オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
[gamescom]Sony Computer Entertainment Europeのミニトークイベントで,吉田修平氏やゲーム開発者達が「心の中のインディーズ魂」を語る
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/08/13 17:48

イベント

[gamescom]Sony Computer Entertainment Europeのミニトークイベントで,吉田修平氏やゲーム開発者達が「心の中のインディーズ魂」を語る

 gamescom 2014の前日である8月12日(現地時間)に開催されたSony Computer Entertainment Europe(以下,SCEE)のメディアイベントにて,壇上に上がったゲーム開発者らと,Sony Computer Entertainment Worldwide Studios社長の吉田修平氏による,恒例のミニトークが行われた。

画像集#001のサムネイル/[gamescom]Sony Computer Entertainment Europeのミニトークイベントで,吉田修平氏やゲーム開発者達が「心の中のインディーズ魂」を語る

 今回集まった開発者は,過去30年にわたってゲーム開発を続け,現在は京都でキュー・ゲームスを率いて「The Tomorrow Children」を開発中のDylan Cuthbert(ディラン・カスバート)氏,Ubisoft Entertainment初期からのメンバーであり,本イベントで発表されたばかりの「WiLD」を手掛けるMichel Ancel(ミシェル・アンセル)氏,「Tearaway 〜はがれた世界の大冒険〜」を開発したMedia MoleculeのRex Crowle(レックス・クロウル)氏,そして「DRIVECLUB」のゲームディレクターとして活躍するEvolution StudiosのPaul Rustchynsky(ポール・ルストチンスキ)氏というメンバーだ。
 トークのテーマとなったのは,「現状のゲーム市場における,インディゲームの隆盛の影響」である。

 まず,「今の時代のゲーマーとは,どんなタイプの人たちなのか」という質問について語り始めたのがカスバート氏だ。昨今のゲーマーは,ゲームの作り手から与えられた「ゲーム本来の遊び方」ではなく,「自分自身の遊び方」で楽しめる自己表現の場を求める傾向が強いのだという。それゆえに,サンドボックス型のゲームが大きなスポットライトを浴びているのだそうだ。
 この意見には,吉田氏やルストチンスキ氏も同意し,サンドボックス型のゲームでは,PlayStation 4のに実装されるような,YouTubeなどのソーシャルメディアでの配信機能が,そのゲームを評価したり,購買を考慮したりするのに,大きな役割を持つだろうと述べていた。

画像集#003のサムネイル/[gamescom]Sony Computer Entertainment Europeのミニトークイベントで,吉田修平氏やゲーム開発者達が「心の中のインディーズ魂」を語る
キュー・ゲームス Dylan Cuthbert氏
画像集#002のサムネイル/[gamescom]Sony Computer Entertainment Europeのミニトークイベントで,吉田修平氏やゲーム開発者達が「心の中のインディーズ魂」を語る
Sony Computer Entertainment Worldwide Studios 吉田修平氏

 こうした自分なりの楽しみ方という,ある意味身勝手な要求は,プレイヤーがゲーム世界に介入してさまざまなアイテムやオブジェクトを作り出していく,UGC(ユーザー・ジェネレイテッド・コンテンツ)というコンセプトが,もはや珍しいものではなくなった昨今の状況を踏まえたものだ。アンセル氏は「ゲーマーは,もうそのゲームをどうやって遊ぶのか,手とり足とり解説してもらうことさえ拒んでいるのかもしれない」とし,「The Sims」シリーズや「Minecraft」のようなゲームのエンディングさえないような作品群が大きな脚光を浴びているのだと話す。これに続けて,先のYouTube配信やSHARE機能を用いるゲーマー層が増えていることに,吉田氏も「プレイヤー自身がコンテンツの一部と化しつつある」と表現していたのは興味深かった。

 吉田氏は,「今回で,このイベントに参加するのは最後になるかもしれない」「(前回,時差ボケで居眠りをしていたという指摘から)バレないようにします」など,自虐的なジョークで会場を沸かせていたが,ソーシャルメディアの影響力を身をもって感じている様子。というのも,9歳になる娘の要望で,今年の夏は九州に家族旅行したそうだが,九州を選んだ理由は,娘が九州に在住する同年齢のYouTuberにハマっているからなのだそうだ。
 また,クロウル氏も,ソーシャルメディアによる既存のゲームにはなかった発信力に対して,「Twitchでポケモンのライブストリーミングを行っている人達のプレイを見ていると,古いコンテンツでも新しく感じる魅力がある」と述べる。カスバート氏も続けて,「開発者が予想していたゲームとはまったく別のものになってしまう」としつつ,それがゲーム産業にポジティブに働いていることを強調していた。

画像集#004のサムネイル/[gamescom]Sony Computer Entertainment Europeのミニトークイベントで,吉田修平氏やゲーム開発者達が「心の中のインディーズ魂」を語る
Media Molecule Rex Crowle氏
画像集#005のサムネイル/[gamescom]Sony Computer Entertainment Europeのミニトークイベントで,吉田修平氏やゲーム開発者達が「心の中のインディーズ魂」を語る
Evolution Studios Paul Rustchynsky氏

Wild Sheep Studios Michel Ancel氏
画像集#006のサムネイル/[gamescom]Sony Computer Entertainment Europeのミニトークイベントで,吉田修平氏やゲーム開発者達が「心の中のインディーズ魂」を語る
 今回のパネルのメンバーを見ていると,吉田氏はともかく,ほとんどが我々の想像する「インディ開発者」というイメージとは異なる。とくにアンセル氏はフランスの「国民的ゲームキャラクター」とも言える「レイマン」を生み出した人物だ。そんな彼が,Ubisoft Entertainmentの内部開発チームとして,会社から自分達を切り離すような形でWild Sheep Studiosを設立したというのは考えさせられるものがある。
 こうしたことに関して,「インディーズといっても,何十億もの予算を自由に使えるメーカーもあって,その定義は非常に曖昧になりつつある。どんな立場であれ,みんな心の中のインディ魂(独立心)が復活しているのを感じているのではないか」とカスバート氏は話す。クロウル氏も「今回のSCEEのプレゼンテーションを見て,ゲーム世界が非常にカラフルになっているのを感じた。ダークな世界観やバイオレンスに依存するのではなく,開発者たちの発想も自由になっている証拠かもしれない」と語り,ゲーム開発者自身も,ゲーム作りのアプローチが変わってきていることを痛感している様子だった。

「Gamescom 2014」記事一覧

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月16日〜09月17日
タイトル評価ランキング
74
BLESS UNLEASHED (PC)
67
67
DEKARON (PC)
55
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年03月〜2021年09月