オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

SteelSeries(旧称:Soft Trading)

このページの最終更新日:2018/01/11 19:43

rss


キーワード

下線

[CES 2018]深度センサーの採用でSteelSeriesは何を狙っているのか。新型マウス「Rival 600」のデモを見てきた

[CES 2018]深度センサーの採用でSteelSeriesは何を狙っているのか。新型マウス「Rival 600」のデモを見てきた

 SteelSeriesが発表した右手用ワイヤードマウス「Rival 600」は,リフトオフディスタンスを制御するための専用センサーを搭載するというのが大きな特徴だが,CES 2018で同社は,他社製品とリフトオフディスタンス周りを比較するデモを行っていた。そのほかにも気になるポイントについて続報が得られたので,まとめて紹介したい。

[2018/01/11 19:43]

[CES 2018]SteelSeries,新型ワイヤードマウス「Rival 600」を発表。2つの光学センサーで最小0.5mmのリフトオフディスタンスを実現

[CES 2018]SteelSeries,新型ワイヤードマウス「Rival 600」を発表。2つの光学センサーで最小0.5mmのリフトオフディスタンスを実現

 SteelSeriesは,新型ワイヤードマウス「Rival 600」を発表した。公式サイトにおける価格は89.99ドル(税別)。メインの光学センサーに加えて,リフトオフディスタンスのみをトラッキングする2つめのセンサーを搭載するのが大きな特徴で,最小0.5mmのリフトオフディスタンスを実現しているという。

[2018/01/10 16:56]

【PR】SteelSeries製ヘッドセット「Arctis 7」徹底検証。 ワイヤレス&ワイヤード両対応モデルは,PS4との相性が抜群だった

【PR】SteelSeries製ヘッドセット「Arctis 7」徹底検証。 ワイヤレス&ワイヤード両対応モデルは,PS4との相性が抜群だった

 SteelSeriesの新しいヘッドセット「Arctis」は,PCゲームの世界で人気の製品だが,据え置き型ゲーム機でも使えることはあまり知られていない。そこで今回は,シリーズ最上位のワイヤレス&ワイヤード接続両対応モデル「Arctis 7」を検証しつつ,プロゲーマーにPS4で試してもらった。本稿ではその結果をレポートしたい。

[2017/12/02 12:00]

SteelSeries独自スイッチ「QX2」採用キーボード「Apex M750」が日本語配列で国内発売

SteelSeries独自スイッチ「QX2」採用キーボード「Apex M750」が日本語配列で国内発売

 2017年11月22日,SteelSeriesは,ゲーマー向けキーボード「Apex M750」の日本語配列モデルを2017年12月7日に国内発売すると発表した。SteelSeries独自のメカニカルスイッチ「QX2」を搭載し,同社初のフローティングデザインを採用する製品だ。直販サイトにおける税込価格は2万1060円となる。

[2017/11/22 12:39]

アナログとBluetoothに同時対応のヘッドセット「Arctis 3 Bluetooth」をSteelSeriesが海外で発売

アナログとBluetoothに同時対応のヘッドセット「Arctis 3 Bluetooth」をSteelSeriesが海外で発売

 北米時間2017年11月7日,SteelSeriesは,ゲーマー向けヘッドセット「Arctis 3 Bluetooth」を同社直販サイトで発売した。本製品は,ゲーム機やPCと有線接続してゲームの音声を聞きながら,同時にBluetooth接続したスマートフォンのアプリで会話もできるという珍しい特徴を備えている。北米市場向けの直販価格は149.99ドルだ。

[2017/11/08 17:10]

独自のQX2スイッチを採用する10キーレスキーボード「Apex M750 TKL」がSteelSeriesから登場。直販サイトにおける価格は税別約130ドル

独自のQX2スイッチを採用する10キーレスキーボード「Apex M750 TKL」がSteelSeriesから登場。直販サイトにおける価格は税別約130ドル

 北米時間2017年10月30日,SteelSeriesは,ゲーマー向けキーボード「Apex M750 TKL」を直販サイト限定で発売した。本製品は,2017年8月に登場したフルキーボード「Apex M750」の10キーレス版で,Apex M750で初めて採用された独自のメカニカルキースイッチ「QX2」を搭載するのが特徴だ。北米市場向けの価格は129.99ドル。

[2017/10/31 12:32]

SteelSeries,ゲーマー向け右手用マウス「Rival 110」を10月26日に国内発売。PixArtと共同開発した「TrueMove1」光学センサーを採用

SteelSeries,ゲーマー向け右手用マウス「Rival 110」を10月26日に国内発売。PixArtと共同開発した「TrueMove1」光学センサーを採用

 2017年10月19日,SteelSeriesは,右手用のゲーマー向けワイヤードマウス「Rival 110」を10月26日に国内発売すると発表した。Rival 110は,SteelSeriesとPixArt Imagingが共同開発したという光学センサー「TrueMove1」を採用するのが大きな特徴だ。直販サイトにおける価格は税込6048円となる。

[2017/10/19 15:09]

SteelSeries,日本公式Twitchチャンネル開設。10月6日には青木志貴さんが登場する生放送を配信

[2017/10/05 14:18]

SteelSeries,アナログ接続型ヘッドセット「Arctis 3」のカラーバリエーションモデル3色を限定販売

SteelSeries,アナログ接続型ヘッドセット「Arctis 3」のカラーバリエーションモデル3色を限定販売

 2017年10月4日,SteelSeriesは,アナログ接続型ワイヤードヘッドセット「Arctis 3」のカラーバリエーションモデル「Solar Red」「Boreal Blue」「Slate Grey」3製品を,2017年10月12日に数量限定で発売すると発表した。カラー以外の仕様は現行製品と同じだそうだ。税込の予想実売価格は1万2000円前後。

[2017/10/04 12:36]

SteelSeries,新開発メンブレンスイッチ採用のゲーマー向けキーボード「Apex 150」を世界市場で発表

SteelSeries,新開発メンブレンスイッチ採用のゲーマー向けキーボード「Apex 150」を世界市場で発表

 北米時間2017年9月28日,SteelSeriesは,ゲーマー向けキーボードの新製品となる「Apex 150」を世界市場で発表した。耐久性と耐水性,浅いアクチュエーションポイントを実現するという新開発のメンブレンスイッチ「Quick Tension」を採用し,直販価格49.99ドル(税別)というエントリー市場向けの製品だ。

[2017/09/29 12:08]

SteelSeries,39.99ドルのゲーマー向けマウス「Rival 110」を発表

SteelSeries,39.99ドルのゲーマー向けマウス「Rival 110」を発表

 北米時間2017年9月26日,SteelSeriesは,ゲーマー向けワイヤードマウスの新製品となる右手用モデル「Rival 110」を発売した。SteelSeriesPixArt Imagingの共同開発による新型の光学センサー「TrueMove1」を採用するのが大きな特徴だ。同社公式Webサイトでの直販価格は39.99ドル(税別)となっている。

[2017/09/26 15:47]

SteelSeries「Sensei 310」「Rival 310」ファーストインプレッション。新機軸「1-to-1 tracking」対応マウス,形状違いの2モデルを使ってみた

SteelSeries「Sensei 310」「Rival 310」ファーストインプレッション。新機軸「1-to-1 tracking」対応マウス,形状違いの2モデルを使ってみた

 2017年9月7日に国内発売となる,SteelSeriesの新型ワイヤードマウス「Sensei 310」「Rival 310」。新型光学センサー「TrueMove3」を搭載しつつ,形状のみ異なる兄弟モデル的な両製品を入手できたので,BRZRK氏によるファーストインプレッションをお届けしたい。

[2017/09/07 00:00]

新型光学センサー搭載のSteelSeries製ワイヤードマウス「Rival 310」「Sensei 310」,9月7日に国内発売

新型光学センサー搭載のSteelSeries製ワイヤードマウス「Rival 310」「Sensei 310」,9月7日に国内発売

 2017年8月29日,SteelSeriesは,ワイヤードマウス新製品「Rival 310」「Sensei 310」を9月7日に8500円(税込9180円)で国内発売すると発表した。両製品はいずれも,新型光学センサー「TrueMove3」を採用するのが仕様上の特徴。Rival 310は右手用形状,Sensei 310は左右対象形状を採用したモデルとなっている。

[2017/08/29 12:53]

SteelSeries,独自スイッチ「QX2」採用の新型キーボード「Apex M750」を直販サイトで発売

SteelSeries,独自スイッチ「QX2」採用の新型キーボード「Apex M750」を直販サイトで発売

 北米時間2017年8月15日,SteelSeriesは,ゲーマー向けキーボードの新製品「Apex M750」を直販サイト限定で発売した。本製品は,SteelSeries独自のメカニカルスイッチ「QX2」と,同社製キーボードとして初となるフローティングデザインの採用が特徴だ。APAC地域向けの直販価格は149.99ドル(税別)となっている。

[2017/08/15 13:59]

SteelSeries,ワイヤードマウス新製品「Sensei 310」「Rival 310」を直販サイトで発売。PixArtと共同開発した光学センサー搭載

SteelSeries,ワイヤードマウス新製品「Sensei 310」「Rival 310」を直販サイトで発売。PixArtと共同開発した光学センサー搭載

 北米時間2017年8月1日,SteelSeriesは,ゲーマー向けワイヤードマウスの新製品「Sensei 310」「Rival 310」を直販サイトで世界市場向けに発売した。両手対応,右手専用という違いがある一方,PixArtと共同開発したという新型の光学センサー「TrueMove3」を採用する点は共通だ。直販価格はいずれも69.99ドル(税別)。

[2017/08/01 16:19]

「SteelSeries QcK」マウスパッドの新モデル「Limited」2モデルが国内発売。「Rival 300」マウスのCS:GOコラボモデルも

[2017/06/27 12:26]

SteelSeries「Arctis 5」レビュー。このUSB&アナログ接続両対応ヘッドセットは会心の一撃だ

SteelSeries「Arctis 5」レビュー。このUSB&アナログ接続両対応ヘッドセットは会心の一撃だ

 最上位から最下位まで音質は変わらず,機能のみで差別化するという仕様と,ゲーマー向け製品らしからぬ(?)上品なルックスで注目を集める,SteelSeries製ヘッドセット「Arctis」。そのUSB&アナログ接続対応モデル「Arctis 5」のテスト結果をお届けしたい。端的にまとめると,榎本 涼氏が唸る完成度だ。

[2017/04/08 00:00]

SteelSeriesの新型ヘッドセット「Arctis 5」ファーストインプレッション。少なくとも出力品質は同社史上最高だ

SteelSeriesの新型ヘッドセット「Arctis 5」ファーストインプレッション。少なくとも出力品質は同社史上最高だ

 3モデルで入出力音質は変わらず,基本的には接続仕様とバーチャルサラウンドサウンド対応のみで差別化するという,SteelSeriesの新しいヘッドセット製品シリーズ「Arctis」。2017年2月24日の発売に合わせて,USBおよびアナログ接続対応の「Arctis 5」を入手し,短時間ながらテストできたので,まずはファーストインプレッションをお届けしたい。

[2017/02/24 00:00]

SteelSeriesの新型ゲーマー向けヘッドセット「Arctis」3モデルが,2月24日に国内発売決定

SteelSeriesの新型ゲーマー向けヘッドセット「Arctis」3モデルが,2月24日に国内発売決定

 2017年2月14日,SteelSeriesは,新型ゲーマー向けヘッドセット「Arctis 7」「Arctis 5」「Arctis 3」を2月24日に国内発売すると発表した。フラッグシップモデルと同じスピーカードライバーの搭載や双方向指向性マイクの採用などが共通の特徴だ。税込の予想実売価格は順に2万1000円前後,1万4000円前後,1万2000円。

[2017/02/14 12:55]

SteelSeries,縁に沿ってステッチ加工を施したマウスパッド「QcK Limited」「QcK+ Limited」を世界市場で発表

[2016/12/07 13:57]

SteelSeries,「Rival 500」と「Siberia 840」を国内発売。多ボタンマウスと,Bluetoothにも対応したワイヤレスヘッドセット

SteelSeries,「Rival 500」と「Siberia 840」を国内発売。多ボタンマウスと,Bluetoothにも対応したワイヤレスヘッドセット

 2016年11月22日,SteelSeriesは,MMORPG&MOBA向けのワイヤードマウス「Rival 500」と,PC用トランスミッタによるワイヤレス接続,そしてBluetooth接続に対応するワイヤレスヘッドセット「Siberia 840」の2製品を,12月2日に発売すると発表した。税込の予想実売価格は順に1万2000円前後,4万円前後となる。

[2016/11/22 13:31]

SteelSeriesの「Siberia 200」とROCCATの「Renga」をFPS向けにチューンしたというヘッドセット2製品がe☆イヤホン限定で発売

[2016/10/18 13:14]

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(5)出力品質で選ぶお勧め製品

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(5)出力品質で選ぶお勧め製品

 音響測定用のダミーヘッドをついに導入できたので,せっかくなら現行のゲーマー向けヘッドセットを集め,出力波形を横並びで比較してみようという企画の最終回。本稿では,テスト結果を基に,価格帯ごとのオススメ製品を紹介しつつ,全体のまとめを行いたい。

[2016/10/08 00:00]

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(4)製品検証,ブランド名Ro〜T

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(4)製品検証,ブランド名Ro〜T

 4Gamerでヘッドセットおよびヘッドフォンの出力品質評価用ダミーヘッドを入手したので,せっかくなら一斉検証してみようという企画,性能評価パート第3弾。こちらでは,ブランド名の頭文字R(Ro)からTに属する計16台のゲーマー向けヘッドセットが持つ出力特性を明らかにしたい。

[2016/10/07 00:00]

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(1)出力品質を計測するということ

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(1)出力品質を計測するということ

 4Gamerのゲーマー向けヘッドセット評価班が,長年渇望してきたダミーヘッドをついに入手した。これでヘッドセットの「ヘッドフォン出力」を波形で評価できるようになるわけだが,今回はそれを記念して,(ほぼ)現行モデル46製品を一気に測定してみることにした。まずは,波形測定の方法と見方をまとめておきたい。

[2016/10/06 00:00]

SteelSeries,ゲーマー向けヘッドセット新製品「Arctis」を発表。出力品質もマイクもデザインも同じで3モデル展開

SteelSeries,ゲーマー向けヘッドセット新製品「Arctis」を発表。出力品質もマイクもデザインも同じで3モデル展開

 北米時間2016年10月3日,SteelSeriesは,新しいヘッドセット「Arctis 7」「Arctis 5」「Arctis 3」を発表した。出力品質もマイクもデザインも,「エアウィーブ」採用のイヤーパッドも共通の仕様を採用し,主に接続インタフェースで差別化するという,ユニークなシリーズだ。CEOにその特徴を聞いたインタビューとセットで,概要をお伝えしたい。

[2016/10/05 00:00]

[TGS 2016]「日本のゲーマーにお詫びしたい」。国内市場で再出発したSteelSeriesのCEOに現状とこれからを聞く

[TGS 2016]「日本のゲーマーにお詫びしたい」。国内市場で再出発したSteelSeriesのCEOに現状とこれからを聞く

 TGS 2016の会場にブース展開していたSteelSeries,そのCEOであるEhtisham Rabbani氏に,4Gamerでは単独インタビューを行うことができた。昨年の一時期は店頭から製品が消えるほど,日本において混乱を来していたSteelSeriesだが,いま同社はどの方向を向いているのだろうか?

[2016/09/21 14:31]

[TGS 2016]SteelSeriesの初のMMO&MOBA向けマウス「Rival 500」に触って,左サイドボタン配置の意図をCEOに聞いてみた

[TGS 2016]SteelSeriesの初のMMO&MOBA向けマウス「Rival 500」に触って,左サイドボタン配置の意図をCEOに聞いてみた

 世界市場で2016年9月12日にSteelSeriesから発表されたばかりの,MMO&MOBA向けマウス「Rival 500」。その実機展示が東京ゲームショウ2016であったので,見て,触った印象をお届けしたい。ちょうどその場にいたCEOに,左サイド6ボタン構成の意図を聞いてみた結果も合わせてどうぞ。

[2016/09/16 09:50]

SteelSeries,MMO・MOBA向けの多ボタンマウス「Rival 500」を発表。押し分けやすさ重視の左サイドボタンと振動機能が特徴

SteelSeries,MMO・MOBA向けの多ボタンマウス「Rival 500」を発表。押し分けやすさ重視の左サイドボタンと振動機能が特徴

 北米時間2016年9月12日,SteelSeriesは,MMORPGやMOBA向けという光学センサー搭載ワイヤードマウス「Rival 500」を発表した。押し分けやすいようにレイアウトしたとされる6個の左サイドボタンと,上位モデル譲りの振動機能「Tactile alerts」が特徴。北米での税別価格は79.99ドルで,日本国内でも販売するとのことだ。

[2016/09/13 13:02]

SteelSeriesとMSIが合同で東京ゲームショウ2016へ出展

[2016/09/02 13:33]

SteelSeries,ゲーマー向けワイヤレスヘッドセット「Siberia 840」を発表。Bluetooth接続にも対応したハイエンドモデル

SteelSeries,ゲーマー向けワイヤレスヘッドセット「Siberia 840」を発表。Bluetooth接続にも対応したハイエンドモデル

 北米時間8月8日,SteelSeriesは,ゲーマー向けのワイヤレスヘッドセット「Siberia 840」を世界市場で発売した。付属のトランスミッタ兼レシーバーによるワイヤレス接続に加えて,スマートフォンやタブレット端末とBluetooth経由で接続できるようになったのが特徴だ。北米での価格は329.99ドル(税別)。国内での発売も予定している。

[2016/08/09 13:02]

「SteelSeries Siberia 350」レビュー。伝統のデザインを採用しつつDTS Headphone:X対応のワイヤードヘッドセット,その実力に迫る

「SteelSeries Siberia 350」レビュー。伝統のデザインを採用しつつDTS Headphone:X対応のワイヤードヘッドセット,その実力に迫る

 伝統の「Siberiaデザイン」を採用しつつ,「DTS Headphone:X」によってバーチャルサラウンドサウンド出力にも対応するゲーマー向けヘッドセット「Siberia 350」。1万円台前半で購入できる,SteelSeriesの新しいUSB接続型ヘッドセットを,サウンドデザイナーの榎本 涼氏が評価する。結論から言うと,かなりの優等生だ。

[2016/07/23 00:00]

振動するゲーマー向けワイヤードマウス「SteelSeries Rival 700」ファーストインプレッション

振動するゲーマー向けワイヤードマウス「SteelSeries Rival 700」ファーストインプレッション

 2016年7月22日,SteelSeriesの新しいゲーマー向けマウス「Rival 700」が国内発売日を迎えた。本体側面の有機ELパネル,交換できるセンサーモジュール,そして振動機能と,注目すべきギミックに溢れる新製品だが,実際の使い勝手はどうだろう? ファーストインプレッションとして,新要素の検証結果をお伝えしたい。

[2016/07/22 00:00]

SteelSeries,振動機能搭載のゲーマー向けマウス「Rival 700」を7月22日に国内発売

SteelSeries,振動機能搭載のゲーマー向けマウス「Rival 700」を7月22日に国内発売

 2016年7月14日,SteelSeriesは,ゲーマー向けワイヤードマウスであるRivalシリーズの最上位モデル「Rival 700」を7月22日に国内発売すると発表した。ゲーム中のイベントをマウスが震えて知らせる振動機能「tactile alerts」や,左側面先端に搭載するモノクロ有機ELパネルが特徴だ。税込の予想実売価格は1万2960円となっている。

[2016/07/14 12:36]

SteelSeriesのCherry MX Redスイッチ搭載キーボード「Apex M500」日本語配列版が発売決定

SteelSeriesのCherry MX Redスイッチ搭載キーボード「Apex M500」日本語配列版が発売決定

 名機「6Gv2」の後継として2016年4月に世界市場で発表となったSteelSeries製キーボード「Apex M500」。その日本語配列版が,5月27日に税込の予想実売価格1万4000円前後で国内発売となる。日本語配列ながら[Space]キーを大きくし,ゲームプレイのしやすさを追求したという意欲作だ。

[2016/05/19 14:08]

SteelSeries,「DTS Headphone:X」対応ヘッドセット「Siberia 350」を5月27日に国内発売

SteelSeries,「DTS Headphone:X」対応ヘッドセット「Siberia 350」を5月27日に国内発売

 2016年5月19日,SteelSeriesは,「DTS Headphone:X」に対応するUSB接続型ゲーマー向けヘッドセット「Siberia 350」を5月27日に国内発売すると発表した。税込の予想実売価格は1万5100円前後。伝統のSiberiaデザインで,最新の7.1chバーチャルサラウンドサウンド技術に対応するモデルとして,ゲーマーの注目を集めそうだ。

[2016/05/19 12:18]

SteelSeriesが新型メカニカルキーボード「Apex M500」を発表。シンプルさが評価された名キーボード「6Gv2」の正統後継

SteelSeriesが新型メカニカルキーボード「Apex M500」を発表。シンプルさが評価された名キーボード「6Gv2」の正統後継

 北米時間2016年4月11日,SteelSeriesは,ゲーマー向けの新型メカニカルキーボード「Apex M500」を世界市場向けに発表した。名機として知られる「6Gv2」の外観をほぼそのまま,Nキーロールオーバー対応のUSB接続化したようなApex 500は,全キーのカスタマイズ機能といったイマドキの要素も取り入れたモデルとなっている。

[2016/04/12 12:37]

SteelSeriesの販売代理店が秋葉原のツクモeX.で12日にイベントを開催

[2016/03/11 16:43]

[CES 2016]カスタマイズ性重視のSteelSeries製マウス「Rival 700」フォトレポート。注目の振動機能はプレイを邪魔しないソフトな揺れ方だった

[CES 2016]カスタマイズ性重視のSteelSeries製マウス「Rival 700」フォトレポート。注目の振動機能はプレイを邪魔しないソフトな揺れ方だった

 SteelSeriesが,ゲーマー向けワイヤードマウス「Rival 700」をCES 2016に合わせて発表した。振動機能の搭載や,センサーやケーブル,パームレストなどを交換できるといったカスタマイズ要素など,注目すべき特徴が満載の製品だ。Rival 700の実物に触れる機会があったので,写真を中心にその特徴をお伝えしてみたい。

[2016/01/12 12:36]

SteelSeries,ハイエンドのゲーマー向けマウス「Rival 700」。振動機能と有機ELサイドパネル搭載で,センサーなどの交換にも対応

SteelSeries,ハイエンドのゲーマー向けマウス「Rival 700」。振動機能と有機ELサイドパネル搭載で,センサーなどの交換にも対応

 北米時間2016年1月5日,SteelSeriesがゲーマー向けマウスの新型「Rival 700」を発表した。ゲーム内のイベントを通知できる振動機能と,センサーモジュールなどを変更できるカスタマイズ機能,そして本体左側面奥側へ移動したモノクロ有機ELパネルの搭載がウリの多機能モデルだ。北米市場では2016年春に99.99ドルで発売予定となっている。

[2016/01/06 12:45]

SteelSeries,日本国内での製品流通再開を公式に明言。販売代理店はゲートとサイズの2社体制に

SteelSeries,日本国内での製品流通再開を公式に明言。販売代理店はゲートとサイズの2社体制に

 2015年12月11日,SteelSeriesは日本語公式Twitterアカウントで声明を発表し,日本国内における製品流通を再開すると明言した。それによると,販売代理店として活動するのはゲートとサイズ。4Gamerではすでに流通が再開することをお伝え済みだが,公式発表があったことで,胸をなで下ろしたファンは多いのではなかろうか。

[2015/12/11 19:25]

SteelSeries製品の流通が年内にも一部再開決定。なぜ流通は止まったのか?

SteelSeries製品の流通が年内にも一部再開決定。なぜ流通は止まったのか?

 しばらく日本市場からほぼ消えた状態になっていたSteelSeries製品の流通が,局地的ながらも再開となることが分かった。以前,SteelSeriesの販売代理店を務めていたゲートが“再登板”し,Amazon.co.jpとパソコンショップ アークへの出荷を開始するという。SteelSeriesの周囲で何が起こっているのか,現状をまとめてみたい。

[2015/12/05 00:00]

SteelSeries,約40ドルの光学センサー搭載ゲーマー向けマウス「Rival 100」を世界市場で発売

SteelSeries,約40ドルの光学センサー搭載ゲーマー向けマウス「Rival 100」を世界市場で発売

 北米時間2015年10月13日,SteelSeriesは,光学センサー搭載の右手用ワイヤードマウス「Rival 100」を世界市場で発売した。北米での価格が39.99ドルと,昨今のゲーマー向けマウスの中では安価に設定されているのがポイントで,光学式マウス派のゲーマーには注目すべき製品となりそうだ。国内発売に関する情報はいまのところない。

[2015/10/15 00:00]

HW短評:SteelSeries「Nimbus」(1)iOS向け新型ゲームパッドのハードウェアを概観してみた

HW短評:SteelSeries「Nimbus」(1)iOS向け新型ゲームパッドのハードウェアを概観してみた

 SteelSeriesが世界市場で2015年10月の発売を予定している。iOSデバイスおよびMac,Apple TV対応のBluetooth接続型ゲームパッド「SteelSeries Nimbus」。そのサンプルに触れる機会があったので,実機写真ともども,簡単なインプレッションをハードウェア短評としてお届けしてみたい。

[2015/10/03 18:13]

Apple TV対応を謳うBluetoothゲームパッド「Nimbus」がSteelSeriesから。Mad Catzは既存ゲームパッドのApple TV対応を表明

Apple TV対応を謳うBluetoothゲームパッド「Nimbus」がSteelSeriesから。Mad Catzは既存ゲームパッドのApple TV対応を表明

 北米時間2015年9月10日,SteelSeriesは,iOS対応のBluetooth接続型ゲームパッド「SteelSeries Nimbus」を10月に世界市場で発売すると発表した。9月9日に発表された新型「Apple TV」にいち早く対応するのが特徴だ。また,Mad Catzは,既存のiOS対応ゲームパッド「C.T.R.L. i」「Micro C.T.R.L. i」のApple TV対応を発表している。

[2015/09/14 16:28]

SteelSeries,日本法人「スティールシリーズジャパン」を立ち上げ。世界市場における組織改編の一環か

SteelSeries,日本法人「スティールシリーズジャパン」を立ち上げ。世界市場における組織改編の一環か

 長らく日本市場で活動しているSteelSeriesが,日本法人「スティールシリーズジャパン」の立ち上げを発表した。日本法人の代表者,所在地はいずれも,PC業界のメーカー兼販売代理店として知られるサイズとまったく同じだ。今回の日本法人立ち上げには,SteelSeriesの大規模な組織改編が影響している可能性が高いので,状況をレポートしてみたい。

[2015/09/14 12:52]

EIZOとMSI,SteelSeriesが東京ゲームショウ2015に共同ブースを出展

[2015/09/09 13:48]

SteelSeries製キーボード「Apex M800」レビュー。独自のメカニカルキースイッチ「QS1」は,ゲームプレイに何をもたらすか

SteelSeries製キーボード「Apex M800」レビュー。独自のメカニカルキースイッチ「QS1」は,ゲームプレイに何をもたらすか

 2015年1月に発表された,SteelSeriesの新しいフラグシップキーボード「Apex M800」が,8月13日,ついに国内発売の日を迎えた。同社独自のメカニカルキースイッチ「QS1」の採用と,フラットなその外観が大きな特徴だが,果たしてQS1というスイッチはいかなるもので,Apex M800は買いなのか。じっくり検証したので,その結果をまとめてお伝えしたい。

[2015/08/13 00:00]

SteelSeries,ゲーマー向けキーボードの新世代フラグシップ「Apex M800」を13日に国内発売。オリジナルキースイッチ「QS1」採用

SteelSeries,ゲーマー向けキーボードの新世代フラグシップ「Apex M800」を13日に国内発売。オリジナルキースイッチ「QS1」採用

 2015年8月6日,SteelSeriesは,ゲーマー向けキーボード「Apex M800」を,8月13日に国内発売すると発表した。メーカー想定売価は2万7000円前後。ストローク3mm,アクチュエーションポイント1.5mmとなる独自のメカニカルキースイッチ「QS1」を搭載するのが,新世代フラグシップモデルの持つ最大の特徴だ。

[2015/08/06 13:58]

SteelSeriesのファンイベントレポート。EVO2015ウルIV部門覇者のももち選手が凱旋し,次世代マウスの情報もちらり

SteelSeriesのファンイベントレポート。EVO2015ウルIV部門覇者のももち選手が凱旋し,次世代マウスの情報もちらり

 2015年7月25日,SteelSeriesが同社にとって国内初となるエンドユーザー向けイベントを開催した。そこでは,SteelSeriesの歴史と,これから投入予定のマウスに関する情報がもたらされ,さらに,EVO2015のウルIV部門覇者であるももち選手をはじめとするプロゲーマーによるトークも披露されたので,その内容をお届けしたい。

[2015/07/27 13:40]
さらに記事を探す

SteelSeries

ジャンル
  • 入力デバイス
発売元 SteelSeries(旧称:Soft Trading)
発表日 -

  • Amazonで買う

トピックス
スペシャルコンテンツ