オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
SteelSeries,新開発メンブレンスイッチ採用のゲーマー向けキーボード「Apex 150」を世界市場で発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/09/29 12:08

ニュース

SteelSeries,新開発メンブレンスイッチ採用のゲーマー向けキーボード「Apex 150」を世界市場で発表

 北米時間2017年9月28日,SteelSeriesは,ゲーマー向けキーボードの新製品となる「Apex 150」を世界市場で発表した。直販サイトでは49.99ドル(税別)で販売が始まっている。

Apex 150
SteelSeries

SteelSeries
 Apex 150は,SteelSeries新開発のメンブレンスイッチ「Quick Tension Membrane」を採用するのが最大の特徴だ。SteelSeriesによると,この新しいメンブレンスイッチは,新素材かつ高精度に作られた熱可塑性のラバーを採用することにより,キーあたり2000万回の打鍵に耐える高い耐久性と,キー押下時の摩擦低減,そして「水をこぼした」レベルなら問題のない耐水性を実現できているという。
 また,キーの入力がオンになるアクチュエーションポイントを浅くしている――具体的な数字は未公開――のと,キーボード全体として24キーロールオーバーとAnti-Ghosting(アンチゴースト)に対応するのも見どころと言える。

Quick Tension Membraneスイッチの概要
SteelSeries

SteelSeries Engine 3を使ったDiscord連係のイメージ
SteelSeries
 配列は英語104キー。LEDバックライトは5ゾーンに分かれているとのこと。LEDの色や光らせ方は「SteelSeries Engine 3」から変更できるようになっており,チャットツール「Discord」と連係し,通知機能をLEDに持たせることも可能とのことである。
 少なくとも北米市場における直販価格的には,エントリー,もしくはエントリーミドルクラス向けといえ,国内価格次第では面白い選択肢になりそうな気配だ。販売代理店であるゲートからのアナウンスを待ちたい。

SteelSeries

●Apex 150の主なスペック
  • 接続インタフェース:USB
  • キースイッチ:メンブレン(「Quick Tension Membrane」)
  • 基本キー数:英語104キー
  • キーピッチ:未公開(※おそらく19mm)
  • キーストローク:未公開
  • アクチュエーションポイント:未公開
  • 押下特性:未公開
  • Anti-Ghosting:対応
  • ロールオーバー:24キー
  • 複数キー同時押し対応:未公開
  • キー耐久性:2000万回
  • ポーリングレート(USBレポートレート):未公開
  • マクロ機能:なし
  • バックライト:あり(※色数未公開。5ゾーンを個別に管理可能。Discort連係機能およびほかのSteelSeries製品との連係機能対応)
  • 公称サイズ:463(W)×156(D)×42(H)mm
  • 公称重量:約1.07kg(※公式には2.35lbs,ケーブルを含むか否かは未公開)
  • 公称ケーブル長:1.8m
  • 対応OS:未公開
  • 発売予定時期:2017年9月28日(※直販サイト9
  • 直販価格:49.99ドル(税別)
  • 保証期間未公開

SteelSeriesのApex 150製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    SteelSeries

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月20日〜04月21日