オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
マゾいほど歯ごたえのあるオンラインアクションRPG「スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜」のCBTレポートを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/02/03 17:20

プレイレポート

マゾいほど歯ごたえのあるオンラインアクションRPG「スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜」のCBTレポートを掲載

 「スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜」は,韓国のLive PlexとGeniBrainが開発し,ケイブが国内運営を手がけるオンライン2DアクションRPGだ。今回,本作のクローズドβテストが1月28日〜2月2日に実施された,わずか6日のテスト期間ではあったが基本的な部分を遊んでみたので,早速プレイレポートをお届けしよう。


 ちなみにCBT開始直後は,会話時のテキストがごっそり抜け落ちていたり,ハングルのままのテキストがかなり残っていた状態だったが,29日のメンテナンス後に配信されたパッチを当てたところ,テキスト部分の大きな問題はあらかた修正された。31日にもパッチが配信され,まだ言葉足らずな部分や誤字が一部あるものの,かなり改善されたようだ。

「スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜」公式サイト



キャラクターメイキングはキャラを選ぶだけとシンプル


まずはキャラクター作成。3人用意されたキャラクターはそれぞれ「弓使い」「魔法使い」「剣士」というクラスの違いだけではなく,バックグラウンドストーリーがある
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
 CBT用に用意されたサーバーに接続すると,まずは定番のキャラクター作成が始まる。選択できるキャラクター(クラス)は「弓使い」「魔法使い」「剣士」の3種類で,あとは名前をつけるだけとシンプル。4人分のキャラスロットが確認できたが,CBTではそのうち三つまで使用可能となっていた。キャラクター選択画面の右側にはスクロールバーがあったので,将来的には,この3種類以外の登場にも期待できそうだ。
 3種類のキャラクターには,冒険に参加するためのバックストーリーがそれぞれ用意されている。クラスが3種類あるというよりは,3人の異なる主人公がいるといった感覚だ。キャラクターデザインは,日本の少年向けアニメ風であり,ちょっと好みが分かれるところかも。では,ここで3人のキャラクターについて説明しよう。

スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
剣士 ライエン
二刀流の剣士。2本の剣を使った攻撃と格闘技が得意。攻撃力が高く,数多くの連続技を使える
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
弓使い セリナ
魔法の弓矢で遠距離から攻撃可能で,格闘技で近接戦闘もできる。どの距離でも戦えるバランス型
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
魔法使い カリン
魔法で広範囲を攻撃できるキャラクター。接近戦も可能だが,ほかの二人と比べて体力が低い

 キャラクター作成後はチュートリアルが始まる。ここで移動や攻撃の仕方,スキルを使っての謎解きなど,一通りの遊び方を学べる。主な操作方法は,カーソルキーで移動,Sでジャンプ,DとFで攻撃となり,ほかにアイテムや攻撃スキルの使用はQ,W,E,R,Tと1〜5で行い,Aでアドベンチャースキル(ダンジョン内などにあるオブジェクトに作用するスキル)を使用。そのほか,↓キーとSで緊急回避,→キーを素早く2回押すとでダッシュ,ダッシュ時にDかFを押せばダッシュ攻撃といったアクションもある。ユーザーインタフェース操作のため,マウスも必要だ。

チュートリアルでは,何をすればいいかが画面に表示されるので,それに従ってプレイしていく。ゲーム序盤では使えないスキルもいくつか使える
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜

 カーソルキー(右手)で移動,左手で攻撃というパターンは韓国のオンラインアクションゲームで見かけるが,コンシューマゲームに慣れた日本人は左手で移動という操作に慣れているため,この操作方法には面食らってしまう人も多いだろう。もちろんキーアサインは自由に設定できるのだが,操作にはしばらく苦労した。


街の外にはフィールドとダンジョンが用意されている


 スーパーアクションオンラインの舞台「グローク島」は,NPCが集う街と,敵が登場するフィールドやダンジョンで構成されている。街の中にはいらないものを買い取ったり,傷んだ装備品を修理したりしてくれる商人がいるほか,材料を持ち込めば武器を作ってくれたり,装備品を強化してくれたりする職人がいる。

スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
街にいるNPCに話しかけてクエストを受注。現在受けているクエストは右端に表示され,同時に10個まで受けられる
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
クエストの内容で最もベーシックなのが,特定の敵を決められた分だけ倒すというもの。同時にお金や経験値,アイテムも得られ一石二鳥なイベントといえる

 NPCの中には「!」マークが表示された人がいて,このキャラクターからはクエストを受注できる。ここで受けられるクエスト内容は,システム解説などのチュートリアル的なものや,指定されたアイテムを集めたり,特定のモンスターを倒したりといった定番のものなど。クエスト達成後は依頼者に会って報告すれば報酬を得られる。
 クエストには4種類があり,最も重要なのは「ストーリー」にカテゴライズされるクエストだろう。これをクリアしないと,ゲームの進行に制約を受ける可能性がある。ほかにあるのは,突発的に発生する「一般」クエスト,アドベンチャースキルを入手できる「冒険」クエスト,繰り返し挑戦できる「反復」クエストだ。一つの街でストーリーに絡むクエストをすべてクリアすれば,別の街で新たなクエストが発生するようだ。

スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
クエストクリア後,依頼人に報告をすれば武器や防具,回復アイテム,経験値やお金といった報酬を得られる。「ストーリー」クエストは物語の進行,「冒険」クエストはアドベンチャースキル入手といった役割もある
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
ボスを倒すと宝箱の鍵を入手でき,これでクリア後にアイテムを入手できる。複数の宝箱があるが,初級では一つしか開けられず,難度が上がればより多く宝箱の鍵を入手できるものと思われる

 街を出るとフィールドやダンジョンがある。最初の街の場合,街の一番右端まで行くとフィールド,左端まで行くとダンジョンに行くわけだが,なにせ2D横スクロール型のゲームなので,フィールドとダンジョンのぱっと見の違いは,背景が明るいか暗いかぐらいしかない。実際にはフィールドは誰でも入れるが,ダンジョンは初級・中級・上級という三つのレベルで分かれており,レベルに満たない場合は入れないといった具合に差別化されている。

グローク島にはいくつか街があり,当然ではあるがスタート地点のコールドアから離れた街ほど強力な装備品を売っていたり,出現する敵がより強くなったりする
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜

 フィールドやダンジョンにいる敵を倒して経験値やお金を稼ぎ,キャラクターを育てていく。経験値を溜めてレベルアップすると,ステータスがアップするほか,必要レベルに達すれば条件のある武器や防具などを装備できるようになる。装備品を変えれば見た目も変化するので,ファッションにこだわって,ほかのプレイヤーとの差別化を図ることも可能だ。装備品にはレアリティが設定されているので,価値の高いレアアイテムの収集という楽しさもあるだろう。入手したアイテムは持てる量が決まっているので,増えてきたらレベル5から利用できるようになる倉庫も活用したい。


80〜90年代の2Dアクションゲームを彷彿させるマゾいほどのアクション


 スーパーアクションオンラインは,スクリーンショットを見れば想像がつくように,1980〜90年代の横スクロールアクションゲームに影響を受けた作りとなっている。映像的には奥行きのある3Dグラフィックスで描かれているが,移動できるのはあくまで上下左右のみに絞られており,ジャンルとしてはまさに2D横スクロールアクションだ。

フィールドから街に入ったり,ダンジョンに行ったりできる。多くの敵が出現するが,戦って経験値やお金を稼いでもいいし,無視してダッシュで駆け抜けてしまってもいい
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜 スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜 スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜

 3種類のキャラクターはそれぞれ特色があり,戦士なら連続してキーを叩けば攻撃がどんどん繰り出されるコンボが発生し,弓使いや魔法使いなら敵から距離をとって攻撃するといったプレイができる。ただ,この二つは戦士と比べると攻撃の幅が狭く,遊んでいて「単調だなあ」と感じたというのが率直な感想である。おそらく弓使いや魔法使いは,ある程度成長して多彩なスキルを身につけてから本領発揮するのだろう。
 なお,「攻撃スキル」を習得すれば,マジックポイントを消費する代わりに強力な攻撃が可能になる。このほか,「守護スキル」というものもある。これは複数の敵をまとめて攻撃できる必殺技的なもので,ザコ敵を呼ぶボス戦などで重宝する。これらのスキルは習得後,さらにお金を払うことでレベルアップが可能なので,気に入ったスキルは強化していこう。

「攻撃スキル」「守護スキル」はキャラクターごとに用意されており,天使の残留思念から購入できる。守護スキルでは鬼や天使,龍などが出現し,強力な攻撃で複数の敵をまとめて攻撃できる
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜

 ダンジョンにはさまざまな仕掛けがあり,「これをどうやって突破するか?」というパズル的な要素も用意されている。例えばA地点のドアを開けるには,B地点のスイッチを押す必要があるといったものや,ダンジョンのあちこちに落ちている宝箱を開けて鍵を完成させ,ドアのロックを解くといった具合だ。今回遊んだ限りではシンプルなものが多く,それほど難しい謎解きはなさそうだ。
 個人的に謎解きよりはるかに苦しめられたのが,ダンジョン内のトラップ類だ。空中を左右に移動する板の上に乗って先に進むと,着地地点にトゲがあり,それを飛び越えて空中にある別の板に乗り移らないといけないとか,上に立つと崩れる床があり,素早く駆け抜けないといけないとか,突破するには的確なキー操作を要求される類の仕掛けである。ダンジョンによっては,まるで80年代のカプコンなどのアクションゲームを彷彿とさせるほどのマゾいトラップもあったりして,ここまでくると好みは分かれるだろうが,確かに「スーパーアクション」と名乗るだけのことはある。

ダンジョン内にはパズル的な仕掛けがいくつか用意されている。これは左側のスイッチを攻撃することで,右にある柱が作動して先に進めるようになるカラクリだ
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜

 そのほか,プレイヤーは「アドベンチャースキル」という特殊なスキルを使える。真っ暗闇のダンジョンでは火を点けるスキルを使い,ろうそくに火を灯して周囲を照らしたり,岩を動かすスキルで足場を作ったり,ハンマーのスキルで岩を破壊して道を突破したり,といった具合だ。このスキルは「冒険」クエストのクリア時に報酬として,スキルブックというアイテムの形で入手できる。アドベンチャースキルを駆使して,行く手を遮る障害をどうやって突破するのか考えるのは楽しかった。

ダンジョン系のクエストで,奥に待ち構えているボスを倒すのが目的のものがある。ボスは強力な攻撃をしてくるほか,ザコ敵を呼ぶので,スキルをうまく使って対処したい
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜 スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜

 またアクションゲームらしく,ダンジョンの奥には巨大なボスが待ち構えている。強力な攻撃を仕掛けてくる手強いモンスターだが,行動にはパターンがあり,注意深く見ていれば動きを把握できるだろう。ボスを倒せば報酬として宝箱の鍵をもらえるが,これは難度が高いダンジョンほど多く手に入り,ダンジョンクリア後に複数の宝箱を開けられるようだ。


プレイヤー同士で力を合わせてダンジョンをクリアしよう


 一部ダンジョンは協力プレイを前提としているのか,敵の数がとても多く,一人で対処するのはちょっときつい。本作では,プレイヤー同士で最大3人のパーティを組んでの,協力プレイが可能になっている。パーティを組むには相手のキャラクターを右クリックして,「パーティー招待」を選択すればOK。これで画面左上に,パーティに参加しているプレイヤーキャラの名前と体力が表示される。

パーティを組み,一緒にダンジョンに入ってボスに挑むというのはオンラインゲームの醍醐味だろう。プレイヤーが複数いれば,当然ながらダンジョン攻略はラクになる
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜

 冒険中,自分の職業では装備できない武器や防具を入手したら,ほかのメンバーに提供するなど,こういったプレイヤー間のやりとりはまさにオンラインゲームならではの要素といえる。ほかにフレンド登録も可能なので,一緒に遊んで仲良くなった人を登録するといいだろう。

 ただ,これは本作の特徴ともいえるが,先述のとおりダンジョン内には手強い仕掛けが多く,パーティメンバー全員がこれを突破できるかが問題になる。チャットでコツについてアドバイスしたり,手本を見せてあげたりすることは可能だが,最終的には完全にプレイヤースキルに依存する部分である。難しいダンジョンに向かう前には,クリアしたことがあるか事前に確認する必要があるかもしれない。また,ゲームを進めるうえで致命的なラグというものはなかったものの,たまに敵がワープして攻撃が空を切るということがあった。

ダンジョン内にはダメージを受けるガスが噴出するエリアや,スイッチで動く床など,さまざまな仕掛けがある。これをうまく突破するには,それなりにアクションゲームの腕が必要になるだろう
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜


そのタイトル名に偽りはない……が
やはりこれはゲームパッドで遊びたい


 今回のCBTは短い期間だったが,まさにローカライズ途中といった感じで,少なくともストーリーや初心者への誘導ぶりなどについては評価する段階ではなさそうだ。テスト開始直後の段階ではそもそもテキストが実装されていない部分が多く,途中のアップデートで改善されたものの,まだまだ完全ではない。また個人的な意見だが,一部キャラクターのイラストや口調は,より日本向けに直したほうが,遊ぶ側もより受け入れやすくなるのではなかろうか。とくにゲームのキーパーソンである「天使の残留思念」は,目が青く塗りつぶされており,はっきりいってちょっと怖い。

スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
一度訪れたことがある街と街の間を,一瞬で移動できるワープゲートもある。お金が必要になるが,歩いて移動することを考えると,お得かも
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
精神世界にアクセスすると,倉庫を利用できる。アイテムは最大で24個保管できるが,もっと多いといいなぁ。なお,倉庫の利用にはレベルが5以上必要になる

 ゲームに関してはアクション性が高く,その名に偽りのないゲームだと感じた。次から次へと出てくる敵をただ倒し続けるベルトアクションではなく,遊び心程度にハシゴや段差が置いてあるのでもなく,しっかりアクションゲームとして成立する,歯ごたえのあるマップ構造になっている(スーパーマリオなどに匹敵するとまでは言わないが)。キャラクターの動きも結構アクティブだ。これをゲーム好きな仲間達とワイワイ進めていくのは,なかなか楽しそうである。

スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
二つめの街ルネンバグには,装備品を作成してくれる職人がいる。しかし作成するためには素材が100個以上も必要で,CBTの段階では時間が足りず作成できなかった
スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜
アドベンチャースキルを使用すると,ダンジョン内のオブジェクトに干渉できる。例えば通常では動かせない岩を動かして,これを重しにして仕掛けをクリアしたり,足場を作ったりといった具合だ

 ただ,本作が要求するアクションにキーボードでテキパキと応えるのは,かなり難しい。ゲームが進んでくると空中から攻撃してくる敵も現れ,この敵の対処にはとくに手を焼いた。位置を調整しつつ,ジャンプ攻撃を当てるのはキーボードでは正直しんどい。ゲームパッドならこれくらいの操作は簡単にできるはずなので,ぜひ積極的にサポートしてほしいところだ。
 まだまだ課題は多そうだが,そこは今回がCBTということで,全体的にブラッシュアップされるであろう次のβテスト公開時に期待したい。

スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜

「スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜」公式サイト


  • 関連タイトル:

    スーパーアクションオンライン〜天使たちの聖戦〜

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月