを攻略して悪魔の出現を断て


 1人目のデバッガーを選び,トルの手ほどきによるチュートリアルをひととおり終えると,いよいよ攻略開始だ。この時点で,同じエリアのヒロインが全員仲間に加えられているので,最大5人のチームを編成して“ストーリークエスト”に挑もう。

 ストーリークエストは,そのエリアのステージを順番にクリアし,ヒロインたちの物語を進めるモードだ。ステージでは悪魔とのバトルが行われ,勝利するとつぎのステージがオープンする。なお,ストーリークエストで攻略できるのは1エリアずつで,攻略中のエリアの全ステージを終えるまでほかのエリアに入れない。

トルによれば,6つのエリアにある“Ωシステム”の端末をすべて復旧することで,悪魔が巣くうこの状況を変えられるという。全国のデバッガーの力を借り,全6エリアを開放してΩシステムを起動するのが,ストーリーモードの当面の目標になるようだ
画像(014)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
ステージごとにイベントシーンの舞台が変わり,その土地出身のヒロインを中心にしたストーリーが展開される。終末感溢れる背景は,もちろん47都道府県すべてに用意されている
画像(015)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(016)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
15のステージをクリアすれば,そのエリアの攻略はいったん終了。つぎはクエストメニューの“エリアクエスト”で,別エリアの都道府県の“解放戦”に挑戦しよう。バトルに勝って都道府県の“侵食率”を下げると,当該エリアのストーリークエストがオープンする。なお解放戦では,クリア報酬でその土地のヒロインが獲得できる
画像(017)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
画像(018)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(019)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説


■広大なマップで行われる戦略性の高いバトル


 「47 HEROINES」のバトルは,マス目で区切られたマップ上で駒のようにユニットを動かして攻防をくり広げる,いわゆるタクティカルコンバット方式で行われる。自軍と敵軍がターンを切り替えながら交互に行動し,限られたターン内で相手を全滅させれば勝利(全滅以外の条件が設けられたステージもある)。報酬として強化素材などが手に入る。

勝利条件にはターンの制限数が設けられているが,敵が弱くて数も少ない序盤はまったく気にしなくていい。難度が低いうちにいろいろ試し,バトルに慣れよう。“AUTO”をタップして自動操作モードに切り替え,AIのプレイを参考にするのもアリだ
画像(021)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(023)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
バトルマップは最大21×21マス。自軍ユニットはどのような順番で行動させてもよく,移動とアクション(攻撃など)がワンセットになっている。動かしたいユニットをタップすると移動範囲と攻撃範囲が表示され,行動を“確定”するまでは何度もやり直しがきくため,初めてのバトルでも操作に戸惑うことはなかった
画像(024)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
画像(025)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(026)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
画像(027)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(028)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
ユニットは通常攻撃のほか,“特技”や“奥義”といったスキルを使える。アクティブスキルである特技は“SP”を消費し,奥義は“奥義ゲージ”が満タンの状態でのみ使用可能。奥義発動時はスペシャルな演出を見ることができる!
画像(029)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(030)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
画像(031)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説


■悪魔を取り囲んで攻撃すればダメージアップ


 敵への攻撃は単体で行わず,複数のユニットを協力させて“包囲”“アシスト”で大ダメージを狙うのが基本戦術となる。これが本作のバトルの目玉要素である“Surround Attack System(SAS)”だ。

 敵ユニットを2体(以上)の味方ユニットで隣接して挟み込み,攻撃を行うと“包囲”が発生。通常より相手に与えるダメージがアップする。

包囲/アシストの条件を満たしていると,攻撃実行前に,その効果を加算した与ダメージ値が確認できる。包囲はアシストとセットになることがほとんどで,アシストは最大5人での連続攻撃が可能だ!
画像(032)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
画像(033)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(034)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

 敵ユニットに攻撃を繰り出す際,そのターゲットを攻撃範囲(ユニットが習得しているスキル“アシストアタック”の攻撃範囲)内に捉えた味方ユニットがほかにいると“アシスト”が発動。複数の味方ユニットによる連続攻撃で,相手のHPを大きく削ることができる。アシストには行動済みのユニットも参加可能なうえSPも消費しないため,うまく位置取りできれば1ターンで何度も攻撃が行えるのだ。

近接攻撃タイプのユニットは移動範囲が広く,包囲/アシストを起こしやすい。アシストを連鎖させるポイントは,“2体以上の敵を攻撃できる位置”に味方ユニットを置くこと。そうすれば,ほかのユニットでそれらの敵を攻撃した場合,必ずアシストが発生する
画像(035)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(036)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
味方ユニットを近くにまとめ,寄ってきた敵を包囲/アシストで一気に殲滅,という作戦が序盤のバトルでは有効だ。遠距離/範囲攻撃をする敵ユニットが登場するまではこの戦い方でいける
画像(037)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(038)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説


悪魔を捕獲し,その力を利用せよ
デバッガーの特性を決める塩基の能力とは


 デバッガーは,経験値取得によるレベルアップやランクアップ,スキル/武器の強化などで能力を高められる。そのほか,“塩基”の特殊な能力を持った少女たちは,悪魔を捕らえ,その力を自分自身や武器の性能向上に活用できるのだ。

デバッガーは,バトル中に行動するたびに経験値を獲得する。また,デバッガーや武器は,強化素材やほかのユニット/武器をかけ合わせることでも経験値が得られ,レベルを上げられる
画像(039)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
画像(040)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

 バトルで敵を倒したとき,まれに“ゲノムデータ”を入手することがある。そのゲノムデータを再構築すると悪魔が仲間に加わり,味方ユニットとして自由に操れるようになる。

敵の撃破エフェクトが変化し,とどめを刺したデバッガーが「捕獲成功」的なセリフを発したら,ゲノムデータを入手したということ。バトル後,獲得したゲノムデータが表示されるので,データを選び,「メモリーキューブ」を使って悪魔を再構築しよう。この再構築の際に悪魔の“グレード”(D/C/B/A/S)が決定し,グレードが高いほど所持スキルが多くなる
画像(041)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(042)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説
画像(043)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

 仲間に加えた悪魔は,チームに編成してバトルに出せるほか(デバッガーと同様に強化も可能),装備やバトルスーツに装着してデバッガーの能力を上昇させることもできる。悪魔利用のカギを握るのは,デバッガーが持つ塩基の能力だ。

塩基にはA(アデニン)/T(チミン)/G(グアニン)/C(シトシン)の4種類があり,すべてのデバッガーは初期状態でどれか1つの塩基を持っている(ステータス画面で塩基ランクのいずれかが“1”になっている)。同じデバッガー同士を合成することで塩基ランクを上げられ,全塩基能力を持ったスーパーデバッガーも作成できる
画像(044)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説 画像(045)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

【悪魔の力を利用する塩基システム】

◆A塩基 魔装
A塩基を持つデバッガーは,装備中の武器に悪魔を装着できる。悪魔に設定された“魔装効果”により,武器の性能を上げられる
画像(046)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

◆T塩基 魔人化
バトル中,みずからを悪魔化して一時的に能力をアップさせる。魔人化の効果は,デバッガーのスキルリストで確認できる
画像(047)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

◆G塩基 憑依
バトルスーツに悪魔を装着し,悪魔が持つ“憑依効果”を得る。憑依効果はさまざまだ
画像(048)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

◆C塩基 捕獲率向上
C塩基の能力は特殊で,この塩基を持ったデバッガーがチームにいると(さらにその塩基ランクが高いほど),バトルでゲノムデータを入手する確率が上がる
画像(049)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説


 “47の都道府県に散らばる47人のヒロイン”だけでもなかなかチャレンジングな試みなのに,ディストピアで繰り広げられるヘビーな物語,メインクエストのボリューム,デバッガーの塩基と悪魔の捕獲など,セールスポイントになり得る要素が目白押しの本作。重厚な趣きで一見取っつきにくい印象を与えるかもしれないが,シミュレーションRPGとしての基本システムはシンプルでじつに遊びやすい。塩基システムなども,難しそうに見えてあくまで育成項目の1つにすぎず,一度実行すればその仕組みはすぐに飲み込めるはずだ。

 そしてなにより楽しいのがバトル。上でも触れたが,初戦から包囲/アシストでの攻撃がおもしろいように決まり,複数のデバッガーで敵をボコボコにできるのは気持ちがいい。ステージの難度が上がれば,相手の行動を先読みした慎重な立ち回りや,敵の布陣に応じた編成などが必要になるだろうが,戦略の組み立てにウンウン唸るのもこのジャンルの醍醐味だろう。

ユニット/武器の強化素材を集められる“サブクエスト”や,豪華な報酬を獲得できる期間限定の“イベントクエスト”では,メインクエストとはまた異なる戦いが求められる
画像(050)【PR】それぞれの葛藤を胸に,47人の少女が悪魔を討つ。本格シミュレーションRPG「47 HEROINES」の基本システムと魅力を解説

「47 HEROINES」公式サイト

「47 HEROINES」ダウンロードページ

「47 HEROINES」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    47 HEROINES

  • 関連タイトル:

    47 HEROINES

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日