オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/08 12:00

ニュース

「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた

 2019年2月8日,上越電子工業は,モバイルバッテリー収納スペース付きというユニークなNintendo Switch(以下,Switch)用グリップ「SWITCH用モバイルバッテリー収納グリップ」(以下,モバイルバッテリー収納グリップ)を発売した。
 同社直販サイト「jecom-online」における価格は2354円(税込)となっている。

モバイルバッテリー収納グリップをSwitch本体に取り付けた状態。背面から見ると,グリップの中央部に大きなボックスが乗っているように見える
画像(002)「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた

 上の写真で想像できた人も多いと思うが,モバイルバッテリー収納グリップには長さ165mmのUSBケーブルが付属している。ケーブルは片側がUSB Type-A,もう片方がUSB Type-Cとなっており,これを使うことでシンプルに充電環境を構築できるというのがポイントだ。
 使わないときはモバイルバッテリーと付属ケーブルをまとめて収納ボックス部にしまっておけるので,邪魔にならないという。

モバイルバッテリー収納グリップに取り付けて充電しているイメージ
画像(003)「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた

収納可能なモバイルバッテリーのサイズを示した図
画像(004)「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた
 収納可能なモバイルバッテリーのサイズは,115(W)×70(D)×22(H)mmとのこと。Amazon.co.jpで販売しているモバイルバッテリーのサイズをザッと調べてみたが,容量1万mAhクラスの製品になると,幅がこれより大きくなってしまうものが多いようだ。
 なお,上越電子工業では,モバイルバッテリー収納グリップに収納可能な1万mAhクラスのモバイルバッテリーとして,Anker Innovations Technology製の「Anker PowerCore 10000」(Amazonアソシエイト)を挙げているので,本製品と組み合わせるのに適したモバイルバッテリーを選ぶときの参考になるだろう。


実際に使ってみた。グリップは良好だが……


モバイルバッテリー収納グリップを握ったところ。とても持ちやすい
画像(005)「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた
 というわけで,編集部への行き帰りではほぼ毎日Switchでゲームを遊んでいる筆者(ばしょう)が,実際にモバイルバッテリー収納グリップを使ってみたが,結論めいた話から先にさせてもらうと,これは毎日使うものというより,旅行など向けなのではないかと思う。
 まず,グリップは非常にいい。モバイルゲーム機のように使う「携帯モード」(Handheld Mode)における持ちやすさは格段に改善する。また,充電しながら持ち運んだりするときにケーブルやモバイルバッテリーがごちゃごちゃしないので,スマートだ。グリップごと大きめのポーチに放りこめばSwitchの持ち出し準備完了,というのはとても楽である。

 ただ,日常的に使うには重い。携帯モードのSwitchは2台のJoy-Con込みでざっくり500gのところ,モバイルバッテリー収納グリップ自体の重量が約100g。そこに1万mAhクラスの,それこそAnker PowerCore 10000を搭載するとさらにプラス180gで,普通に800g近くなるからだ。
 最終的には,2600mAhで約72gという,いまとなっては小容量のバッテリーに変えたが,これでもグリップを手に持ってプレイしていたら小一時間で腕が疲れてきてしまった。筋肉のある男性ならいいのかもしれないけれども,筆者の場合は腿の上に置かないと厳しい印象がある。

腕の力だけで持ち続けるのは,筆者にはつらかった(左)。腿の上に置けば重さの問題は解決するが,この状態だと画面がちょっと遠い(右)
画像(006)「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた 画像(007)「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた

最終的に小型バッテリーを使うことにした状態だが,この時点でカバー部のツメが取れてしまった。この状態でもSwitchで蓋をすれば使えるので,大勢に影響はないのだが,ちょっと心配かも
画像(008)「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた
画像(009)「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた
 充電しているとかなり熱くなること,収納ボックスカバーの耐久性も気になった。
 製品ボックスには滑り止めとしてスポンジが付属しており,これを使うことでバッテリーが収納ボックス内で暴れるのを防いでくれるのだが,その副産物としてSwitch本体との距離が近くなり,充電しているとかなり熱くなる。
 また,使い切った場合はカバーを開けてモバイルバッテリー収納グリップからモバイルバッテリーを取り出す必要があるわけだが,そのとき,カバーのツメを破損しやすい。というか筆者は使い始めてかなり早いタイミングでいきなり壊してしまった。
 この状態でもテープで留めたりすれば使えるのだが,このあたりは次世代モデルが出るなら少し改善してほしいかな,といったところである。

 個人的は,グリップだけの派生モデルが出たら,日常的に使ってみたい。それくらいグリップは魅力的だ。

Amazon.co.jpで「SWITCH用モバイルバッテリー収納グリップ」を購入する(Amazonアソシエイト)

上越電子工業の製品情報ページ



#### 以下,リリースより ####

【SWITCH用モバイルバッテリー収納グリップ】
充電しながらゲームを快適に楽しんじゃおう!

上越電子工業株式会社(群馬県高崎市 TEL:027-344-2395 HP:http://www.joetsu-elec.co.jp/ )はこの度、Nintendo Switch専用グリップ【SWITCH用モバイルバッテリー収納グリップ】を2018年2月8日(金)に販売開始致します。

本製品はモバイルバッテリーを収納できるスペースを要し持ちやすさを向上させる、Nintendo Switchのためのグリップです。(※注:モバイルバッテリーは付属しません)
本製品の特徴は、同梱の充電用L字型Type-Cケーブルを使用して省スペースを実現し、モバイルバッテリーを繋げてもゲームプレイの邪魔にならず、充電切れの心配なくプレイが可能なことです。

また、未使用時にはケーブルとバッテリーを収納できるため場所を取りません。
対応バッテリーサイズは『縦:70mm以下、横:115mm以下、厚み:22mm以下』の物が利用可能です。

本製品は、弊社Webショップ『Jecom-online』またはAmazonで取り扱っております。ぜひこの機会にご購入くださいませ。

また弊社ではテーブルモードに最適な、ダンボールでつくる「SWITCH用スタンド」も好評発売中です。こちらも合わせてご検討ください。詳細はこちら。
https://www.4gamer.net/games/999/G999902/20181217002/

【Yahoo!ショップリンク】
https://store.shopping.yahoo.co.jp/jecom-online/jpv-007.html
【Amazonリンク】
https://www.amazon.co.jp/dp/B07N39CXS1/

【商品詳細】
  • 商品名:SWITCH用モバイルバッテリー収納グリップ
  • 対応機種:Nintendo Switch
  • カラー/JAN/型番:黒/4589949460077/JPV-007
  • 価格:2,180円(税抜)
  • 発売日:2019年2月8日
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日