オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Autodesk 3December 2013」開催,Web版Mayaのデモなど最新CG技術動向を見る
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/12/04 14:35

イベント

「Autodesk 3December 2013」開催,Web版Mayaのデモなど最新CG技術動向を見る

Autodesk
 2013年12月3日,Autodeskの日本法人であるオートデスクは,都内でコミュニケーションイベント「Autodesk 3December 2013」を開催した。これは,同社製品に関わるメーカーやユーザーなどの幅広い交流を目的としたもので,イベントではAutodeskの最新技術や招待講師による最新事例が紹介された。

オートデスク メディア&エンターテインメント 西松和朗氏
 冒頭,同社メディア&エンターテインメントの西松和朗氏が登壇し,事業部再編についての説明を行った。
 同社は1990年のKINETIX(3D STUDIO Maxの開発元)買収以来,1999年にDiscrete Logic,2005年にAlias Systems,2008年にSoftimageと合併を繰り返しつつ3D製品の拡充を図ってきた。2010年までは,それぞれの製品の事業部がそのまま開発を行っていたのだが,ユーザーからの要望に対応しきれないということで,2010年から製品の機能別に分けた開発体制へと改められている。モデリングなら,MaxもMayaもXSIも同じ部門でモデリング機能だけを開発するといった具合だ。製品間での連携が進んだのもこの時期なので納得のいく人もいるだろう。
 それが2013年4月に刷新されたという。今度は,ゲーム業界,映像業界,その他と,ユーザーの分野別に分けた体制となっているという。それぞれの開発部門に対してユーザーからの要望が別々に届いており,それぞれの開発度合が違うと結局ユーザーの要望に応えられないということなのだろう。

Autodesk Autodesk

オートデスク メディア&エンターテインメント 門口洋一郎氏
 続いて,同社メディア&エンターテインメント 門口洋一郎氏からAutodeskの最新動向が紹介された。
 まず,デモムービーで,Leap Motionを使ったMayaでのインタフェース,クラウドでのキャラクター作成のプロジェクト,3Dプリンタへの対応状況,各種ミドルウェアの統合,KINECTを使ったフェイシャルアニメーション,昨年買収した流体シミュレータNaiadのデモなどが映像で示され,新技術に対しての積極的な取り組みがうかがわれた。

Autodesk
群集シミュレーション
Autodesk
Leap Motionによる操作
Autodesk
クラウドによるキャラクターツール
Autodesk
3Dプリンタの積層シミュレーション
Autodesk
MayaとMudboxの統合
Autodesk
BEASTなどの統合
Autodesk
Kinectによるフェイシャル処理
Autodesk
映画にも使われるNaiadのデモ

Autodesk
 Disneyから導入したというX-Genは,植生などを生成するツールで,草や花,木といったオブジェクトを独立した確率で配置できるほか,局所的な制御も可能なツールになっている。Maya上でのデモでは,かなり多数のオブジェクトがあふれるシーンをリアルタイムに操作していた。
 単に配置するだけではなく,風にそよいだりといった処理も行え,植生以外に毛髪などでも威力を発揮するもののようで,多くのディズニー映画では多用されている技術だという。

Autodesk

Autodesk
 Autodesk Remoteは,iPadなどのタブレット端末でAutodesk製品をリモート操作できるというもので,いわゆるリモートデスクトップ関連の技術となる。
 リモート操作については,ほかにもアプローチの違うものが示され,まだ実験段階で製品化などは保証されないと断り付きながら,WebバージョンのMaxやMayaが紹介された。ChromeやFirefoxが使われていたのでWebGLによるものと思われるが,演算処理などはアメリカにあるAmazonのクラウドサーバー上で行われているとのことで,多少の遅延はあるようだが,それでも普通に使えそうなレスポンスでデモが行われていた。扱っていた題材は,流体を使った爆煙のレンダリングなどで,当然ながらかなり重い処理である。

Autodesk Autodesk
Autodesk

Autodesk
 興味深いのはAutodeskとしてのカラーマネジメントへの取り組みで,昨今はリニアスペースによる処理が多く行われるようになっているが,それを制作環境全体で統一しようといった方向の施策である。まず,素材の入力から始まり,作業中のデータ,作業時の表示,そして最終製品への出力,そのすべてでのカラーマネジメントとなる。
 全体にリニアスペースでの管理となるようだが,作業中にリニアスペースのままの色で見ても調整はできないので,適切なトーンマッピングが必要になる。おそらくは最終出力の色空間に合わせたものになるのだろうが,どのように管理するのがよいか研究が行われているという。

Autodesk
Autodesk Autodesk

Autodesk
 また,Bifrostと呼ばれるツールでは,XSIのICEをベースにしたというビジュアルスクリプトで細かな物理シミュレーションを行っている様子が示された。水面でクジラがジャンプするという処理で,Naiadでもできないような処理を記述しているらしい。
 さらにボリューメトリックなレンダリング処理など,幅広い範囲で使えるツールのようだ。まだまだ研究段階ということのようだが,将来の実用化に期待したい。

Autodesk Autodesk
Autodesk Autodesk

Autodesk 3December公式サイト

  • 関連タイトル:

    Autodesk

  • 関連タイトル:

    ミドルウェア/開発ツール

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日