オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
温かみのある絵に注目。スマホ向けパズルゲーム「One More Button」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2010回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/05/22 10:00

連載

温かみのある絵に注目。スマホ向けパズルゲーム「One More Button」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2010回

画像(009)温かみのある絵に注目。スマホ向けパズルゲーム「One More Button」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2010回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,スマホ向けパズルゲーム「One More Button」iOS / Android)を紹介しよう。スタートからゴールまでキャラクターを導くため,ステージ中のブロックをタップして進んでいこう。

画像(001)温かみのある絵に注目。スマホ向けパズルゲーム「One More Button」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2010回
アプリはiOS版が360円(税込),Android版が350円(税込)
画像(002)温かみのある絵に注目。スマホ向けパズルゲーム「One More Button」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2010回 画像(003)温かみのある絵に注目。スマホ向けパズルゲーム「One More Button」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2010回

「One More Button」ダウンロードページ

「One More Button」ダウンロードページ


 画面内のブロックをタップすると,ブロックに描かれた矢印の方向へとキャラクターが移動し,目の前にブロックがあれば押していく。移動方向は上下左右となるが,ブロックの表示によっては自由に動き回れない。つまり,移動方法がブロック次第な倉庫番ゲームというわけだ。

画像左上のマークをタップすると,ステージをリセットできる。詰みだと思ったら,何度でもやり直そう
画像(004)温かみのある絵に注目。スマホ向けパズルゲーム「One More Button」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2010回

 ブロック以外にも,特定の矢印のブロックを配置しないとゴールへの道が開けなかったり,ブロックに描かれた矢印を変更したりするギミックも存在する。可愛らしく味のあるグラフィックスに油断していると,パズル部分の難度のギャップに驚くだろう。

画像(005)温かみのある絵に注目。スマホ向けパズルゲーム「One More Button」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2010回
キャラクターはブロックを一方向に押すことしかできない。2手3手先を考えて動かさないと,すぐに詰んでしまう
画像(006)温かみのある絵に注目。スマホ向けパズルゲーム「One More Button」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2010回 画像(007)温かみのある絵に注目。スマホ向けパズルゲーム「One More Button」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2010回

 ステージは選択制で,一定数をクリアすると次のエリアへ進める。エリアごとの達成率を100%にする必要はなく,苦手なステージは飛ばしてしまえる。もちろん,プレイするからには100%を目指したいところだが,悩んで止まるくらいなら先へ進んでみるのも手だ。

ステージ選択画面。左下のムービーアイコンをタップすると,オープニングムービーを再視聴できる
画像(008)温かみのある絵に注目。スマホ向けパズルゲーム「One More Button」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2010回

 温かみがある親しみやすいグラフィックスと,骨太なパズルが融合した本作。がっつりめなパズルゲームで遊んでみたい人や,手描きアニメ風の絵に興味がある人は,1度プレイしてみてはいかがだろう。

著者紹介:瑞嶋カツヒロ
 Wikipediaに記事があることを密かに誇りに思ってしまうおじさん。好きなものは銃(ドンパチ)・病原菌(ゾンビ)・鉄(巨大ロボ)。思春期にTFCに傾倒したのが運の尽き,"キャプチャー・ザ・フラッグ"こそ最高のゲームモードと考えるようになった。早くVRで魔法少女になりたい。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    One More Button

  • 関連タイトル:

    One More Button

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日