オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G-Star 2011]「Kingdom Under Fire II」のプレイレポートを掲載。初登場となる強力なボスと戦えるプレイアブル版が展示。戦場は,より激しさを増す
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/11/12 16:38

イベント

[G-Star 2011]「Kingdom Under Fire II」のプレイレポートを掲載。初登場となる強力なボスと戦えるプレイアブル版が展示。戦場は,より激しさを増す

 2011年5月14日に掲載した記事にもあるように,日本でのサービス実施も発表されたオンラインアクションRPG「Kingdom Under Fire II」PC/PlayStation 3)。本作の最新プレイアブル版が,韓国・釜山で開催中の「G-Star 2011」のNHNブースに出展されていた。


Kingdom Under Fire II
 今回G-Starに出展されたPC向けのバージョンでは,本作のキモとなるRTS的な要素「部隊戦闘」が楽しめた。2010年に開催された「G-Star 2010」の試遊では弓兵部隊が自軍に加わり,そのシステムの一端が確認できたのだが,今回はさらにスケールアップし,より多くの味方部隊が戦場に現れてくるのだ。

 試遊台では,3人のプレイヤーが同じゲームに入り,3つのクラスからヒーローキャラクターを選択してのプレイとなる。クラスはそれぞれ,人間種族で銃と剣を使う「銃剣士」,素早い動作と魔法攻撃がメイン武器の「魔剣士」,そして異界から現われた軍団エンカブロシアンの「狂戦士」だ。昨年のプレイレポートではハイブリッド,魔法剣士,バーサーカーと書いているが,今回は入手した資料の表記に従った。

 さて,戦場となるフィールドでは,プレイヤー3人のヒーローキャラクターが,それぞれの部隊を引き連れて移動していく。最初は小手調べといったところで,チョロチョロと出現すると敵モンスターを駆逐しながらどんどん前進してみる。すると,エルフの弓兵部隊が合流してきた。
 このあたりから次第に敵の数が増えはじめ,やや大きめなモンスターも出現するようになる。しかし味方にも,騎馬隊や大砲のような筒を背負った部隊などが次々と参戦。大勢の味方キャラクターとモンスターの大群がぶつかる様子は,まさに戦争だ。

Kingdom Under Fire II
Kingdom Under Fire II
Kingdom Under Fire II Kingdom Under Fire II
Kingdom Under Fire II Kingdom Under Fire II

「Kingdom Under Fire II」公式サイト


 プレイヤーはこのように次々に参戦するNPC部隊の移動先を自分で指定することが可能だが,AIによって自動で戦わせる「部隊自動操作システム」も用意されている。今回のバージョンでは,NPC部隊を操作するAIの性質として“攻撃的”か“防御的”かを選択できるようになっており,より効果的に支援が受けられるようになっていた。

Kingdom Under Fire II

 今回のプレイアブルバージョンで最大のポイントとなるのは,エンカブロサ勢力の使徒として,初めて登場する巨大ボスモンスターだ。その強さは恐るべきもので,ボスモンスターの攻撃をまともに受けてしまうと,ひとたまりもない。もっとも,攻撃の予備動作は割と大きいので,タイミングを見計らって攻撃したり,距離を取って回避すればなんとかなりそうなのだが……。

 ちなみに筆者はボス討伐まで,あともうちょっとというところまで頑張ったのだが,一瞬の気の緩みで2連続でダメージを受け,回復する間もなくやられてしまった。なんとも残念。
 とにかく強力な敵なので,味方プレイヤーや,NPC部隊とうまく協力しなければ,勝利が困難なのは間違いないだろう。詳しいスケジュールについては現在のところ発表されていないが,日本で正式サービズが開始された暁には,ぜひリベンジしたいと思っている。

Kingdom Under Fire II
Kingdom Under Fire II
  • 関連タイトル:

    Kingdom Under Fire II

  • 関連タイトル:

    Kingdom Under Fire II

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月14日〜12月15日