オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/02/04 13:00

ニュース

VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応

VAIO Phone Biz
画像集#002のサムネイル/VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応
 2016年2月4日,VAIOは,同社初となるWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「VAIO Phone Biz」(型番:VPB0511S)を2016年4月に発売すると発表した。外部ディスプレイやキーボード,マウスと接続することで,Windows 10 MobileをPCのように利用できる機能「Continuum」(コンティニューム)に対応するのが特徴だ。
 基本的に法人向けの製品だが,個人での購入も可能で,直販サイト「VAIOストア」での価格は5万円台(税別)となっている。なお,本体はSIMロックフリー仕様。製品にSIMカードや通信プランは含まないため,エンドユーザーは自分でSIMを調達する必要がある。

VAIO Phone Bizの前面(左)と背面(右)
画像集#003のサムネイル/VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応 画像集#004のサムネイル/VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応

つや消しの背面パネルは,サンドブラスト処理で加工されているとのことで,実機の手触りはよかった。背面ロゴは印刷ではなく,レーザー加工で彫り込まれている
画像集#005のサムネイル/VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応
 個性を欠く製品仕様で批判を受けた初代「VAIO Phone」とは打って変わって,VAIO Phone Bizはデザインとスペックのどちらにおいても,VAIOというブランドの価値やイメージを損なわない,魅力を感じられる製品を目指しているようだ。
 たとえばデザインだが,ボディは,最近のスマートフォンで流行りとなったアルミニウム合金の削り出しによって作られており,手に持った質感も良好である。

ボディの削り出し工程を示した画像。アルミニウム合金の削り出しでボディを作るやり方は,「ZenFone Zoom」でも採用されており,最近の流行となりつつある
画像集#012のサムネイル/VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応

本体上側面(左)と下側面(右)。上側面にはヘッドセット端子,下側面には,マイク孔とUSB 2.0 Micro-Bポートがある
画像集#006のサムネイル/VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応 画像集#007のサムネイル/VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応

左側面にはSIMカードスロット兼MicroSDカードスロット,右側面には[電源/スリープ]ボタンと音量調節ボタンがある
画像集#008のサムネイル/VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応 画像集#009のサムネイル/VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応

 スペックも,国内で販売されるWindows 10 Mobile端末としては,充実したものだ。一例を挙げると,液晶パネルは5.5インチサイズで解像度1080×1920ドットと,720×1280ドット程度が多い既存のWindows 10 Mobile端末よりも高解像度である。
 SoC(System-on-a-Chip)にはQualcomm製の「Snapdragon 617」を採用し,メインメモリ容量は3GB,内蔵ストレージ容量は16GBだ。先日出荷が始まったContinuum対応のWindows Phone端末「NuAns Neo」と比べると,SoCと内蔵ストレージ容量が同じで,画面解像度は高く,メインメモリ容量も1GB分多い点がポイントといえよう。

 対応するLTEの周波数帯は,Band 1,3,8,19,21となっており,MVNO事業者のなかで採用例の多いNTTドコモのバンド(1,3,19,21)を広くサポートする。複数のバンドを束ねて高速なデータ通信を実現する「キャリアアグリゲーション」機能にも対応する予定とのことだ。

ScreenBeam Mini 2。NuAns Neoでも動作確認済みのContinuum対応ワイヤレスアダプタだ
画像集#011のサムネイル/VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応
 特徴であるContinuumは,市販のContinuum対応ワイヤレスディスプレイアダプタと組み合わせることで,外付けディスプレイをサブディスプレイとして利用する機能である。ただ,VAIO Phone Bizの搭載するSnapdragon 617が有線での映像出力機能を持たないことから,無線LAN経由によるワイヤレス接続に限定される点は注意しておこう。
 なお,VAIO自体は,ワイヤレスディスプレイアダプタを商品化していないのだが,Actiontec Electronics製の「ScreenBeam Mini 2」というHDMI対応製品を,動作確認済みの推奨品としている。

Continuumの使用イメージ。キーボードやマウスは,基本的にBluetoothで接続することになる。スマートフォンの画面に仮想タッチパッドを表示して,外付けディスプレイ側のマウスポインターを動かすことも可能だ
画像集#010のサムネイル/VAIOが本気を出したWindowsスマートフォン「VAIO Phone Biz」,2016年4月発売。スペック重視でContinuumにも対応

 なお,外付けディスプレイ側に表示できるのは,PC用のWindows 10でも動作する「Universal Windows Platformアプリ」(以下,UWPアプリ)のみという制約もあるので,たとえばUWPアプリではないゲームを大画面で楽しむといったことはできない。UWPアプリの少ない現状では,プレインストールされているOfficeアプリやWebブラウザを,外付けディスプレイで利用する機能と割り切ったほうがよさそうだ。

 Windows 10 Mobile対応のゲームが少ない現状では,VAIO Phone Bizは,ゲーマーが積極的に選択すべき製品とはいえない。しかし,国内で販売されるWindows Phone端末としては,今のところ最も高いスペックを備える製品なので,Windows 10 Mobileに興味のある人は,選択肢に入れる価値があるのではないだろうか。

●VAIO Phone Biz VPB0511Sの主なスペック
  • メーカー:VAIO
  • OS:Windows 10 Mobile
  • ディスプレイパネル:5.5インチ液晶,解像度1080×1920ドット
  • プロセッサ:Snapdragon 617(8 CPUコア 最大CPU動作クロック1.5GHz,Adreno 405 GPUコア)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵(容量16GB)+microSDXC(最大64GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1300万画素
  • インカメラ:有効画素数約500万画素
  • バッテリー容量:2800mAh
  • 待受時間:未公表
  • 連続通話:未公表
  • LTE通信周波数帯:Band 1,3,8,19,21(受信時最大速度225Mbps)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:4.0
  • USB:USB 2.0 Micro-B
  • 本体サイズ:77(W)×156.1(D)×8.3(H)mm
  • 本体重量:約167g
  • 本体カラー:シルバー
  • 主な対応サービス&機能:Continuum,Wi-Fiテザリング

VAIO 公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Windowsスマートフォン端末本体

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月27日〜07月28日
タイトル評価ランキング
68
2021年01月〜2021年07月