パッケージ
ペルソナ5公式サイトへ
  • アトラス
  • 発売日:2016/09/15
  • 価格:通常版:8800円(税別)
    20thアニバーサリー・エディション:1万3800円
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
86
投稿数:40
レビューを投稿する
海外での評価
93
Powered by metacritic
ペルソナ5
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/10/14 19:00

イベント

「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

 今年(2022年)25周年を迎えた,アトラスが展開する「ペルソナ」シリーズ。そのライブイベント「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND WISH 2022 〜交差する旅路〜」が,幕張メッセ 国際展示場 7,8 ホールにて,10月8日と9日に開催された。

画像集 No.001のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

 “ペルライ”の呼び名でもおなじみ,ペルソナシリーズの恒例イベントである「ペルソナスーパーライブ」だが,2019年4月の「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND STREET 2019 〜Q番シアターへようこそ〜」以来,およそ3年ぶりの開催となる。白熱ライブはもちろん,ペルソナの等身大立像の展示,終演後のサプライズ発表などでも盛り上がったライブ初日の模様をレポートしよう。

画像集 No.030のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

PERSONA SUPER LIVE P-SOUND WISH 2022 特設サイト



「ペルソナ3」と「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」の楽曲を中心に披露された白熱のライブパート


Lynさん
画像集 No.014のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
 ライブ開始の前に,モルガナがナレーションで登場し,ペンライトの点灯テストが行われた。赤や青,緑といったように,モルガナの指示によって全体の色が変化していく会場。その光景が美しく,開演前からすでに感動していた。

 オープニングムービーののち,「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」(以下,P5R)のオープニングテーマ「Colors Flying High」でライブがスタート! 「ペルソナ5」(以下,P5)のイメージカラーである赤に染まる会場に,ギラギラ煌めくジャケット姿で決めて登場したのが,同曲のボーカルを務めるLynさん。その歌声は力強く,また,バンドによる久々となる“生のPサウンド”にも圧倒される。

 続く「ペルソナ3」(以下,P3)のオープニングテーマ「Burn My Dread」では,黒のシックなスーツ姿の川村ゆみさんが登場。会場は「P3」のブルーに染まり,曲のサビではステージ上に火柱が沸き起こる演出も。歌詞にマッチしている熱いひと幕だった。

画像集 No.015のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
川村ゆみさん
画像集 No.016のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
Lotus Juiceさん
ステージのバックに並んだ2つのスクリーンでは,楽曲に関連するゲームシーンや過去のライブ映像が映し出され,観客をペルソナシリーズの世界観に誘ってくれた
画像集 No.017のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

 初っ端から“熱すぎる”オープニングテーマの畳みかけのあとに披露されたのが,「Want To Be Close」と「Tokyo Daylight」。ペルソナシリーズに欠かせないものの一つである,日常のひとときを彩る楽曲だ。
 ここで,ペルソナシリーズのキャラクターに扮したダンサーたちが登場。それぞれのキャラクターの個性や特徴に沿ったダンスや仕草でステージを彩ってくれた。

キャラクターの個性を生かした動きで“魅せて”くれたダンサーたち。P5メンバーとしてのライブ出演は初となる,P5Rの芳澤かすみに扮したダンサーも。筆者はとくに,クールな動きの荒垣先輩と,華麗なステップを披露するP5主人公にドギマギさせられた
画像集 No.018のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
画像集 No.019のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

 キャラクターたちの日常が感じられる時間が過ぎると,P3劇場版の主題歌の1つ「Fate is In Our Hands」が始まり,イントロから雰囲気は一変。ステージ上に青や緑の光が差す演出をバックに,Lotus Juiceさんがクールなラップでそのスキルを発揮した。
 7月3日のイベントで収録された映像とともに披露された「Beneath the Mask(PSW2022 Special Remix)」は,原曲より少しアップテンポかつ妖艶な雰囲気に彩られたアレンジとなっており,それを歌唱するLynさんもとても艶っぽくドキドキさせられた。

「Fate is In Our Hands」のひと幕。暗闇の中に怪しげな光が差すステージは,まるで影時間のよう。そのステージに立つLotus Juiceさんは,特別課外活動部の面々にも負けない“戦う力”を感じさせるパフォーマンスだった
画像集 No.033のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

ペルソナシリーズのコンポーザーの目黒氏。もちろん今回のライブもギタリストとして参加し,熱いギタープレイを披露してくれた。目黒氏と言えば,ゲーム開発者として独立し,自身の作品制作に取り組んでいることはファンならご存じのとおりだ
画像集 No.020のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
 ここで最初のMCコーナーに。ステージに集結したLynさん,川村ゆみさん,Lotus Juiceさんは,「(久しぶりのライブで)ファンのみんなに会えたことが嬉しい!」と笑顔で語った。
 オンラインで視聴している世界中のファンに向けて手を振りまくり,ライブで恒例(?)となっている,“目黒大明神”こと目黒将司氏を拝んだりと,その喜びを表現(?)する3人。“拝まれた”目黒氏は,はにかみながら「皆さんに会えて嬉しい」とファンにメッセージを送っていた。

 和やかな時間のあとは,Lynさんの「ほっこりしたところで攻めた曲を!」の一声とともに,P5Rのバトル楽曲の1つである「Take Over」へ。大量のスモークが吹き上がる演出と,ダンサーたちの動きがバトルの緊迫感を表現していた。
 続いて披露されたのが,「P3」のバトル曲の1つ「Mass Destruction」。そこからも「What you wish for」「Deep Breath Deep Breath」「Last Surprise」と,“攻め攻め”の曲が続く。緩やかな雰囲気だった日常の楽曲から一変し,凛々しい表情で過酷なバトルを表現するダンサー達のパフォーマンスは,まるで舞台を見ているかのような感覚があった。

画像集 No.021のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

 P3の女性主人公用の通常バトル曲である「Wiping All Out」では,歌唱を務める藤田真由美さんがスクリーンの映像で登場。その華やかなボーカルと,Lotus Juiceさんの畳みかけるラップを聴かされては,ノリノリにならないわけがない! そんな圧倒的なパフォーマンスで,次曲「Axe to Grind」につなぐ。

画像集 No.022のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

 「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ」の通常バトル曲のひとつである「Axe to Grind」では,P3主人公とP5主人公が作品の垣根を越えて競演! Lynさんを挟んで一緒にパフォーマンスを披露した。P5のリザルト画面の楽曲「勝利」で,「Take Over」から続いていた,まるで激しいバトルのような楽曲の畳みかけは終了した。

画像集 No.023のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
画像集 No.024のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

 DJ WAKAさんの「女神異聞録ペルソナ」の楽曲によるDJコーナーへ。1曲目として披露されたのが,バトル曲の「神話覚醒」。聴くだけで自分自身のペルソナが覚醒しそうな強さを持つ,DJプレイの始まりの曲として“ふさわしすぎる”1曲だ。
 観客が振るペンライトの揺れに合わせて身体を揺らしながら,当時のダークでどこか神秘的な雰囲気の楽曲たちをつなぐDJ WAKAさん。ラストの「通常戦闘(ATLUS Konishi Remix)」では小西利樹氏が登場し,得意のギターサウンドを響かせた。1作目からのシリーズファン,とくに雪の女王編を攻略した人には非常にたまらない時間だったはずだ。

同曲のリミックスを担当した,アトラスサウンドチームの小西利樹氏。ここまで大きな規模のライブに出演するのは初ということだったが,それを感じさせないパフォーマンスだった
画像集 No.025のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

 スモークの演出が目を惹いた力強い楽曲「River In the Desert」を経て,ピアノのイントロが切ないP3劇場版の劇中歌「One Determination」へ。作中での荒垣真次郎の物語をなぞるような演出は,P3の物語の重さをあらためて思い知らされるものとなっていた。
 荒垣先輩を演じるダンサーの表現力も素晴らしく,荒垣先輩ファンの筆者は涙せずにはいられなかった。

 涙を拭きながら迎えた次の曲は,P5Rの「Throw Away Your Mask」とP3の「Burn My Dread -Last Battle-」。どちらも各作品の重要な場面で流れる楽曲で,クリアしたプレイヤーならこちらも涙なしでは聴けない楽曲だ。
 スクリーンの映像で3Dキャラクターのダンスが映し出されていると思いきや,まるでそこから飛び出してきたかのようにダンサーたちがステージに登場。「これ,いったいどうなってるの?」と驚かされる演出で,涙を気にしているヒマもない。感動と衝撃の波状攻撃で圧倒されっぱなしとなった。

「Throw Away Your Mask」ではP5主人公と明智吾郎,「Burn My Dread -Last Battle-」ではP3主人公とアイギスの3Dキャラクターがダンスを披露する映像が流れた。随所で銃を撃ちまくるアイギスのように,それぞれの個性を生かした動きとなっていた
画像集 No.027のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
画像集 No.026のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

 前向きな歌詞に勇気をもらえる「I believe」ののち,MCのコーナーへ。記念に会場のファンたちと一緒に記念撮影をしたあと,各々ライブの感想を述べていく出演者たち。この時間をどれだけ待ち望んだか,こうして迎えたライブがいかに本当にあっという間だったかを,皆それぞれの言葉で語られていたのが印象的だ。

画像集 No.028のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

 ラストは,ライブでは外せない名曲「キミの記憶」。これまでのライブでは観客も含めた全員で合唱してきた楽曲だが,感染症対策のため今回のライブではそれが叶わない。しかし,歌唱を担当する川村ゆみさんの「心の中で一緒に歌ってください」という一言で,声は出せずとも,みんなで一緒に歌っているかのような一体感が生まれた。これには川村ゆみさんも感動したようで,感極まった表情を見せていた。

 感動的なフィナーレを迎えた後も拍手は止まず,すぐに出演者たちがステージに戻り,アンコールの1曲目「Our Moment」を披露。続く2曲目,原曲よりも爽やか度Maxな「Deep Breath Deep Breath(Burn My Dread-Reincarnation:PERSONA3-より)」では,Lotus Juiceさんが各キャラクターを指さして,指定されたキャラクターの仕草をみんなでマネするというユニークなくだりも。3曲目の「僕らの光」は,Lynさんが,まるで夜空の中で歌っているかのような美しい演出だった。

 モルガナのナレーションが流れ,ライブは終幕かと思いきや,ここでコロマルが登場! モルガナ曰く,コロマルは「ライブはまだ終わりじゃない」と言っているとのことで,会場では大拍手が巻き起こった。
 こうして披露された初日の“本当のラスト”の1曲は「Life Will Change」。P5はもちろんP3のダンサーも全員集結し,皆で一つとなって最高潮の盛り上がりを見せたところでライブは閉幕となった。

画像集 No.029のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

画像集 No.031のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
 今回のライブは,初日と2日目でセットリストが異なっており,初日はペルソナ3とペルソナ5ザ・ロイヤル,2日目は「ペルソナ4」とペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズの楽曲中心の構成となっていた。2日目はどのようなパフォーマンスや演出で盛り上げてくれたのか……ぜひ映像ソフト化を!

 終演後の会場では既報のとおり,新ビジュアルが描かれたパネルと号外で,「ペルソナ3 ポータブル」「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」のリマスター版の発売日が発表された。このサプライズによって,終演後も会場周囲の熱気は収まらない雰囲気だった。10月21日にリリースされるP5Rを含むリマスター作品はもちろん,今後のゲームタイトルやペルライのようなイベントの開催も気になるところ。リマスター作品や今回のライブのイベントなどでこれまでのシリーズ作品を楽しみつつ,ペルソナシリーズ新展開も期待して待ちたい。


ライブ会場の展示コーナー


25周年を記念したレコードBOXセット
画像集 No.002のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
画像集 No.003のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ 画像集 No.004のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
,作中に登場する学校の校章を模した印鑑と,細部まで作りこまれたフォックスとノワールのフォギュア。ノワールの足元にいるモルガナカーも可愛い
画像集 No.005のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ 画像集 No.006のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
ダイキャストメタルフィギュアのクマと,ファンからのメッセージが詰まったボード
画像集 No.007のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ 画像集 No.008のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
綺麗な花でいっぱいの記念撮影スポットも。舞台「ペルソナ5」に登場したヨハンナの展示は迫力満点
画像集 No.009のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
ペルソナライブの歴史を感じられる,過去のライブのビジュアル展示コーナー
画像集 No.010のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ 画像集 No.011のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
多くの人が集まったペルソナ等身大立像。青や赤にランダムに光り輝くライトアップの演出もあり,前に立つだけで実際にペルソナ召喚している気分になる!
画像集 No.012のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
画像集 No.013のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ
終演後,会場を出て目に飛び込んできたサプライズ発表のパネル。リマスター3作品の主人公と,それぞれを代表するペルソナ「タナトス」「イザナギ」「アルセーヌ」が描かれた新ビジュアルに目を奪われた
画像集 No.032のサムネイル画像 / 「ペルソナスーパーライブ2022」レポート。演者のパフォーマンスと映像演出で驚きの連続だった,およそ3年ぶりの白熱ライブ

DAY1 セットリスト

Colors Flying High
Burn My Dread
Want To Be Close
Tokyo Daylight
Fate is In Our Hands
Beneath the Mask (PSW2022 Special Remix)
Take Over
Mass Destruction
What you wish for
Deep Breath Deep Breath
Last Surprise
Wiping All Out
Axe to Grind
勝利

女神異聞録ペルソナ Medley
・神話覚醒
・パンドラ遭遇
・死線
・ダンジョン〜セベク地下研究所
・街1異変後
・雪の女王のテーマ〜メイン
・雪の女王編グッドエンディング
・通常戦闘(ATLUS Konishi Remix)

River In the Desert
One Determination
Throw Away Your Mask
Burn My Dread -Last Battle-
I believe
キミの記憶

Our Moment
Deep Breath Deep Breath(Burn My Dread-Reincarnation:PERSONA3-より)
僕らの光
Life Will Change



ライブ概要

【開催日時】
DAY1 2022年10月8日(土)
DAY2 2022年10月9日(日)

【開催会場】
幕張メッセ 国際展示場 7,8 ホール

【DAY1 出演者】※敬称略
Lyn(稲泉 りん)
川村ゆみ
Lotus Juice

目黒将司
MIZ(ヴァイオリン)
原田知斉(サックス)
小西利樹(アトラス)
藤田真由美(映像出演)

DJ WAKA(DJ)
小林哲也(キーボード&バンドマスター)
浜口高知(ギター)
黒田元浩(ベース)
佐藤大輔(ドラム)
アンドウヒデキ(キーボード)

石岡貢二郎(P3 HERO)
YU JURRY(伊織順平)
宮崎あゆみ(岳羽ゆかり)
Smile 紗季(山岸風花)
城間ツカサ(荒垣真次郎)
小林駿太(P5 HERO)
植竹奈津美(高巻杏)
you-Z(喜多川祐介)
あらおゆりか(芳澤かすみ)
かすがまり(ジュスティーヌ)
能登有沙(カロリーヌ)
KAZOO(P5 HERO・映像出演)

PERSONA SUPER LIVE P-SOUND WISH 2022 特設サイト

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5 ザ・ロイヤル

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5 ザ・ロイヤル

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5 ザ・ロイヤル

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5 ザ・ロイヤル

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5 ザ・ロイヤル

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ

  • 関連タイトル:

    ペルソナ3 フェス PlayStation 2 the Best

  • 関連タイトル:

    ペルソナ3ポータブル

  • 関連タイトル:

    ペルソナ3 ポータブル

  • 関連タイトル:

    ペルソナ3 ポータブル

  • 関連タイトル:

    ペルソナ3 ポータブル

  • 関連タイトル:

    ペルソナ3 ポータブル

  • 関連タイトル:

    ペルソナ3 ポータブル

  • 関連タイトル:

    ペルソナ4 ザ・ゴールデン

  • 関連タイトル:

    ペルソナ4 ザ・ゴールデン

  • 関連タイトル:

    ペルソナ4 ザ・ゴールデン

  • 関連タイトル:

    ペルソナ4 ザ・ゴールデン

  • 関連タイトル:

    ペルソナ4 ザ・ゴールデン

  • 関連タイトル:

    ペルソナ4 ザ・ゴールデン

  • 関連タイトル:

    ペルソナ4

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月21日〜04月22日