オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
NAtURAL DOCtRINE公式サイトへ
読者の評価
65
投稿数:10
レビューを投稿する
海外での評価
53
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/08/21 18:30

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」


著者近影
 とりあえず,ここ数週間の私の心労の種であった両国国技館大会が終わったわ。あ,私のプロレスラーとしての活動の話ね。
 両国国技館大会とは,私が所属するプロレス団体DDTが行う年間最大の大会。毎年夏休みのタイミングで行われるから,この時期になるとストレスで過食気味になっちゃうの。そのくせ,ゲイムは脳を通らないのよ。ええ,食事が喉を通らない風に言ってみたけども?
 でも,ホントそんな感じ。何せ情報が頭に入って来ないから。そんな状態でゲイムをプレイするの,失礼じゃない。だから,比較的軽いゲイムしかプレイできないのね。で,大会が終わった今,その症状からようやく解放された,と。過食は続いてるけど。
 ま,プロレスに興味のない人は私がこんな話をしても引っかからないんだろうけどね,大丈夫よ。ちゃんとゲイムの話につなげてみせるから。

 要は,両国国技館に集まった約9000人の前で半裸姿をさらしてきたわけだけれども。やっぱり,なんだかんだで緊張するわけさ。でもね,本当に不思議なもんで,緊張を乗り越えたら人間は強くなるのね。精神論ではなく,本当にそう。……あ,ゴメン。精神力の話だからやっぱ精神論ね。
 具体的に言うと,緊張って,慣れることができるのよ。慣れるって,成長よ。初めてだと何をしていいか分からないけど,経験を積めばどうすればいいのか答えを導き出せる。みんな“成長”ということを漠然と捉えがちなんだけどね,私の考える“成長”とは,これすなわち情報なんですよ。
 スポーツでたとえましょうか。筋力が付くのも成長ではあるんだけど,それよりも“付いた筋力をどうやって使うか”。この情報を正確に扱えることが能力であり,情報を得ることのほうがより有用な成長だと私は思うの。何が足りないのか。どの筋肉を鍛えればいいのか。何のためにそれを鍛えるのか。どんな必要があって,そのトレーニングをするのか。そういった情報を経験によってまとめられるのが成長なわけね。なので,経験をして慣れるということは,立派な成長だと言えるでしょう。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」
 では私の場合はどうかというと,実は試合前は毎回緊張してる……は!! 成長してないんじゃん!! ま,まあ,あれだ,両国大会が終わってから,緊張から解放されたってことよ,私が言いたかったのは。で,この緊張から解き放たれたα派というかリラックス感,何かに似てる――と考えたとき,あのゲイムが頭に浮かんだのね。「NAtURAL DOCtRINE」PlayStation 4 / PlayStation 3 / PlayStation Vita)。
 どう? つながったでしょ。そう。NAtURAL DOCtRINEとは,まさに連携をつなげていくゲイムなの。最初に言っておくとこのゲイム,とっても難しいわ。何が難しいって,さっき言った連携をつなげるのが難しい。ジャンルはシミュレーションRPGなんだけど,ゲイムシステムはもういっそ紹介しないわ。文字で読んだところできっと頭に入ってこないから。
 で,ケツ論を言うと,連携をうまくつなげられないと中盤以降は先には進めないのね。相手の連携をいかにしのいで,こちらがいかに連携をつなげるか。そういうゲイム。で,それが難しいのよ。大げさに言えば,息を吸うようにゲイムオーバーになる。やり直しのロード時間はそこまで長くないから,ゲイムからやり直せって言われている気にもなる。言ってみればこれ,ゲイムオーバーがゲイムに組み込まれているわけ。
 では,一方でそんな難しいゲイムの何が面白いのかというと,解放感なのよ。ステージを勝ち抜いたときに得られる解放感。相手の攻撃ターンをしのいだときの解放感。そういった解放感が,このゲイムの面白味なのね。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」
 さっき,私は“成長”は情報だって言ったじゃない。それがまさにこのゲイムでの成長にもつながるの。“一度ゲイムオーバーになった→では次はこうしよう”。この流れこそがプレイヤー自身の成長なのね。そして,難しさからの解放であったり,プレイヤーの成長が感じられたりだとかが,このゲイムの個性なんだと私は思う。
 なので,おススメする対象の人は限られるわ。ゲイムに対して根気がある人。どうでもいいけど,“根気”を変換しようとして“婚期”が出たことで,今ちょっとつらい気持ちになっているわ。そんな私のように打たれ弱い人には向いてないのかも。
 私は今のところ,たぶん中盤に差し掛かってきたくらいのところまでは進めることに成功したんだけども。先に進めないストレスを楽しめるかどうか。それがこのゲイムをプレイするかどうかのボーダーラインになるでしょうね。乗り越える,プレイヤー自身が成長する,という面白味は確実にあるわ。問題はストレスを受け入れられるか。ある意味,覚悟が問われるゲイムなのかもしれないわね。

 ちなみに,このNAtURAL DOCtRINEをプレイしたのは1か月ほど前なんだけども,なぜこれまで紹介しなかったかというと,このゲイムの褒め方が分からなかったからなのね。こう書くと「褒めるところがないの?」なんて勘違いされそうなんだけど,そういうわけでは決してなく。
 正直,ゲイムオーバーありきのゲイムなんで,好き嫌いは分かれる。でも,上でも書いたけど,面白味はあるのよ。ただ,この面白味の正体が分からなかった。だから,保留にしていたの。そこに,ビッグマッチが終わった解放感を得て。「あ! これだったんだ!」と理解できたわけね。ストレスからの解放。まさにこれ。
 基本的に,ステージは絶望感あふれる配置だったり敵の数だったりするの。自分の行動のチョイスによって,そのストレスから解き放たれる満足感。それがこのゲイムの特徴だったのよ。ウン,癖はあるね。でも,この癖こそが個性。言うならば,普段はおとなしいけど,話してみたら好きな系統の面白い奴だった,そんな感じ。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第294回「ストレスと解放感」

 てなわけで,両国が終わっていろんなものがスッキリした一週間ね。非常に良い夏だったわ。海も行ってないし祭りにも行ってないし旅行もしてない,もっと言うなら休みがない。でも,私にはゲイムがある。うん,もちろん負け惜しみだけどね。ただ,ストレスから解放されるという楽しみを,仕事でもゲイムでも味わえて良かったなと,割と本気で思っているわ。
 そして,こういう種類の楽しさもあるって知ることができたのが,この夏の私の成長なのかな,と思ったりもしている。そういう感じで,ゲイムでも仕事でも遊びでも,夏が来るたびにいろんな種類の楽しさを経験して成長していければいいですね。来年も再来年も,夏が来るたびに。まだ今年の夏終わってないけど!
 ではまた来週。

今週のハマりゲイム
(文字通りゲイムスロットにハマっているゲイム)
PlayStation 4:「無双OROCHI2 Ultimate
PlayStation 3:「魔都紅色幽撃隊
PlayStation Vita:「俺の屍を越えてゆけ2
PSP:「サモンナイト5
Wii U:「The Wonderful 101
Wii:「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ニンテンドー3DS:「メゾン・ド・魔王
Xbox 360:「剣の街の異邦人 〜白の王宮〜

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
ディーノ選手が所属するDDTプロレスは,今週末(8月24日)には,春日部ふれあいキューブ大会「さいたまスーパーアリーナへの道6」を開催します。ディーノ選手は大石真翔選手&伊藤麻希さん(LinQ)とのタッグで,高木三四郎選手&平田一喜選手&赤井沙希選手と対戦するインフォマーシャルマッチ(インフォマーシャル商品は伊藤さんのアイドル性)に出場します。ちなみにディーノ選手,両国大会を終えたことで少し息抜きをしたいそうですが,息抜きの仕方が分からないとのこと。そこで,春日部に前日入りして旅行気分を味わってみては? と適当な思いつきを伝えたところ,「それ,本当にいいかもしれないわね。真面目に候補に入れるわ」と応じてくれたので,よっぽど疲れているんだと思います。
  • 関連タイトル:

    NAtURAL DOCtRINE

  • 関連タイトル:

    NAtURAL DOCtRINE

  • 関連タイトル:

    NAtURAL DOCtRINE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月18日〜09月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月