オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
S4 League公式サイトへ
読者の評価
69
投稿数:11
レビューを投稿する
準備中
S4 League
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

S4 League

S4 League
公式サイト http://www.s4league.jp/
発売元 ゲームオン
開発元 Neowiz GamesPentavision
発売日 2012/07/25
価格 サービス終了
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
69
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 同じ人しかいない。。。 10
    • 投稿者:flow(女性/20代)
    • 投稿日:2012/12/16
    良い点
    * なんか斬新。
    * ジャンプや壁蹴り、回避が出来るところ
    * スタイリッシュ
    悪い点
    * 運営のやる気がない
    * GMが棒立ち
    * 過疎過ぎて、いつも同じ人しかいない
    * リポップ場所で虐殺される
    * 低レベル層がサブキャラしかいない
    * 暴言ばっかり
    総評
    運営やる気あるのかな?
    キャンペーン打ってる感じもないし。。。

    GMは、部屋も立てずにロビーに放置状態。
    部屋立てて盛り上げようとか、もう少し考えたらいいのに。

    デスマとか同じ人しかいないやん。
    名前似てると思ったらサブキャラだったり。

    リポップ部屋の中で大虐殺状態になることもしばし。
    3秒無敵つくけど、3秒程度じゃ即死。
    セントリーガン2台と、プレイヤー3体とか鬼畜。

    暴言もそれなりに言うやついるけど
    言いたくなる気持ちだけは理解できる。

    こんなゲームやるもんじゃない。
    オススメできません。
    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 3 1 3 1
  • 軽快な動作 70
    • 投稿者:浪人A(男性/30代)
    • 投稿日:2012/09/15
    良い点
    最近の3Dゲームのように高いPCスペックを要求しない点。
     →最近のゲームは重たくて・・・という方もプレイできる。
    タッチダウンモードでは、他プレイヤと協力して点を入れるというチームワークも楽しめる。
    チェイサーモード(鬼ごっこのようなもの)が登場し追い掛け回す、逃げ回るという楽しみ方も出来た。
    簡単操作で格好良いプレイが出来る・・・かもしれない。
    あまり課金する必要性がないので財布に優しい(運営としてはダメだとは思う)
    悪い点
    若干ラグいときがある。
    上手い人は上手いが練習しても埋まらない差を痛感するときがある。
    運が悪いとゲーム内マネーが枯渇する可能性がある。
    海外でサービスされていたゲームで最新ゲームではない為、グラフィックは微妙。
    総評
    海外プレイ済とそうでない一般プレイヤの差が大きいのは否定できないが、プレイルームはたくさんあるので違う部屋で遊ぶ、というプレイスタイルが出来るなら問題ないと思う。
    「一回でも負けたくない」ぐらいの人は向かないと思います。
    また、スタイリッシュなのはいいがその格好良いプレイをするには練習しないと習得しづらい為、「ちょっと遊んでみるかー」で格好良いプレイが出来るのは元々操作に向いている人になると思う(逆に言えば向いてない人にはとことん向いてない可能性がある)
    ゲーム内通貨が枯渇する→サブアカウントで無双。というプレイヤもいるようで初心者鯖だから安心、なんてことは無い。しかし私自身、始めた時期が遅かったが初心者狩りはそれほど気にならない程度でした。
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 5 4 4
  • 現在ある中で最高のゲーム 85
    • 投稿者:jaeger(男性/20代)
    • 投稿日:2012/09/12
    良い点
    まずこのゲームの最大の魅力である早いゲーム展開とそれに適したトリックの数々です。このゲームでは主にタッチダウンと呼ばれる中央にあるボールを奪取し敵陣までもっていくゲームモードで遊んでいますが一秒たりとも暇な時間がありません。リスポーンしたらボールの位置を確認しそれに適した行動を考え実行する、どのゲームでも共通だと思いますが様々な移動手段や攻撃方法があるこのゲームではその行動が勝敗に関わってくることが多いです。トリックに関しては壁ジャンプやドッジを併用したマップのショートカットや攻撃を避けつつ素早く攻撃するものまで多彩な種類があります。

    次に武器のカテゴリーの多さです。カテゴリー内の種類の概念を無くした代わりにある大量のカテゴリーは日本で確認されているだけでも武器で17種類、スキルで8種類とFPS、TPSゲームにしてはかなり多い種類があります。
    そしてカテゴリー内に種類が無いため『上位互換と呼べる武器がない』と言いきっても過言ではないです。

    更に注目すべき点は衣装の多さで多種類の組み合わせがあり女性アバターで上下それぞれ14種類ずつ、髪形で7種類、アクセサリーで5種類、更に顔型まで選べるなどかなりの種類があります。

    最後に上げる良い点は高スペックなPCで無くてもプレイできるという点です。
    ゲーム自身はずいぶんと前から韓国やEUであったためグラフィックが悪いと言われていますが試合に入ったら気にならない位集中します。
    なので総評でもっと詳しく書きますが外見に拘らず一度プレイすることをお勧めします。
    悪い点
    何よりもマイナスに拍車をかけているのがトリックを知っている人と知らない人の格差です。特にこのゲームは日本人でEU版をやっていた人が署名活動をし日本版が出来たと言っても過言ではないので他のゲームに比べ経験者が断然多いです。その為かどうしてもそういう人たちがいる部屋でその人たちが固まると一方的なゲームになってしまいがちです。

    次にあげる点はゲームポイントの取りにくさです。
    外国版ではレベルが上がる毎にポイントがもらえますが日本版では現在ある程度を超えるとポイントが手に入らなくなっています。
    その結果ランダムショップというショップで欲しいのが出なかった時新規にアカウントを作り直す人がいたりしてビギナー部屋でもそこそこの実力のプレイヤーがいたりして上の欠点を増幅させています。

    総評
    良い点と悪い点をそれぞれあげてきましたがこのゲームをプレイし始める上で最も効率的な開始方法を紹介します。

    少しプレイしたら活発的なクランに入ってみて下さい。

    僕も初めは1人でプレイしていましたがクランに所属してから更に楽しくなりました。どのゲームでも言える事ですがこのゲームでは特にボイスチャット(VC)での連携が楽しく感じます。
    ボイスチャットをした事が無い人も一度勇気をもって試してみるといいと思います。
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 5 5 5
  • ルームリストを見るだけでお腹いっぱい 30
    • 投稿者:seranpanda(男性/30代)
    • 投稿日:2012/09/05
    良い点
    やや古いグラフィックボードでも稼働する。
    非常にアグレッシブに動けるゲーム。

    やりこめばやりこむほど腕がつくゲーム。
    悪い点
    公式が遅延対策のアナウンスを行わない、などのプレイヤーへの配慮の乏しさ。
    海外版が長らく先行しており、そこからのプレイヤーとの実力格差。
    それによる情報と実力の格差。

    上記二点が一緒くたになっているチャンネルにのみ人がかろうじて居る状況と、
    それを避ける層によるサブアカウント無双状態の初心者領域。
    総評
    端的に言って、もっと早い段階で日本にくるべきゲームだった。
    運営会社がより積極的に
    ユーザーに対して遅延やポート解放などの解決方法をアナウンスしていた頃に、
    基本無料系のFPS・TPSが今ほど多様でなかった頃に……。

    このゲームを現在楽しんでいる人は「やりこんだ人」ばかりである。
    特定のマップを穴が空くほどやり倒し、
    どこの壁をどう蹴り、どのタイミングでどの角度を向き、さらに次の瞬間には何をすればいいか……。それを全く把握した人らのためのゲームである。

    その結果、
    週末のピークタイムで、
    2つのモードの計3種類のマップが10部屋ずつあるのが「ピークタイム」という状況に陥っている。

    5つのモード、使い回しを一つと数えても10種類近いマップ数がある。
    特定モードだけの専用マップ、
    現状一つのマップでしか楽しめない特定のモード、
    それらが全てはじめから存在しないかの如く、
    「ステーション供廖屮▲献函廖屮好エア」の以上3つでお送りしている有様である。
    はじめから「チームデスマッチとキャプチャーザフラッグとナイフ戦しかないし、それぞれ1つずつしかマップがない」
    と言われたら納得もするだろう。

    新しいマップが出たとしても、しばらく遊んで古巣に帰る。
    キャンペーンをやればキャンペーンノルマだけこなして古巣に戻る。

    ――「それで十分、嫌ならやめればいい」
    そう言い切れる人しか残れないゲームになりつつある。
    それは非常に哀しくも、我慢してやるほどのゲームでもないのである。
    何しろアクティブなプレイヤー数が少なく、
    同等の腕前の人とのみ対戦するためのチャンネル設定もない。

    それこそ、ルームリストのマップを見ただけでゲーム終了を選びたくなるほど、
    お腹いっぱいである。

    もしも今、このゲームのそうした知識をリセットしてやり直せといわれたら、
    3戦でクライアントをアンインストールし、
    steamを立ち上げてセール中の日本語対応したゲームを探しはじめる。

    そのほうが遥かに建設的な状況にある、
    まだ一月半しか経ってないのに。

    点数は「始めた当初の楽しさ(65点)」と、「今日から始めたらどう評価するか(0点以下)」という点数の間をとり、そこまでの落下の激しさを鑑みて、端数切り捨てとした。
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 1 2 1
  • 一応ネットブックでも出来るお手軽なTPS 75
    • 投稿者:虞時(男性/10代)
    • 投稿日:2012/08/18
    良い点
    ・非常に簡単操作で派手なアクション。
    操作は移動はWASDで、攻撃は左クリックと右クリック、だけという
    非常にシンプルなゲーム。
    操作感はスキルスロットを無くしたContinent of the Ninthのようで
    難しい操作は無いです。
    TPSやったことない自分でも慣れました。

    ・いつでも気軽にサクッとプレイ
    TPSなので、いつでも気軽にインしてサクッとPvPができます。

    ・ネットブックでも動く
    このゲームは一応3Dなのですが、数年前のゲームなのか、
    ネットブックでも動作します。(詳細は総評で)
    悪い点
    ・ゲーム内通貨が入手しづらい。
    一戦で得られるゲーム内通貨が少なく、生活が大変になっていきます。

    ・クライアントの最小化・閉じるが機能していない。
    クライアント内部の話ではなく、Windowsのアプリケーションなら
    なんでも付いている最小化ボタンと閉じるボタンのことです。
    クリックしても何故か反応がありません。
    総評
    このゲームは3Dなのですが、流石に不安定さがあるものの、
    ネットブックでも動作しました。
    ネットブック側のスペック(およそ2〜3年前に父が購入)

    型番:Gateway EC1400-41K
    CPU:Celeron SU2300 1.2Ghz
    RAM:2GB
    VGA:オンボード(Intel GS45)

    最近のネットブックだと比較的快適にプレイできると思われます。
    ただし、マウスが必須です。
    理由はマウス移動で視点変更を行うため、マウスが無いと
    視点変更ができなくなります。
    また、熱もこちらの環境ではすごかったので、対策が必要かと思われます。。。


    現在のところ、ゲーム内通貨の取得の少なさ以外はあまり不満に感じているところはありません。
    とりあえず、サクッとできるのでみなさん一度やってみてはいかがでしょうか。
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 3 3 3
  • ライトTPSの決定版……だがちょっと遅すぎた 85
    • 投稿者:mix9(男性/20代)
    • 投稿日:2012/08/07
    良い点
    ・課金アイテムがなくてもある程度遊べる
    ・サイバーな雰囲気と少年漫画のようなグラフィックがかっこいい
    ・武器も課金せずに全種類入手可能
    ・トリックを組み合わせるととんでもない動きができる
    ・回復装備などやタッチダウンがありチームプレイがたのしい。
    ・操作がシンプルでとっつきやすい
    ・自分で好きなBGMを流せる公式機能がいい
    悪い点
    ・グラフィックエンジンが古く、やや画像が荒い
    ・高度なテクニックになるとPSの上限がモノを言うように
    ・理不尽なデットダウンがあり納得行かないことも
    ・ローカライズがやや不親切。Lvごとのチャンネル分けもイマイチ
    ・実践的な練習できるようなシステムが欲しい(対人可能なデスマッチ、タッチダウンのスコアがない練習ステージなど)
    総評
    ペーパーマンにつぐライトTPSって感じです。
    あまりこのジャンルには詳しくないですが、当てやすい武器などもある程度存在し
    攻めの駆け引きが楽しめるのがいいと思います。
    ジャンプ、壁蹴り、サイドステップ、スキルを使った特殊行動があり。組み合わせて使うと
    「えっ、なんでこんなことできんの!?」っていう動きもできてしまうのが面白いです。

    このゲームの特徴といえばやっぱり「タッチダウン」ですね
    オーソドックスなキャプチャーフラッグよりもスピーディで
    ルート取りやジャンプ、壁蹴り、ステップを使ったショートカット、ボールリセットのタイミングなどキモとなります。
    ボール役兼マスコットのファンビはかわいいのでグッツ化してくれないかな…?

    海外版でプレイ可能な他のモードも順次実装されるようですが、早く全部開放してくれないかなと。

    ミリタリー系FPSは生々しい感じがあって苦手ですが
    ペーパーマンのような「戦闘不能演出が軽い」ゲームは窓口が広くなっていいかと
    ただ海外版が長くサービスインしてた影響か海外版をやりこんだプレイヤーとのPSの格差をどうするかも大事だと思います。
    (レベルを上げすぎてしまってルーキーチャンネルから追い出されたんですが、無制限チャンネルだとイマイチ上達する気配がないってのもなんと言えません;)

    海外版がサービスはじまってからちょくちょくチェックしてたゲームなので
    国内版が始まって嬉しい半面「どうしてもっと早くこなかったんだ!」って思う気持ちが大きいです
    (ゲームオンがNeowizの子会社になったのが一番大きいと思いますがw)
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 2 3 2
  • FPS,TPS暦8年 20
    • 投稿者:sappoko(男性/30代)
    • 投稿日:2012/08/02
    良い点
    ・音楽が良いらしい(個人的には音楽とかどうでもいいwww)

    ・下手なAIMでも結構当たる

    ・意外に動きがゆっくりで非常に敵を狙いやすい

    ・芋が少ない
    悪い点
    ・動きがモッサリ

    ・新鮮なところが何もない

    ・GANZ、トイウォーズ、ペーパーマンのほうが断然面白かった

    ・武器、防具の種類の異常な少なさ

    ・がむしゃらに特攻やガチャガチャプレイヤーの多さ
    総評
    「今時この程度のゲームか・・・」と思ってしまうくらいに
    新鮮さがなかった。

    いろんなゲームの要素を混ぜすぎた器用貧乏。

    動きの自由度、戦闘中の武器変更システム、スキル、装備
    どれをとっても「あ、これあのゲームにあった」という物ばかりで
    「これはすごい」と言った所が何もない

    非常にガッカリしました
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 2 1 1
  • 日本で運営されてるなかで最もスポーツ性の高いTPS 85
    • 投稿者:TomaTomaZin(男性/30代)
    • 投稿日:2012/08/01
    良い点
    ・音楽はかなりよい
     他のレビュアーさんも書いていますが、DJMAXという音ゲーのメーカーなのでいい感じです。

    ・アバター制
     日本運営ではまだまだ実装が少ないですが、相当数の衣装があり色々楽しめます。

    ・特徴的な武器・スキル
     銃・剣・設置物・爆弾など各々違った特性の武器を任意に3つ選択できるのが多きなポイントです。
     また、スキルも1種類装備する必要があります。
    このおかげで同じ武器構成でもスキルが違うと運用の仕方が変わったり、と自分の思い描く動きに近づけることが出来ます。

    ・スタイリッシュなアクション
     このゲームの売りの一つで、簡単な操作でかっこいい動きが出来ます。
    といっても出来ることは「ダッシュ」「壁蹴り」「緊急回避」だけなんです。
    この二つにスキルや武器を組み合わせると、信じられないような動きが出来ちゃいます。
    中には相当修練を積んでも難しいテクニックもありますが、そのテクニックで敵を翻弄したときはかなりの快感です。

    ・タッチダウンモード
     個人的にこのゲームの一番の目玉のモード、他のFPS・TPSと一線を画すモードです。
    簡単に説明すると乱闘有りのサッカーやバスケットボールです。
    MAP中央にあるマスコットキャラクター「ファンビ」を敵ゴールへ運べばタッチダウン、得点となります。この得点を制限時間内に上限まで得る、若しくはタイムアップ時高いほうの勝ちとなります。
    FPSをプレイされる方には爆破モードをイメージして頂けるとよいかもしれません。
    ただしお互いが爆破できる上、お互い無限に復活(一定時間後)してきます。
    無限に復活できる関係上、敵を倒すという行為よりファンビをゴールへ近づけるという行為のほうが重要になってくるのが大きなポイントです。
    そうです。敵を全滅させたからと言って=勝ちではないのです。
    例え自分ひとりしか生き残っていなくても得点を決めれば勝ちなのです。


    悪い点
    ・各モードの説明が不十分
     正直タッチダウンモード等特になのですが、何がどうなるかわかる前に決着がつく場合もあります。
     又、単純な知識差がそのままゲーム内のスコアに直結する為、初心者の方は戸惑われるかと思います。

    ・高価なゲーム内アイテム
    装備には大きく分けて二つ、「無期限」「期限付き」があります。
    期限付きは修理費が不要、無期限は期限が無い代わりに修理費用が必要になります。
    現状、武器は無期限品しか販売されていません。
    この武器を修理しつつ、スキルと服を全て期限切れ後購入していくとほとんどお金が残らないのが現状で、多彩な服装や武器交換を楽しめない原因になっています。
    ちゃんとやりこまないと収支<維持費になってしまう場合も・・・

    ・大幅な経験差
    このゲームは海外で元々運営されていたもので、既に4-5年続いているゲームです。
    海外でプレイされていた方も多数日本サーバーで遊んでいるため、知識差、実力差がかなりついてしまっています。
    ただ、「手本」と捕らえるか「勝てない敵」と捕らえるかはプレイされる方次第です。
    又、他のレビュアーさんが言及されている海外アカウントについて、こちらはプロキシー等通さなくても取得できている方もいましたし、現状は普通に取得できます。
    総評
     総じて面白いです。
     アクションゲームは得意だけど銃で狙うのは苦手・・・という方にもお勧めします。
    特にタッチダウンモードは敵を倒す事よりボールを奪取しゴールへ近づける事が優先される為、移動テクニックが非常に重要です。
    これらのテクニックを習得するため、練習部屋が毎日数部屋たっている感じです。
    ただ、それらのテクニックが無くてもボールを持っている敵を倒して奪うのも大事な事なので、従来のFPS等プレイしていてAimには自信がある!という方も活躍できます。
     格闘も銃器も非常に強力で、好みのプレイスタイルを模索する楽しみもあります。

    評価について、日本運営は始まって間がない為期待をこめて4にしてあります。
    ただバランシングが他国サーバーと違う為、徹底してい頂きたいと思います。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 4 5 3
  • 面白いが、初心者狩りが横行している 75
    • 投稿者:AT-4CS(男性/10代)
    • 投稿日:2012/07/30
    良い点
    ・音楽が素晴らしい
    音ゲーメーカーだけあって、音楽の質が非常に高い。
    ・今までにない操作性
    壁キックなどは色んなゲームにありますが、ここまでゲームスピードが遅いのは見たことが無い。
    遅いのでQuekeのように反射速度を求めないものの、複雑な動きで縦横無尽に駆け巡れる
    悪い点
    ・タイトル通り初心者狩りが横行している
    日本サービス以前から国際版などをプレイしていたプレイヤーが、初心者狩りをしている。
    今は全員初心者状態でビギナーサーバーしか人がいないので仕方ない気もするが、初心者狩りも同然。
    特にタッチダウンが悲惨、熟練者が両陣営いないと試合にならない。
    彼らは日本サービス開始を喜んでいたが、自分達の首を絞めてるのに気が付かないのでしょうか。
    ユーザーレベルでの講習会なども開かれているようだが一部の良心派がやってるに過ぎないような気がする。
    そもそもそういうプレイヤーは国際版アカウント取得時にプロキシ刺してリージョン規制をすり抜けるというグレーじみたことをしているのであんまり褒めたくない。
    ・グラフィックとインターフェースが少々古い
    特にテクスチャの荒さが目に付く。4年前のゲームなんでしょうがないのですが。
    総評
    この手のゲームは日本にはまだ無く、下地が出来ていないので熟練したFPSTPSプレイヤーでも慣れるのに時間がかかりそうです。
    慣れるのに時間がかかるからこそ、上達する前にゲームの本質を楽しむことなく熟練者に殺されまくって萎えてやめてしまうのではと危惧しています。
    このゲームは売れる素質があるとは思いますが、運営手腕と古参がそれを台無しにするのか、今後の展開が不安です。
    プレイ時間
    1週間以下
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 3 4 4
  • MMOxFPSx格ゲー 80
    良い点
    ・アクション要素が強く、FPSとも格闘ゲーともいいづらい個性的なゲーム

    ・いろんな武器やスキルを組み合わせる事でオリジナルな”擬似兵科”を作成できる
    とくにタッチダウンでは、ボールを運ぶ”キャリアー”・”ピックアップ”
    敵を掃討してキャリアーの道を切り開く”アタッカー”・”アサシン”
    自陣の防御と前線への援護射撃を一手に引受ける”スナイパー”
    そして彼らを臨機応変に援護し、味方の回復なども行う”サポーター”
    (※俗称です、ゲーム内でとくに兵科の名前は設定されていない)
    武器やスキルを組み合わせてこういう役割を決めることで、野良でもチーム同士の連携を取りやすくなっている

    ・射撃、格闘、そしてトリック(アクション)がどれも満遍なく要求されるゲームバランス
    ある人はこのゲームを射撃ゲーといい、またある人は近接ゲーだといい、或いはアクションゲーだと言う
    その実どれを欠けてもチーム全体に影響するくらいウェイトがあるので、自分の得意分野を生かしたチームプレイが出来るかどうか、がそのまま勝ちにつながる
    悪い点
    ・タッチダウンの個人スコアが殆ど機能しない
    やろうと思えばチームに全く貢献せずに個人スコアを稼ぐことも可能、なので個人スコア重視の人にとってあまりいいシステムとは言えない

    ・アクションゲーに馴染みの無い人、3Dゲーの経験が浅い人にとってはかなり難易度が上がる
    そこそこなアクション要素が要求されます
    昨今のエセアクションゲーのようなワンボタンで〜と言うわけにはいかない
    幾つかのモーション(回避、ジャンプ、壁蹴りなど)を組み合わせたのがトリックの基本原理なので
    一度慣れてしまえば有る程度のトリックは習得できるようになります
    また、3Dゲー経験の無い人だと、マップ上のオブジェクトに無関心な人も多いと思いますが
    このゲームはマップ上のオブジェクトを(トリック、或いは頭脳的に)上手く利用することもかなり実用的なので、慣れましょう

    ・Pen(インゲーム通貨)収入がかなり厳しい
    課金前提でしょうか・・・かなりきつめです。。無課金で行くなら永久装備よりもガチャからでる期間制の方がいいと言う人も多い

    ・初見殺しが満載である
    トリックが非常に個性的且つ強力で、これを駆使するプレイヤーは初心者から見れば鬼神か何かにしか見えないでしょう・・・
    FPSといえば平面での撃ち合いと想定する人も多いと思いますが、このゲームは平気で頭の上から撃たれたり殴られたりします
    或いはトリックを利用したショートカットで、目の前に居たはずの敵からいきなり背中に現れては撃たれたり・・・
    その仕組み(トリック)さえ分かってしまえばアクションゲーとしてのS4の本来の楽しさを見出すことも出来るでしょうが、その前に萎える人も多いと言われます
    総評
    このゲームの射撃武器(連射武器)は、基本的にまっすぐ弾が飛びません、というか着弾点固定で
    その点にランダム着弾か、順番に着弾して行くかのどちらかです。
    殆どの武器で、照準の中心に弾が飛ぶのは着弾パターンの一番最後なので、FPSほどのエイム力は必要としません
    ヘッドを狙うとダメージ増加が見込める、程度でしょう
    一撃の威力もFPSよりは若干低めです

    格闘に関してはこのゲームのオリジナルな挙動が多いですが、突進(距離を一気に詰める)、スタン、吹き飛ばしなどが出来る唯一の武器であり、その性能がそのまま勝負につながるくらい強力なので、どれか一つ位は習得しておいた方がいいと思われます


    ・・・と、いうふうに一言で○○ゲーと言いづらいゲームだと思います
    アクション出来るネットゲームを探している方にはお勧めですが、お手軽に出来るゲームを探す人にはあまり向いていないかもしれません
    撃ち合いだけで勝負が付くゲームでもないですし、そこも注意が必要です
    ワンマンプレイで何でもできる、と言うわけでもないです(が、一部マップではそれも起こりうるとかえないとか)
    プレイ時間
    1週間以下
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 5 2
  • ルールがわかれば面白い。 80
    • 投稿者:怜亜(男性/20代)
    • 投稿日:2012/07/28
    良い点
    ・簡単な操作で派手な動きができるところ。
    ・操作が下手でも、チームで攻めれば成果が出るところ。
    ・(海外で音ゲーを作っているメーカーなので)音楽が総じて素晴らしい。
    ・衣装の組み合わせで色々なコーディネートを楽しめる。
    悪い点
    ・チュートリアルが不親切。このゲームの一番の特徴であるタッチダウンモードのゲーム内チュートリアルが無いのは初心者に優しくない。
    ・ゲーム内通貨のバランスが悪い。プレイ状況によっては永久装備品を修理しながら、スキルを若干買うプレイをするだけで破産する危険性もある。
    ・弾丸数制限がバランスを崩している。シールド、メタリックと防御スキルは実質無制限に発動可能なのに射撃武器は弾丸数制限があり、遠距離での攻防が停滞。また他ゲームで言われる芋プレイが多発する可能性もある。
    総評
    海外で既にある程度プレイされているだけあり、その基盤を引き継いで洗練されたサービスを提供する…かと思えば、コンテンツは現状小出しの模様。
    これからのコンテンツ更新に期待したい。

    スピーディーな試合展開も合間って比較的敬遠されがちなタッチダウンモードも、ルールと少しの基本さえ理解すれば十分に楽しめるゲームモードだ。
    有志のプレイヤーの講習会も開かれているので、初心者プレイヤーには是非足を運んでいただきたい。

    兎も角も、基本さえしっかり学習すればそこから応用がしやすいだけに、プレイを重ねれば重ねる程楽しくなるゲームだと思う。
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 3 4 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月