オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Red Dead Redemption公式サイトへ
読者の評価
87
投稿数:23
レビューを投稿する
海外での評価
95
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Red Dead Redemption」,西部に暮らすちょっと危なそうな人々と,ミッションの一部を公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/09/01 21:46

ニュース

「Red Dead Redemption」,西部に暮らすちょっと危なそうな人々と,ミッションの一部を公開

Red Dead Redemption

 広大なアメリカ西部を舞台に,元アウトローのジョン・マーストンが家族を守るため,かつての無法者仲間を追い詰めるというアクションゲームが「Red Dead Redemption」だ。「Grand Theft Auto」シリーズを制作した北米のデベロッパ,Rockstar Gamesの新作らしく,西部開拓時代の非情な一面を描くと共に,オープンエンドの広大なマップを舞台に,メインストーリーとは別に豊富に用意されたアクティビティを楽しむことで,19世紀末のアメリカの荒野で生きているような気分になれるゲームだ。
 発売以来,欧米では大ヒットを飛ばし,メディアの評価もきわめて高い。7月29日に掲載した記事でお知らせしたように,日本では2010年10月7日PlayStation 3版およびXbox 360版がリリースされる予定だ。

Red Dead Redemption

「Red Dead Redemption」公式サイト


 さて,日本語版のパブリッシングを予定しているテイクツー・インタラクティブ・ジャパンは本日(9月1日),そんなRed Dead Redemptionの最新情報として西部に暮らす人々と,メインミッションの一つ,「生粋の厄介者」について公開した。
 紹介されたのは,アイリッシュ(Irish),ナイジェル・ウエスト・ディケンズ(Nigel West Dickens),そしてセス・ブライア(Seth Briars)の3人。彼らの面構えは以下に掲載した写真を見れば一目瞭然だが,ホラ吹きと派手好きの商人,そして墓荒らしと,とても西部の人々を代表しているとは思えないチョイスがすばらしい。うーん……。
 彼らがどこでどのようにマーストンにからんでくるのかについては定かではないが,一人,アイリッシュに限っては,ストーリーミッションに登場することが分かっている。

Red Dead Redemption
アイリッシュ:いかなる事態も口八丁で切り抜けようとするホラ吹き
Red Dead Redemption
セス・ブライア:お宝に目がくらみ,正気を失った墓荒らし
Red Dead Redemption
ナイジェル・ウエスト・ディケンズ:独自開発したという奇跡の薬を売る,派手好きの商人

 ミッションでは,フォートマーサーを根城とするビル・ウィリアムソン――かつての悪党仲間であり,主人公の最終的なターゲット。ギャング団のリーダーでもある――の手下達と対決するのに欠かせない武器,マシンガンのありかを探る必要があった。その場所は,酒飲みで街の厄介者であるアイリッシュが知っている。マーストンは以前,仲間に殺されそうになったアイリッシュを助けたことがあり,その借りを返してもらおうというわけだ。
 アイリッシュの話では,マシンガンはギャップトゥース・リッジにある炭坑に隠されているらしい。これは面倒だ。炭坑には侵入者を快く思わない荒くれの炭坑員達が待ちかまえており,これはもう,腰のピースメーカーだけでなく,炭坑につきもののダイナマイトなどをうまく使った戦いが要求されるのだ。

Red Dead Redemption
Red Dead Redemption Red Dead Redemption

 ミッションをクリアして,マシンガンを手に入れたら,いよいよフォートマーサー襲撃だ。仲間を集めてプランを練り,タイミングを計って攻撃を開始するのだが,倒すべき敵はかつての仲間達。生きるためとはいえ,戦いは悲惨なものになるはずだ。
 しかも,マーストンの西部の暮らしはそれで終わるわけではない。次は,国境を越えてメキシコに入り,ヌエーヴァ・パライソに旅立つことになるという。それについては,いずれまた。
 GTAの舞台を単に開拓時代の西部に移しただけでなく,作り込まれた緻密なマップと,ガンマンとしての生き方を楽しめると評判の高い本作。ゲームの内容については,以前掲載したレビュー記事にも詳しいので,こちらもぜひ参考にしてほしい。

Red Dead Redemption Red Dead Redemption

※本作はCERO:Zレーティング,18歳以上のみ対象のタイトルです
  • 関連タイトル:

    Red Dead Redemption

  • 関連タイトル:

    Red Dead Redemption

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月19日〜07月20日