オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

業界動向

このページの最終更新日:2019/01/17 21:08


  • この記事のURL:

キーワード

下線

エイタロウソフトが破産。「ブレイブオンライン」や「ラグナロクオンライン Moblie Story」などを開発

[2019/01/17 21:08]

ハニカムラボ,ゲーム開発プロジェクトチームを分離・独立させ,新会社・ステラピクセルを設立

[2019/01/17 15:58]

2K,NBA&NBPAと長期的パートナーシップの延長を発表

[2019/01/17 15:34]

現代の「ゲーマー」はどのような人物像なのか。ゲームエイジ総研が「ゲーマーライフスタイル調査」の結果を発表

現代の「ゲーマー」はどのような人物像なのか。ゲームエイジ総研が「ゲーマーライフスタイル調査」の結果を発表

 ゲームエイジ総研は本日(2019年1月17日),「ゲーマーライフスタイル調査」の結果を発表した。VRやeスポーツなど,かつてのゲームの枠を超えた娯楽が一般化しつつある昨今,現代の「ゲーマー」がどのような人々で,どのようなライフスタイルを送っているのかを探るために行われた調査だ。

[2019/01/17 12:00]

「NBA 2K」シリーズの発売元である2Kと,NBA・NBPAの3者が長期的パートナーシップの延長を発表

[2019/01/16 17:16]

ディライトワークスがAimingと新規スマホ向けゲームを開発。業務および資本提携が発表に

ディライトワークスがAimingと新規スマホ向けゲームを開発。業務および資本提携が発表に

 ディライトワークスは本日(2019年1月16日),Aimingと新規スマホ向けゲーム開発に際する業務提携ならびに,Aimingが実施する第三者割当増資の引き受けについて合意したことを発表した。新規タイトルの詳細については不明だが,発表可能な段階になったところで,あらためて告知される模様だ。

[2019/01/16 17:01]

ハイパーカジュアルゲームにおけるプレイヤー獲得のベストプラクティス

ハイパーカジュアルゲームにおけるプレイヤー獲得のベストプラクティス

[GamesIndustry.biz]モバイルゲームで一つの潮流となりつつあるハイパーカジュアルゲームだが,そのマーケティングと収益化はどのように行えばよいだろうか。相性のよい広告展開についてAppLovinの林 宜多氏が解説する。

[2019/01/15 15:07]

Access Accepted第599回:2019年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ! (前編)

Access Accepted第599回:2019年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ! (前編)

 大作や注目作が次々にリリースされて盛り上がった2018年の欧米ゲーム市場だが,2019年にも,思わずプレイたくなるような,さまざまな欧米産タイトルが発売を控えており,ゲーマーに休む暇を与えない。今週は,その中から注目すべき23タイトルをざっと紹介しよう。

[2019/01/15 12:00]

MorningTec Japanが「アビス・ホライズン」の運営から撤退。セガ・インタラクティブの「艦これアーケード」公式サイトでの報告にて明らかに

[2019/01/11 22:00]

JeSUの「eSPORTS国際チャレンジカップ〜日本選抜vsアジア選抜〜」,競技種目から「CS:GO」が消える

[2019/01/11 16:42]

UnityによるImprobableのライセンス失効によりSpatalOSのゲームは脅威に晒されている

UnityによるImprobableのライセンス失効によりSpatalOSのゲームは脅威に晒されている

[GamesIndustry.biz]Unity Technologiesのサービス利用規約変更は,ImprobableのSpatialOSプラットフォームを使ったUnityゲームを脅威に晒している。

[2019/01/11 16:38]

Bungieが8年間にわたるActivisionとの契約を解消し,「Destiny」シリーズの独自運営を発表

Bungieが8年間にわたるActivisionとの契約を解消し,「Destiny」シリーズの独自運営を発表

 Bungieは,8年間にわたるActivisionとの契約を解消し,今後「Destiny」シリーズの独自運営とパブリッシングに乗り出すことを発表した。新作の噂も聞こえるBungieだが,シリーズのプレイヤーにとっては気になる話だろう。公式サイトに掲載されたメッセージを翻訳したので,参考にしてほしい。

[2019/01/11 13:55]

ゲームクリエイター・安藤武博氏がDonutsの社外取締役に就任

[2019/01/10 14:49]

その先にあるものは? アナリストによる2019年の予測

その先にあるものは? アナリストによる2019年の予測

[GamesIndustry.biz]2019年のゲーム業界はどうなるのか? 世界的な著名アナリストたちが,新型ゲームハードの可能性,ストリーミングの成長ポテンシャル,ARやe-Sportsの打開策などを評価する。

[2019/01/09 17:10]

シティコネクションの戦略顧問に永田厚二氏が就任。開発体制や販売戦略を強化へ

[2019/01/09 13:02]

SIE,「Wwise」のAudiokineticを買収

SIE,「Wwise」のAudiokineticを買収

 2019年1月9日,SIEは,クロスプラットフォームのゲームサウンド統合開発環境「Wwise」で知られる加Audiokineticを買収すると発表した。関係当局の承認などを経てSIEの完全子会社となった後もAudiokineticは企業としての独立を保ち,各社に対するWwiseのライセンス事業を継続するという。

[2019/01/09 10:52]

「アナザーエデン 時空を超える猫」の海外版が2019年初頭に配信決定

[2019/01/08 11:53]

女性向けスマホゲーム「DYNAMIC CHORD」を運営するアスガルドが1月7日付けの官報に解散公告を掲載

女性向けスマホゲーム「DYNAMIC CHORD」を運営するアスガルドが1月7日付けの官報に解散公告を掲載 [2019/01/07 20:18]

ネクソン,親会社NXCの買収報道に対し「正式に決定された事実はありません」と声明を発表

[2019/01/07 16:39]

「Downwell」開発者のもっぴん氏が任天堂を退社。自身のTwitterにて告知

[2019/01/07 15:26]

[月間総括]Switchの販売台数が示す国内コンシューマゲーム市場の可能性

[月間総括]Switchの販売台数が示す国内コンシューマゲーム市場の可能性

[GamesIndustry.biz]2018年の日本ゲーム市場を振り返りつつ,その立役者となったNintendo Switchの販売題するについて再考する。販売不振が語られているのは真実だろうか?

[2018/12/29 00:45]

e-Sportsの現場:その急成長と避けがたき機能不全

e-Sportsの現場:その急成長と避けがたき機能不全

[GamesIndustry.biz]この1年間に話題として大きく飛躍した「e-Sports」について,その現状と問題点をHaydn Taylorがまとめる。オリンピックなどとも関連して注目度の高まるe-Sportsは今ふごどうなっていくのだろうか?

[2018/12/28 20:55]

2018年末時点のDaydreamの現状をまとめ直してみる

2018年末時点のDaydreamの現状をまとめ直してみる

[GamesIndustry.biz]日本でDaydream Viewが普通に入手できるようになって1年が経過しているのだが,これまであまり取り扱っていなかったことと,個人的に入手したという事情で,現時点での状況をまとめてみた。Daydreamは使えるようになったのだろうか。

[2018/12/27 00:00]

505 GAMESがスマホ版「HUMAN: FALL FLAT」の版権と開発および販売権を獲得

[2018/12/26 19:46]

ダブルエル,シティコネクションの株式51%を取得して子会社化

[2018/12/25 19:52]

読売新聞社,「GIANTS」ブランドを活用したeスポーツチーム「G×G」(ジー・バイ・ジー)を設立。2019年4月に「RAGE Shadowverse Pro League」への参戦を予定

読売新聞社,「GIANTS」ブランドを活用したeスポーツチーム「G×G」(ジー・バイ・ジー)を設立。2019年4月に「RAGE Shadowverse Pro League」への参戦を予定

 読売新聞社は,「GIANTS」ブランドを活用したeスポーツチーム「G×G」(ジー・バイ・ジー)を明日12月26日に発足させ,2019年4月にオンラインカードゲーム「Shadowverse」のプロリーグに参戦すると発表した。選手については,1月中に説明会を行って募集を開始する予定だ。

[2018/12/25 16:02]

中国共産党によるゲーム承認の凍結を解除を確認

中国共産党によるゲーム承認の凍結を解除を確認

[GamesIndustry.biz]中国でのゲーム承認凍結の解除が,中国共産党宣伝部からの公式な発表で確認された。審査されたゲームはまもなく市場に出るという。

[2018/12/22 00:00]

仮想通貨を用いずEthereumの分散型アプリを利用可能とする「Uniqys Transaction Proxy」,ベータ版の利用登録が開始

[2018/12/21 19:55]

App Annieが「2019年のモバイル市場予測」を発表。アプリストア内消費支出は1220億ドル超となる見込み

[2018/12/21 18:08]

中国政府のゲーム認証プロセスが再開。共産党宣伝部の責任者が発言

[2018/12/21 15:45]

「Ingress」「ポケモンGO」のNianticが「Niantic Real World Platform」の開発者コンテストを発表。賞金総額100万ドル

「Ingress」「ポケモンGO」のNianticが「Niantic Real World Platform」の開発者コンテストを発表。賞金総額100万ドル

 位置情報を活用した「Ingress」「ポケモンGO」などのゲームを手がけるNiantic。同社が,ARプラットフォーム「Niantic Real World Platform」を使った,賞金総額100万ドルの開発者コンテスト「Beyond Reality」を発表した。同プラットフォームを駆使する新たなゲームやサービスで競うという企画だ。

[2018/12/21 14:39]

ゲームロフト,「SongPop」のパブリッシャFreshPlanetを買収

[2018/12/21 14:05]

double jump.tokyoがgumiグループへの第三者割当増資により2億円を資金調達

[2018/12/20 22:07]

VR向け統一3Dアバターファイルフォーマット「VRM」発表

VR向け統一3Dアバターファイルフォーマット「VRM」発表

[GamesIndustry.biz]2018年12月20日,都内で「3Dアバターファイルフォーマット『VRM』に関する記者発表会」が開催された。多くのアプリで共通して使える3Dアバターの規格だ。Vtuberのみならず,多彩な用途が期待される日本発の新規格とはどんなものだろうか。

[2018/12/20 21:52]

スクウェア・エニックスと中央大学が教育分野での連携協定を締結

[2018/12/20 21:26]

2018年を揺るがしたLoot Box問題まとめ: 己自身と戦うことになったゲーム業界

2018年を揺るがしたLoot Box問題まとめ: 己自身と戦うことになったゲーム業界

[GamesIndustry.biz]2018年を振り返り,多くの話題を呼んだLoot Box(ガチャ)問題についてHaydn Taylorがまとめている。「現実世界での価値」を持たないとして合法とする判断とギャンブルの害との多くの類似性を懸念する声に業界は揺れている。

[2018/12/20 00:00]

開発者会議・CEDEC 2019はパシフィコ横浜で2019年9月4日から6日にかけて開催。セッション講演者公募は2月1日から

開発者会議・CEDEC 2019はパシフィコ横浜で2019年9月4日から6日にかけて開催。セッション講演者公募は2月1日から

 CESAとCEDEC運営委員会は本日,コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス・CEDEC 2019を,例年通り神奈川・パシフィコ横浜会議センターで2019年9月4日から6日にかけて開催すると発表した。合わせてセッション講演者の応募要項も公開。公募は2月1日開始だ。

[2018/12/19 15:10]

平成時代,最もハマったゲームは何か? スカパーJSATとネットエイジアが「平成の感動ランキング」を発表

平成時代,最もハマったゲームは何か? スカパーJSATとネットエイジアが「平成の感動ランキング」を発表

 スカパーJSATとネットエイジアが,「平成の感動ランキング」を発表した。平成の30年間を振り返り,最も感動を与えてくれた芸能人・スポーツ選手とか,テレビドラマとか,お笑いタレントとかをアンケート調査を元にランキングしたもの。ゲームについての調査もあったので,紹介したい。

[2018/12/18 19:39]

ソニー,誤ってPS4ゲームのプレイヤー数を明らかに

ソニー,誤ってPS4ゲームのプレイヤー数を明らかに

[GamesIndustry.biz]一部のユーザーはソニーから公開されている情報を組み合わせて,ゲームのプレイヤー数を推定する方法を発見した。希少トロフィー獲得率が公開されているゲームならどれでもプレイヤー数を推定できるという。

[2018/12/18 13:54]

ゲーマー向けのチャットサービス「Discord」,ゲームストアのサービスでデベロッパに90%の利益配分を行うと発表

ゲーマー向けのチャットサービス「Discord」,ゲームストアのサービスでデベロッパに90%の利益配分を行うと発表

 ゲーマー向けのチャットサービス「Discord」を運営するDiscordは公式ブログで,「Discord」のストアで販売するソフトについて,2019年以降,パブリッシャやデベロッパの利益配分を90%にすると発表した。かなり競争力のある設定で,オンライン配信システムの低価格化を加速させそうだ。

[2018/12/18 12:24]

GamesIndustry.bizが贈る ゲーム業界今年の数字2018

GamesIndustry.bizが贈る ゲーム業界今年の数字2018

[GamesIndustry.biz]2018年のゲーム業界を概観して,その特徴をいくつかのグラフと表にまとめてみた。一部,英国市場の動向を追っているが,海外と日本の違いを見るには役立つだろう。2018年のゲーム業界を数字で振り返ろう。

[2018/12/18 00:00]

AMDのRadeonビジネス部門を率いていたMike Rayfield氏が退社。入社から約1年で

[2018/12/17 20:34]

プラチナエッグ,VIPSTARとDAppsゲームの開発&マーケティングについてパートナーシップ提携を合意

[2018/12/17 20:10]

Access Accepted第598回:海外ゲーム通ならプレイしておくべき2018年のタイトル10選

Access Accepted第598回:海外ゲーム通ならプレイしておくべき2018年のタイトル10選

 年末恒例の「プレイしておくべき海外ゲーム10選」をお届けしたい。例年にないほど大作が揃った2018年だったが,その中から筆者の独断と偏見で,欧米ゲーム市場の動きや今後のトレンドを象徴する作品をピックアップした。年末年始の休み中,プレイするゲームの参考にしてほしい。

[2018/12/17 12:00]

日野晃博氏が堀井雄二氏に聞くシナリオ作りのコツ:CEDEC+KYUSHU 2018基調講演レポート

日野晃博氏が堀井雄二氏に聞くシナリオ作りのコツ:CEDEC+KYUSHU 2018基調講演レポート

[GamesIndustry.biz]2018年12月1日に開催された「CEDEC+KYUSHU 2018」の基調講演の模様をお届けしよう。ドラクエシリーズの歴史を振り返りつつ,日野晃博氏堀井雄二氏誰もが気になる質問をたくさん投げかけていた。

[2018/12/15 00:00]

ワンダープラネットなどが,パラeスポーツアスリートの募集を開始

[2018/12/13 19:31]

JeSUが今後の展開を明らかにした記者会見をレポート。AESFと共同で「eSPORTS 国際チャレンジカップ 〜日本代表vsアジア選抜〜」を開催へ

JeSUが今後の展開を明らかにした記者会見をレポート。AESFと共同で「eSPORTS 国際チャレンジカップ 〜日本代表vsアジア選抜〜」を開催へ

 日本eスポーツ連合(JeSU)は2018年12月13日,同団体の今後の展開に関する記者会見を東京都内で開催した。本会見では,「eSPORTS 国際チャレンジカップ 〜日本代表 vs アジア選抜〜」の開催などがアナウンスされた。

[2018/12/13 18:36]

日本eスポーツ連合が2019年1月に「eSPORTS 国際チャレンジカップ 〜日本代表vsアジア選抜〜」を開催

[2018/12/13 17:00]

Epic Games,デベロッパにクロスプラットフォームサービスを展開

Epic Games,デベロッパにクロスプラットフォームサービスを展開

[GamesIndustry.biz]EPic Gamesは,「Fortnite」のクロスプラットフォーム展開用に開発したツールやサービスを,来年いっぱいかけてすべての開発者に無料で提供していくという。

[2018/12/13 16:04]

ZeniMax MediaとFacebook,VR技術の流出をめぐる4年半にわたる係争が,両社が和解によって終了

ZeniMax MediaとFacebook,VR技術の流出をめぐる4年半にわたる係争が,両社が和解によって終了

 北米メディアの報道によれば,2014年5月以来,ZeniMax MediaFacebookの間で争われてきた裁判について,両社が和解して正式に終了したという。ZeniMax Media傘下のid Softwareに在籍していたジョン・カーマック氏が制作したVRプログラムの帰属が争われた裁判だが,ようやく決着したようだ。

[2018/12/13 12:40]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ