オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
何度死んでも情けなくない。スマホ向けローグライク「勇者ああああの不思議なダンジョン」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1918回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/01/25 10:00

連載

何度死んでも情けなくない。スマホ向けローグライク「勇者ああああの不思議なダンジョン」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1918回

画像(009)何度死んでも情けなくない。スマホ向けローグライク「勇者ああああの不思議なダンジョン」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1918回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,スマホ向けローグライクゲーム「勇者ああああの不思議なダンジョン」iOS / Android)を紹介しよう。

アプリはダウンロード無料。ダンジョンは難度が変化する3種類
画像(001)何度死んでも情けなくない。スマホ向けローグライク「勇者ああああの不思議なダンジョン」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1918回 画像(002)何度死んでも情けなくない。スマホ向けローグライク「勇者ああああの不思議なダンジョン」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1918回

「勇者ああああの不思議なダンジョン」ダウンロードページ

「勇者ああああの不思議なダンジョン」ダウンロードページ


 プレイヤーは1アクション=1ターンで動作するダンジョンに挑み,モンスターを倒して,アイテムを集めながら,ときにはトラップを利用しつつ,ダンジョンの奥深くを目指していく。操作は,画面下部のバーチャルパッドで行う。

初心者は一番上の「ちょっと不思議なダンジョン」を選ぶといいだろう。経験者はお任せだ
画像(003)何度死んでも情けなくない。スマホ向けローグライク「勇者ああああの不思議なダンジョン」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1918回 画像(004)何度死んでも情けなくない。スマホ向けローグライク「勇者ああああの不思議なダンジョン」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1918回

 どれだけ細心の注意を払っても,あっさり死亡するのも珍しくないのがローグライクというものだ。しかし,本作には救済措置が設けられており,勇者が死亡してしまってもアプリ内課金を利用することで,探索の続行や村への帰還が可能となっている。「あと少しで……」を叶える便利機能だ。

死亡して村に戻ると,村人から“例のセリフ”を聞ける。女の子に言ってもらうと,味わいが違うのが面白い
画像(005)何度死んでも情けなくない。スマホ向けローグライク「勇者ああああの不思議なダンジョン」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1918回 画像(006)何度死んでも情けなくない。スマホ向けローグライク「勇者ああああの不思議なダンジョン」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1918回

 死亡する以外でも,ダンジョンを踏破したり,特殊な巻物を使ったりすれば村に戻れる。村では倉庫やショップを利用することができ,所持アイテムは次の冒険に持ち越せる。また,ゲーム内では広告視聴で所持金を増やせるため,欲しいアイテムにちょっと届かないときなどに利用してみよう。

いくらアイテムを溜め込んでも,ダンジョンには一定数しか持ち込めない
画像(007)何度死んでも情けなくない。スマホ向けローグライク「勇者ああああの不思議なダンジョン」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1918回 画像(008)何度死んでも情けなくない。スマホ向けローグライク「勇者ああああの不思議なダンジョン」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1918回

 オーソドックスな設計ながら,王道のシステムを外していないのが魅力の本作。出来の良さゆえに,画面操作がさらに最適化されれば……などと注文を出したくなるが,決してマイナス点ではないのでご安心を。往年のゲーマーほど,懐かしのプレイ感覚が刺さることだろう。

著者紹介:瑞嶋カツヒロ
 Wikipediaに記事があることを密かに誇りに思ってしまうおじさん。好きなものは銃(ドンパチ)・病原菌(ゾンビ)・鉄(巨大ロボ)。思春期にTFCに傾倒したのが運の尽き,”キャプチャー・ザ・フラッグ”こそ最高のゲームモードと考えるようになった。早くVRで魔法少女になりたい。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    勇者ああああの不思議なダンジョン

  • 関連タイトル:

    勇者ああああの不思議なダンジョン

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日