オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/12/25 20:06

連載

コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」


» 編集部のgingerに美少女ゲームの原稿を書かせたら,「ほかのどの原稿を書くときより生き生きしている」と一部でもっぱらの評判。今回取り上げる「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」も美少女ゲームなんだろうなあ,と思っていたら,本人曰く“骨太RPG”なんだとか。さてその真相やいかに。



大地を紡ぎだす創造詩「メタファリカ」をめぐる冒険が始まる


画像集#001のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
 折しも今日はクリスマス。なに,せめてクリスマスくらいは,可愛い女の子とすごしたい? そうでしょうとも。そういうわけで(どういうわけで?)今回は,「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」(以下,アルトネリコ2)を紹介しよう。タイトルを見れば分かるとおり,本作は「アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女」に続く,アルトネリコシリーズの第2弾。誤解のないように断っておくが,本作はれっきとしたRPGだ。

 大地の消えた雲海にそびえ立つ1本の塔と,その塔にしがみつくようにわずかに残された土地に人々が住む世界。そして,歌うことで詩を力にする「詩魔法」と,その歌い手である特殊な種族「レーヴァテイル」の存在という世界観を前作から継承しつつ,本作では新たな世界で新しいストーリーが展開される。
 本作の舞台,「メタ・ファルス」では,神との戦争を掲げる「大鐘堂」と,それを批判し,神との共存を掲げる「神聖政府軍」との争いが続いている。大陸を創造する詩「メタファリカ」を歌い,緑の大地を生み出そうとする大鐘堂に対し,神聖政府軍は,神によってこれまで幾度となく阻止されてきたメタファリカを紡ぐことは,神の意志に反するとして対立しているのだ。
 そんな中,プレイヤーは大鐘堂の騎士クロアとなり,レーヴァテイルである大鐘堂の御子クローシェや,同じくレーヴァテイルの幼馴染み,瑠珈(ルカ)らと共に,メタファリカを紡ぐための冒険を繰り広げていくことになる。
 ストーリー自体は,前作をプレイしていない人でも問題なく楽しめるが,共通の世界観を持つシリーズ物の常として,前作をプレイした人であればニヤリとさせられるセリフやキャラクターがたびたび登場する。前作をプレイしておいたほうが,本作をより楽しめることは確かだ。

画像集#002のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
本作の主人公,クロア。女の子っぽい顔立ちだが,れっきとした男。自己主張があまり強くないので,ヒロイン達に振り回されっぱなし。だが,妙にモテる
画像集#003のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
クロアの幼馴染みにして,ヒロインの一人である瑠珈(ルカ)。クロアとは公認のカップルということになっているが……? 明朗快活な性格で,誰からも好かれている
画像集#004のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
もう一人のヒロイン,クローシェ。人々の期待を一身に受ける大鐘堂の御子。世間知らずで,いわゆるツンデレ。可愛いものには目がないが,本人はそれを隠している
当面の敵は神聖政府軍。大鐘堂によるメタファリカの実現を阻止しようと,ことあるごとに邪魔立てしてくる。しかし,目的のためには手段を選ばない大鐘堂のやり方に,クロア達一行は次第に疑問を抱くようになる
画像集#005のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#006のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#007のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」

前代未聞のお風呂レベルアップシステムで
好みのムスメを調合せよ!


レーヴァテイルであるヒロイン達は,とにかくお風呂に入らないことにははじまらない。特定の条件で発生し,ヒロイン同士のシンクロレベルがアップする会話イベントも楽しみの一つ
画像集#008のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
 本作がどのようなゲームなのかを説明するにあたって,アルトネリコシリーズが「ムスメ調合RPG」という新手のゲームジャンルを標榜していることを抜きにして語ることはできない。そもそも“ムスメ調合”とは一体なんなのか? 聞きなれない単語に目を白黒させている人も,さぞや多いことだろう。
 しかし,ムスメに関する誤った知識にかけては右に出るものがない筆者なればこそ,前作アルトネリコが発表された当時,この単語を目にして即座に脳裏にひらめくものがあった。つまり,こういう推測だ。

●ムスメ調合例
ツンデレ+絶対領域+メロンパン+日本刀+炎=???


 するとどうだろう? アナタ好みの素敵なムスメが一丁上がりというわけだ。さりげなく人の好みにすり替えているが,そんな細かいこと気にしているとムスメに嫌われちゃうぞ。大人の事情により???に何が入るのかは各自で想像してもらいたいが,こんな風にして成分(?)を調整し,自分好みのムスメを育成するゲームに違いない。……と筆者は考えていたのだが,この当てずっぽうはカスリもしなかった。

 では,どのあたりが“ムスメ調合”だったのかと言うと,ヒロイン達の歌う詩魔法のカスタマイズや,ヒロイン達に着せ替えさせるコスプレ衣装/後述のダイブシステムやトークマターなどで,ムスメとの絆を深くするシステムの総称だ。もちろん,そんなアルトネリコシリーズの続編である本作にも,“ムスメ調合”は健在だ。しかもそれは,前作のはるか斜め上を行っている。

 前作では普通のRPGらしく,戦闘を通じてレベルアップしていたヒロインのレーヴァテイル達だが,本作ではそうではない。ではどうするのか? そう,お風呂に入ればよいのである。むしろ,お風呂に入らなければヒロイン達はこれっぽちも成長しないと言い換えてしまってもいい。
 「デュアルストール」と呼ばれる,この前代未聞のお風呂レベルアップシステムこそ,本作における“ムスメ調合”の真骨頂。ゲーム内ヘルプでは,ボスクラスの敵や,宝箱から入手できる「デュアリスノ結晶」をお風呂にひたし,そのお湯につかることで,結晶の持つ力を安全に体内に取り込めるのだと説明されている。いくらなんでもそれはないだろうとツッコミたくなるところだが,ここはムスメ達のバスタオル姿に免じて,男らしく目をつむろうではないか。いや,やっぱり目は開けておくべきか……。
 結晶によるレベルアップは,一つにつき一人1回までなので,同じ結晶を使って何度もレベルアップすることはできない。しかし,ヒロイン達は入浴中に結晶に触れることで,その結晶が持つ効果を取り込めるので,お風呂に入るときはありったけの結晶を入れておくのがいいだろう。

お風呂に入る前に,デュアリスノ結晶やお風呂用の小物などを選択する。入浴後は,選択した結晶や小物に応じて,ステータスの変化やレベルアップが発生する
画像集#009のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#010のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#011のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」

ヒロインの精神世界にダイブすると
恋愛アドベンチャーゲームに?


なにやら良からぬ想像をしてしまいそうなセリフだが,この程度はまだまだ序の口。クロアの困った顔がちょっと面白い。いま,ダイブしにゆきます
画像集#012のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
 シリーズを通じて大きなウェイトを占める要素に,ヒロイン達の精神世界「コスモスフィア」にダイブし,絆を深めていくというものがある。詩魔法は,レーヴァテイルの心の中にある「想い」から紡ぎ出されるとされており,主人公とヒロインとの絆が深まるほど,より強力な詩魔法を紡げるようになるのだ。コスモスフィア内のイベントは,まるで恋愛アドベンチャーのように,基本的にはすべてキャラクター同士の会話イベントで進行し,ヒロインが抱える心の悩みを解決していくことになる。

 ヒロイン達の心の世界であるコスモスフィアには,ヒロイン自身の別の人格や,そのヒロインの目から見た周囲の人々(たいていの場合,かなり極端な性格が設定されている)が登場し,およそ現実世界では考えられないハチャメチャなストーリーが繰り広げられる。
 前作のアルトネリコは,このRPGと恋愛アドベンチャーをミックスさせたようなゲームシステムもさることながら,なんでもないセリフを,わざわざ思わせぶりな言い回しで表現すると,なんとなくエッチな感じがするという,偉大な発明によって話題を集めたタイトルでもある。
 個人的にはこれは,「なんでもない画像にモザイクを入れると,なぜかエッチに見える」という発明に匹敵する,世紀の大発見の一つではないかと考えており,この路線は本作でも変わらない。

コスモスフィア内で起こるイベントの中にはシリアスなものもあるが,たいていはかなりハチャメチャだ。ヒロインが抱える心の悩みを解決し,絆を深めていくことで,より強力な詩魔法を覚えられる
画像集#013のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#014のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#015のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」

 コスモスフィアは階層構造をなしており,そのときダイブしている階層での悩みをすべて解決すると,ヒロインの精神世界に「パラダイムシフト」と呼ばれる変化が起こり,より深い心の中を見せてくれるようになる。また,パラダイムシフトが発生したときに,ヒロインがその階層で着ていたコスチュームが手に入ることがあり,戦闘中に着用できるのもおなじみの要素だ。
 これらのコスチュームには,メイド服,制服,巫女装束,体操着といったものが用意されており,選んだコスチュームによってヒロインのステータスや外見が変化する。どうやって精神世界のコスチュームを外に持ち出すのかとか,そもそもなぜこのような服がこの世界に存在するのかは気にしない。

 ヒロイン達の悩みは一見さまざまな形を取って現れるが,どのヒロインの本心も結局のところ,あるがままの自分を受け入れてもらい,主人公と結ばれたいというところに帰着してしまう。したがって,コスチューム集めをしつつ,主人公とヒロインがすったもんだの末に結ばれるさまをニヤニヤしながら楽しむのが,コスモスフィアの正しい遊び方であると筆者は愚考する。うん,自分でも分かっているので,それ以上は言わないでほしい。

画像集#016のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#017のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#018のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
コスモスフィアをクリアすると,コスチュームが手に入ることがある。その理由はよく分からないが,ムスメにコスプレさせることにはなんの異存もないので,良しとしたい
画像集#019のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#020のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#021のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
普段は見られない,ヒロイン達の違った一面が垣間見えるのも,コスモスフィアの楽しみの一つ。一番右は3人めのヒロイン,ジャクリ。ふくれっ面が大変可愛い

さらに強化された詩魔法システム。合体魔法で敵を一掃!


直接攻撃を行うのは前衛の役目。身を挺してヒロインを守りつつ,詩魔法で一気に敵を叩くというのが,アルトネリコシリーズの伝統だ
画像集#022のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
 こうして覚えた詩魔法は,戦闘シーンで真価を発揮する。アルトネリコシリーズの戦闘では,詩魔法を歌うヒロインと,その威力に極端にスポットライトが当てられている。本作でも,前衛メンバーで後衛のヒロイン達を守りつつ,威力を高めた詩魔法で一気に大ダメージを与えるという基本的な流れは変わらない。とはいうものの,本作では戦闘システムにいくつかの大きな変更が加えられている。

 まず,戦闘は「アタックフェイズ」と「ディフェンドフェイズ」を交互に繰り返して行うようになった。アタックフェイズはその名のとおり,こちらから攻撃をしかけるターンで,画面右下の「フェイズタイムゲージ」がなくなるまで,何度でも攻撃できる。敵に直接攻撃を行うのは前衛の役目で,アタックフェイズ中に,ヒロインの要求を示す「エモーションインジケーター」に応えるアクションを行うことで,詩魔法の威力を示す「バーストゲージ」がグングン上がる。
 またディフェンドフェイズ中は,敵の攻撃に合わせてタイミングよくボタンを押して防御することでダメージを軽減できる。防御が成功すると,ダメージの軽減と同時に,これまたバーストゲージがグングンアップするのだが,うまくガードできないとガンガンダメージを受けてしまうので,実に気が抜けなくなった。

画像集#023のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
ディフェンドフェイズでは,リズムゲームの要領でタイミングよくボタンを押してガードする。ヒロインがやられてしまうと一気に不利になるので,練習あるのみだ
画像集#024のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
バーストゲージが上昇すると,詩魔法の威力がアップ。上位の詩魔法を覚えている場合,バーストゲージが一定値に達するごとに詩魔法が進化し,威力がさらに高まる
画像集#025のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
前作では,ほとんどただの“壁”だった前衛メンバーも,本作ではカットイン付きの強力な必殺技が使用可能に。まあ,詩魔法の威力には遠く及ばないのだが……

 さらに,戦闘に参加できるレーヴァテイルが2人になったというのが,もう一つの大きな変更点。これに伴って追加されたのが,ヒロイン2人が力を合わせて詩を歌う「合体魔法」だ。合体魔法は,戦闘中に2人のヒロインの「ハーモニクスゲージ」が重なり合ったときに発動し,特大の威力を発揮する。
 また,詩魔法の威力を高めるもう一つの方法が,本作で追加された「レプレキア」システムだ。これは,「I.P.D.」と呼ばれる暴走中のレーヴァテイルを保護し,その力を借りることで詩魔法の威力をさらに高めてしまおうというもの。レプレキアは,戦闘中に特定の条件を満たすことで使用可能となり,最大で100人のI.P.D.レーヴァテイルと力を合わせて歌うことで,詩魔法を飛躍的に強化できる。

 元々,通常の戦闘でもバーストゲージは軽く1000%単位で上昇していくのだが,レプレキアを使用することで,あっという間に数十万%までアップする。こうなるともはや,バーストゲージをパーセント表示することに何の意味があるのかさっぱり分からなくなってしまうが,とにかくすごい威力ということだけは理解できる。レプレキアと合体魔法は併用できるので,ボス戦での効果は絶大だ。というか,ザコ相手ではレプレキアや合体魔法を出す前に決着がついてしまうことが多い。

 I.P.D.レーヴァテイルの役割はこれだけではない。本作ではなんと,保護したI.P.D.レーヴァテイルをそのまま“装備”してしまうというシステム,その名も「ムスメパワード」が用意されている。あまりといえばあまりのネーミングにビックリだが,ムスメ達は戦闘を有利に進めるための最大四つのスキルを持っており,装備することでその恩恵を受けられるので,これを利用しない手はない。
 どうやって装備しているのかまったくの不明だが,おんぶでもしているのだろうか……。ムスメを装備しちゃうというその発想には,日頃は決して人前で帽子を脱がない筆者でも,脱帽するほかない。

画像集#026のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
2人のヒロインのハーモニクスゲージが重なり合うと,かけ声とともに合体魔法が発動する。なぜか裸だが,光っちゃって肝心なところが見えないのはどうか
画像集#027のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
合体魔法は,そのとき選択中の詩魔法の最上位に当たり,それぞれ専用のカットインが用意されている。発動に時間がかかるのが難だが,その威力は折り紙つき
画像集#028のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
レプレキアを使用すると,詩魔法の威力をさらに高められる。それと引き換えに,MPの消費量も格段にアップするので,レプレキア使用中はMP切れに注意しよう
画像集#029のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#030のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」 画像集#031のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
保護したI.P.D.レーヴァテイルは,まずはバビッと治療する必要がある。治療できるのは瑠珈だけで,治療はレーヴァテイルとの会話によって行う。治療後は特定の条件で仲間に加わり,レプレキアやムスメパワードで力を貸してくれるようになる

RPGと美少女ゲームを愛する
すべての人にオススメの一本


世界各地に落ちている「トークマター」を拾えば,ヒロインとのさまざまな会話を楽しめる。時期や攻略中のヒロインによって,集められるトークマターが制限されるので,すべてを見るのは至難の技
画像集#032のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
 こうして見ると,本作には非常にたくさんの個性的なシステムが盛り込まれていることが分かるだろう。しかも,本作に用意されている仕掛けはこれだけではない。今回は紹介しきれなかったが,各地を歩き回ってヒロインとの会話ネタを見つけ出す「トークマター」システムや,さまざまなアイテムを作成できる「ショップ調合」など,やり込み要素が数多く用意されている。もちろん,100人のI.P.D.レーヴァテイルすべてを仲間にすることや,すべてのイベントグラフィックスを見ることを目標にしてもいい。
 こうした一つ一つの要素がプレイの足枷ではなく,ゲームを進めていくうちに無理なく自然に楽しめるように散りばめられているバランス感覚は見事というほかない。また,アルトネリコシリーズの伝統として,本作でもヒロインごとのマルチエンディングが採用されており,すべてのエンディングを見るだけでも十二分に楽しめる。

 たしかに本作は,そのキャラクター性や,ネタとしか思えないシステムにばかり目がいきがちだが,ゲームそのものの完成度は,決して“ネタゲー”の一言で片づけてしまえるものではない。一度プレイしてみれば,本作で見られるちょっぴりエッチな小ネタや,極端なまでに“ムスメ”にこだわったゲームシステムはすべて,“萌え”そのものに対する制作者側のパロディであり,本質はきっちりと作り込まれたゲーム性やエンターテイメント性にあることがお分かりいただけるだろう。
 そして,このことを理解したうえで,あえて美少女ゲームの文法のど真ん中をいく展開を楽しむのが,本作の醍醐味なのである。RPGが好きで,美少女ゲームのノリも嫌いじゃないという人であれば,本作は間違いなくオススメしたい一本だ。

画像集#033のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
各街のお店では,「ショップ調合」でアイテムを作成できる。作れるものは,回復アイテムから装備品までさまざまで,アイテム作成時のヒロインの反応が面白い
画像集#034のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
一度に攻略できるヒロインは一人だけ。何度もプレイして,すべてのエンディングを確かめてほしい。筆者は3回クリアしたが,残る一つを見るためには,あと50時間はかかる計算だ
画像集#035のサムネイル/コンシューマゲームセレクション:第24回「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」
一度ゲームをクリアすると,「Extra」モードが開放される。いわゆるギャラリーモードで,見たことがあるイベントグラフィックスやムービーなどが記録される

■■ginger(4Gamer編集部)■■
レトロゲームから最新MMORPGまで語れる守備範囲の広さは特筆モノで,4Gamerでは MMORPGタイトルの記事執筆を担当することが多い。また,かなりのアニメ好きで,暇さえあればキャラゲーやギャルゲーもプレイするというインドア派だが,週末には中野や秋葉原のホビーショップを徘徊するというアウトドアな一面(?)も持つ。なおまったくの余談だが,「冠婚葬祭でも帽子がデフォ」と言い張るくらいの帽子好き。


アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)
対応機種:プレイステーション 2
メーカー:バンプレスト
発売日:2007年10月25日
価格:7140円(税込)
CEROレーティング:B(12歳以上対象)
公式サイト:http://ar-tonelico.jp/at2/

  • 関連タイトル:

    アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/10/23)
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩 PlayStation 2 The Best
Video Games
発売日:2008/08/07
価格:¥7,800円(Amazon) / 9166円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月23日〜11月24日
タイトル評価ランキング
94
71
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
55
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月