オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
リーグ・オブ・レジェンド公式サイトへ
  • Riot Games
  • 発売日:2009/10/27
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
88
投稿数:62
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「LJL 2018 Spring Split Final」,PENTAGRAMが4連覇を達成。ファンの熱意を間近に感じる決勝戦をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/04/17 16:30

イベント

「LJL 2018 Spring Split Final」,PENTAGRAMが4連覇を達成。ファンの熱意を間近に感じる決勝戦をレポート

 「リーグ・オブ・レジェンド」の国内公式プロリーグ「League of Legends Japan League」(以下,LJL)。2018年2月9日に開幕した「LJL 2018 Spring Split」がレギュラーシーズンの試合を終え,成績上位2チームによる決勝戦「LJL 2018 Spring Split Final」が4月15日に行われた。
 今期のLJLはRed Bull Gaming Sphere Tokyoで開催されており,全試合観戦可能となった。決勝戦も同会場で行われた。

 決勝に進出したのはレギュラーシーズンを10勝0敗で駆け抜けた「DetonatioN Focus Me」(以下,DFM)と,「Unsold Stuff Gaming」との準決勝を制した「PENTAGRAM」(以下,PGM※)だ。
 決勝戦でのこの組み合わせ,実はLJL発足以来ずっと続いており,もはや因縁の対決となっている。対戦成績は2016年の春シーズンはDFMが制したが,2016年夏と2017年春と夏はPGMが勝利している。
 この決勝戦での勝者は5月3日からヨーロッパで開催される国際大会「2018 Mid-Season Invitational」(以下,MSI)に出場できる。

※2018年1月10日にRampageからPENTAGRAMにチーム名が変更された

DFM Evi選手。カメラを向けるとポーズをとってくれるのは凄くありがたい
リーグ・オブ・レジェンド

DFMのファン。自作の応援うちわを用意していたり,DFMのユニフォームを着ていたり,フェイスシールを貼ってたりと熱量が凄い

ファン割合でいえばDFM8割:PGM2割くらい


試合を見守るファンたち

PGMのファンも負けじとうちわを用意していた

下馬評を覆し,PENTAGRAMが圧倒


実況eyes氏,解説Revol氏のお馴染みコンビ。LoLの実況解説と言えばこの2人
リーグ・オブ・レジェンド
 決勝戦はレギュラーシーズンのBO3(2本先取)からBO5(3本先取)に変わる。実況のeyes氏,解説のRevol氏曰く,下馬評ではシーズンを無敗で駆け抜けたDFMが優勢とのことだ。
 その下馬評もあってか,試合会場には多くのDFMファンが応援に訪れていた。3季ぶりのLJL優勝に期待するファンの熱意を感じる。
 だが,ふたを開けてみれば全試合においてPGMが圧倒する展開だった。すべての試合で優勢を取り続け,一度も劣勢になることもなく,DFMにタワーを一本も折らせないという圧倒ぶりだ。DFMはやりたいことをやれず,主導権を常に握られていた印象だ。
 結果,0-3でPGMが優勝し,4連覇を達成,MSIへの出場権を獲得した。

 関係者にルール違反(公式サイトの記事)があったため,第1週から第5週までのマッチで各1ゲーム没収となるペナルティを受けていたPGMだが,逆境を乗り越えて優勝を果たした。

リーグ・オブ・レジェンド
喜び抱き合う選手たち
リーグ・オブ・レジェンド

34コーチと喜ぶRamune選手
リーグ・オブ・レジェンド

感極まって目頭を押さえるPaz選手
リーグ・オブ・レジェンド

4連覇を達成し,優勝トロフィーを掲げる選手たち
リーグ・オブ・レジェンド

 PGMが参加する国際大会であるMSIはプレイインステージ(グループとノックアウト),グループステージ,ノックアウトステージの3つのフェーズに分かれている。PGMはプレイインステージから参加することになる。
 東南アジア,ブラジル,北ラテンアメリカ,南ラテンアメリカ,日本,トルコ,ロシアを含む独立国家共同体,オセアニアの代表が2グループに分かれ,総当たり戦を繰り広げ,勝ち抜いた2チームが次のステージへと進む。
 プレイインステージとグループステージはドイツのベルリンで5月3日〜15日にかけて行われる。その後のノックアウトステージはフランス・パリで5月18日〜20日の開催だ。
 PGMの出場試合は日本語での実況・解説配信も行われるとのことなので,応援しよう。

終了後のファンミーティング。「ゆとりもやし大好き」のうちわを持つYutoriMoyasi選手

負けた悔しさからか涙をこらえきれなかったviviD選手。応援していたファンの女の子たちも目に涙を浮かべていた

 最後に,優勝したPGMの選手たちに応援していたファンへのコメントをもらったので紹介したい。

YutoriMoyasi選手:
 僕たちのチームは始めペナルティを受けてスタートしましたが,それでも応援し続けてくれたファンの皆さんにはすごく感謝しています。ファンの皆さんに,このファイナルでの勝利を届けることができてうれしく思います。
 Red Bull Gaming Sphere Tokyoが会場になってファンとの距離が近くなり,毎週試合を見に来てくれてる人がいたりして,ファンの人の顔や名前を覚えてます。「この人また来てくれてる」って思ったり。応援してくれてる人がいて,その存在が近いと,励みになります。
 応援してくれてありがとうございます。

Paz選手:
 YutoriMoyasi選手と同じですが,ペナルティを受けていたにもかかわらず,応援し続けてくれたファンの皆さんに,本当に感謝しています。
 去年の夏,僕はDFMの選手でした。そのときの決勝の相手はPGM(※当時はRampage)で,僕の力が及ばず,負けてしまったんです。今日,勝てたのはPGMというチームの力ですが,僕自身はDFMでの経験があってこそで,DFMにはいろんな面で助けられたと思っています。

Once選手:
 初めてLJLに来て,多くのファンが沢山応援してくれるので,凄く感動しました。そしてそれが僕の力になりました。エナジードリンクよりも(笑)。これからも応援よろしくお願いします。
 また両親にもすごく感謝しています。

左からGaeng選手,Paz選手,YutoriMoyasi選手,Once選手,Ramune選手,34コーチ,MSIでの活躍に期待したい
リーグ・オブ・レジェンド

「PENTAGRAM」公式サイト

「League of Legends Japan League」公式サイト

  • 関連タイトル:

    リーグ・オブ・レジェンド

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月20日〜04月21日