オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Radeon Software Crimson Edition 16.11.2 Hotfix」公開。16.11.1はわずか1日で差し替えに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/11/05 11:00

ニュース

「Radeon Software Crimson Edition 16.11.2 Hotfix」公開。16.11.1はわずか1日で差し替えに

 北米時間2016年11月3日に「Radeon Software Crimson Edition 16.11.1 Hotfix」が登場してからわずか1日しか経っていないが,AMDはそれを差し替える公式最新Hotfix版グラフィックスドライバ「Radeon Software Crimson Edition 16.11.2 Hotfix」をリリースした。今回も「non-WHQL」である。

 緊急アップデートということで,何か致命的な問題でも……と思ってしまうが,アップデート内容はShader Cache(シェーダキャッシュ)の容量制限緩和,それ一点である。
 Shader Cacheというのは,コンパイル済みのシェーダコードをPCのローカルストレージへ保存しておいて,次にゲームアプリケーションを起動するときにコンパイルを省略する仕組みのことだが,AMDによると,今回の容量制限緩和によって,「Call of Duty: Modern Warfare Remastered」など,多数のシェーダコードを頻繁にコンパイルするような一部のゲームでメリットを得られるようになるそうだ。
 16.11.1 HotfixはCall of Dutyフランチャイズの最新作に向けた最適化版だが,その最適化に一部足りないところがあって,それを急遽行ってきたリリースという理解でよさそうである。

 というわけで,Call of Duty: Modern Warfare RemasteredをRadeon環境でプレイし始めた人は,ちょっと手間だが,自己責任でドライバの再アップデートをしたほうがいいだろう。一方,16.11.1 Hotfixは「Call of Duty: Infinite Warfare」用に導入したのだというなら,さすがに今回のリリースは見送ってもいいように思われる。

64bit版Windows 10用Crimson 16.11.2 Hotfix
32bit版Windows 10用Crimson 16.11.2 Hotfix(※Radeon RX・Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)
64bit版Windows 8.1用Crimson 16.11.2 Hotfix
32bit版Windows 8.1用Crimson 16.11.2 Hotfix(※Radeon RX・Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)
64bit版Windows 7用Crimson 16.11.2 Hotfix
32bit版Windows 7用Crimson 16.11.2 Hotfix(※Radeon RX・Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)

ノートPC向けの64bit版Windows 10用Crimson 16.11.2 Hotfix
ノートPC向けの32bit版Windows 10用Crimson 16.11.2 Hotfix(※Radeon R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)
ノートPC向けの64bit版Windows 8.1用Crimson 16.11.2 Hotfix
ノートPC向けの32bit版Windows 8.1用Crimson 16.11.2 Hotfix(※Radeon R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)
ノートPC向けの64bit版Windows 7用Crimson 16.11.2 Hotfix
ノートPC向けの32bit版Windows 7用Crimson 16.11.2 Hotfix(※Radeon R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)

 なお,「Display Driver」のバージョンは「16.40.3111.1002-161103a-308528E」。16.11.1 Hotfixの「16.40.3111.1001-161102a-308481E」と比べて,さすがに数字の違いは大きくなかった。


#### 以下,英文リリースノートまとめ ####

●Radeon Software Crimson Edition 16.11.2 Hotfixの対応GPU
  • Radeon RX 400シリーズ
  • Radeon Pro Duo
  • Radeon R9 Furyシリーズ
  • Radeon R9 300・200シリーズ
  • Radeon R7 300・200シリーズ
  • Radeon HD 8500以上のRadeon HD 8000シリーズ
  • Radeon HD 7700以上のRadeon HD 7000シリーズ
  • Radeon R9 M300・M200シリーズ
  • Radeon R7 M300・M200シリーズ
  • Radeon R5 M300・M200シリーズ
  • Radeon HD 8500M以上のRadeon HD 8000Mシリーズ
  • Radeon HD 7700M以上のRadeon HD 7000Mシリーズ
  • AMD FX APU with Radeon R7 Graphics
  • AMD A-Series APU with Radeon R8・R7・R6・R5・R4・R3 Graphics
  • Athlon/Sempron APU with Radeon R3 Graphics
  • AMD E-Series APU with Radeon R2 Graphics
(※Carrizoベースの「FX-8800P」「PRO A12-8800B」「PRO A10-8700B」「PRO A8-8600B」「PRO A6-8500B」「A10-8700P」「A8-8600P」「A6-8500P」は非対応。AMDはこれらのユーザーに対し,「Radeon Software Crimson Edition 15.12」を使うよう推奨している)


●Radeon Software Crimson Edition 16.11.2 Hotfixが統合するコンポーネント
(※比較対象はRadeon Software Crimson Edition 16.11.1 Hotfix)
  • Display Driver:16.40.3111.1002-161103a-308528E(←16.40.3111.1001-161102a-308481E)
  • Radeon Settings:2016.1103.2042.35450(←2016.1102.1342.22833)
  • 2D Driver:8.1.1.1571
  • Direct3D:9.14.10.01221
  • OpenGL:6.14.10.13456
  • OpenCL:21.19.160.512(←21.19.155.257)
  • Mantle:.1.10.0163(※Mantle API:102400)
  • Audio Driver:10.0.1.0
  • Vulkan Driver:1.3.0
  • Vulkan API:1.0.26


●Radeon Software Crimson Edition 16.11.2 Hotfixにおける最適化
(※比較対象はRadeon Software Crimson Edition 16.11.1 Hotfix)
  • リリースノートに記載なし


●Radeon Software Crimson Edition 16.11.2 Hotfixにおける新要素
・Shader Cacheの拡張
  • Shader Cacheのストレージ容量制限を緩くし,コンパイル済みシェーダコードの再利用効率を引き上げた


●Radeon Software Crimson Edition 16.11.2 Hotfixで解決した問題
  • リリースノートに記載なし
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • 関連タイトル:

    Call of Duty: Infinite Warfare

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月30日〜12月01日
タイトル評価ランキング
94
74
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
2020年06月〜2020年12月